やっぱりやらかした!

ご心配には及びません。私得意の勘違いです。

カメラのバッテリ-の充電器を持って行かなかった。日頃は家で、一か月も充電無しで使えるのだから5日間なんてへっちゃらというトホホな勘違い。短期間でもそんなに撮ってはバッテリ-は費えるさ。

今日、写真はこれしかない。

朝食前に相棒とホテルのまわりを散歩した。
IMG_1899

懐かしい朝顔、これを撮ったところで、あの恨めしい「バッテリ-を充電してください」のサイン。
IMG_1900

7:40発 郘城(りょじょう)へ
  周さんの言葉をメモしたものがある。
  「ここは曲阜より金持ち。鉱山、鉄山、石炭が多く採れ工業が発達した。鉄道も 観光のため敷かれた。」

8:30 孟府孟廟見学
  出た!「孟母三遷の教え」
  孔子を「聖人」 孟子は「亜聖」(二番目に偉い)と呼ぶ。
  
山東省は多色の花のサルスベリの木が多い。黒い花のサルスベリもあるという。
周さんお得意の木の話。槿、槐、胡桃、砂糖ザクロ、モッコウバラ、桑の木、山査子、花梨、石楠・・・。中でも「桧柏」というのがあって、桧と柏のハ-フだといっていたが、その葉をみると一枚の葉に異なる形の部分がある。(カメラが無いから、スケッチしているが)

09:30 滕州(とうしゅう)へ向かう
  
10:40 墨子記念館
※ 墨子:墨家の始祖、儒家の思想を差別的と考え、反儒学的な主張をしている。
「兼愛」「非政」を説いている。
〇兼愛とは、「天下の利益は平等思想から生まれ、天下の損害は差別から起こる。」
〇非政、非政論とは、「人一人を殺せば死刑なのになぜ百万人を殺した将軍が勲章をもらうのかという思想」
また、墨子は戦術、科学技術に優れている。

11:50 昼食の郷土料理は比較的日本人の口に合うのではないかと思った。
12:50 諸葛亮故里記念館へ
     穏やかな笑顔の館長さんは、そのあたりの名士でもあり、国の仕事もなさっている。その方のやや長い説明で、多種の碑がある庭を巡る。
(ここで幸いパンフレットを頂いたので後ほど写真を入れよう。)

16:30 青島へ向けて3時間40分の乗車。
   来る時と同じ道を引き返すという形なので、林さんがみんな大分疲れていると見て「車窓はトウモロコシ畑ばかりです。寝ていてください」というので正直に眠っていたら「泰山」を見落とした。
一聖人:孔子
一水:黄河
一山:泰山  という。

20:10 市内レストランにて夕食
22:10 ホテル「青島麗晶大酒店」にチェックイン

説明不足多々あり。
もうすぐ会う友達にこのレポ-トをコピ-しておいて見せようと急いでいるが、なかなか・・・