Shography's blog

何でもいいの

2012年06月

蛙(かわず)の夜回り、アマリリス

今朝一番に家に飛び込んできたかえる

蛙の夜回り
 
野口雨情 作詞         http://www.youtube.com/watch?v=-oF7noHWVWo
中山晋平 作曲         http://www.youtube.com/watch?v=cnU_4xqZ8w8

   
蛙の夜回り ガッコガッコピョンピョン
ラッパ吹くラッパ吹く ガッコゲッコピョン
それ吹けもっと吹け ガッコゲッコピョン
ガッコガッコガ ハ ピョンコピョンコピョン
ゲッコゲッコゲ ハ ピョンコピョンコピョン
ガッコピョンゲッコピョン ガッコゲッコピョン

   
寝坊の蛙も ガッコガッコピョンピョン
あわてて飛び起き ガッコゲッコピョン
ラッパ吹くラッパ吹く ガッコゲッコピョン
ガッコガッコガ ハ ピョンコピョンコピョン
ゲッコゲッコゲ ハ ピョンコピョンコピョン
ガッコピョンゲッコピョン ガッコゲッコピョン

 
朝まで夜通し ガッコガッコピョンピョン
寝ないで夜回り ガッコゲッコピョン
それ吹けもっと吹け ガッコゲッコピョン
ガッコガッコガ ハ ピョンコピョンコピョン
ゲッコゲッコゲ ハ ピョンコピョンコピョン
ガッコピョンゲッコピョン ガッコゲッコピョン


夕方、たけさんの家に咲いたアマリリスを見て


アマリリス                   
岩佐東一郎作詞           
ヘンリー・ギース作曲     

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

月の光          
花園を あおく照らして
ああ 夢を見てる
花々の眠りよ


フランスみやげ
やさしい その音色(ねいろ)よ
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/amaririsu.html
http://www.youtube.com/watch?v=MIlYP65LcII

これで歌えばいいようですよ。

そらそどそらそ
ららそら そふぁみれみど
そらそどそらそ
ららそら そふぁみれど

みみみー みみみー 
みみふぁみれ みれど れどれ
みみみー みみみー
みみふぁみれ れどれみー

そらそどそらそ
ららそら そふぁみれみど
そらそどそらそ
ららそら そふぁみれど
 


鍛鉄、羊の置きもの(Gaborさん作)

 二つ前の記事「写真を活ける」は何に活けていたかというとこれ。
以前、鍛鉄の西田さんの所に来ていたハンガリ-のGabor さんにいただいたもの。
最初、何のために使うのかわからなかった。単に飾りものにしたり、ペーパーウェイトとして使っていた。
ただ、悪漢が侵入したら、これで殴ってやろうと(思ったことは無く)今、考え付いただけ。
羊のデザインになっている。



これを仰向けにするとこうなって、両耳の切りこみのところに写真なり
何なりを立てて飾ることができる。)

     


「飛んでイスタンブール」

「第一回いるま環境フェア」が催された。
●各方面からの展示
●環境講演会
 「放射能、そのあらましと期待される再生可能エネルギー」(明治大学名誉教授・藤井石根氏)
   《大飯原発再稼動発表》直後の講演だけに、怒りを共有しながらの聴講。絶対稼動させてはならない!(今日6/18の新聞記事で近畿二府四県を対象に電話方式に寄る世論調査で、賛成49%、反対41%!!信じられない!!!)
●庄野真代、トーク&ライブ
 「飛んでイスタンブール」は知っていたが、庄野真代さんのことはあまり知らなかった。
 現在、NPO法人国境なき楽団の代表とのこと。
●庄野さんご紹介の和太鼓演奏の宮城の「道楽」さん、エネルギッシュ!http://d.hatena.ne.jp/karuraten/
●オープニングでの〇〇高等学校吹奏楽の演奏では「イン・ザ・ムード」で客席に求められた手拍子はづれました!
●展示の部で、「トイレットペーパー究極のエコ」を発表していた「いこいこクラブ」というグループ(代表が知人ということはさておき)のブースはおもしろかった。
現在、日本で使われている殆どのトイレットペーパーの幅を何センチか少なくしたサイズを使用するようにするとどれだけのエコになるかという計算から、世界のトイレットペーパー事情、市内の各施設でどういうサイズが使われているかの調査、更に幅の狭いトイレットペーパーホルダーを作らないかなどTOTOなどへの質問の結果などを発表していた。
このことは私もいい取り組みと感心したが、このことで思いつくのは、あの箱に入って売り出されているティッシュのことだ。取りだす時二枚が出てくるようになっている。「あれ、一度につき一枚でいいのだが」といつも思っている。そのことを話すと、「鼻水が多く出る人にとっては、一枚では・・・」とのこと。確かに使い方で人さまざまだから研究してみなければわからないのかも知れない。ならば一枚出てくるのと二枚のと選べるようにすればと思うが、これもコストがかかったりわからない問題があるのだろう。
もう一つは、品物の過剰包装、これは是非考えてほしい。


写真を活ける

って、こんなふうに飾ってみました。
 


「暑限無」について


ブログでお知り合いになった、くるみさんhttp://pub.ne.jp/putioiya/が私が出版した「花てぼ」のことを書いてくださっている。この本について私がいつも言いわけのように言っているのは、「句が本にしてまで人様にお見せするほどのものであるからではない、また書が卓越しているからではない、ただ、それらを乗せる台紙の発見が卓越していた(と、自分で言うか?)からである。結果的にこの三者がうまく調和していい本になったと自分でも思っている。
この度、くるみさんが再び取りあげてくださったのは嬉しかった。その中の、「口にして暑限無暑限無と極暑かな」に感想を頂いた。彼女もご指摘のようにこれはもちろん落語の「寿限無」のパロディだが、2004年8月に作った句でその時の暑さは史上稀だったと記憶している。この暑さをことさら大袈裟に言いたいがそれを表す言葉が見当たらない。例え大暑、猛暑、極暑、炎暑・・・・であってもこの一つの言葉だけでは表現できない。これら全てを集めても足りないくらいの暑さだと言いたかった訳だ。因みに暑さを表す単語にまだまだ、酷暑、劫暑、熱暑、酷熱、炎熱、旱暑、激暑、劇暑、厳暑、蒸暑、溽暑、甚暑、盛暑などがある。
その月の句に、「もの言えば口元歪む酷暑かな」というのもある。この頃は人に会いさえすれば挨拶は「暑いわね。」だったが、顔じゅうでそれを表さなけれ足りないのだ。
パイポパイポ、パイポのシュ-リンガン、シュ-リンガンのグ-リンダイ・・・・この夏はお手柔らかに願います。                 夕方の孔雀仙人掌、あーら不思議、花が三つになっていた。


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ