Shography's blog

何でもいいの

2007年05月

くたばれ! ヤンキ-ス

先日、息子からの誘いでミュ-ジカル"Damn! Yannkees"を見に行った。今回魔女役の元宝塚のトップスタ-、湖月わたる は入間市出身、息子の中学の時の同級生である。(こういう時、ある人は「ああ、あの娘の家はうちの近所だよ。」 またある人は、「あの娘のお母さんとは知り合いなの。」とか言ってなるべ自分との関係を身近にしようとする。)

他に出演者は大澄賢也、川崎麻世、モ-ニング娘の・・・・(非常にかわいかった)他だったが、湖月は言うに及ばず、鍛えられた一流の人たちの演技というものには感動させられるものである。


内容は映画、フィ-ルド オブ ドリ-ムズ」だと思えばよい。この映画は何度見てもよいものだが、私はこの中に何度も出てくる"carry out"  という言葉をその時覚えたのだった。

劇場には付き合わなかった娘が店を選んでいてくれたレストランで、久しぶりの親子四人の食事をした。そこは今人気の店だそうだが、そういうところを流行に疎い我々が知る由もない。
今日は忘れずに持参したカメラで私が出てきたものを撮ろうとすると、敵も然るもの、すかさず、「ブログに載せるんでしょう。」 私、ちょっと照れて「う、う-ん」。

ご馳走を撮ったものをここに載せようとしたが、あ-あ、アップロ-ドしていなかったあ!

 では行きますか。ご馳走にはご馳走ですが、舞台が5時半からだったので、その前の食事となると、フルコ-スとまでは行きませんでした。(花てぼ流どんでん返し。皆様の胃袋具合は保証しません、)

「糖朝」という中華料理の店。(全国的にあるようです)。"SWEETS DYNASTY"とありましたので、「糖朝」の意味がわかりました。大体、中華のデザ-トが主な店のようです。




これで全部ではありませんが、このようなものを単品で頂きました。
あわてて写真を撮ろうとしたので、ぐしゃぐしゃです。
 結局、舞台が終わってから、「鎌倉スパゲッテイ」なるところへ今度は
アルコ-ルも少し入って満腹で夫と私は電車で帰宅したような次第です。
11時頃家に着きました。


怪我の功名

前記事「峰」のことです。このことに触れる前にもう一峰いかが?


  
              峯」 (mine) " THE PEAK OF MOUNTAINS"


気を持たせた割には、たいした意味はないのですよ。

この二つの「峰」は、手入れを怠った筆で書いたものです。

使った筆を洗っておかなかったので、毛先がカチカチに固まっていたのです。これに墨をふくませようとしても、すぐに柔らかくなりません。前の「峰」はその初めごろの筆跡で、今度のは、何枚か書いた後のものなので、大分墨がなじんでいます。
このまま、ずっと続けると、普通の「いい状態の筆」?に戻ってしまいます。そうするとあまり面白みがなくなると言うわけです。何枚かありますがこの二枚は我ながらよくできたと思っている次第です。


「峰」を書こうと思ったのは、今、一番いい景色ではないかと・・・・・・。


 


ゴッホの「春菊」


     
        ゴッホの「春菊」             他人のブログで知った「夕化粧」
                                 
(路傍に咲いていたので)
   
        峰  (mine) THE PEAK OF MOUNTAINS

あまり意味がないか、ブラッシで シュッ、シュッ とやったの、ないね、ないない。
 ・・・・・だそうなので、シュッ、シュッを取り除いた。


霞のようになりたいものだが・・・・

これを食べてみてもいいかな。あなたは、どの「霞」が食べたい?
        霞 (kasumi)  MIST

これは一人一枚、18人の人が書いたものです。

あなたの好きな「霞」を投票してみてください。

軸を向って右からA、B、C、D、E、F、
縦軸を上から、1、2、3 とします。
 したがって、この中に一枚、他とちょっと違った形の(隷書体)「霞」を認めることができると思いますが、これはC-1となります。賞品は何もありませんが、おもしろがりに参加してみてくださいね。


★    ☆    ★    ☆    ★    ☆     ★     ☆     ★

結果発表!敬称略させていただきますが、十分敬って)
Aー3  福の神      (1)
Bー2  P、 ダ-爺リン (2)
Bー3  こもも、 あすか (2)
Cー1  マ-ちゃん、たけ夫人(2)
Eー2  ニコ、たけ     (2)
Fー1  ナツ、はなはな  (2)    
ありがとうございました。

これは私が所属している書道会の誌上で毎月行われている「特別競書」五月の結果です。何人かの先生方の審査で、総出品数279点中、上位18名の作品です。
順位はA-1 が一位、Aー2 が二位、Fー3 が十八位ということになります。因みに花てぼの作品はA-1 です。(いいえ、これを言いたくてやったわけでは
決してありません。本当かな。じゃ、六月号の分も載せろって?そんな遠い先のことはわかりません。)

先生の評にも今回のは「筆勢に勝れ活力溢れる作品が多く集まった」とありますように私も甲乙つけがたい作品揃いだと思っています。

参考までに、A- 1
の評は「ゆったりとした雨冠と動きのある下部の調和がおもしろい。筆圧の変化が多様で、見飽きない作」とあります。

皆さんの投票にあったもので先生の評があるもの。
Bー2 「躍動する線条も見事だが振りを抑えた重厚な終筆が素晴らしい。」
 他に、コメントがあるのは、Cー2、Cー3、Dー2、Dー3です。

これはご参考になればと載せました。何を選んでいい、悪いではありませんので
次の機会にもまたどうぞ!




                    


お気に召すまま

  
  
   青空
   曇り空
   霞か雲か(だってこの写真ピンボケで・・・)
    心のままにお好きなようにお取りください。


  
  
    
  
  黙れ!

    黙る・・・・
    静かに、
      連休中いろいろおありでしょう、どうにでもお取り下さい。
  


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 紫式部日記
  • ついカメラを持ち出す。
  • ついカメラを持ち出す。
  • ついカメラを持ち出す。
  • 一日中 雨
  • 一日中 雨
  • 一日中 雨
  • 一日中 雨
  • 一日中 雨
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ