Shography's blog

何でもいいの

2016年03月

あっはっは、やろうと思えばできるじゃな-い!

画像を取り込めなかったのは、ただ単にUSBの差込口がちがっていただけだったー!

IMG_0057_1

IMG_0060_1

                  IMG_0053_1

 IMG_0051_1
   プランタ-の中で咲いた桜

      IMG_0058_1
     この花の名は何だったっけ?鉢ごといただいていたものだけど・・・

この花たちに留守番させておいてしばらく休ブします。
またおいでくださいね。







汚染水漏れ、またか

取り急ぎ、Side Discussion さんhttp://sidediscus.exblog.jp/の記事をご紹介します。

Side Discussion さん今日(3月25日)はこの記事です。

州知事、地元住民持ち込み反対表明。

◆日本が返還 米州知事、最終処分場になる恐れで受け入れ拒否

日本から米国に返還される研究用プルトニウムを積んだ輸送船が茨城県東海村から出港したことに絡み、受け入れ先となる米南部サウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事は23日、連邦政府に対し、同州がプルトニウムの最終処分場になることに懸念を表明し、輸送停止か行き先を変更するよう要請した。核兵器保有国で広大な国土を持つ米国でさえ、核物質処分には困難を抱える実態が浮き彫りになった。 (毎日新聞より)

うちの桜も開花しているのだった-ぁ!

2月11日、集会所に剪定した桜の枝を水に漬けてあった。それをもらって帰って、部屋の花瓶にさしておいた。こちらの方はもう葉桜になっているが花瓶に入りきらない太めの枝を一本、ベランダのプランタ-の中に突っ込んでいたのだがそれが咲いているのに昨日気が付いた。東京で桜の開花宣言をしている。うちでは二三日前だったというわけ。写真撮って来よ-っと!
撮ってきたが相変らず見せられたもんじゃない、シケたピンボケ。
しばらくこちらの八重桜を・・・
村上鬼城句
IMG_0043_1

宮坂和子歌集「朱の影」

IMG_0040_1
一週間ほど前、著者よりこの本が送られてきた。著者とは(彼女は現在休会しているが)朗読の仲間で、この頃では「護憲」運動関係、デモなどでよく会うようになった。この点では私の俄活動とは違い彼女のは筋金入りである。
早速読ませていただくと、上記のような彼女との共通な思いなどが歌にしてあり共感すると同時に彼女の人となりがよく歌に表れていて感動的。他に差し上げたい人がいるので二冊欲しいと手紙を送った。電話にしなかったのはその前に彼女から依頼されていた署名運動の用紙を送り返す用があったのでそれに同封したのだ。後日、その本の受け渡し場所がコ-プというのもおもしろい。「私も買い物に行くから」って調子で。私は二冊分の代金を茶封筒に入れて差し出すと、「いい、贈呈」という。私は下世話に「そんなことはないでしょう、お金もかかったでしょうに。」と、ぜひ普通に代金を払って求めたかったので封筒を渡そうとすると、「じゃ、いただいて、安保法制廃案運動に寄付します」って。彼女は売り上げの全額をそうするらしい。なんだか恥ずかしくなった。
私のことを詠んだ歌が2首あると言っていたが「どれだかわかった?」という。これまた赤面の至り。その歌は、「この時に完璧を求むべからずと言ひてくれたるその人の言葉」。彼女が15年ほど前、朗読の会の会長をしていて悩んでいた時に私がそんな偉そうなことを言ったのだそうだ。彼女は自身の生い立ちから大変な苦労をし、現在もお孫さんのことなどで大きな困難をかかえ、脱原発や戦争法案廃案運動に携わっている。そんな時、今もこの私が言ったという言葉をふと思い出して励まされているのだと言う。私もその頃はもっと純粋に真面目だったなと、今ではまやかしでも言ったような気持ちになっている。
彼女の生き方に脱帽をするほかない。いい歌集だ。

今日は書展の最終日だった

書展に先だっての内覧会や懇親会に出るはずだったが、何かと気持ちの落ち着かないことがあって欠席し、昨日、当番にあたっていたので初めて会場に入った。
昨日写真も撮ったがアップできないでいた。みどりさんhttp://blog.goo.ne.jp/okita-midoriが今日撮ってきてくださったとのこと。私が辛うじて撮った自分の作品の写真。縦長で字が小さいのでよく写らないと思っていたが結構大きくみることができるようだ。
  ジョン・レノン Imagine より
IMG_0029_1

人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ