プーマフットボールさんからです!




DwnX8tqV4AAzvmn
DwnX89WU8AEAS0e







青のプーマワン19.1、赤のフューチャー19.1が公開されました!



北川選手がプーマワン19、シュミット選手がフューチャー19を着用していましたが、ようやくの公開。


発売日は1月15日。






mv-one




まずはプーマワン19。


コンセプトは今まで通り全てを兼ね備えたスパイクで、フィット、スピード、タッチを両立させているモデルとなっています。








mv-one



アッパーには前作に引き続きフューズフィットシステム×エヴォニットソックスが甲部を中心に採用。




包み込むようなソックスに近いフィット感と、シューレースのホールド感の調整が出来る仕様は継続。








105479_01




アッパー前足部にはカンガルーレザーを採用し、細かい波を入れてあることで滑りにくさも考慮。



カンガルーレザーの柔らかなフィットとタッチを実現させる設計はここも継続されています。











105482_01






そしてアウトソールもFGモデルは前作と同じ。



反発性、軽量性に優れたラピッドスプリントアウトソールが、鋭い加速を生み出すものに仕上がっています。








105480_01




ただ、今回フューチャーもプーマワンもHGソールがリニューアル!




ナイロン×ウレタンの軽量タイプのアウトソール、それでいて円柱ベースで使い勝手の良い、日本の環境に適したものに生まれ変わりました♪








105587_01




ちなみに19.2になるとポリウレタンの重いソールになっていると予想されるので、軽量なHGモデルならトップモデルということになりそうです。








mv-future



一方フューチャー19.1はプーマワン19よりも大幅なチェンジ




糸にPUを纏わせたエヴォニットプロを用い、進化したネットフィットシステムを搭載しているものとなっています。








105534_01




アッパーには特殊なテクスチャー、3Dハボックフレームを前足部を中心に採用し、より吸い付くようなボールタッチ、グリップを提供。






105531_01




また、この進化したネットフィットシステムによって、フューチャー2.1では改悪気味だったネットフィットもよりシンプルで調整しやすいものに進化しています。







105532_01





そしてこちらもアウトソールがFGは同じですが、HGはリニューアル。



軽量で使い勝手の良いモノに進化しています。









105538_01





また、19.2ではMGソールも継続して登場。



人工芝用として一部人気のあるMGはなくなりませんでした。










mv-griezmann




スアレスとルカクがメイン、そこにグリーズマンやアグエロ、シルバといった選手も着用するプーマの19.1シリーズ。




0014の方ではHGモデルトップモデルは両方ともレビュー予定、今から購入してきますので、機能性の詳細やレビューをお待ちください!
(※他出来ていないレビュースパイクは只今進めております、もう少々お待ちください)









ではでは









自分に合ったスパイクの選び方はこちら

スパイクのお手入れ方法はこちら

激安情報まとめはこちら

高校サッカー特集はこちら

◆パフォーマンスが変わる!? よりキレ、プレー精度が増すソックスはこちら
※厚みが二種類あります
レビューはこちら