2010年02月

2010年02月23日

歌舞伎鑑賞教室に行きました

南座の歌舞伎鑑賞教室は
毎年は春爛漫の頃ですが、
今年は2月にあり、
我々は2月14日(日)の千秋楽に
11人で出掛けて参りました。


主演は初回よりずっと
上村吉弥さんがされていて
今年で17回を数えました。

吉弥さんは招猩庵のお客様で
素顔も飛びっきりお美しく
また実にお気さくな役者さんです。


今年の演目は「どんどろ大師」で、
幼い女の子・お鶴が親を探しに
巡礼の旅に出掛けて
大阪でばったりと探していた母親に
巡り合わせるのですが、

母親は追われる身の上故に、
我が子をかばう親心から突き放す…と
いった筋書きです。

この芝居は幾度が観ましたが
吉弥さんと吉太郎君の余りの熱演に
松本は途中から
涙が止まらず終演後は
目を腫らして格好の悪い事でした。


歌舞伎にはカーテンコール等しないようですが、
昨年も我々が千秋楽の日に出掛けて手拍子を合わせて
カーテンコールをして頂くように策略を企てました。

僅か11人の手拍子で
1000人の観客の人々を扇動出来るか
ヒヤヒヤでしたが、観客の皆様が
手拍子を合わせて下さり
無事カーテンコールをして頂きました。

何と恐ろしい事をしたのかと
後になってからドキドキです。


芝居では我が子を突き放した母親が
カーテンコールで再び
我が子を呼び止めて抱きしめる…

筋書きにはないハッピーエンドでした。
何とも温かい気持ちになりました。


歌舞伎鑑賞教室は
舞台装置や衣装の解説もあり、
約2時間とお気軽です。

どうぞ来年はご一緒にお出かけください。


shojoann at 21:53|この記事のURL

2010年02月08日

春の大人の遠足・天橋立

暦の上では春になったとは言え、
厳しい寒さの昨今でございます。

さて春の大人の遠足を
ご案内させて頂きます。


今回は堀木エリ子先生の
宮津の別荘を訪問させて頂きます。


宮津湾を見下ろすリゾートマンション
最上階の広いペントハウスに、
各部屋の壁面や襖、
そしてバスルームの壁面までのが
全て堀木先生の大規模作品群で内装されています。

またオーシャンフロントの
広いバルコニーからは
宮津湾を一望できます。

堀木先生のペントハウスで
ゆったりと寛がせて頂き、
宿泊は同じリゾートマンションの
ゲストルームでさせて頂きます。


リゾートマンション周辺には
天橋立や文珠堂、
伊根の舟屋他名勝が数々あり、

また寒鰤のしゃぶしゃぶ、
天橋立を借景にした寿司屋や
オーガニック野菜を使ったフレンチなど
美味しい食材の宝庫でもあります。


またこのリゾートマンションには
数々のアクティビティがあり、
温泉、クアハウスから釣り、
テニス、ゴルフ、
ヘリコプター遊覧まで他色々揃っています。


日程:3月14日(日)から 1泊2日
宿泊:マリントピア
交通:貸切バス
定員:18人
会費:未定


当日は堀木先生ご自身か
代理の方がお越しいただける予定です。

食事は素晴らしい料理屋が
点在しています。

この時季ならではの食事を
厳選させて頂きたく思っております。

お申し込みとお問い合わせは
松本までお願い致します。

携帯電話
09032648499
メール
sjsj623tm@docomo.ne.jp


shojoann at 13:41|この記事のURL
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数

Archives