Shography's blog

何でもいいの

2010年05月

大事を思い立たん人

大事を思い立たん人は、去りがたく(避けがたく)、心にかからん事の、本意を遂げずして、さながら捨つべきなり。「しばしこの事はてて」、「同じくはかの事沙汰しおきて」・・・・・・・ (徒然草第五十九段より)

ははは、私がブログ記事を書くことを「大事」だとすると、「しばしこの事はてて」、「同じくはかの事沙汰しおきて」が多いのである。その中には多分に「人のブログ見はてて」というのがあって、少しも「大事」にまで至らない。


明日は、「ふくろうの会」のリハ-サル。


   毎度おなじみで申し訳ない。でも毎年作り直しているのよ-。
             


なんだか変

コメントの投稿をしたのに反映されない。
あしたになったらちゃんとできているのかな。



あしたになりました。
できていました。


記事の書き方を忘れたような

そんな気がしている。


空虚感?単なる怠け心か?


画面下に、パ-センテイジが表示されない、どうしたのかな。

 


「おかねさん」、何となく仕上げた

まだ、何度も訂正しなければならないと思うが一応、ワ-ドで書きあげた。読む時間や、方言の問題がある。テ-プレコ-ダ-を持って行ったが竹田の佐藤さんからは、あまり特徴のある方言は聞かれず収穫はなかった。また、プログラムに載せる題は「おかねさん」とだけして、蝶々夫人は伏せておこうと思う。このブログを見た人は公演にはおいでにならないことを望む。


今夜から、週二回、つごう七回の「ドラマリ-ディング」という講座に出る。どんなことをやるのか全くわからない。


熊野の磨崖仏~郷里波佐見(はさみ)

4月30日 別府を出発して、日本一雄大荘厳な(パンフレットより)熊野の磨崖仏を見に行く。

 
不動明王像(高さ約8m。半立像)  大日如来像(高さ6.8m・半立像)


見終わって駐車場に戻ると、なんとレンタカ-のエンジンがかからない。郷里の長崎に行く前に福岡県、直方で人と会う大事な約束があった。これができなければ連休明けにもう一度、来なおさなければならない。バッテリ-ではない電気系統の故障だったのだが、レンタカ-会社とのすったもんだの電話でのやりとりの末にやっと近くの空港から替えの車が届いた。二時間のロスだった。用事はぎりぎり間に合ったからよかったようなものの・・・・・。


5月1日  郷里の長崎、波佐見では、佐賀県有田と同時開催の「陶器まつり」の最中だった。かっては「陶器市」と呼んで、道路沿いに店が並んだ。私はこの風情が何ともいえず好きだった。   
 やきもの公園           東京のデパ-トで遭遇したことのある懐かしのイケメン丼

              
              
 

5月2日 法事。
  
法事に帰国できなかった姉が作ったクレイジ-キルトを折敷に。右は彼女が描いた母と母の姉の絵


父の遺していた「経歴書」を見ている。非常に立派な筆跡。
学歴には「波佐見尋常高等小学校六年卒業」とあるのみ。


5月3日 
有田まで車で送ってもらい、そこから列車で福岡空港へ。(梅が枝餅を買う)飛行機に乗っている時間は一時間半だが、実家を出て埼玉の家に帰り着くまでには6時間ほどかかった。


いろいろ書きたいことがあったようだが、ざっとこんなもの、かな。


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ