Shography's blog

何でもいいの

2016年05月

夜の録音

年度変わりのごたごたで、「広報」6月1日号を誰も吹込んでいないということが発覚し、急きょ借り出されて分担分を持ち帰ったので、今、家で録音をしたところ。
明るい声を出さなければいけないが、夜の録音はどうも沈んでしまう傾向がある。何とか元気よくを努めたが・・・夜中に一人で口角をあげて笑顔など作っているとおかしくって。

花どろぼう

あまりに珍しい花だと思ったので、OTTOさんち(メキシコ)からいただいてきた。黙って。(遊工房さん式にいうと「盗んできた」)

otto

さて、これは、Adenium obesum  アフリカやアラブの砂漠が原産の、園芸植物です。 メキシコでは、ロサ・デ・デシエルト(ROSA DE DESIERTO、 砂漠のバラ)という名前で流通してます。 英名も、デザートローズ。 買ってきて半年ほどになりますが、葉っぱが落ちて幹だけになって、枯れたかなと思っていたら、急に芽吹いて花を咲かせました。 さすが、砂漠の植物ですな。(OTTO)http://teacapan.cocolog-nifty.com/blog/

五輪のために 線量二重基準

五輪のために 線量二重基準

Side Discussion さんの記事です。
みんなで怒りましょう。

ウィリアム・メレル・ヴォ-リズ

県下でただ一か所と言う、ヴォ-リズが手がけた建築物が入間市にある。武蔵豊岡教会http://gipsymania.exblog.jp/6081873/だ。私的には以前、教会のご厚意で時折コ-ラスの練習をしたところでもあるが、2013年から2014年にかけて、現在の地に移転されて以来、私は初めて外観を見た。内部も以前と変わりなかったが祭壇の辺りの白い壁が真新しくて・・・という感じが否めない。(以前は古くてもっと暗い感じがしたからだろう)

今日は当教会で、作家、玉岡かおる氏の講演があった。
【玉岡かおるプロフィ-ル】
1956年、兵庫県三木市生まれ。神戸女学院大学卒業。’87年、神戸文学受賞作の「夢食い魚のブル-・グッドバイ」・・・・・
http://tamaoka.info/
最新作は「天平の女帝 孝謙称徳」(新潮社)、話題作「お家さん」(新潮社)、他多数。現在、大阪芸術大学教授、兵庫県教育委員・・・。

著書「負けんとき ヴォ-リズ満喜子(ヴォ-リス夫人)の種まく日々」の主人公、満喜子はNHK朝ドラ「あさが来た」のヒロインのモデル・広岡浅子の娘婿恵三の妹にあたる人。玉岡氏は、明治・大正・昭和の混沌とした時代を力強く生き抜いた、実在の女性を描いた作品を得意とする。

【ヴォ-リズについて】
ヴォ-リズは浅子が創設した銀行や大同生命旧肥後橋本社ビルの設計をはじめ、多くの有名建築を残している。入間の武蔵豊岡教会もその一つというわけ。
ヴォ-リズ設計の特徴の一つは室内に光がたっぷり降り注ぐ窓にあるそうだ。多くの建築物の写真を見せて頂いたり、ヴォ-リズやヴォ-リズ満喜子、また広岡浅子の話など、興味深い話は尽きないほどだった。
「入間市制施行50周年記念」、共催「入間市の文化遺産を活かす会 入間市(男女共同参画推進センタ-)

ウィリアム・メレル・ヴォ-リズ(1880-1964)について付記
彼は滋賀県近江八幡を拠点として全国を飛び回り、目指すユ-トピア実現のために精力的に活動した。一柳満喜子と結婚、1941年に帰化して日本人となり
一柳米来留(ひとつやなぎ めれる。アメリカから来て日本に留まるの意)と名乗る。現在の近江兄弟社の創立者の一人としてメンソレ-タム(現メンタ-ム)を広く日本に普及させた実業家としても知られている。1958年(昭和33年)、近江八幡市の名誉市民一号に推挙された人望篤い人だった。

またまた付記
ヴォ-リズさんのお友達として
マッカ-サ-(GHQ 最高司令官・小学校時代のクラスメ-ト)
ヴァイニング(今上天皇の元家庭教師)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)
内藤多仲(早稲田大学・大丸百貨店心斎橋店構造設計)
ダニエル・ノルマン(宣教師・軽井沢の村長さんと慕われた)
岡林信康(伝説のフォ-ク歌手・父勝治は近江金田教会牧師)
清水安三(桜美林大学創立者)
正田美智子さま(皇后陛下・軽井沢テニスクラブ)
広岡浅子(日本女子大設立に尽力)


無事終わりました。

IMG_0028

これも好評でした。
IMG_0031_1
「蝦蟇の膏売」(がまのあぶらうり)
最後の出し物としてみんなで口上を読み上げました。

私は「ふくろうの会」では二回目の「彦一のかっぱつり」を出しました。
人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ