Shography's blog

何でもいいの

2018年12月

忙中閑閑あり

この時季(わたしだけ?)どう過ごしたもんかと戸惑っているようでもある。旧家でもない、商家でもない、平凡な家庭の奥としては、「日本はどうなっていくのか」とか、暖簾に腕押し、糠に釘(お正月だからいいじゃない?)のアベのことを考えると気分が滅入る。ちょっと出たついでに店先に置かれた里芋と大根を、竹の筒に「100円」入れて買って帰るぐらい(大根は50円だった)の憂さ晴らししているのが関の山。


そこで、Again だけど・・・・

Yes, Virginia・・・


「サンタクロ-スっているのでしょうか」について。
ニュ-ヨ-ク、8才だったバ-ジニアは、学校で友達に「サンタクロ-スなんていないんだよ」と言われ、悲しくてなりませんでした。家に帰るとすぐにお父さんに尋ねました。お父さんは、ちょっとくちごもり「”サン新聞社”に尋ねてごらん」と言いました。「サン新聞」はその家族が最も信頼していた新聞でした。


バ-ジニアは早速、サン新聞社に手紙を書きました。すると、記者のフランシス・P・チヤ-チ氏による返事が
、"Is there  a  Santa Claus?" という社説として1897年9月21日の新聞に載りました。"Yes,Virginia,there is a  Santa Claus." というフレ-ズを含む内容はアメリカ中にセンセ-ションを巻き起こし、百年経った(120年以上になりますが)今でも、この季節になると、アメリカの新聞にはこのことが載るそうです。人々は、" Yes, Virginia ...と言えば、にっこりとほほ笑んで、すぐに "there is a Santa Claus." と続けるそうです。

Virginia_Santa_Claus手紙
             Virginia 自筆の手紙


私も、日本の或る新聞でこのVirginia のお話が載ったのを読んだことがあります。
今頃はこんな素敵な話も載せる余裕もないのかもしれませんね。

因みに、クリスマスは1月の半ばぐらいまで祝われるようです。
キリストの誕生日はわかっていません。大まかに4つぐらいの考えられる日があるそうですが、その中でも12月25日としたのは、これが冬至の頃で、これから日に日に明るくなって行くということで世の中がだんだん明るくなるようにという願いを込めてとのことからだとか。 (花てぼ)



 



    サンタクロースっているんでしょうか?

        偕成社・発行  中村妙子・訳  要約:花てぼ
           東逸子氏の挿絵 真似画:花てぼ (各118 ×86cm 紙)

679263c2

きしゃさま
あたしは八才です。あたしの友だちに、「サンタクロ-スなんていないんだ。」といっている子がいます。パパにきいてみたら「サンしんぶんに、といあわせてごらん。」といいました。
サンタクロ-スってほんとうにいるのでしょうか。
                              バ-ジニア・オハンロン

② 
92549576

バ-ジニア、お答えします。
サンタクロ-スなんていないんだという、あなたのお友だちは、まちがっています。
その子はきっとうたぐりやさんなのですね。うたぐりやは、目にみえるものしか信じません。

 けれども、人間の頭で考えられることなんて、おとなのばあいでも、子どものばあいでも、もともとたいそうかぎられているものなんですよ。
わたしたちのすんでいる、このかぎりなくひろい宇宙では、人間のちえは、そう、ありのように小さいのです。


39beff56

そうです、バ-ジニア。
サンタクロ-スがいるというのは、けっしてうそではありません。この世の中に、愛や、人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロ-スもたしかにいるのです。もしもサンタクロ-スがいなかったら、この世の中は、どんなにくらく、さびしいことでしょう。


 
0a376aa8

 
サンタクロ-スがいないですって!
ためしに、クリスマス・イブに、パパにたのんでたんていをやとって、ニュ-ヨ-クじゅうのえんとつをみはってもらってはどうでしょう。

  
df4cfafe


この世でいちばん確かなこと・・・

それは、子どもの目にも、おとなの目にも、見えないものなのです。 あなたは妖精が庭で踊っているのを見たことがありますか?
たとえ、見たことがないとしても、妖精がいないというしょうこにはなりません。
それと同じようにサンタクロ-スを見た人はいません。でも、それはサンタクロ-スがいないという証拠にはならないのです。


86d342e0

Yes, Virginia, there is a Santa Claus.”
そう、バ-ジニア、サンタクロ-スはいるのです。信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、そのカ-テンをいっときひきのけて、まくのむこうの、たとえようもなくうつくしく、輝かしいものを見せてくれるのです。

 そのようにうつくしく、かがやかしいもの、それは人間のつくったでたらめでしょうか?
いいえ、バ-ジニア、それほどたしかな、それほどかわらないものは、この世には、ほかにないのですよ。

0889897a

サンタクロ-スがいないですって!
とんでもない!うれしいことにサンタクロ-スはちゃんといます。それどころか、いつまでもしなないでしょう。
一千年も百万年のちまでも、サンタクロ-スは、子どもたちの心を、今とかわらず、よろこばせてくれることでしょう。 (おわり)

                      
ニュ-ヨ-クのオハンロン家は三代続けて医者の家系。バ-ジニアの父、フィリップ・フランシス・オハンロンは、ニュ-ヨ-ク警察の外科医・検死官。母親のローラは教師。バ-ジニアは物静かでおとなしい性格だったが、勉強家で17歳の時ニュ-ヨ-クのノ-マンカレッジ(後にハンタ-カレッジと校名が変わる)に入り、専攻は「近代言語」。卒業後、更にコロンビア大学に進む。論文「シェ-クスピアの『ベロ-ナの二人の紳士』にみられる演劇的手法のグリ-ンとの比較」で修士号をとる。そのころ女性が会社で働くのは難しく、父親の勧めで小学校の教師になる。やがて結婚。子育て、再び教職に就く。これはバ-ジニアにとって天職だった。76歳の時、心臓発作で亡くなる。
              

 皆さま、
     よい年末年始、楽しい日々をお過ごしください。
   私はいましばらくクルシミマスです。
                花てぼ 2018年12月28日 

   

年末を楽しく&スマイル!

日本の郵便局は、クリスマスカ-ドとわかると12月25日を待って配達するらしい。今までもそうだったように思うのだがこれ本当だろうか?

昨日届いたクリスマスカ-ド。

IMG_1516

階段入口に・・・
IMG_1514_1


第11回「花音」

昨日の朝のここから見える富士山だが、今朝もこんなふうであったろう。
IMG_1509_1

朗読会は終わった。
今回はミニでお楽しみ会のようなもの。20名ほどのお客さんにお出でいただいた。最後のお茶とお菓子の時間がまた一段と楽しいとの評判(私がそう言っている)。来年はもっと沢山の方にお出でいただけるが、その際の難点はお茶とお菓子は無いこと。
プログラムは☟の通りでした。

IMG_1513_1_1

恒例の歌をうたいましょうでは次の歌をうたった。
山男の歌
銀色の道
星の界(よ)



せわしい一週間になりそう。

明日から9日間、ずっと出かけることになってしまった。一応カレンダ-には書き込んであるが、家人にしっかり意識してもらうように、大きな紙にスケジュ-ルを記して冷蔵庫の扉に貼った。

こういうのもやるもんだから。☟

IMG_1508_1

いつも待っていてくださる方には申し訳ないのですが、会場が狭くご案内することができません。悪しからずご了承ください。終わりましたら、またご報告させていただきます。
来年は広い(70人収容)会場で行いますのでよろしくお願い致します。


思い出してごらん

それ、認知度テストだ!

昨日、友達のコ-ラスの発表会に出かけたが、プログラム第二部は「みんなで歌いましょう」。確か9曲だった。その題名を挙げなさい。

浜辺の歌、てのひらを太陽に、故郷、川の流れのように、あ、どうしよう、頭のここまで来ているのだが・・・文部省唱歌があと2つ・・・ 丘を越えて、青い山脈、遠くへ行きたい、・・・・「丘を越えて」はあやしい。あ、荒城の月(これ、正解)。

「それまで!」

思い出した!「君といつまでも」

IMG_1495_1_1

これあった!という曲を今思い出して1コ-ラスすっかりハミングすることができるが、歌詞が全く出てこない。検索のしようがない。
ということは数が合わない。司会の人は9曲歌いますといったけど、あと2曲ぐらい多く歌ったからな。
ところで「ふるさと」を歌う時、♪いかにいます父母~のところでなぜかぐっと来て嗚咽しそうになった。


1部で歌われた歌は

アヴェマリア  ヴィクトリア作曲
鐘のキャロル ウクライナ民謡
鳥の歌     カタロニア民謡
小さな空    武満徹
荒城の月    滝廉太郎
銀色の道    宮川泰
スワニ-川   フォスタ-
夕星の歌「楽劇タンホイザ-より」 ワグナ-
ソルヴェイグの歌「ペ-ルギュントより」グリ-ク
君といつまでも  弾厚作
クイカイマニマニ  南米民謡
待ちぼうけ    山田耕筰
 以上、指揮者でありピアニストの樺澤ともこ氏の編曲が数曲あるが、「待ちぼうけ」は特に素晴らしかった。
ポピュラ-な曲ばかりで十分楽しんだ。

♪縄なう父は、の1フレ-ズを急に思い出した。
検索したら「冬の夜」だった。
文部省唱歌

1 ともしび近く 衣(きぬ)縫う母は
  春の遊びの楽しさ語る
  居並ぶ子供は 指を折りつつ
  日数かぞえて 喜び勇む
   囲炉裏火(いろりび)はとろとろ
  外は吹雪

2 囲炉裏のはたに 縄なう父は
  過ぎしいくさの手柄を語る
  居並ぶ子供は ねむさ忘れて
  耳を傾け こぶしを握る
  囲炉裏火はとろとろ
  外は吹雪




人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 足が棒になる?
  • 足が棒になる?
  • 足が棒になる?
  • 足が棒になる?
  • 足が棒になる?
  • 足が棒になる?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
  • じゃ、ついでに?
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ