2009年08月

2009年08月19日

招猩庵より秋の観能へのお誘い

日中の暑さは厳しいながらも
京都の今夏は比較的カラリとし
凌ぎやすいように思えます。

秋が早いでしょうか?
おかわりございませんか?

さて、先日の招猩庵15周年祝賀パーティーで
祝舞いを披露して下さいました
金剛流・宇高通成師の能の会
「宇高青巌能之会」が下記の日程で行われます。

一年に一度の大舞台でございます。
今年は第十回目の記念の回で、
生涯に一度だけ舞うと云われる
「鵡小町」を舞われます。

また二人のご子息は
「竹生島」
狂言は茂山七五三さんの
「竹生島詣」
と興味深い出し物です。

どうぞ皆様の観能、
ご支援をお願い申し上げます。

なお、舞台終了後は
招猩庵で宇高先生を囲んで
食事会を予定しております。

日程:9月13日(日)
午後1時始曲

場所:金剛能楽堂
(烏丸丸太町上る)

観能席料
正面指定席 8000円
脇正面指定席 6000円
自由席 5000円
学生券 2500円

皆様からのご予約を承り、
まとめて申し込みをしたいと思っております。

お申し込みはメール又は
松本の携帯電話へお願い致します。
メール
sjsj623tm@docomo.ne.jp
携帯電話
09032648499


shojoann at 23:43|この記事のURL

2009年08月07日

青森・ねぶた祭

2bebb6a9.jpg仙台に墓参りに来たついでに
もう少し足を伸ばして
昨夜は青森のねぶた祭を見ました。

本州最北端の港湾都市、
青森はこの日だけは街中凄い活気の様子です。

ねぶた祭は毎年テレビ等で観てはいましたが、
実際に目の前で繰り広げられる祭りは
それはそれは壮大なものです。

テレビでは光輝く「ねぶた」が報じられますが、
その前にはお囃子隊と
跳人が露払いのようにして盛り上げ、
これが実にいなせなモノです。

巨大なねぶたは夏の夜に
豪華絢爛に浮かび上がり、
また道のあちこちで人の手でぐるぐると
回されて美しさばかりでなく豪快な祭りです。


祭りが終わってからも
夜遅くまで街中には
祭りの正装の町衆がうろうろしていて
なかなか良い風情です。

祭り明けて今日は列車で
青森から函館に移動しています。

美しい夜景と美味しいモノが楽しみです。


shojoann at 11:52|この記事のURL

2009年08月05日

臨時休業と夏休み

招猩庵の厨房
改造工事の為に
8月6日(木)〜9日(日)まで
お休みをさせて頂きます。

また8月14日(金)〜16日(日)まで
夏休みをさせて頂きます。

勝手を致しますが、
何とぞよろしくお願い申し上げます。

松本拝


shojoann at 12:30|この記事のURL

招猩庵の15 周年

ようやく梅雨明けとは不可解な夏でございます。

暫く無沙汰になってしまいましたが
皆さまにはおかわりございませんか?

招猩庵は今夏で15周年を迎えました。

それを記念して冷泉為人先生が発起人代表になって下さり、
7月11日(土)に約100名様のお客様方が
リーガロイヤルホテル京都にお集い下さり
華々しい祝賀会を開いて下さいました。

祝賀会では金剛流能楽師の宇高通成先生の
祝舞い「猩猩」で幕が上がり
お集まり下さいました全員の皆様方から
ご祝辞を頂戴し、

またお客様と招猩庵の学生スタッフによる
ジャズセッションなどで大いに盛り上がりました。


松本にとりましてはあっと言う間の
15年間でございました。

多くの素晴らしいお客様方に支えて頂き
本当に有難い事と嬉しく存じます。

15年前に店を始める時に
「迷った時には必ずお客様の立場で考えるように」
と固く心に決め、

今もその気持ち忘れずにいる積もりでございます。

しかし忙しい時など、ついつい店の都合を
お客様に押し付けていないかと心配に思っております。

これを期にもう一度見つめ直して
皆様をお迎えさせて頂きたいと思っております。

どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。
松本


shojoann at 12:02|この記事のURL
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数

Archives