Shography's blog

何でもいいの

つぶやき

ああ、これでほっとした。
わくわくするような、寂しいような。
人生いろいろあらあな。

つぶやき アクティブシニア「講演会」

鳥越さんも結構なアクセントだな。
病気の話だけじゃなく、も少しご専門の話もききたかったな。
癌を4回手術したって? (直腸がん、肺がん左右、肝臓がん)
「刈り干し切り唄」は上手かったけど普段はもっとうまいのだろうな。お声はいい。


知らない間にこんなものが出来たので
続きは読まなくていい。


続きを読む

今朝の顔

IMG_1356_1

IMG_1360
やはり、いもむしちゃんはいない方がいいかしら?

つぶやき・・・あと10年

「お釣りの人生」ってあるじゃない?
わたし、お釣りより「チップの人生」で行こうかな。
意味不明って?なんだっていいのよ、「つぶやき」だから。

今日担当医(私の肉体を奪った人)に「あと、10年は大丈夫です。」って言われた。
10年も?と思ったけど。でもそう言われたら、あと10年で何か新しいことをやれないかなと頻りにに考えた。何も浮かばなかったけどね。

平和のための戦争展&映画

毎年行われている。この中に「平和の詩を読む」という時間がある。私は去年、今年と「読まないか」と誘われていてパスしていたが仲間が読んだので聞きに行った。
その後の映画を観たのがとてもよかった。「米軍が最も恐れた男・その名は、カメジロ-」私は、これまでこの瀬長亀次郎という人を知らずにいた。
沖縄復帰に偉業を果たしたと言われる?時の首相、佐藤栄作とのやりとりが見物。お近くで機会がありましたら是非ご覧いただきたいと思う映画だった。

チラシから
男はガジュマルをこよなく愛した。「どんな風にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11か月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万人もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。
団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰に向けて民衆をリ-ドした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった。


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 今朝の顔
  • 今朝の顔
  • 藤田嗣治展を見てきた
  • つぶやき
  • ああ、どうしよう…この画像・・・
  • あの子(永井 隆)
  • あの子(永井 隆)
  • あの子(永井 隆)
  • あの子(永井 隆)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ