Shography's blog

何でもいいの

2008年03月

聞く連続ブログ小説・「花連」・・・4

島田淳子作 「花連」 第4回  朗読・花てぼ


 ※ 小袋焼 (しょうだいやき) 天草の土で焼かれた焼き物、後ほどよく調べます。
  ※ 小国 (おぐに)
  ※ 「朝顔の黄なるが咲くと申し来ぬ」


聞く連続ブログ小説・「花連」・・・3

島田淳子作 「花連」 第3回  (朗読・花てぼ)


  ※ 涼夏会 (りょうかかい)
  ※ 花連 (はなれん)
  ※ 肥後六花 (ひごろっか)
  ※ 赤峰家 (あかみねけ)
  ※ 白川沿い (しらかわぞい)

聞く連続ブログ小説・「花連」・・・2

島田淳子・作 「花連」 第2回   (朗読・花てぼ)


※ そぎゃんばしいわんば (そうとでも言わない限り)
※ 肥後朝顔(ひごあさがお)
※ 肥後もっこす

聞く連続ブログ小説・「花連」

以前、島田淳子作・「おてもやんをつくった女」熊本県の第三回「草枕文学賞」作品集「ミヤマカラスアゲハ」に収められている)より、「おてもやん」を朗読しCDにしました。
http://yuukoubosss.fiw-web.net/hanatebo.html の「おてもやんについて」を参照してくだされば幸いです。

これに続いて、島田淳子・「花連第二回「草枕文学賞」作品集「下ん浜」に収められている)をブログで発表することにしました。通して読めば1時間近くかかりますが、これを一回5分程度の連続読み物にしたいと思います。間隔は、始めてみないと予想がつきませんが、毎日、二日おき、三日おきなどランダムになることと思います。
それでは始めてみます。うまくいきますかどうか、お聞き苦しい点はご容赦をお願いいたします。(録音はぷららの「もしもしブログ」です。)

このような形で、私のつたない朗読を発表することを快くお許し頂きました、島田淳子様及び熊本県「草枕文学賞」実行委員会様に心より感謝申し上げます。


 島田淳子・作 「花連」 第1回  (朗読 ・花てぼ)


※ 桂宮家由来の茶室 (かつらのみやけゆらいのちゃしつ)
※ 古今伝授の間 (こきんでんじゅのま)
※ 千夏 (ちなつ)
※ 文史郎 (ぶんしろう)

三月風よ・・・・ MARCH WINDS

       
     三月 風よ

     四月は 雨よ

     五月は 花の花ざかり

             (白秋の まざあ・ぐうす より)

    


                 March winds and April showers
                      Bring forth May flowers.   (from MOTHER GOOSE)


                                                    


 


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ