トリと自転車と私

ブログをやってる最中にすっかり趣味が変わってしまい、今や自転車はすっかり 飲み屋エキスプレスに。 愛車は、トリビュートからエクストレイル・クリーンディーゼルに変わりました。

カテゴリ: アウトドア

クリボッチもバースボッチも平気。
ましてや、飲みに行くのもほぼボッチ。
ハードルの高いと思われる焼き肉ボッチもクリア。
しかし、これまでやったことのなかった新たなボッチの境地へ
P3190015
ついにスキーをボッチで行ってしまいました・・・(^^ゞ
レストランで、6人掛けのテーブルで一人飯を食ってるのは、
周りの目がイタい(爆)

しかし、リフト乗り場で一人乗り列に行けるのはいいですなぁ。
でも、すぐ脚にきて、そんなに滑れませんが。
14時にはスキー場を後にしました・・・

矢板山
前回のエントリで、行きましょうってコメントを頂いたので、
早速誘いました(笑)
腰の調子がイマイチというshikadaさんのために、いつもの場所ですが、
山の方ではなく、反対の牧場方面を歩くことに。
登り二人
しかし、意外に坂がキツかったりして(笑)
黄色
青空に黄色のウェアが映えます。ほんとにいい天気です。
もみの木

昼飯
昼飯は代わり映えしません(笑)
牧場を1周して、約6キロの雪上散歩でした。
その後は、温泉→餃子→くろやんkomさんと合流して焼きとん屋→いつものワイン居酒屋
→バーを巡り、そのまま車中泊して、翌日は仕事・・・

shikadaさん、tabiさん、くろやん、komさんありがとうございました!
次は渓ですかね?
あっくろやんとは、日本酒か(笑)

風の音。
雪が流れる音。
木々が揺れる音。
自然の音しか聞こえないか
何も聞こえないか。
この静寂な時間が好き。
こぶ
邪魔なのは、息も切れ切れの自分の呼吸音(爆)

てなことで、せっかく下野に復帰したので、年明け恒例の弛んだ体に活なこのイベント。
いつもの矢板の山へ。
前回は、2014年←ツッコミ禁止(T_T)
それまでは、2009年10年11年12年13年までは、1月に毎年行ってる。
後1キロとか、途中敗退とかでなかなか上まではたどり着けない。
今年こそはと思ったけど、最初の登りで、こりゃダメだと(爆)
年々体力ダウン、腹のぜい肉はアップで、とても無理そう。
それでも2.5キロを1時間で歩いて、
いつものポイントに着いたら、雪も風も強く。
セルフ1
shojiの顔、♪顔に傷があったって怖い人と限らない♪のよう(笑)
なので、せっかく背負ってビールもおでんもカップ麺もコンロも使うことなく
小休止して戻ることに・・・
セルフ2
結局、休憩も含めて往復2時間でした。
このままでは、雪の時期には後2キロは無理かも・・・
山での飯を断念したので、途中の十割蕎麦屋で昼食。店の人の愛想悪いけどおいしかった。
その後温泉に入って冷えた体を温めたら、今度は撮り鉄。
金太郎
やっと撮れました、金太郎!
宇都宮行
ちょっと安定して撮れるようになったかな。
最後にロウバイを
ろうばい
撮って。
なんだか盛りだくさんになった(笑)

月曜に登った山、その後2日間、ひどい筋肉痛になった。
やっぱり、鎖場とか岩登りが堪えたようだ。
こんなことではいかんと、土曜日朝起きた秋晴れ!だったので、
同じ山に向かった。
子供でも登れるメジャーな道だったはずが、どこでどう間違えたか
岩
なぜか岩登りに(笑)渓流の脱渓訓練!?のつもりで登りました。
でも、脱渓よりきつかった・・・
月曜と違うルートでしたが、1時間で頂上に。
頂上より
天気がよかったので、眺望も良かったです。
今回は、もうひとつのピークまで少し足を伸ばしました。
こちらのピークは、日光連山の眺め。
空2
月曜に登った時に、少しお話をしたトレランのグループに偶然再会。
また、タカ類の渡りを観察している鳥見の方にもお会いして、野鳥の話を少し。
「詳しいですねぇ」と言われて、昔野鳥の会に入ってましたっていうと、
名刺をくれました。宇都宮で野鳥を楽しもうっていうフェースブックをやってるそうです。
帰り道は、メジャールートで。傾斜はきついですが、足は楽でした。
なので、今日は筋肉痛になっていません(笑)
夜は、飲みに出て、今日は仕事なのに、3時まで飲んで、車中泊をしたのは内緒です(爆)

街ナカで車中泊で飲んだくれてばかりもいかないので、
MTBは持って来てないので、登山など。
この山の麓は、MTBでよく走ったのですが、ピークを目指すのは
初めて。噂には聞いていましたが、
鎖場
鎖場が各所に・・・鎖がないと絶対昇り降り無理です・・・
頂上
それでも、1時間ほどで頂上へ。582mの山に鎖場って(笑)
DSC_0459
時々、眺望も。左端に見える山は、筑波山です。

往復2時間、いろんなコースバリエーションがありそうなので、しばらく通おうかな。


↑このページのトップヘ