Shography's blog

何でもいいの

2015年01月

初雪

剪定の生傷に雪容赦なく

IMG_0056

IMG_0057

IMG_0058_1


昨日切られたばかりの木
桜も
白モクレンも

今日歌った二つの歌

老人ホーム訪問で、仲間が持ってきた歌。

ああ モンテンルパの夜は更けて 
          作詞 代田銀太郎  作曲 伊藤正康  歌 渡辺はま子

モンテンルパの夜は更けて
つのる思いにやるせない
遠い故郷しのびつつ
涙に曇る月影に
優しい母の夢を見る

燕はまたも来たけれど
恋しいわが子はいつ帰る
母の心はひとすじに
南の空へ飛んで行く
さだめは恋しい呼子鳥

モンテンルパに朝が来りゃ
昇る心の太陽を
胸に抱いて今日もまた
強く生きよう倒れまい
日本の土を踏むまでは

※モンテンルパ
フィリピンにある戦犯収容所の所在地。
戦後、処刑された山下奉文大将以下17名が葬られた。

この歌、仲間では最初の1フレ-ズしかメロディが浮かばない。入所者の人たちもあまり歌えないようだったのでみんなで歌詞を読んでしみじみとした。
そこへ行くともう一つの歌「夜来香・イエライシャン」は軽快な恋の歌。私たちも少し歌えたが、入所者の一人の女性がきれいな声で音程も確かにうたってくれた。

夜来香 Ye Lai Xiang  作詞 佐伯孝夫  作曲 黎錦光  歌 李香蘭他

あわれ春風に嘆くうぐいすよ
月に切なくも匂う夜来香
この香りよ

長き夜の泪 唄ううぐいすよ
恋の夢消えて残る夜来香
この夜来香
夜来香 白い花 夜来香 白い花
ああ胸いたく 唄かなし

あわれ春風に嘆くうぐいすよ
つきぬ思い出の花は夜来香
恋の夜来香
夜来香 夜来香 夜来香 

※夜来香はキョ-チクトウ科の花
この歌は、憧れの女性を夜芳しい香りを放つ夜来香に喩えて想う気持ちを歌っている。
私はこの「イエライシャン」という音の響きが好き。

こうなったのも安倍さん、あなたのせいですよ

私はこの事態に対して何か言える者ではない。ただ直感的に「安倍さん、あなた人質になって行ってくださいよ。」と心で言っていた。そういうことを考えるのはどうなのだろうと自分でもよくわからなかったが、今日の下の三人の方のブログを拝見して、私もそれほどかけ離れた思い違いはしていないように思う。

①志村建世氏のブログでこのところ紹介されている、池田幸一氏のメ-ルhttp://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/
②六文銭氏のブログhttp://blog.goo.ne.jp/rokumonsendesu
③かわぐちえいこう氏のブログhttp://blog.goo.ne.jp/choshibeach

以上ご紹介させていただきます。

「蜘蛛の糸」「おてもやん」を語ってきた。

わが団地の「緑会」の茶話会によばれて、「蜘蛛の糸」と「おてもやん」を語ってきた。同じ団地に住むもう一人の仲間と二人で、一人二編を読む時間が割り当てられていた。団地内でお見かけする方も何人かおられたが口を利いたことがない人が殆ど。私にとっては初対面風。そういう方に何を読むかと私が考えるとどうしてもこの二つになる。最初はどんな反応があるのだろうかと気になっていたが、私も案外よく読めたようだし、みなさんにも満足していただいようで安心した。

この二つの今日の出し物は、こちら遊工房さんのペ-ジで聞くことができます。お馴染みの方も、初めての方もお聞きくだされば幸いです。
http://yuukoubosss.fiw-web.net/roudoku/hanatebo/hanatebo.html

責任上、私が先に遊工房さんのブログへ聞きに行ってきた。
いずれも、早口なのが惜しい。間がとれていない。それというのも「もしもしブログ」で一コマ5分という制限があったのだ。聞く人には忙しくて忙しくてやになっちゃうかも知れない。私はそうだった。こんなものを「どうぞお聞きください」なんて言ってほんとに申し訳ないです。4,5年前の録音だと思うが、今日のライブがよっぽどよかったと思っているのです。

出かけてきます




戻りましたら、私の作品の写真を載せます。
カメラ、カメラ

撮ってきましたあ!


 

また取り込みに失敗。サイズを小さくしすぎて元に戻せない。
画像をクリックしてください。

IMG_0047

ラフカディオ・ハ-ン「日本の面影」(訳本)より。

 山の麓の方は
 空と爽やかに溶けあい
 万年雪の上に
 夢のような尖峰が現れる姿は
 まるでその山頂の幻影が
 輝かしい大地と天との間に
 ぶらさがっているかのようだ
 これこそ霊峯不二の山
 富士山である

IMG_0050_1

IMG_0049_1

上の2枚だって、半分ずつにして撮ってうまくトリミングしたと思ったのに両方のサイズが合っていないから・・・
この泣きたい気持ちわかる?  夕飯にします。

ゆすらうめさんへ
出かける前にカメラテストしたの。テ-ブルの上ごちゃごちゃ、やだな。明日の為の用意のためのものなどごちゃごちゃ。別にこれを公開する義務もないのに正直者はこれだからな。
こちらはもっと小さい画像でよかったのに。皮肉ね。

IMG_0045


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ