サッカーを見たけど、2日目も朝4時の渡船に乗ります。
金曜なので、同士は2人。それぞれのポイントで下ろしてもらって
また、1人で上陸です。この日は島ではなく、岸でした。
昨晩、同宿の方から、貸しボートに一緒に乗らないかと誘われたので、
この日は、昼のお迎えをお願いしました。
一応、爆釣だったら、お迎え遅らせますと伝えて(笑)
しかし、風も吹かず、ベタ凪です。
P6299402
逆さま森林が、湖面にくっきりです・・・
釣れる気配を感じません。水面は、小魚がライズのパーティーをやってますが、
逃げまとう雰囲気がありません。
P6299405
この日もティータイムをして、釣れる気がしないので、スマホをいじって。
この日の天気予報が雨だったので、本なんて読めないだろうと
文庫本を持って来なかったことを後悔・・・
結局、上陸から何の反応もなく、時間の半分以上キャストもすることなく、
居眠りとスマホをいじって過ごし、12時に戻りました。
一旦宿に帰り、休憩をしてから14時半に出船するという
同宿のKさんのボートの便乗です。
エレキで操船をして頂き、なんだかshoji優先してもらって。
二人して、釣れないので、昨日初対面だったので、自己紹介とか
身の上話とか、その他いろんな馬鹿話で、ボートの上で盛り上がります(笑)
昨日の1人苦節13時間に比べると釣れてなくても天国のような楽しさです(爆)
反時計回りにポイント巡って、船着場の対岸の最後のポイントで、
キャストすると、
「来た!!!」今日初めての魚の反応です。
Kさんすかさず、ネットを準備してくれます。
で、ネットインしたのは、
P6299409
本当に小さい、小さいけど、イトウでした!!
最初はブラウンかと思ったけど(笑)
Kさんには、感謝の気持ちを込めてがっちり握手。
ちなみに、背景の白いのは、Kさんが1人ボートで大物を撮影するために準備した
発泡スチロールの箱です(笑)←荒巻鮭が入ってるようなやつ(^^ゞ
Kさんも使ってないのに、自分のことのように喜んで、出してくれました。
この日も4時に船に乗って、イトウが釣れたのが、18時前・・・
14時間の苦行が報われた瞬間でした。
この日は、チビも釣れることなく、この奇跡のサヨナラホームランの
イトウ1匹だけ・・・
その夜、晩飯は、
DSC_9840
ダッチオーブン料理。
DSC_9841
サッポロクラッシックで、Kさんと乾杯。
半日、ボートで2人で話していたので、すっかり、仲良し。
その後、ガイドをしてたオーナーとお客さんとルアーとフライを持ち寄って、
釣り談義。楽しい時間を過ごして就寝。

翌3日目、渡船に懲りたshoji。Kさんの優しいお言葉に甘えて、
朝から一緒のボートに乗せてもらいます。この日も4時です(笑)
この日は、お互い移動があるので10時までの勝負です。
P6309411

P6309412
イトウの気配を感じることもなく、う様を2人で釣り合って、マイナスポイントで
朱鞠内修行は終わりを告げました。
釣れなかったけど、共通の話題があり、Kさんの独り言の話はshoji興味津々。
4時から10時は釣れなかったけど、楽しく過ごしました。
上陸して、荷物をまとめたら、Kさんとはお別れです。
再会を約束して、昼前見送りです。
この日は、千歳に移動のshojiは、時間があるので、川に寄り道して、
P6309416

P6309413
ワイルドレインボーをなんとか釣って、釣りを終了しました。
3日間で、フッキングしてランディング出来たのは、
チビサクラ2、う様2、イトウ1、レインボー1、チビアメ1という
何しに北海道に行ったのかという釣果でした・・・(T_T)
まさに、修行、苦行の釣りでした。
でも、楽しかったなぁ。
千歳に移動して、ぶらり入った居酒屋が、楽しく店で。
苦行の痛みを和らげてくれました。
この店の嬉しいご提案を頂いたので、今月また北海道に行きそうな気配が(爆)

Kさん、楽しい時間をありがとうございました。
釣れませんでしたが、ボートの上の会話で救われました(^^ゞ
機会があれば、またご一緒させてください。師匠との釣りに合流します(笑)