大竹文雄さんのブログの紹介で購入。  神門さんは『日本の食と農』で話題になった農業経済学者。  この本は、その普及版、アジ本のような感じ。論理明解だし、説得力あり。この本で興味をもったら、『日本の食と農』をお勧め。 ①農地は農民が都市的利用をしてもうけようとおもっているので、散在的に開発される。もっと、きちんと土地利用規制をかけるべき。 ②米のコストは海外の2倍。これを集約化していけば海外と戦える。そのような集約化のための政府の助成金を使うべき。 ③小規模農家へのばらまき補助は、WTOにも反するゆがんだ補助金。また、FTAの阻害要因となり、日本の自由貿易体制、ひいては日本の国力を弱める。  といったのが主張。すべて同感。  農政の混迷は役人にも責任があるが、世界経済の中で存在感を維持しつづけるためには、票めあての補助金ではなく、継続的に日本農業が世界経済の中でどう生き残っていくかをかんがえる必要がある。