2018年02月13日

台湾との相互地震支援

私が台湾への出発直前にブログに書き込んだ事で皆さまには多大なご心配をお掛けしてしまいました。今回の台湾の地震は我々が台湾中部のリゾート地に滞在中にも予震が二回ありましたがこんなに大惨事になるとは考えていませんでした。日本と台湾とは過去の震災の際には互いに援助を提供し合い日本からは最新鋭の探査機器を駆使して救援をした事が台湾の人々から大きな感謝を受けたようで日本人救援隊が台湾を去る時には大勢の人々が涙ながらにバスを見送りってくれ空港では普段は無表情な出入国管理官までも総起立して感謝の意を示して見送ってくれたそうです。そんな事があってか東北大震災の時には台湾の民間人から220億円の義援金を贈って下さり赤ちゃんも含めて台湾国民1人当たり1700円ほどになったそうです。一方では中国本土のスポークスマンは東北大震災への義援金は台湾も含めると我々は世界一の義援金を日本に贈ったと言い台湾国民の気甲斐性までも中国の甲斐性に利用したりひとつの中国を世界にアピールして政治利用する姿勢は如何なるモノでしょうね?更には
中国四川省の震災の時に海外から届いた義援金をネコババして逮捕された政府関係者が200人以上もあったそうで義援金を出す台湾人と義援金を着服する中国人の人間の資質の違いがクローズアップされました。
招猩庵でも義援金を受付けをして台湾にお届けしたいと存じます。お預かりした義援金は招猩庵のお客様で台湾人の方を通じて直接に台湾にお届けさせて頂きたいと考えております。又は松本が台湾を訪れて花蓮市役所に訪れてもよいかとも考えております。義援金は招猩庵に設置した義援金箱にお入れ頂くか或いはお振込みや現金書留でも承ります。期限は3月15日迄とさせて頂きます。皆さまのご協力をお願い申し上げます。


shojoann at 02:49
店主よりご挨拶
招猩庵・店主
まつもとでございます。

京都・高瀬川で
料理屋やってます。
どうぞ、おこしやす。




招猩庵(しょうじょうあん)

〒604-0924 京都府
京都市中京区
二条木屋町下がる
一之船入町 537−7
逍遥遊内 招猩庵

電話 075−221−3037

携帯電話メールアドレス
sjsj623tm@docomo.ne.jp

メールは迷惑メール防止の為
パソコンアドレスを
拒否しています。


ご迷惑をおかけしますが、
携帯メールからお願いします。






訪問者数

Archives