腕時計をつけなくなって10年以上は経っているように思う。
多分、最初の携帯を持つようになって以来、またその頃持っていた時計が使えなくなっていたとも思う。その後、柄にもなくスマホなど携帯するようになったが、その使い道は殆どが他愛もない家人との連絡、その他は時計代わりに持って出るようなもの。そのうち家族の「ライン」、もう一つあるグル-プの連絡用のラインに入っているので主なものとしてはそれぐらい。ガラケ-で十分だったと懐かしく思われるこのごろではある。
あ、それで、腕時計の話・・・
今月末に旅行することになって、それをなるべく身軽に、身軽にと考えていて、この重いスマホは無用の長物に思われた。一念発起で小さな腕時計を求めることにして、アマゾンで探し始めた。条件に「婦人物、軽くて小さい、安い」と入れる。見てもサイズが分かりにくい。2日間ほどは、探すのに画面をあっち行きこっち戻り、目が疲れた挙句の思案の末、一つ、よさそうなのを思い切ってクリック!
商品が2日後には届いたが、開けてがっくり。値段だけは999円!という条件に合っていた(笑)のだが、なにせ紳士物みたいに文字盤もベルトも大きく重い。あれほど、女性用、軽い、小さいと叫んでいるのに(一旦候補にしたものを画面から見失ってしまうので、この条件を何度入力したことか)、私の思い通りの心情までコンピュウタは察してくれない。ましてや”ちょっとおしゃれでフェミニン”でなどという願いがこめられていることなどは・・・。
パッケージをほどいてすぐ「KNヤマト」に持って行って返送の手続きをした。

「安いのはそこのイオンにもあったよ」と夫が言うので、「そうだ、やはり実物を見ないことにはわからない」と、イオンに行ってみた。夫が意図した売り場のは、「いかにも」の感じで、その奥にある本物の時計屋で店主に声をかけると「婦人物で小さい、軽い、というのはこの辺りですね。」 そこには5,6本のそれらしいのを並べてあって、5000円余りの値段が付けてある。あまり好みのものではなかったので買わなかった。
私は考え直した。値段はどうでもいい(でも万円にはならない程度で)、ともう一度パソコンに向かった。ひたすら女性らしくて軽くてちいさいのを求めて。そのうちに、色目が「ゴ-ルド・ロ-ズ」というのが気に入り出した。今回はフェイス〇〇センチと明記してあって、それもまだ大きいと思ったが見たところそれが一番小さい。ベルトの幅もこれまで見た中で一番小さい。色もこれでよいと決めた!2500円也!
もう実物を腕に付けているから戻さないが、希望にぴったり叶っている訳ではない、フェイス(そういう言い方だからそのことだろうと思うが)は実は「丸形」が好みだったのとやはりも少し小さめがいいのだが・・・・

IMG_1749_1