トリと自転車と私

初心に返って、自転車を増車して、また乗り始めたので、タイトルに 偽りは無くなりました(笑) 愛車は、トリビュートからエクストレイル・クリーンディーゼルに変わりました。

P6079346
気の早いこの方、今年の2月には、今年も岩手に連れて行ってください。
6月6日の5時頃の電車に乗りますってメールを送ってきた(爆)
さすがに2月に6月の予定は決められないけど、予定はしておきますと返信した。
で、GWは魔の13連勤だったので、大手を振って休みにした。
15時に仕事を上がって、一路岩手へ。
今年は、去年と違って、おっちゃんのピックアップは翌朝、とある場所。
そう、おっちゃんは野宿です(笑)
僕はSAで仮眠をして朝4時にお迎えです。
野宿場所、快適だったそうで、よく寝れたらしい。
で、林道に突入するも、すぐに崖崩れ。事前情報通り。
しかし、思ったより手前だった・・・
そこからひたすら林道を歩き、
P6079322
いつものように藪を漕いで、テン場予定場所の2つ目の橋に
着いたのは3時間10分後。
そこから設営をして、いざ渓へ。
P6079323
渇水です。石にノロが着いて、めちゃくちゃ滑ります。
P6079324
それでも、なんとか釣れて一安心。
P6079327

P6079330
おっちゃんは苦戦中。去年のキャストの片鱗が見えません(笑)
P6079332
時々、ヤマメが釣れますが、小さい。
昼飯を食べた後、
P6079333
今期初尺!31cm!
そして、
P6079343
30cm!
14時過ぎた辺りから、魚の活性が上がって来たのか、フライに出始めて、
なんとか帳尻があった感じ。
1日やって、2つ目の橋から3つ目の橋までたどり着けず(笑)
30分ほど藪漕いでテン場に戻ったら、宴会です。
P6079345
去年の教訓からか、きちんとペースを守って飲んでおります(笑)
で、冒頭の写真は、19時にはもう寝ております(爆)
その後、起きて少し飲み直しましたが、20時半にはテントにお帰りになりました。
僕はラジオを聞きながら、1時間程まったり過ごして寝ました。
翌朝、さすがに釣り人は来ないだろうと6時に起床の予定でしたが、
おっちゃんのトイレに行く笛の音で起きます。5時半だからまぁいいかと。
P6089351
あっそうそう、おっちゃんのテントと寝袋は、おニューです。
「なんで下に敷くシート(グランドシート)が別売りなんや」
と文句を言っておりました(笑)
で、朝飯をゆっくり食べて、昨日より上に行くか、下から釣り上がるかって
ことで、水も少ないし下の方がいいだろうということで、
30分歩いて一つ目の橋まで戻って釣り開始です。
下なので、水は上よりマシですが、やっぱり渇水です。
チェイスのイワナはいっぱい居るのですが、渋いです。
むしろ、一撃離脱?!で出てくるヤマメの方が釣れます(笑)
P6089356
そんな出方なので、バラしも多いけど・・・
P6089359
季節の進み具合は、去年と同じで、タニウツギが咲いています。
P6089364
おっちゃんもある気づきで、今日は順調に釣っております。
P6089365
昼飯の後は、フライの独壇場。フライの乾く間がないと悲鳴が聞こえます(笑)
僕は、変わらずイワナはやる気無しの追い方で、多分午後はトリプルスコア位で
おっちゃん大勝利(笑)
P6089369
でもなんとか29cmが出て、
サイズでは、昨日も今日も僕の勝ち(笑)
この日は、17時まで頑張って、テン場を超えて少し行ったところまで。
帰りが楽ちんでした。
夜は、雨が降ったりしましたが、たき火もして、10時頃には就寝しました。
翌朝起きて、びっくり。夜に結構降ったらしく、
P6099372
濁っていました。なので後ろ髪引かれることなく、撤収して、
9時半に下山開始。
今回の林道歩きは、ほんとうにツラくて、二人してフラフラ。
最後の方が会話もなくもくもくと歩く・・・(^^ゞ
なんとか行きと同じ3時間10分で車にたどり着きました。
林道が使えなくても釣り人はいるもので、下山が土曜だったので
自転車の人、歩きの人の3組入っていました。
まぁ車が入れる時に比べたら少ないですが。
これで、持って帰る人が減れば、魚は増えるかもねぇ。
しかし、林道歩きはツラい。次は自転車で日帰りか(笑)
今回の酒の量
ビール350✕4、500✕2、ウィスキー700、
焼酎1000(笑)ウィスキーが少し残ったかな。

土曜日、仕事が昼で終わったので、
カメラを持って富士山静岡空港へ。
DSC_1414
いつも滑走路脇からでは面白くないので、ちょっと離れたとこから狙ったけど、
イマイチですな(笑)
DSC_1409
ホオジロの方がよく撮れた。
その夜は、後輩達と飲みに行って午前様・・・
昼までまったりして、これではいかんと
DSC_0102

DSC_0103
自転車で30キロほど。この茶畑の台地に上がる坂がツラかった(笑)
一面の茶畑は、緑がキレイで気持ち良かった。

居酒屋を9時前に退散して、車内でアニメを見てたら
いつの間にか寝落ち・・・
翌朝、6時に起きて出発です。
向かったのは、前日の渓の本流側。
地図で見ると流程めちゃくちゃ長い。
とにかくと、舗装の林道を走るけど、谷が深くて道と川が近づきません。
不安になりながら、もう引き返そうかと思ったら、やっと渓が見えた。
ここまで10キロ以上。だいぶ奥まで来ましたが、
P5279308
水は、ガンガン流れてます。びっくりです。
結構奥まで来ましたが、
P5279311
アマゴが釣れました。どうも放流ものっぽいですが・・・
リリースしても逃げないの、水中写真で。
飽きない程度に反応がありますが、この渓相なのに、なんだか不満です。
P5279316
林道側と反対の斜面、こんな治山です。ここまでやる必要あるかなぁ・・・
P5279317
尾びれを見ると・・・
イワナの方が優勢ですが、
P5279318
そうこうしてると先行者というか頭跳ねの人に追いついたので、納竿としました。
うーん、ツ抜けはしたけど、やっぱり不満の残る釣行でした。
林道はまだ奥まで続いているので、次回はもっと奥を調査したいと思います。

P5269291
前回terryさんに連れて行ってもらった渓の隣が、
以前釣り人にポイントを譲ったお礼に教えてもらった渓だった。
気になってるので、行ってみることにした。
金曜日、terryさんにメールしたら、夜電話が掛かってきた。
相談の結果、terryさんは、北側から僕は南側からアクセスをして
林道の途中で落ち合うことに。
当日、4時半に起きて出発。80キロほど高速の後は、100キロ下道。
それでも3時間弱で着いた。ほどなくterryさんも到着。
新規開拓なので、勝手が分からないのでとにかく、車が停められそうな場所から
入渓。Terry made lureを受け取って早速、キャスト開始。
今回も、きちんと仕事をさせて頂きました(笑)が
釣れた、釣れたとネットにも入れずterryさんに見せてると、みんなお逃げに(笑)
そこそこ反応があるので、いいねぇなんて思ってるとなんとすぐに堰堤が(^^ゞ
↑ちゃんと地図に載ってました。チェックミスです。terryさんすいません。
で、脱渓するとなんとそこには車が(笑)僕らより先に入ってたようです。
仕方なくもっと上に目指す。車止めには、見上げるような高さの2段堰堤が。
周辺を確認すると明確な踏み跡が。
これが、めちゃくちゃ急で。見上げるような堰堤の上にまで行くので当然ですが。
おっさん二人、息も切れ切れ・・・
最後は残置ロープでなんとか河原にたどりついた。
P5269292
が、いい渓相ですが、反応悪し。三段の小滝が出て来て、巻けそうだけど、
反応の悪さに負けて、竿を畳んで撤退。
支流に入ろうと昼飯を食って準備しようとしたら、畳んでベストの背中に入れていた
ロッドが折れてた・・・(T_T)
最近、ロット折ってないなぁとこの間ふと思ったら、このざまです・・・
そうそう、得意な保険、去年から釣り道具は携行品の対象から除外されてました・・・
↑お前のせいだ(爆)
仕方なく、急坂を下りて車に戻ります。
もう急坂を登る気がない二人。下流で釣ります。
取水堰堤の下ですが、水取り過ぎでしょってくらい少ない。
それでも、
P5269294
放流物?なアマゴも
P5269296
白い石の渓なので、色白イワナも釣れます。
P5269296

P5269301

P5269304
証拠写真もちゃんと撮ります(笑)

結局4時前まで頑張ったかなぁ。
翌日もこの水系をやる予定の僕は、南に、帰るteryyさんは再び北に。林道でお別れしました。
本当は街の中のコインパーキングに停めて一杯やろうと思ったけど、
田舎街のくせに(笑)最大料金のある駐車場がないので、道の駅へ。
道の駅の横に居酒屋があるのは調査済み(笑)
景色のいい風呂に入って、寝床の整えて、いざ居酒屋へ。
しか〜し、客ゼロです(笑)
おとうさん一人でやってますので、無言も気まずいので、釣りに静岡から来ましたって
ことで、話すと結構会話が弾みますが、愚痴が多い(笑)
僕が居たばかりに、いつも7時半に閉めるとこ9時前まで付き合ってくれました(笑)
瓶ビール(大)✕2、赤霧水割り✕1、お通し、冷やしトマト、鶏肉の味噌漬け焼きで
2500円也。安い!!(笑)また利用してもいいかな。

terryさん、突然のお誘いにもかかわらずありがとうございました。
翌日も再発しましたので、修理のほどお願いいたします(^^ゞ

航空祭のプログラムを見ると、開始が遅いので、
のんびりチャリで出発。本日も同じ歳のおっさんと(笑)
まずは、プログラムにない天候調査で、
DSC_0831
T−7、2機が離陸して、30分ほどで戻ってきました。
DSC_0842
ここから次のプログラムまで40分ほど。同行者がいるので退屈しません(笑)
で、小松より飛来のイーグルで怒濤のプログラムが開幕です。
DSC_0864
事前訓練の噂からなんとなく分かってましたが・・・
3回パスして、ご帰還に。
DSC_0902
KC767もブームを下ろすこともなく・・・2パスでご帰還。
RF−4、色がなかなか分からなくて、通過した時に
DSC_0907
洋上迷彩と分かって、もう1回目に備えたら、放送で
「ありがとうございました!!」
えっ!!??周りの皆さんももう笑うしかない状況・・・(T_T)
茨城から飛んで来て、1パスでお帰りに。
その次は
DSC_0910

浜松基地からT4。少し頑張ってくれましたが、
「もう少し頑張りましょう」(^^ゞ
県警ヘリが離陸していきます。
DSC_0945
さぁー外来機の最後、期待が高まるF2!
DSC_0967
何もありませんでした。収穫は、岐阜の機体なので、パイロンや増槽が白かったこと(爆)
待機中だった県警ヘリ。今年も見せてくれました!
DSC_0977

DSC_0999

DSC_1028

で最後のT−7の大編隊。去年は午前と午後2回やったのに今年は午後の1回のみ。
DSC_1037

DSC_1041
去年より内容減ってるし・・・(T_T)
DSC_1055

さて、ブルーです。
DSC_1098

DSC_1113

DSC_1148

DSC_1176

DSC_1184

DSC_1187

DSC_1201

DSC_1220

DSC_1225

DSC_1246

DSC_1255

DSC_1268

DSC_1306

DSC_1325

DSC_1334
ブルーは、途中静岡空港の上がりの飛行機に中断(それも中国機・・・)が
あったりしましたが、垂直系の演目もあったので、よかったなと。
ハートがありませんでしたが・・・
そうそう、ブルーの終了の放送の後、拍手が起きてました。
その後は会場ぶらぶらして、F86セイバーを見に行こうとしましたが、近寄れませんでした(笑)
その後は帰投する外来機をしっかり見送ります。
DSC_1343

DSC_1349

DSC_1350
お手振りありがとうございます。
DSC_1363

DSC_1367
離陸後戻って来て機体振りありがとうございます。
DSC_1373
こちらもお手振り。
DSC_1375
窓に白い紙が見える。何が書いてあったかというと
DSC_1377
「またね」って書いてありました!!下に小さく救難らしく「救え」とも。
DSC_1380
陸自さんもお手振りありがとうございます。
そして、救難機離陸。
DSC_1384
T7の離陸を見た後なので、脚が離れるの遅いなぁと思ったりして。
そして、離陸後、旋回して
DSC_1397
基地上空をフライパス。翼を振ってお戻りに。

怒濤のプログラムでしたが、内容は怒濤にはほど遠く・・・
ブルーが来なかったら、どうなってたやら(^^ゞ
やっぱり、どこからか苦情がでるのかぁ・・・
ちょっと残念な静浜基地航空祭でした。
来週の美保に行くつもりだったのですが、C−1も居なくなったようで、
C−2だけじゃなぁと思って、健康診断も近いので、止めました(笑)

↑このページのトップヘ