Shography's blog

何でもいいの

詩、俳句、文学

更級日記②

   力ない雪が・・・  2017年02月09日20:10  (これを更級日記①とする)

先日、「古典の会」に出られなくて、電車の中で読んだところ。

(足柄山を越えて駿河の国に入った。)
富士の山はこの国なり。わが生ひいでし国にては、西表に見えし山なり。その山のさま、いと世に見えぬさまなり。さまことなる山のすがたの、紺青をぬりたるやうなるに、雪の消ゆる世もなくつもりたれば、色こき衣に、白き衵着たらむやうに見えて、山の頂のすこし平ぎたるより、煙は立ちのぼる。夕暮れは火の燃え立つも見ゆ。

富士の山があるのはこの国である。私の育った上総の国では、西方に見えていた山である。その山の姿は、全く世間に類のないようすをしている。風変わりな山の姿が、紺青を塗ったようであるところへ、雪が消える時もなく積もっているので、濃い色の着物の上に白い衵(あこめ)を着たかのように見えて、山の頂上の少し平になっている所から煙は立ちのぼる。夕方は火が燃え立つのも見える。
(講談社学術文庫・「更級日記」より)

”濃い色の着物の上に白い衵を着たかのよう”という表現がいかにも少女的であって好きなところ。また富士山から煙が上がっているのを見たということを書いた文献を初めてみた。
また、この部分は小泉八雲が富士山のことをこう表わしているのを思い起こさせる。
「・・・・・一瞬振り返ると、神々しい光の中で、海と空が同じ澄んだ薄い青色に溶け込んでいた。・・・・・・ただひとつそびえたつ、その雪の高嶺は、薄もやに霞む絶景で、心が洗われるように白い。太古の昔からなじみのあるその輪郭を知らなければ、人はきっと雪だと見まがうことだろう。山の麓の方は、空と爽やかに色が溶け合ってしまい、はっきりとは見えない。万年雪の上に夢のような尖峰が現れる姿は、まるでその山頂の幻影が、輝かしい大地と天との間にぶら下がっているかのようだ。これこそ、霊峰不二の山、富士の山である。」



わたしの「やめて」

「自由と平和のための京大友志の会」の声明書http://www.kyotounivfreedom.com/manifesto/

☆次のような付記があります。
声明書について
この声明書はいうまでもなく著作権フリーです。ご自由にご転載ください。ただし、どのような場でどのように用いたのかを事後的にでも連絡してくださるとうれしいです。

声明書

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。
学問は、戦争の武器ではない。

学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

以上を、埼玉県に住む予備校講師の山岡信幸さん(51)がこども語訳を作った(朝日新聞による)。以下がその「わたしの『やめて』」

わたしの『やめて』

くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい



虫愛づる姫君2

蝶めづる姫君の住みたまふかたはらに、按察使の大納言の御女、心にくくなべてならぬさまに、親たち、かしづきたまふこと、限りなし。
(按察使の大納言のむすめで気持ちの悪い毛虫などをを好む姫君がいました。そのお隣さんにはこれまた珍しく、蝶を愛でる姫君がいるのです。)

虫愛づる姫君:「烏毛虫(かはむし)の心深きさましたるこそ、心にくけれ」
(華麗に飛び回る蝶より重厚な感じで思慮深い様子をしている毛虫の方が奥ゆかしい)

年若い女房たちは、私たちはなぜ蝶を愛でる姫君ではなくこんな珍奇なものを好む姫君の世話をすることになったのだろうと嘆く。親たちはいい娘が化粧もしない(眉は剃らない、お歯黒もしない)上にこの怪しげなものを慰みにするなんてみっともない、世間体が悪いでしょと言うと、
「くるしからず。よろずのことどもを尋ねて末を見ればこそ、ことは、ゆゑあれ。いとをさなきことなり。烏毛虫の蝶とはなるなり」
(平気へいき。森羅万象、追及して流転の成り行きを観察するからこそ、個々の事象には事由がある。烏毛虫が蝶蝶となるなどは、ほんの初歩的な道理ですよ。)

しかし、この姫君を擁護する「小うるさき女房」もいる。「蝶を愛でる姫君がよいとも思われない。毛虫が脱皮して蝶となる。その過程を追及して観察などする姫君こそ素晴らしい。
「蝶は捕ふれば、手にきも付きていとむつかしきものぞかし。また、蝶は捕ふれば、瘧病 (わらはやみ)☆マラリアに相当する病気☆ せさすなり。あな、ゆゆしとも、ゆゆし」と。
(蝶を捕えると手に粉がついて、厄介。また瘧病を引き起こす。ああ、いまいましいとも、いやらしい。)

姫君は毛虫では物足りず蟷螂(いぼじり)・かまきり、蝸虫(かたつぶり)など集めて、童べに歌などうたわせる。その童べには螻蛄男(けらお)、ひくさ麿、いなかだち、蝗麿(いなごまろ)、雨彦(あまびこ)などと名付けている。

この虫愛づる姫君の評判を聞きつけた君達らが一目見たいものとのぞき見する。と、あらら・・・
身長は過不足ない程度で、髪も袿ぐらいの長さ、分量もとても多い、そして可愛いと感じさせる美しさがある。それなのにその素材を生かせない彼女の振る舞いが残念だと思う。
いくら虫好きでもこれには驚くだろうと、帯の端で、動くように作った蛇を袋に入れて手紙に添えて送るなどのいたずらをする。
先日、グル-プで花見の時、蛇やムカデ、あと三種類ぐらい(よく見なかった)を模ったグミを透明の袋に入れておもしろがりに配った男性がいた。何日も開ける気がしなかったが、ある日ついに蛇の形をしたのを目をつぶって口に入れた。本来グミなのにいい気持がせず後は捨ててしまった。

姫君の実践原理
①人工を排除して自然を尊重すること。そこで一切の化粧を拒絶する。
②根源を重視し末葉を無視する。それで毛虫や長虫を愛好する
                   (新潮日本古典集成より)


ダラダラ長くなりそうなのでこの辺で止めることにする。
私がしどろもどろしながら自分の文で表現するのが意味があることとは思うが、手っ取り早くこちらのペ-ジをご紹介することにしてお茶を濁します。左大臣光永氏のサイトです。
http://koten.kaisetsuvoice.com/tutumi.html 

虫愛づる姫君

床に入ってすぐに眠れそうにない時、ちょっと手を伸ばせば届くところに置いている本の中の一冊。何度も同じところを読んでは眠くなり、をくりかえしていた。文字が小さい上に「注」などは一段と小さい。通しての口語訳はないから、そのようなよく見えない「注」を見ながら原文を理解するにはなかなか難しい。ところが昨日は昼間ちゃんと座って通して読んでみた。なんという姫君!(堤中納言物語)

つづく。
明日、また出かけなければならないので内容は次の機会に。
遊工房さん、読んでみてみ?あなた好みの本だワ。或いはもう読んでしまっているとか?
私もすらすらと読めるようになって録音したいとも思っているけどね。

あ、ごめんなさい読んでみて、なんて。読めるようになったらね。

「シニア」っていいね!

あるカルチャ-センタ-の講座、申し込みの電話をする。
その講座の料金は3000円あまり。
係りの人:会員になられますと年会費5000円で何回も受講することができますが。
私:あ、いえ、他にどんなプログラムがあるかわからないので、今回だけでいいです。
係りの人:では、お名前・・・・ ・・・・、生年月日を・・・
私:(なんで生年月日を聞くの?と思いながら)云年云月云日です
係りの人:では70歳以上ですね。でしたら「シニア」ということで無料で会員になれます。(すべての講座が無料ということ)← これは勘違いだった。
私:なります、なります!(シニアっていいんだなと感慨深げ)
係りの人:では少し早めにお出でになり、手続きを済ませてから教室にお入りください。

因みに
ピ-タ-・マクミラン先生の「百人一首の英訳で知ったやまとうたの魅力」という講座。また、「伊勢物語」の原典と英訳の読み比べもされる。
私はたまたま、先生を存じていたことと「伊勢物語」を古典の会で一度読んだのでこの講座に興味を持った。
明日出かけてきます。

付記

結果発表!

結局のところシニアとして入会金(5000円)だけが免除されるのでした。
今日の講座は一般料金3672円のところ、会員になったので会員料金として3024円を支払いました。
それでも初め、一般で受けようとしていたのですから、600円ほどは得をしたと考えましょう。それで満足です。
でも、今後さしあたって私が出てみたいと思う講座はありませんでした。
殆どが一講座3000円ぐらいです。新宿ですからね。よっぽど受けたいものが無い限り、おいそれとは行かないでしょう。

マクミラン先生はアイルランド出身だが、相当な家系の方だった。自慢話と取られるようなことは仰りたくなかったようだが先祖のお城の写真も見せてくださった。Mc Millan家のタ-タンの模様があの伊勢丹デパ-トの包装紙となっているなどお話された。
英訳された「百人一首」の中に今度出版される「伊勢物語」を交えながらのお話は、「私はアイルランドとイギリスの国籍と日本の心を持ちあわせています。」と仰るように造詣の深いものだった。素晴らしかったのは百人一首の2、3首を日本語で朗詠されたことだった。あの皇居での「歌会始め」の時のような(でも先生は、「マクミラン流」だと仰った)感嘆すべきお声だった。また「浦島太郎」とほとんど同じ話がアイルランドにあると紹介されたのは面白かった。

私は質問の時間に、先生にご挨拶のつもりで「20年以上前に入間でお逢いしています。今日は懐かしくて参りました。」と、先生は会ったことがあるような気がしていた。遠方からお越しをありがとうございました。と手を差し伸べてくださった。あのころは先生は髪は真っ黒でもっとスレンダ-だった。(「浦島太郎になりました。」とは以前の話の中で仰ったのだが。)
私は昨夜の内に作っておいた「好色」を朗読したCDを差し上げた。「伊勢物語」の在原業平に因んでとメモを入れておいた。先生はお忙しそうだから聞いていただくのは恐縮だが、何かの箸休めにでもいつかお聞きくださればと私は差し上げたことで満足した。
人気ブログランキング
人気ブログランキング
ギャラリー
  • 梶の葉
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • うちは今、花が何もないもんだから・・・
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
  • 第46回入間書人展(7/12~7/15)
記事検索
プロフィール

花てぼ



絵は誕生日(2月14日)の花。遊工房さんよりいただきました。

「花てぼ」とは、九州で昔、子供が野に出て遊ぶ時提げてまわった素朴な 「かご」のことです。よく、れんげや、つくしなどを摘んで遊んだものでした。

「Shography」とは私の造語で、書道のShoと、「書道」の英語、calligraphyから捩ったものです。

埼玉県在住
朗読することが好きですが、故郷・長崎のことばで語るのも楽しいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ