革新的国家公務員OBが語りたいこと・伝えたいことー自由と民主主義を信じ国益を考えるーAiming at an innovative official of the national government

36年の公務員生活で培った「防災・復興法制」「都市計画法制」の知識を広く共有するため、書評を通じて、関係する新しい論点を示します。なお、意見にわたるものは個人的なものであり所属する(した)組織の意見や立場ではありません。

芸術

『ピアニストの脳を科学する』を読んで、自分もピアノを練習しているので、共感する点多し。

    ピアニストでありながら、ピアニストの脳の分析をする医学博士が著者。

    自分も、最近ピアノ練習を始めたので、なるほどと思う点が多い。

    第1に、ピアノの初心者では常に苦労する、右手と左手がバラバラに動かない点。
    著者の分析によれば、右手の動きをつかさどる左脳の反応が、脳梁を通じて右脳に少し漏れ出しているのが原因とのこと。

「両手の動きを速くすると、脳はより多くの指令を筋肉に送らないといけないので、その分、橋を渡って反対の脳に漏れる信号の量も増えます。また、左の脳から右の脳に漏れる信号のほうが、その反対方向の信号の漏れよりも多いため、両手を速く動かすときには、特に左から右の脳に多くの信号が流出していきます。その結果、右の脳から左手の筋肉に送られる指令に、左の脳から漏れてきた指令がたくさん混入してしまいます。そのため左手には、右手に送られる指令と同じ指令が伝わり、右手と同じ動きをしてしまうのです(図12)。」(位置No360)

    第2、音楽に対して脳はリズムやメロディーといった要素に分けて別々の分野で処理しているということ。

「例えばハーモニー(和声)の認識には、言語の文法を処理する脳部位である「ブローカー野」が関与していることがわかっています。リズムの処理には、聴覚野に加えて、身体の動きをつかさどる脳部位(運動前野、大脳基底核、小脳)が関与しています。そして右の脳が拍子を左の脳がリズムの中にある規則性(グループ)を処理していると言われています。」(位置No914)

    第3に、ピアノの音色に変化の原因としては、強く鍵盤を叩くか弱く叩くかによってハンマーのしなりが違い、それによって倍音が変化すること、さらにタッチによるノイズなどによって音色が変わることが分かってきたこと。

「研究の結果わかったのは、比較的高い音の場合、音量が同じでも、硬く打鍵するタッチのほうが、やわらかく打鍵するタッチよりも、音の倍音の中でも特に高い周波数の倍音が大きい、ということでした。つまり、2種類のタッチによって、音の物理特性が実際に違うものになったのです。さらに、こうした音色の違いは、人間の耳で聴き分けられる範囲であることもわかりました。タッチによって、音色を変えられることが証明されたのです。」(位置No2496)
「つまり、タッチ・ノイズがピアノの音に混ざると音が硬く聞こえると言うことができます。また、ゴーブル博士とマギル大の藤永教授らの研究によって、タッチ・ノイズだけではなく、鍵盤が底に衝突したときに生じる雑音も、ピアノの音色に影響を及ぼすことがわかりました(位置No2505)

    ちなみに、このピアノの音色に関する分析は、20世紀後半になってようやく明らかにされたこと。聞いてると明らかに音色が違うのに、科学的には最近まで証明されていなかったと言うのは意外!

    その他のピアノや音楽に関するトリビア。

(1)チューリッヒ大学のヤンケ教授らは、複雑な指の運動をしているとき、運動野の神経細胞がどれだけ多く働いているかを調べました(5)。その結果、同じ速さで同じ指の動きをしているにもかかわらず、活動している神経細胞の数は、ピアニストのほうが、音楽家ではない人よりも少ないということがわかったのです。(位置No118)

(2)3つのグループの中で、指を動かす神経細胞の働きが最も向上したのは、当然、毎日2時間ピアノを弾いて練習したグループでした。しかし意外なことに、イメージ・トレーニングをしたグループも、指を動かす神経細胞の働きが向上していたのです。そのため、実際のパフォーマンスの向上も見られました(指がより速く正確に動くようになる、など)。(位置No309)

(3)ミスせず正しく演奏しているときには起こらないのですが、ミスするときに限って、間違った鍵盤を弾くおよそ0・07秒前に、頭の前方にある脳部位(帯状回皮質)から「ミスを予知する脳活動」が起こっていたのです。そして、その活動は、なんと「ミスタッチをする際に打鍵する力を弱める」ことに貢献していることがわかりました(図4)。(位置No514)

    ピアニストは無意識にミスタッチの音を小さくしてるなんてすごいな。

(4)「耳が良くなる」とは、音を聴いたときに神経細胞の反応が大きくなるというだけではなく、脳がより素早く音を処理できるということでもあります。(位置No786)事実、先ほどのクラウス教授の研究でも、アメリカ人の音楽家に、中国語(マンダリン)の言葉を聞かせる実験をおこない、「中国語の勉強をしたことがないのに、中国語の音のピッチを聴きとる能力が、音楽家のほうが高い」という結果が得られました。音楽訓練の効果が言葉を処理する能力に転移し、訓練していない言語を聴きとる能力までもが向上する。まさに「音楽は世界をつなぐ」とも言えるかもしれません。(位置No985)

(5)驚いたことに、音楽を聴いてゾクゾクするときに働く脳部位は、食事や、非合法ドラッグの摂取、性的な刺激によって快楽を感じるときに働く部位と同じだったのです。つまり、「島」、眼窩前頭野、腹側線条体といった「報酬系」と呼ばれる脳のネットワークを形成する部位です。(位置No2701)

『「怖い絵」で人間を読む』を読んで、名画を解説を読んでから鑑賞するのも理解が深まって意外といいかも。


 NHKの番組を編集した本。

 絵画は海外旅行のときに美術館などをぶらついて眺めるぐらいの知識しかない。

 この本は、名画の時代背景や隠された作家の意図を説明した上で、丹念に名画をみるという方法を教えてくれる。

 そういう見方は邪道というような話しを聞いたことがあるが、背景や他の情報を知ってから絵をみると圧倒的に理解が深まる。今後新しい視野が持てる期待が湧いてきた。

 なお、Kindleで見る場合には、絵が大きく見えるように、カラーで10インチ以上のタブレットでみる方がいい。

(1)最初のベラスケスの『フェリペ・プロスペロ王子』の絵(位置No99)。

 この本の表紙にもなっている。

 ハプスブルク家で「高貴な青い血」を守るため、家格のつりあう由緒正しいプリンセスを選んでいるうちに、対象が狭まってしまい、いとことの結婚が重なって結局、このフェリペ王子もまもなく死亡する。

 この絵には、当時の魔除けとなる鈴やハーブ入りの袋などもぶら下がっており、なんとかして命をながらえさせようとする苦心と、画家がこっそり描いた右手の力のない様子などから体調がすぐれないことを暗示している。

(2)イリヤ・レービン『イワン雷帝とその息子』の絵(位置No1397)

 イワン雷帝、イワン四世はモスクワ大公国から統一ロシアを作り上げた政治能力があったものの性格は極めて短期、異常に猜疑心が強く、粗暴だったとのこと。特に、当時のロシアではハプスブルク家とは異なり、誰も他国からプリンセスがくることはなく部下の貴族から妻を見つけざるを得ず、それが貴族間の争い、陰謀、暗殺などの原因になっていた。(位置No1489)

 怒りによって、イワン雷帝が皇太子を杖で打ち据え殺してしまった場面を描いている。結局、皇太子を殺してしまったのち、知的障害のあったフョードルに跡を継がせた後、このリューリク王朝は断絶する結果となる。

 その他、絞首刑台に向かう「マリー・アントワネット最後の肖像」(位置No654)など、絵画としても貴重なものの紹介あり。

 美術も奥が深いな。

ギャラリー
記事検索
  • ライブドアブログ