2013年06月

2013年06月26日

福島県三春町でのご報告

804e1898.jpg
3e14184d.jpg
567ee6d7.jpg

6月24(月)の
招猩庵&フェローズ基金による
福島県三春町での

第一回「一緒に料理を作って食べる会」は
事前の参加申込み者20名、
当日の参加ご希望5名、

そして現地のお世話役の
方々を加えて
約30名の方々が
お集まりくださいました。


食材は出来るだけ
地元で買い揃える事にし、

三春の里の野菜直売所
「かご市」や
地元スーパーで求めました。


前夜は「三春の里・田園生活館」で
宿泊・夕食。

温泉に浸かって疲れをとり、

郷土料理と深谷社長様からの
差し支えの濁り酒を

美味しく頂いて
早めに就寝をしました。

そして早起きをして
朝9時前に会場入りをしたら

既にお世話約の方々が
会場設営をして下さってました。

そして同行して下さった
中川さんと
野菜を洗ったり
食材の下茹でをしたりしていると

参加者の方々が続々と
集まって来られ、

予定通りの10時に
スタートしました。

献立は
ゝ軻の時雨煮を作って、
サラダ仕立てと牛肉混ぜご飯

∈菜とヒジキと豆腐のキッシュ

8渕錣硫凸邵擇
納豆昆布で変わり冷奴の3種。


最初にご挨拶と献立・作り方の
説明をしながら
デモンストレーションして、

その後一斉に調理開始。

しかしやっていたら
ボールやまな板の数が足りないやら、

直ぐにご自宅に
取りに行って下さり

どうにか調理器具が揃って
順調に進みました。

調理と並行して
お世話役の方々が次々と
洗い物をして下さり
本当に助かりました。

避難住宅の方々は
皆さん仲良しで
まぁ仕事の早い事!。

料理の味付けをみる為に
松本が各テーブルを
回りながら皆さんと
お話しをしていたら

本当に明るい方々が多くて
ホッとしました。

出来上がったら
皆さんで会食をし、
また色々とお話しをして
解散となりました。


終わってからも
京都の話しを聞きたいと
仰って下さる方が来られたりとか、

また帰り際に
ご自分の携帯電話のストラップを
こっそり松本に渡して下さる方が
あったりしました。

ストラップは身の回りを探して
お喜びの気持ちを
伝えようと思われたのでしょうね!

嬉しくて目頭が熱くなりました。
これはヤバいと堪えました(涙)。

お開きの後は暫しゆっくりして、
三春の里振興公社の深谷社長様が

三春町の観光案内をして下さり、
その足で福島空港まで
送って下さいました。

そして飛行機の出発まで、
同行して下さった中川清さんと
空港内のレストランで
軽く打ち上げをして
帰路に着きました。

また是非とも
お伺いをする約束をして
お別れをして来ました。

次は秋くらいでしょうか?
どうぞ今後も
ご支援のほどお願い申し上げます。


最後になりましたが、
今回お世話になりました
三春の里振興公社の深谷社長様と
スタッフの皆様、

葛尾村教育委員会の松本智恵子様と
有志のサポーターの
のりこさんとハツエさん、

そして色々と進めて頂きました
三春町の福聚寺の橋本智子さん。

貴重な時間と
お金を費やして
陰になって支えて頂いた中川清さんに
改めてお礼を申し上げます。

松本拝


shojoann at 08:45|この記事のURL

2013年06月24日

福島県三春町より

0c6ba7af.jpg
03c9b64c.jpg
2f3bd272.jpg

6月24(月)と25日(火)は
招猩庵を臨時休業させて頂き、

福島県三春町での
ボランティアの為に来ています。

昨日の日曜日は大阪・伊丹空港発の
朝早い全日空機で
福島県三春町までやって参りました。

旧知の友人で、
また招猩庵のお客様の
中川清さんも
お手伝いに同行してくれています。

今日は原発被害で三春町で
避難生活をしておられる葛尾村の方々と
避難住宅に併設されている集会所で
「一緒に料理を作って食べる会」をします。


昨日は三春町の振興公社の深谷社長様や
スタッフの湯峯さんのお世話になり、

我々の足代わりをして下さり、
到着後にこちらの
野菜直売所や地元スーパーで
材料の買い出しをして
会場に搬入した後は下処理等をしました。


今日のお昼ご飯を皆様と一緒に作ります。

20人余りの方々が
来て下さるようで楽しみにしています。

三春町は郡山から
少し太平洋側に行った処に位置し、

三春駒や垂れ桜が有名な田村藩の城下町です。

春には小さな町に
全国各地からの観光客が押し寄せて、

町のあちこちに点在する
樹齢五百年以上の桜観に
大混雑するそうです。

三春は穏やかで
心優しい方々ばかりです。
本当に良い処です。

皆さんから協賛と寄付をして頂き
第一回をする事が出来ました。

本当に有難う御座います。
今日はこちらの皆様に
多くの方々の支援によって
この会が実現した事をお話しせねばなりません。

往路の機上では富士山が見えました。

昨夜は疲れて早くに寝、
朝早くに目覚めました。

今日は快晴です。

また改めてご報告をさせて頂きます。
松本


shojoann at 07:07|この記事のURL

2013年06月07日

梅雨明け時ホタルの頃

大人の遠足でタイより帰国したら
京都は既に梅雨入りと聞きました。

気温40度の国から帰ると
暑いと言えども
感じる暑さは爽やかそのものです。


さて、例年この時季には
招猩庵の前の高瀬川には
ホタルが飛び交いますが、

昨年末からの高瀬川の河川改修工事で
川底を掘り返したり
護岸を積みかえたりした為に

ホタルの幼虫や餌になる
カワニナまでも
撤去されてしまったようで
今年はホタルの姿が見られません。


例年ホタルがたくさん飛び交う
旧ホテルフジタの横に

出掛けてみたら
結構たくさんのホタルがいました。

此所は周りに明かり少なくて
なかなか風情があります。

梅雨時の晴れた宵の風物詩です。

こちら方面にお出掛けの
折りには覗いてみて下さい。


shojoann at 04:17|この記事のURL

2013年06月02日

バンコクを経て

ab670b9d.jpg
7a47a47d.jpg
bc7f7179.jpg
ラオスのルアンパバーンから
プロペラ機に乗り
2時間でバンコクにやって来ました。


バンコクは松本は30回くらいに
なりますでしょうか、

今回一緒の方々にも馴染みの街です。

何時のホテルに泊まって
何時ものレストランに行き、
そして何時もの店で
買い物三昧の滞在です。


バンコクでの滞在日数は
各自の都合で出来る限り
ゆっくりです。

松本はバンコクで2泊して
皆さんより一足お先に
1人で今朝戻って参りました。

バンコクからのフライトは
機材変更で
ボーイング747ダッシュ400でした。

ジャンボと呼ばれて
大量輸送を担って世界の空を
飛び周ってきましたが
燃費が悪いので

日本航空はすべてのジャンボ機を
手放してしまい、
いずれ消え行く運命にある老兵です。

そう思うと何故か懐かしく愛しい。

そして久々のアッパーデッキでした。

バンコクからの帰りは
5時間30分の飛行で
あっという間に大阪です。


タイ国際航空のルートマップを見ると、
バンコクからミャンマーの
マンダレーへのルートがあるようです。

次にはマンダレーに
行きたいなぁー等と
早くも次の旅に思いを馳せています。

有難い事に明日も
沢山のご予約を頂戴しています。

頑張らねば!!


shojoann at 10:38|この記事のURL
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives