トリと自転車と私

ブログをやってる最中にすっかり趣味が変わってしまい、今や自転車はすっかり 飲み屋エキスプレスに。 愛車は、トリビュートからエクストレイル・クリーンディーゼルに変わりました。

久しぶりに静岡で釣り(笑)
静岡の釣りのエントリは、4/13(爆)
ツイン
ちょっとくらい山奥に行っても、暑い・・・汗だくの釣りです。
心配していたアブもそうでもなかった。
相変わらずのチビ祭ですが
静岡〆
なんとかこのサイズも出て、静岡の〆としました。

静岡ラストも目的でしたが、新しいシューズを買ったのでそれを試したかった。
靴
モンベルのラバーソール。
いきなり、テン泊デビューは怖かったので、まずは足慣らし。
問題はなさそうです。
でも、やっぱり、滑る石は判断つきません・・・
ラバーソールの宿命かな。

と、ある方が、遠方よりやってきましたので、ご一緒させてもらいました。
エクス
二日間、林道を何十キロも走ったので、エクス君、土埃まみれ(笑)
このまま、静岡に帰ってきましたが(^^ゞ

ある方を最寄り駅で、ピックアップしたら一路、南信へ。
その晩は、久々に再会らしいある方の友人と、街へ。
しか〜し、この時期に冷たくない生ビール出してきて、テンション↓↓
瓶ビールならと思い、瓶ビールにすると、こちらも・・・
早々に1軒目退散。2軒目はなんと、養老の瀧(笑)←まだあるんですね(^^ゞ
14713543250740
店員のおねぇさんの愛想もいいし、ホテルから近いし、断然こちらに軍配。
翌日、南アルプスの渓へ。
橋の上
入渓したらすぐに好反応!!
ヒットしてない
写真を撮ってるの知ってて、ヒットしたふり(笑)
ヤマトの渓のはずですが、
ハイブリット
ハイブリッドが・・・交配が進んでいるのでしょうか。
ヤマト1日目1
ヤマトも釣れます。
お昼は、釣りをしない同行の友人の方が、いろいろ準備をしていただき、楽しいお昼に。
同級生
この二人、同級生らしい(^^ゞ
28
デカいの2回出てきましたが、ヒットせず。28cm止まり。
綺麗なヤマトだし、数も結構釣れたので、よしとしましょう。

山を下りて、ホテルでシャワーを浴びて、再び街へ。
道路にもくもくと煙を出してる焼き鳥屋さん。
早い、安い、ボリューム満点。
かわいらしいおばちゃん(僕より若いか・・・)もいて最高!?(爆)
しかし、いつもは21時には寝てるというお二人。電池が切れるの早く・・・
20時過ぎには解散(笑)

翌日も同じ渓の下流部へ。
2日目晴れ
激晴れ!最高!しかし、1500mあるのに暑い・・・
下の区間は激戦区で、足跡いっぱい。
下流はやっぱりニッコウが強い
ニッコウ
これも28cm。
2日目は意外に写真を撮ってなかった(笑)
フライは厳しかったようですが、ルアーはそこそこ反応があって、十分楽しめました。

林道を下り終わったところで、友人とはお別れ。一路静岡に戻る。
お盆のため、中央高速も新東名少し渋滞。しかし、車内は笑い声が絶えない。
会話が楽しく、いつもより30分以上余計に掛かったけどそれを感じさせない車内。

この晩は、ある方は、僕の家泊まり。
静岡に来てから、初めて知り合いを泊めました(笑)
その夜は、徒歩圏内の居酒屋を新規開拓。が、もういいかな(-_-)

翌日は、おっさん二人で、モーニングラーメン?!を食べて、
おっさん二人で卓球女子団体に声援を送るも負けてしまい・・・
(おっさん二人で応援するからやとは、ある方の弁)
その後は、新幹線の駅まで送迎して、改札でまたの再会を願って、
がっちり握手をして、お別れ。

ある方と友人の方、楽しいお盆休みでした。ありがとうございました!!

とくいちさんが帰って後、ぐっすり寝て、予定通り4時起床。
しかし、肝心のおっちゃんが起きてる気配がない。
おっちゃんの要望は5時には歩き始めるだ。
実は、おっちゃんも起きてて、朝飯を車の中で食ってたらしい。
おっちゃんも僕が起きて来ないで、電話したろうと思っとったと(笑)
で、4時半過ぎは出発して、林道入り口に着いたら、飛騨ナンバーが、
もうウェーダーを履いて準備していた・・・がーん
あえなく、今回の目標崩壊。
仕方ないので、下に入ることにして、しかし、5時から入っても仕方ないので、
入り口で、準備をして、ダラダラと時間をつぶす。
時間をもてあましたおっちゃんは、
きゃすれん
キャス練を始めた(笑)
結局僕らの後の来たのは、車ではなくジョギングのおっちゃん一人(爆)
時間つぶしも飽きたので、7時頃歩き始める。
そうそう、歩き始める前、今日は歩き気まんまんだったので、リックに荷物を詰めてきた
おっちゃんは、リックからボックスティッシュを取り出し、道の駅で済ましてきたから、
これは置いて行くと!!??
なんでも、キジを撃つ時は、ティッシュを水に濡らして、ウォシュレット風にするので、
大量に必要らしい!?(爆)
45分くらい歩いて、本流に掛かる最初の橋から入渓。
さっき、キャス練をしてたので、準備は早く、入渓点の大場所をさっさとキャストして、
上に行ってしまった。
ここをやらないんだと思って、キャストすると、1投目で釣れた(笑)
おっちゃんを追っかけると、あっバラした・・・
でも、まだ朝だから余裕な感じ。すると1匹目早速ゲット。
とくいちさんから聞いていたけど、確かに去年みたキャストとは違う。
進歩している。ユーチューブでイメトレしているらしい。
青空kazuさん
1匹目の出方がよかったらしく、
「今日はイケルで〜」
と、思ったのはつかの間、その後沈黙です。
おっちゃんには、時々出るみたいですが、ルアーは無反応。
今回、例の秘密兵器も持参して(前日とくちゃんに見せてもらってたけど)いるのに、
そちらよりは、なぜか笛を吹きまくり。
うーん、魚逃げてないか・・・(笑)
反応悪いので、脱渓して上流を移動。

しかし、こちらもイマイチ。ダメだこりゃってことで、車に戻ります。
林道歩きの途中、
お「あ〜のど渇いた」
S「飲み物は?」
お「あるで〜」
S「なんで飲まないの?」
お「リックの中に入ってて、出すのめんどくさいねん」・・・名言その1
S「(>_<)熱中症で倒れても、一人じゃ助けられませんからね。携帯圏外だし」
お「そのときは、置いて行ってくれ」
S「・・・」
車に着いたら、凍らせて持って来てたお茶を取り出し、飲み始めて、
お「冷たいで〜いるか?」だって(爆)
車止めには、先行者と僕らの車3台しかなく、誰も入ってない。
で、どこに行くか相談の結果、行くしかないでしょう。秘密の渓の調査。
はい、ガセでした。
お「おっさんに騙されて、3回もきてもうたわ〜」
お「真夏の夜の夢やったわ〜」・・・名言その2
さて、いよいよ行くとこがなくなった二人。どこいくか相談。
お「あの川は、ルアーのキャストちょっと厳しいかな」・・・名言その3
S「えぇっ???ルアーが投げられないのに、フライは大丈夫なの???」
お「大丈夫や」
S「・・・・」

向かった先は、騙されたおっさんと出会った渓(笑)
2本目
細い流れだけど、意外に深さのある場所もあり、ルアーでもOK。
もちろん、キャスト問題なし(笑)
流れが細いので、サイズは小さいけど、ルアーには結構出てそこそこ楽しかった。
お「水が少なすぎるわ〜」
↑ルアーで釣れてるのに???

脱渓して、時間も早いので、飯は宴会場にすることにして買い出し後風呂。
風呂で左腕が数カ所かぶれていたので、服がちくちくしてたからかなぁと思ってた。
昨日の宴会場は、羽アリ攻撃にあったので、虫が少なく涼しいであろう一山越えた宴会場へ。
宴会開始は、17時半。
宴会缶詰
お「うまい酒もって来たねん」
黒糖焼酎
確かに旨かったよん。でも、米こうじ(タイ産米)って書いてあった(笑)
でもね、缶詰のと一緒に写ってる瓶は、「あおちゅう」なんですけどね。
その後は、恒例の電話魔。まずは、CEOへ。
お漬け物をいただいたのでその感想を言えと(笑)
とにかく、掛けたら自分で話さず第一声は僕。
電話魔1

電話魔2
被害者は!?とくいちさん、shikadaさん、terryさん。まだ居たかな???←酔って覚えてない(爆)
お「いつも世話になってる人に、とくっ!shojiっ!なんて言うわけないやん」・・・名言4
電話魔3
最後は、漬け物完食の業務連絡をCEOへ。ありがとうございました。
で、最後は、ここで寝るわと言う始末。
それでも、23時前には寝たかな。
翌朝、おっちゃんは釣りへ。僕は午後に用があったので、そのまま釣りをせずに帰りました。
前日のリベンジで、同じ渓に入って、5匹釣ったそうです。

という訳で、とくいちさん、なんとか無事で安心しました。また行きましょう!
おっちゃん、上達したキャストびっくりでした。ちゃんと休みにしましたからね。
で、
風呂で見たかぶれは、翌朝は左腕一面とあちこちに飛び火してて大変なことに。
月曜に皮膚科に行ったら、たぶん毛虫にやられたんだろうと。
医「こんなひどいのは、滅多に見ないなぁ」・・・名言5
看護師さん(♀)もどん引きでした。日曜の朝からこのクソ暑いのにずっと長袖です。
で、医者の名言を引き出した左腕は・・・次のページ「見るな危険」続きを読む

日曜に静岡に戻って、月曜は静岡で仕事をして、火、水はまた栃木出張(笑)
金曜は、お休みにして、一路木曽へGO。とくいちさんと待ち合わせです。
不安定な天気が続き、天候が読めませんが、予報を見て、当初予定の渓に入る。
とくいちさん空
水が多いと釣れない渓らしいですが、林道歩き1時間の間にどんどん水が減りますが、
平水までとはいかない。
それでも最初からチェイスがあり、反応はまずまず。
アマゴ1

アマゴ2

アマゴ斑点
飽きない程度に、このクラスのアマゴが釣れますが、全体的はやっぱり増水の影響か、
イマイチな感じで、予定の堰堤まで思ったより早く着いてしまった。
なので、下流まで戻り、入渓。
ここでも反応はあまり変わらず。
アマゴ3

アマゴ斑点2
それでもツ抜けはしたかな。
長い林道歩き中は、釣りも話もなることながら、仕事のことなんかも話し、
同世代の悲哀!?について語る(笑)
途中、歩きながら意識を失っていたらしいですが(爆)
とくいちさんアップ

結局、釣りや林道歩き中は、雨も降らず、車にたどりついた瞬間にパラパラ降った程度で
済みました。
その後、温泉にゆっくり入って疲れを癒やす。
とくいちさんとは、風呂のペースも合うので安心です(笑)
↑みんなカラスなんだもん(爆)
道の駅で、食事を取って、滋賀からやってるくるおっちゃんとの待ち合わせの道の駅で、
食後の宴会。徹夜で走ってきたとくいちさんが、お疲れモードなので、9時頃にはお開きに。
しかし、車の中の余熱がすごく暑くて眠れないので、しばらくは窓を開けてクールダウン。
前日入りして睡眠十分なshojiは、その後車内でアニメなど見てたらいつの間にか寝てた(笑)
12時半頃のトイレに目が覚めたら、とくいちさんが車から降りて来た。
なんでも体調悪く、眠れないと言うことで、帰ると。
気をつけてとお別れをして、おっちゃんと二人の釣りの覚悟!?を決めて寝ました(^^ゞ
翌日編に続く。

komさんとテン泊の予定だったけど、komさんの肩の調子がイマイチということで
テン泊以外を検討していたら、なんと水曜から金曜まで栃木に出張になってしまった・・・
そこで、送迎付きの贅沢な釣りをさせていただくことに(笑)
土曜日、朝5時にkomさんにホテルに迎えに来てもらって、足尾方面へ。
最近komさんが開拓した渓に案内してもらった。10分ほど歩いて入渓。
komさん1
komさんに良型がヒット。
komさん良型
僕もそこそこ釣れます。
初日イワナ1
釣り上がると、見事な滝が。
730滝
結構落差があります。ちょっとびっくり。滝壺で9寸弱が釣れたのですが、
なぜか写真ピンぼけばかり(笑)
滝上も釣り上がり、
オレンジ斑点
そこそこ釣れました。
帰り道は、大正時代の歴史を感じることが出来る道でした。
足尾で湯につかって、向かった先は、GWにもお世話になったkomさんのアジト。
コンビニで買いだしをして、宴会開始。
次の日も早いので、10時頃に寝たかなぁ。
そうそう、夜寒くて目が覚めました。さすが日光(笑)
翌日へ続く

続きを読む

↑このページのトップヘ