2016年10月

2016年10月23日

福島県三春町より

ea9d4246.jpg
6cee063b.jpg
7258a0af.jpg
6d7b802e.jpg
3f17682e.jpg

10月21(金)の朝早くに
中川清さんの真っ赤なベンツで
京都を出発して

名神高速道路と北陸自動車道を通り
新潟中央ジャンクションで
日本海側から太平洋側に
日本列島を横断して

郡山市を経て暗くなった頃に
三春町に到着しました。

今回で3回目になる三春町田園生活館の皆様は
何時も乍に温かく迎え入れて下さり
故郷に戻ってきた嬉しさです。

到着後は田園生活館の
天然温泉風呂に浸かった後に

福聚寺のご住職の玄侑宗久さん
ご夫妻さまがお待ち下さってる
地元産野菜料理中心の

イタリアンレストランに伺って
心温まる美味しいお料理の数々と

宗久ご住職のコレクションの
ヴィンテージシャンパンやお酒と共に
ウェルカムディナーを頂きました。


翌日はお食事会の当日で朝食後から
5人係りで50人分のお料理の準備です。

今回は1カ月前から準備を始めて
出来る限り地元の食材を使って

料理を作りたいので
田園生活館併設の直売所から
野菜や豆腐や卵の食材を

京都に届けて頂いて
1週間をかけて京都で
ある程度の仕込みをしましたが

現地での調理もそれなりの時間を要して
夕方5時半くらいに終了しました。

6時過ぎからは次々に
夕食のお客様がご到着になられて
中には懐かしいお顔もおいでで
嬉しい再会でした。

会に参加の50名の方々は
地元の方々とご遠方からの方々で

1日目は三春町観光とお寺巡りと
数珠作りをされた後に
我々がご用意をした夕食を。


2日目は早朝から福聚寺での座禅会と
僧侶お給事によるお粥の朝食です。

お寺で頂く食事には決まり事があり
宗久ご住職から
ご指南を賜りながら頂きます。

茶事の茶懐石を頂く時の作法は
此処から来ているようです。

今回の募集定員は40名でしたので
招猩庵のお客様方への
お声掛けはご遠慮をさせて頂きましたが

次回に企画がありました折りには
皆様方にご案内させて
頂きたく思っております。

「招猩庵&フェローズ」での
震災復興ボランティア活動は
今回をもちまして完結とさせて頂きますが

三春町とのご縁は
今後も大切にさせて頂きたいと思っております。

多くの皆様より義援金を賜り
有難う御座いました。

この場を借りて福聚寺のご住職ご夫婦さまと
(株)三春町まちづくり公社の
深谷社長さまと田園生活館の方々に
深謝申し上げます。

そして今回ボランティアに同行して頂いた皆様にも
感謝致します。

三春町より松本


shojoann at 11:43|この記事のURL

2016年10月20日

臨時休業で東北復興ボランティア

深まりゆく秋の昨今で
少しずつ紅葉が始まっております。

誠に勝手ながら10月21(金)と
22日(土)は招猩庵は臨時休業させて頂きます。

招猩庵では東北大震災直後に
お客様と一緒に

「招猩庵&フェローズ」を結成して
東北復興ボランティア活動をしております。

活動場所は滝桜で有名な
福島県三春町に於いて

原発被害から避難をされている
葛尾村の方々と
一緒に料理を作って食べる会を
開催して参りました。

今年は三春町にある福聚寺のご住職で
芥川賞作家でもあられる
玄侑宗久さんが

地元や遠方からの方々を対象に
座禅会をされる時の食事を
担当させて頂きます。

今回は招猩庵のお客様の大口キミヨさん、
お客様でありエンジニア時代からの
友人の中川清氏、
スタッフの神社昌弘と

四人で明日から2泊3日の旅程で
車で出掛けて参ります。

暫く勝手を致しますが
宜しくお願い申し上げます。



shojoann at 13:02|この記事のURL

2016年10月17日

ミホミュージアムより

54ebd0e3.jpg
秋晴れの休日にドライブがてら

滋賀県の信楽にある
ミホミュージアムに来ています。

山深い場所故に早々と
紅葉が始まっています。

秋の特別展は
「ムガール皇帝とマハラジャの宝石」で

今回は絶対に見逃す事がないように
早々に訪れました。

大粒のダイヤモンドやエメラルドを使った
装飾品が数多く展示されていて

ムガール皇帝やマハラジャが
隆盛を誇っていた様子が伺えます。

18世紀まではインドが唯一の
ダイヤモンド産出国であったそうです。

世界最大の70カラットのダイヤモンドを含めて
5粒の美しい大粒ダイヤモンドだけの
展示室があって
ため息が出るほどの
見事な品々でその展示室にいるだけで
大きなパワーを貰えそうです。

20世紀初頭の頃に一人のマハラジャが
代々受け継がれてきた
宝石のリメイクの為に
パリの宝飾商のブシュロンを訪れたそうで

その際に持参した宝石は
ダイヤモンド7571個と
エメラルド1432個と
とてつもない数に驚かされます。

別室では乾山展がされていて
素晴らしい作品群です。

会期は12月11日までです。
わざわざご遠方より
お出掛けになられて後悔なしと拝察致します。

余談になりますが
美術館併設のレストランの
温かい蕎麦が絶品です!!

こちらも是非ともお試しください。




shojoann at 00:27|この記事のURL

2016年10月12日

高瀬川の秋の風情

4985b41d.jpg厳しい残暑も過ぎ去り

いつしか秋の風情でございます。

招猩庵前の 高瀬川の中に
昨日フジバカマの鉢植えがドかーんと置かれました。

その数はかなりのモノで圧巻です。

フジバカマは菊科の植物で
万葉集や源氏物語にも詠われる秋の七草。

昼間は沢山の揚羽蝶が飛来して乱舞し
夜は招猩庵からライトアップをしています。

是非ともお出かけ下さい。

なお開催期間は不明です。


shojoann at 13:48|この記事のURL

2016年10月08日

久々の贅沢ランチ

f0c104ab.jpg
今日は久しぶりにランチを外食です。

中華料理好きの松本のお気に入りは
招猩庵近くの「桂心」です。

夏場は胡麻ダレ味の海鮮レーメンと
本場仕込みの麻婆豆腐を頂いていましたが

涼しくなってきたので
今日は奮発してフカヒレ姿煮のランチを頂いてます。

大きな土鍋にフカヒレが
ドかーんと1枚入っています。

土日と祝日限定のランチメニューです。

お献立は前菜と蒸籠点心と
フカヒレ姿煮と選べる
ご飯とデザートがセットになって3800円は
超満足の内容です。

桂心のマダムのヨシエさんの許可を得て
電話番号を掲載しておきます

中国料理「桂心」0752317878。

お出掛けの折りには
招猩庵の松本からの
インフォメーションとお伝え下さい。


shojoann at 12:13|この記事のURL

2016年10月07日

国際観光都市・京都の現状

10月に入り行楽シーズン到来。

いつしか京都は年間を通して
海外からの観光客が沢山訪れて
新幹線の京都駅は外国の駅かと思うような有り様です。

招猩庵にも毎日のように
海外からのお客様が来られます。

今週の月曜日に東京から戻った際に
新幹線京都駅のタクシー乗り場に
向かいましたが

今までは新幹線中央改札口を出たところに
あったタクシー乗り場が
ずっと遠くになってしまっています。


大きな荷物を抱えた海外からの
旅行客の事を考えると
新幹線から降りた直近の場所で

タクシーに乗り込むのが便利なのに
何故にわざわざ一番遠い場所に
移動をさせたのか?

タクシーの運転手に状況を聞いてみたら
一日300件ものクレームがあるそうです。

四条通りの片側一車線化や
京都の玄関口の京都駅タクシー乗り場の利便性や

外国からの旅行客を対応できる
インフォメーションが無い等々と

増え続けている海外からの
観光客を迎え入れる体制を整えない
京都の行政は一体
何を考えているのか悲しくなります。

京都観光をされる際に
不自由に思われた場所は
皆さまのお声を是非とも
京都市役所にお届け下さい。



shojoann at 16:37|この記事のURL

2016年10月06日

秋らしくなりました

29c591b8.jpg
今年は台風の多い年になり
気象変化の顕れなのか

これまでに辿らなかった
経路を進み各地に
大きな被害をもたらしています。

今日の京都は台風一過で
爽やかな秋の訪れでございます。

台風前の数日は
夏のような日々が続いてましたが
我が家の庭の紫式部は

美しく色付き始めたり
蝦夷萩も白い花を咲かせて
既に秋の風情でございます。

奥能登からは松茸の第一報が
届いたので

今週末には香り高い能登松茸を
招猩庵でお召し上がり頂けるかと思っております。

奥能登からの松茸は
お客様のご予約に合わせて
里山から収穫をして採れた翌日に
お召し上がり頂くようにしております。

新鮮な松茸のみずみずしさと
香りを楽しむのは何と言っても
炭火焼きが最高のお楽しみ方でございます。

松茸をご所望下さる場合は
ご予約の折りにお申し付けくださいますよう
お願い致します。

松本


shojoann at 11:41|この記事のURL
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数

Archives