2013年03月

2013年03月24日

上木屋町の桜情報

ようやく春の陽気になりました。

とはいえ昼夜の気温差が大きく、
招猩庵の窓の外の寒暖計をみると
夜間は5度くらいまで下がります。

さて、上木屋町の桜は
一番早い樹が土曜日から
ほつり・ほつり咲き始めました。

招猩庵の正面も
今週くらいから
咲き始めるかと思います。

この桜が三分咲きなった頃から
ライトアップを
始めたいと思っております。

どうぞ今年も桜の時季に
お出かけ下さい。

桜の時季は夜半が冷え込みます。

お出かけには
どうぞ薄手の防寒服を
お忘れなきように。




shojoann at 21:10|この記事のURL

2013年03月23日

招猩庵通信・廣誠院特別公開

招猩庵のお向かいに
長い塀に囲まれたお寺があり、
普段は非公開で
謎のベールに覆われています。

こちらは廣誠院という
臨済宗のお寺さんです。


元は明治の建設業界の
発展を担った
旧薩摩藩士・伊集院兼常の邸宅で、

その後は廣瀬家の
手に渡って廣誠院となり
ひっそりと今に受け継がれています。

伊集院は大成建設の
前身の日本土木会社を
立ち上げる一方で茶道を好み、

また数寄屋や造園にも
造詣が深かったそうで、
廣誠院は外観からは
想像出来ない風流な雰囲気です。


下記の日程で
昼夜の特別公開され、
夜はライトアップされます。

公開日程:3月30日(土)
〜 4月14日(日)

時間:昼10時〜17時
夜18時30分〜21時

入場料金:600円


shojoann at 00:02|この記事のURL

2013年03月21日

上木屋町の桜情報

ようやく春の日射しに
なって参りました。

各地からは桜の開花が
伝えられておりますが、

京都は早咲きの垂れ桜が
ようやく咲き始めた頃でございます。

今朝早くに温度計を見たら
摂氏0度で日中以外は
まだまだ冷え込んでおります。

招猩庵の前の桜は
まだまだ蕾固しで
一分咲きにも至っておりません。

ようやくコブシが
咲き始めたところでございます。


毎年この時季になりますと
桜の開花状況が気になり、
その年毎に早い遅いと
気を揉めますが、

そんな予測に反して
概ね4月10日前後が
見頃のように思います。

しかし暖かい日が続きますと
一気に咲き始めるのでしょうか?


招猩庵からの夜桜に関しましては
満開を過ぎてからの方が
断然に麗しいかと思っております。


桜の時季は夜が冷え込みます。

どうぞ薄手でも大丈夫ですので
夜にお出かけの際には
防寒のお洋服もお忘れなきように。

松本


shojoann at 11:58|この記事のURL

2013年03月13日

「招猩庵通信」

21473ef3.jpg
67a2b62c.jpg
三寒四温の頃、おかわりございませんか?。

今後は招猩庵からのお知らせを
「招猩庵通信」と名付けて
ご案内させて頂く事に致しました。

本日は2つのご案内でございます。

その
招猩庵のお客様の堀木エリ子さんの
出版本のご案内です。

シリーズ本で「ソリストの思考術」第六巻、
堀木エリ子の生きる力,,,
<腹の底からのパッションと覚悟があれば、
未来は切り開ける>
と言うタイトルです。

銀行勤めを経て
芸術活動をされた故に
芸術家からのバッシングがあったり、

二度の癌を克服され、
体でぶつかりながら切り開きながら
独自の信念を築いて
こられたように思います。

松本は今までにもそのお話しを伺い、
その都度感激。

そんなお話しが書かれています。。

今回は堀木事務所に
注文をしたらサインを入れて
お届け下さるそうです。

ご所望がございましたら
松本までお知らせ下さいますように
お願いします。

<内容>
六曜社40周年記念出版
定価 1680円
四六版224ページ

何と、前々回のシリーズでは
招猩庵のお客様のご主人で、

この先に松本が出掛ける
東北のボランティア活動で
現地のキーマンになって下さる
福島県の作家・僧侶の玄侑さんでした。


その
招猩庵の花見の宴
日 :4月7日(日)
時間:3時30分
場所:招猩庵
内容:呈茶、ウェルカムシャンパン、
花見弁当、能登牛すき焼き
(お飲み物込み)

会費:18000円
限定:20名様

新年縁会でお世話になった
祇園東の芸妓・つね桃さんに
お願いをしています。

つね桃さんは横笛の名手と聞いており、
春爛漫の宵、桜を愛でながら
木屋町に流れる横笛を
聞いてみたいものです。

そして80歳を越えられた
元祇園の芸妓の
米さんもお越し下さいます。




shojoann at 14:09|この記事のURL

2013年03月07日

あの日から2年がたとうとしています

忌まわしい震災からもうすぐ二年…。

その時、たまたまTVをつけたら
地震速報が流れ、

津波情報が次々と波高を上乗せし、
そうしているうちに
TV中継は町ごと飲み込まれてゆく映像を
次々と映してました。

その時はイギリス人の友人と
電話で話しをしていた処で、

その友人が電話の向こうで
大声で叫んだかと思うと、

続いて「爆発!」と言って
泣き始めました。

それは原発の事故が発生した時でした。

日本で起こった惨事に
涙してくれる彼の温かさが
有り難く思いました。


地震の二日前に東京のお客様から
「もしかしたら大きな地震が
起こるかも知れませんよ。

原発があるので
放射能汚染が危ぶまれるので出来るだけ
水を沢山飲んで
海藻等ヨード系を摂取しなさい」
とのメールが届いていました。

何と本当に大惨事が起きてしまいました。

震災以降、あれこれと義援に
近い事をしては来ましたが、

現地の様子を鑑みると
何もしていないに等しい有り様です。

何も出来ない、何もしない自分を
情けなく思っていました。


主婦であられるお客様が
震災直後から現地へ出向き、

今もボランティア活動を続けて居られます。

その方が東北に出向かれた時に
招猩庵のお料理を
お届けするお約束をしました。

第一回目はようやく宅急便が
届くようになった時でした。

海外や日本各地からのボランティア
仲間で分けて大切に食べて頂いたと聞き、

その後は現地の方々との
交流の場での食卓に出されて、

食べ物が人々の心を紡ぐ
助っ人をしたと聞いて
本当に嬉しく思いました。


出来たらいつか
松本本人が東北に出向きたいと
思ってましたが、

そうは簡単には行かないように聞き
空回りをしてました。

そんなある日、ご常連のお客様が
福島県三春町の方と
一緒に招猩庵へお越し下さり、

避難生活をされて居られる方々の
様子を伺いました。

三春町へ避難されてる方々は
地震よりは放射能汚染からの逃避で、

原発が出来ても何ら恩恵を受けず、
若い世代は故郷から
遠く離れた土地に移り住み、

残されたお年寄りは放射能汚染ゆえに
復興の希望を抱く事もなく
ただただ静かに避難生活を
送って居られると聞きました。

出来たらその方々と一緒に
お料理を作って一緒に食べる会とか
出来たらいいのになぁーと

提案をしたところ
是非ともやりましょうとの
お返事を頂きました。


どうしても現地を見ておきたくて、
昨年の師走に三春町を訪れました。

梅、桃、桜と三種の春の花が
同時に咲く事から三春町と
名付けられたそうで、

春には町中にそれはそれは
見事な桜の花が咲き乱れるそうです。

ボランティア活動は
残念ながら少しずつ退化しつつある状況下、

今からこそする時かも知れません。

現地のキーパーソンの方と
度々お話しをして、
春を過ぎてから
第一回めの会が出来そうです。


松本だけの力では出来ないかと思い
「招猩庵&フェローズ基金」を
発足する事に致しました。

法人化はしてはおりませんが、
それに準じて
幹事2名、会計と監査役各1名で
スタートしました。

まだ発足したところで
ご協力のお願い書状は
直接お手渡しをしている段階ですが、

もし何方様かご理解ご賛同頂けましたら
ご協力をお願い申し上げます。

一口千円で、郵便振替にてお受けしております。

活動内容は招猩庵のホームページならびに
ご協力を下さいました方々へ
メールでご報告させて頂きます。


お問い合わせは松本まで
ご連絡を頂けましたら
有り難く存じます。

電話
075 221 3037(招猩庵)

メール
sjsj623tm@docomo.ne.jp
(携帯からのみ受信可能)

どうぞよろしく
お願い申し上げます。


shojoann at 05:03|この記事のURL

2013年03月04日

京都での被災地イベント

東北大震災から
二年がたとうとしています。

震災から二年目に京都でも
応援イベントがあります。

平安神宮近くの岡崎公園
「みやこメッセ」での
被災地イベントについてお知らせ致します。


招猩庵のお客様は
度々被災地にボランティアに
出掛けて居られて、

この被災地応援イベントでは
岩手県の被災された方々の、
手作り品を販売されます。

イベント故、急に予定変更・・・などと
いうことがあるかもしれませんが、
下記の日程で行われます。

被災地からも沢山の方々が
販売に来られます。

イベントにお出掛けになられ、
また産地直送の品々を
買い求めるのも
大きな支援のカタチかと思います。

お出掛けくださいますように
ご案内申し上げます。

(以外、八田典子さんからのメッセージです)
『負げねぇぞ 被災地』
3/8(金)〜3/10(日)
10:00〜19:00まで
(最終日は16:00まで)

http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000136427.html

3月10日開催の京都マラソンに伴い、
「みやこめっせ」」にて、
東北三県(岩手、宮城、福島)合同の
イベントをおこないます。

現地の物産も販売予定です
〜故郷の思いを共有し,共に生きる〜」という主旨です。

8日は、被災地の様子を
伝える講演会があります。

岩手県=焼きホタテ
宮城県=ずんだもち
福島県=浪江焼きそば
などそれぞれ個性ある販売も
予定しております。

被災された皆様も、
現状を伝えたいということで
参加される予定ですので、

お時間ございましたら、
ご来場願えましたらと思います。


shojoann at 14:48|この記事のURL
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数

Archives