Shography's blog

何でもいいの

2016年11月

初めて行った所

埼玉県立近代美術館(北浦和駅下車)

乗り物で初めての所へ行くと必ず失敗があるが、敢えてここで言うこともなかろう。

しかし、この間、自分の家の墓へ行くのに車で行って入口を間違えて、もう泣きたくなった。(いつもは徒歩で行く)

携帯で撮った写真があるのに載せられない。もう、いい!!




Thanksgiving Day

この可愛いこちゃんが・・・・。
食べられる運命に・・・・。
f2d45a85

アメリカを訪れていた時の事。
「日本にもThanksgiving Dayがあるのよ。」
「えー?その日は何をするの?」
「何にもしない、just rest」 と言って面白がられたことがあった。

意味合いは全く違うが、勿論、「勤労感謝の日」のこと。日本の祝日は、「あれ、今日は何の日だったっけ?」とか、それさえも言わず、本当にただ休みの日だとしてやり過ごすことが多い。
そのくせ、「クリスマス」や「ハロ-ウィ-ン」の行事は盛んに行われる。そういえば聖バレンタインデ-も、聖パトリックデ-も、イースタ-もやるんでしたね。あ、パリ祭も・・・。
お釈迦様の「花まつり」なんてきれいなお祭りだけどな。


11・20埼玉県集会

安保法制の発動許すな!
入間基地拡張ストップ!
緑の森を守ろう!
11・20埼玉県集会

こういうチラシを以前いただいていた。↓

IMG_0061_1

前々から、20日は、書道のことで参加は難しいと決め込んでいた。ところが、昨日、無理をしてそのことをすませることが出来た。ホッとして、「明日は(つまり、今日)ゆっくりできる」とのんびり気分に浸っていたところ、この集会のことを思いついた。「やっぱり、行こう」という訳で行ってきた。場所は埼玉県営彩の森入間公園。このすぐ近く、隣り合わせに入間基地がある。

集会場所の方へ向かうや、いきなり、ボブ・ディランの「風に吹かれて」の美しい歌声が聞こえてきた。私は昨日までこの歌に浸っていたので頭の中にはまだその余韻が残っていた。(私は今、この歌詞を書の作品にする途中なのだ)
その後も、反戦歌の色々が心地よかった。スピ-カ-から聞こえたのはこのような歌のリ-ダ-の人たちの歌声だった。↓

IMG_0039

IMG_0044

IMG_0066_1

IMG_0048
埼玉県の各地から集まった人たち、3000人と発表されていた。

IMG_0047
異様な機動隊?警察?の数。
集会が終わると、集まった人たちが二方向に向けてデモ行進することになっているので、その警備、誘導だと思うが。
集会も終わりごろ、ちょっと座ろうとしたベンチにいた一人の若い女の人に話しかけた。彼女は「人に頼まれてここへ来た(あまり来たくなかったという表情)。顔を見せたことで頼まれた人への義理を果たした」みたいなことを言っていた。その人は、警官の数に心配したように帰って行った。

組織的に集まった人たちが殆どと見た。本来なら地元の入間の人たちだけで今日集まった全員の人数ぐらいにならなければならないのに、事の重大さに気づいていない人が多い。安倍政権の異常さを感じていないのと同じことだ。

デモ行進のため、整列するのに随分と時間がかかりそう。シュピレヒコ-ル(私はこれが好きなのだ)が終わると一足先に会場を出た。上↑の赤地のカ-ドを道行く人や車中の人が見るように、手に持って「一人でもデモ」して帰った。


やまと―あ―とみゅ―じあむ

先日、蕎麦めがけて走っている途中、ある看板に気がついて、「なんかミュ-ジアム・・・棟方志功のどうのって書いてあった。帰りがけに寄りたいから、この辺り覚えておいてね。」と言っておいたところに寄った。
ここは羊山公園内にあり、近くに「芝桜の丘」などがあって、名所になっているところだが、私は初めて訪れた場所だった。

思いがけず、こんな景色に出会った。
向こうの山は、武甲山だが、この方角からは初めて見たことになる。


IMG_0025

この景色を右側に見ながら真っ直ぐ歩くと(何メ-トルとか、何分とか、数字に弱いから言えない)「やまと―あ―とみゅ―じあむ」。平成4年開館、8年に財団法人となった。棟方志功の作品(板画、絵など)を中心に、志功とゆかりのあった人たちの作品を収蔵している、と説明にある。

あの蕎麦事件の後、ここへ来られてよかった-!


IMG_0023
夫がかつて務めていた会社は、棟方志功の板画(志功は、版画ではなく、「板画」と言う)の複製をカレンダ-にしていたので、見覚えがあるものばかり。何度見ても、一点一点がなんと魅力的。その時間、このミュ-ジアムにいたのは、後から見えた男性二人連れと私たちだけだったが、最後にビデオ(過去にテレビで放映されたものでこれも見ていたが)をキャンディとお茶をいただきながら見た。志功の何という個性、魅力!!
展示を見ている時の先の二人連れの会話、「どうしても、ここに来たかったんだよ」「大和し美し」の前の「し」は何?もう一人の人は「わからない」と言っているらしい。私との距離がも少し近ければ、私はでしゃばったかもしれないが、「まあ、まあ、」と自分を抑えた。
やはりここにも「板極道」という本が置いてある。


IMG_0017_1

IMG_0014

IMG_0013_1

帰りがけに会ったシロちゃん。あまりにも真っ白な毛並みが美しいので撮らせていただいた。飼い主さんが声をかけると、こちらを向いてくれた。

IMG_0024

帰路の正丸トンネル内。(お月様が・・・・)
IMG_0034_1


蕎麦

昨日のこと。
「蕎麦を食べに行こうか」 秩父のそばまつりはいつだったかな。確か11月だった。調べてみると11月20日とか。この日は何万人の人がまつりに集まるって。そばを食べに行くのにそんな騒々しい時に行かなくても。今日即、行くことに決まる。
言い出したのは私。最近夫婦で外に出かける事が滅多にない。いい天気だし紅葉もきれいだろう。つい先日、仲間とそば打ち会をやって、その時に自分で打ったそばをお土産に持ち帰って、その夜いただいたのも美味しかった。その味が思い出されていた。
目指すは、以前何度か行ったことのある、JAの管轄のお蕎麦屋さん。行って見ると何人かの人が待っている。順番待ちのリストに名前を書き込んで、となりのJAの店に入る。
IMG_0011
写真ではそれほどでもなく写ってしまったが、とてつもなく大きいと思った。
渋柿で「はちめ柿」という名。干し柿にするのだそうだ。(百目柿は聞いたことがあるが、と調べる。「八目柿」で画像を検索すると「百目柿」がでてくる。語感が似ているので「八屋柿」というのがある。これのことだったのかな。)


IMG_0010
秩父名物の水菜。100円!
今、野菜が高いからってこれを買ってもどうしようもない。

珍しい「ズイキ」を大きな一束、200円で買った。半分を今日書道に来た人にあげた。調理の方法を調べて、昨日から準備していたのを今夜食した。おいしい!

さて、随分待って、蕎麦の順番が来て店内に入る。水菜をおいしく煮たのが突き出しに出る。うわ-こんなにおいしく煮たのが買えれば買って帰りたい・・・・・・うん?蕎麦のできるのが遅いな・・・待てども待てども出てこない。見渡すと周りの10、しごにんの人がじっと、むくれたようにして座っている。私がついに立ち上がった。従業員の人たちの態度(そういう場合の応対)が非常に良くなかった。私はこんなに待たせることがわかっている(はず)のに、そう言ってほしかったと言った。・・・あまり書きたくない・・・運ばれてきたときは食べる気もしなかったが。「美味しさも半減」と言って食べた。
口直しをしたいと、他の蕎麦店に入った。先ほどので食傷したので、「どのくらいかかりますか」と尋ねた。そこは構えも立派で値段も高かったが満足(蕎麦を満腹なんていい表現じゃないけれど、満腹)。
この後の記事(いいこと)を載せたいのに、だらだらになるから次にする。


人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ