2022年08月31日

三味線弾きの野中さんの近況

IMG_20220509_095237
陽が短くなり晩夏の頃となりましたが、尚も厳しい残暑の日々が続いています。皆さまには夏のお疲れ等はございませんでしょうか?
さて、多くのお客様よりご支援を賜りました野中さんのその後の様子ですが、7月6日に京都大学病院にて骨髄移植の手術を済ませ、その後は検査やリハビリをして無事に退院となりました。
手術は成功との事ですが、骨髄移植は親子であっても適応が難しい場合が有る様で、この先は自宅にて療養し通院で経過観察となる模様です。
来年の桜の頃に野中さんの三味線でお座敷遊びが出来たらよいのですが。
皆さまから賜りました支援金は昨年末と今年の二回に分けて野中さんにお渡しさせて頂きました。それはそれは大きな励みとなっているようです。本当に有り難うございました。
ご支援下さいました皆さまには改めましてご挨拶申し上げます。

shojoann at 13:03|この記事のURL

2022年08月29日

蒲郡クラシックホテルにて

朝早く起きて広い庭を散歩しました。このホテルは三河湾を望む小高い丘の上に建つ素敵のクラシックホテルです。40年振りの再訪ですがとても穏やかな一夜を過ごしました。
20220829_074042
20220829_073701
20220829_073648


shojoann at 09:22|この記事のURL

束の間の休日で愛知県に

世界の中でも大好きなホテルへやって来ました。此処、愛知県蒲郡市のホテルが今回の目的地で「蒲郡クラシックホテル」と言い、実に素敵なクラシックホテルです。
松本が若き頃、エンジニアをしていた時代に愛知県に住んでいて、その頃に頻繁に訪れたホテルです。不思議なご縁でこのホテルの創設者ご一家が招猩庵のお客様でご今回
20220828_115549
案内して下さいました。
車で京都で発ち、途中、知多半田で鰻の昼食、此が素晴らしく美味➡️そして常滑市で愛知県ビエンナーレを観て➡️蒲郡クラシックホテル。ホテルからの景色は渥美半島と知多半島を望む絶景です。
幸せな事です。
20220828_221349
20220828_181545


shojoann at 00:01|この記事のURL

2022年08月14日

三年振りに仙台へ

亡き母親の分骨を仙台市泉区のお寺で永代供養をして頂いてますので毎年お盆前にお参りに行ってましたが、コロナ感染を鑑みて三年振りとなりました。
法要の後は気に入りの寿司屋に出掛け、三陸海岸や金華山沖の夏場の海の幸が楽しみです。ホヤ、ウニ、金華鯖、穴子等々……。
今回は盛岡市で「さんさ踊り」が開催されていると言うことで、新幹線で盛岡まで行き少し踊りを観て帰路は「いわて花巻空港」より戻りました。
往路の大阪空港➡️仙台空港へは日本列島🗾中央高地上空を縦断するカタチで北上するので、日本アルプスや富士山を望めます。
帰路は岩手から一旦、日本海へ北上してから佐渡島➡️能登半島➡️天橋立の上空を飛ぶので地図上でしか見なかった地形が眼下に展開します。
宮津市から左折して大阪空港に向かう時には、眼下に天橋立が見え、進行方向には大阪湾が見えます。地図で見ると此処は日本列島で最も幅が狭いんです。
飛行機版ジオラマは小さな飛行機ならではの貴重な体験と楽しみでした。20220801_164234
20220801_165722


shojoann at 08:30|この記事のURL

2022年07月29日

早くも松茸の季節が


灼熱地獄のような日々が続いていますがお変わりございませんでしょうか?
八百屋では早々と中国雲南省の松茸が届きはじめています。日本では松茸は秋の味覚ですが20220728_171256、雲南省では夏場が茸類の収穫期で雲南省の昆明の市場では茸市場が大賑わいだそうです。中国では約960種類の茸類があって、その90%が雲南省で自生していると聞きました。
さて招猩庵では此の時季に「ハモと松茸とレタスのしゃぶしゃぶ」をお召し上がり頂いております。ハモも松茸もレタスも各々に出汁にふくよな旨味を出し、〆の雑炊は秀逸です。
招猩庵でお召し上がり頂く場合には2日前迄にご予約をお願い致します。
他に地方発送もさせて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。お鍋とお箸だけをご用意下さい。2〜3人さま用で15000円(税送料込み)でございます。
20220728_195757


shojoann at 14:04|この記事のURL

2022年07月23日

土用の丑の日

20220723_115029
全国的に厳しい暑さですが、京都は比較的涼しくて30℃を越す事が少なく、祇園祭の見物も例年になく楽です。
今年の土用の丑の日は二回あって、今日7月23日は一の丑で、松山市のお客様が四万十川の天然鰻をお届け下さいました。それも幻の鰻と云われる青鰻です。
本日、招猩庵では白焼きは「ワサビ醤油」で、蒲焼きは「棒寿司」でお召し上がり頂きます。
我々スタッフにも少しづつお裾分けをしたいと思います。
皆様におかれましてはご健勝で盛夏を乗り気って下さいますように。

shojoann at 16:17|この記事のURL

2022年07月08日

暑中お見舞い申し上げます

厳しい暑さの昨今でございますが皆さまにはお変わりございませんでしょうか?
昨年10月の深夜に胃潰瘍で救急搬送され、皆さまからは沢山ご心配を賜り本当に有り難うございました。
それ以降、何人かの医師のアドバイスを頂きながら、「胃」「大腸」「十二指腸」「脳」「肺」等々の検査と手術の日々でしたが、最終の検査結果を聞きに行った処、全て問題無しとのお話し頂き安堵致しました。その日は折しも私の71歳の誕生日で何より誕生日プレゼントでございます。
通院しながらの検査&手術で9カ月かかりました。
まだまだ皆さまに尽くしなさいとのメッセージかと受け止め、この先も皆さま方にお楽しみ頂ける招猩庵を続けて行きたい所存でございます。
どうぞこの先も宜しくお願い申し上げます。
厳しい盛夏、どうぞご健勝で乗り気って下さいますように。


shojoann at 19:51|この記事のURL

2022年07月04日

招猩庵は27年目に入りました。

京都の梅雨明けは例年なら祇園祭の頃なのですが、今年は早々に梅雨明けをして厳しい暑さの日々でございます。皆さまにはおかわりございませんか?20220702_170338
招猩庵は7月1日で27年目に入りました。二年余に及ぶコロナ禍に於いても多くのお客様が支えて下さいましたお陰と深謝申し上げます。
この先も皆さまがお寛ぎ下さる店でありますよう精進して参ります。何卒この先も宜しくお願い申し上げます。

shojoann at 15:19|この記事のURL

2022年06月24日

梅雨時の晴天続き、四国へ🚘

1655155775822
20220612_173223
20220612_175820
20220614_110516
まだ梅雨明けしていないのに既に灼熱の日々でございます。お変わりございませんか?
愛媛県には親しくお付き合いをしてくださるお客様がおいでになられるので、仲良しのお客様方と我が家の愛犬の隆之介も一緒に出掛けて参りました。
松本の車で、途中、神戸と芦屋で仲良しさん達をピックアップして、明石海峡と鳴門海峡を渡って愛媛へ。途中、新居浜市のお客様にお目にかかって久しぶりのお目もじが叶い幸せでした。そして目的地の松山市へ。
お料理上手な松山市の苗子さんは既に遠来の我々を迎えて下さる為にテーブルに並びきらない沢山のご馳走。そして「鰹の藁焼き」が豪快かつ美味でした。
帰路は「しまなみ海道」を通って瀬戸内の島々を巡るルートは本当に美しい風景です。しかし船がこの海域に入ると航路をみうしない途方に迷う事でしょう。そんな背景があって「村上水軍」の活躍の場所だったのかと思いました。
しまなみ海道の島の中で一番大きな島の大三島の「大山祇神社」に立より参拝。この神社は孤島に在りながらも伊予の国の一の宮で、宝物館には多くの大刀や鎧が保存されていて、その殆どが国宝や重要文化財で驚きました。
高橋さん、苗子さん、松山市でお世話になった皆さま、本当に有り難うございました。

shojoann at 12:35|この記事のURL

2022年05月12日

明日、5/13(金)に退院

IMG_20220512_143326
IMG_20220509_115131
5/10(火)の午前中に内視鏡で十二指腸の腫瘍(良性の場合は腺腫と呼ぶそうです)が切除されました。傷口が少し大きめなので止血が心配されましたが、どうやら傷口は無事に塞がっている様なので明日5/13(金)には退院となりそうです。皆さまにはご迷惑とご心配をお掛けしました。
私は京都大学附属病院には今回始めてお世話になりました。京都では研究の京大病院、臨床の府立医大病院などと聞いていたので府立医大系統の病院にお世話になる事がほとんどでしたが、京大病院のドクター&ナース、そして事務方を含めた医療チームが実にシステマチックで余計なストレス負荷がなく本当に良かったです。
病院の食事は美味しく、また病棟からの景色(窓枠に柵がありますが刑務所ではありません)は京都御所の木立とその先には愛宕山や左大文字が望めて清々しい景色です。
鋭気を養いましたので明後日の5/14(土)より営業させて頂きます。


shojoann at 16:01|この記事のURL
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives