注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

大阪・京都の新築一戸建て・注文住宅・建て替え・不動産購入なら匠建枚方

・理想の新築条件をお知らせ下さい。無料で土地・分譲地をご案内致します
  その土地に、注文住宅の間取りを当てはめ、総予算を送付=>ご検討=>契約
・古家の建て替え、リフォームは大阪・京都で注文住宅実績上位の工務店へ

住宅はクレーム産業!バッグや洋服は専門店やブランドで購入するのに、なぜマイホームだけは、建築の専門店であまり買わないのだろう?


大阪の注文住宅(建て替え) U様邸のご紹介
角地に建つ切妻屋根の可愛いお家

今回のU様邸は・・・
U様邸の外構工事についてご紹介いたします。プランお打ち合わせ当初から気にされていたのが、玄関から続くアプローチ階段のこと。イメージパースを見ながらお打ち合わせを重ね、アイボリーを貴重とした素敵な外観&外構に仕上がりました♪


建て替えに至った流れ
新築前のマイホームは築35年の一戸建て。換気状態が悪く傷みが目立つようになっていたそうです。ことに玄関や洗面所の床がたわみ対応にせまられる状態。そのような理由から建て替えを視野に情報を集められていたところ、弊社の現場に立っている、チラシ広告専用ポストの資料をご覧になり建て替え資料を請求して下さいました。

その後は、建築中の現場を案内しながら、弊社自慢の基礎と本体構造、快適な住空間を実現できる断熱材やサッシにまつわる詳細な情報をお伝えしました。また、お家の建替えですので近所にお友人や知人も多いと思われます。ご挨拶まわりなど近隣への配慮もかかせません。ご近所への気配り、さらに、これまで実績をあげてきた現場監理をお伝えし安心していただきました。

 

設計のポイント
先日上棟したU様邸は、有効宅地22.5坪の建替え工事。
限られた敷地の中で、無理なくゆったりとしたアプローチを計画しつつ、ご家族のご要望を叶えるべくプランのお打ち合わせを重ねてきました。

ご要望として挙がった項目は、「客間として&ゆくゆくはお母様のお部屋として、独立した4.5帖の和室」「洗面室にたっぷりの収納スペース+室内干しスペースを確保」「ダイニングテーブルとソファの配置に考慮したコンパクトなLDK」「2階に3室のお部屋と、しっかり収納計画されたクローゼット」etc…

ご契約前の段階からしっかりプランのイメージをされていたので、本設計に入ってからは、敷地条件にそれをどう当てはめていくかをじっくり検討。バルコニーをどう計画するか、室外機はどこに置くかなど綿密にお打合せさせていただきました。

セミクローズドキッチンの横に、できたお料理・食器を置けるプチカウンター、ダイニングテーブル横の小物収納ニッチスペース、玄関ホールの明るさを確保するための室内窓「マドモ」&採風を確保するための「採風デザイン玄関ドア」、家具配置の変化にも対応できるコンセント計画など、細かな工夫が光るお家です。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方市の建て替え U様邸のご紹介

地鎮祭和室

左が「U様邸の地鎮祭~上棟|建て替え|洗面室にたっぷりの収納スペース」に、右は「和室に戸袋引戸と室内窓マドモでスッキリした明るい和室に」へ移動します。

リビング洋室

左が「キッチンにふかし壁を作ってカウンター 造作の電話置き台」に、右は「クローゼットを配置して窓を設置できない場合は室内窓で対処」へ移動します。

外観白地の背景

角地に建つ切妻屋根の可愛いお家 テラスの屋根はレボリューA」へ移動します。


角地に建つ切妻屋根の可愛いお家

外観の色はアイボリーと、ベージュに近い茶色。外壁材のパワーボードは「古レンガE」と「フラットパネル」を組みあわさせて使用しています。
外観の色はアイボリーと、ベージュに近い茶色。外壁材のパワーボードは「古レンガE」と「フラットパネル」を組みあわせて使用しています。「古レンガ」などのレリーフ柄は、表面に巧みに表現された溝、欠け、凹凸や丸みが、石造りや砂岩造りの印象を醸し出します。

屋根の形状は、4パターン検討した中から、現在の切妻スタイルを選ばれました。高低差のある敷地ですので、アプローチ階段は必須そのスペースを確保しながらの建物形状設定のため、凹凸のあるファサードになりますが、その形状を生かした可愛い外観に仕上がったのではないでしょうか

玄関ドアの前には、コンクリートブロックを積んで左官+ベルアート塗装仕上げの壁を計画
「玄関前は、ドアを開けて丸見えになるのはNG」とのことで、玄関ドアの前には、コンクリートブロックを積んで左官+ベルアート塗装仕上げの壁を計画 外壁のパワーボードの色合いにあわせた「AC-1046」という色品番です。

「圧迫感をなくすために」と設けた150mm角の装飾開口
「圧迫感をなくすために」と設けた150mm角の装飾開口 お引越し後に伺った際には、こんな風に可愛く飾りつけされていました

シーサーにもオスとメスがいて、口を大きく開けているのが男の子
この子は男の子ですね シーサーにもオスとメスがいて、口を大きく開けているのが男の子(言うべき事を言う。魔物を捕まえ悪霊退散する)口を閉じているのが女の子(慎ましやかに。今ある幸せを逃がさない)だそうですよ

門柱は、三協アルミの機能門柱「マイリッシュM1型・CM(チョコメイプル)色」玄関ドアに合わせたコーディネートをされました
さて、お家のご紹介に戻りまして アプローチ部分のご紹介

階段と玄関ポーチはLIXILの「ライムアレーナ」という商品を選定!アイボリーの外観に合う、淡いピンク色(LN-12)を選ばれました。階段には、将来のことも考えて、壁付手摺を設けました

内側から見ても、少し開口があるだけで違った印象に感じますね。プランを練るときも気になっていたのが、玄関廻りがどう仕上がるか…現地も確認しつつ、イメージパースを見ながら 少しでも広く感じるように、どういうアイデアがあるか思案を重ねました。この開口も、外観パースを見ながら決めていったことのひとつです

階段の一段目の広いステップと、ガレージ一部は「アイランド・ランダムクオーツ」という乱形石を取り入れました 門柱は、三協アルミの機能門柱「マイリッシュM1型・CM(チョコメイプル)色」玄関ドアに合わせたコーディネートをされました コンパクトに納めたかったので、前入れ横出しのポストを選んだのもポイントです!

テラス屋根(バルコニーの屋根)はレボリューA

屋根もバルコニー以上にせり出して広く使いたいため、後付けの「テラス屋根、三協アルミのテラス、レボリューA」を設置されました
こちらのバルコニーと屋根も、色々と試行錯誤を重ねて決まりました 構造的に、下階(ガレージ部分)に柱を立てずにとれるバルコニーの奥行きが1100mm程度。また屋根もバルコニー以上にせり出して広く使いたいため、後付けの「テラス屋根」を設置されました

バルコニーの屋根は、三協アルミのテラス、「レボリューA」。サッシと同じ色目の柱に、「かすみ」というスリガラス状になった屋根材を選ばれました。
バルコニーの屋根は、三協アルミのテラス、「レボリューA」。サッシと色目を合わせたアーバングレー(UC)色の柱に、「かすみ」というスリガラス状になった屋根材を選ばれました。
これで、雨の日もふき込みを気にせずに洗濯物が干せますね また、バルコニー自体は1階リビング、掃き出し窓の庇の庇の役目も担っています


WEB内覧会ブログ(外観・外構)- 角地に建つ切妻屋根の可愛いお家 テラスの屋根はレボリューA  written by 設計室 原戸



大阪 注文建築で建て替え T様邸のご紹介
玄関

今回のT様邸は・・・
天井の高さまである玄関収納。ミラー付の扉は「パナソニックのベリティス(ウォルナットカラー)を採用されました。玄関には、外で使う工具などを便利に収納できる土間収納も配置。16帖のLDKと奥様のご要望の和室は続き間。清潔でクールな水廻りもご紹介させて頂きます。


建て替えに至る流れ
時代が移り進む過程において、日本の住宅は、家族構成の変化や、省エネ・耐震強化に対応させるべく、いくつかの変遷をたどってきました。

T様の場合も、お子様が独立され家族構成が変わり間取りが使いにくくなったことや、断熱などの省エネ技術が現在ほどは対応できていなかったこと、耐震にもやや不安があったことなどの理由により、築20数年のお家を建て替えられることになりました。

設計のポイント

T様邸の用途地域は、閑静な住宅地域に指定される第一種低層住居専用地域。建築基準法の規制にあたる、斜線制限や面積制限が最も厳しい地域になります。お互いの住宅環境を守るため、自由に家を建てることが難しい地域です。

「1階にLDKをできる限り広くとり、和室を続き間で」「ホールから洗面とトイレに行けるように」「玄関にはシューズクローゼット」「2階は独立した洋室を3部屋」「ファミリークロークを2帖以上」「・・・」がご要望でした。

法規制を順守しながら可能な限り広く使える間取りをご提案いたしました。対策は、ホールなどの共用スペースをなるべく少なくし、お部屋を有効に利用できるように考案。動線を空間に取り込むリビング階段もその一つです。

奥様への配慮として、キッチンからの動線を優先した洗面室に、洗面室内の造作可動棚、ダイニング付近の収納など、家事の負担をできる限り緩和する空間構成をプランニングさせていただきました。

ヒアリングでは「ガレージに外部の物置を置く予定」とのことでしたが、規制が厳しい地域ですので、物置を設置するスペースを確保すると建蔽率(けんぺいりつ)がオーバー。代替案として玄関からの土間収納をご提案しています。


今回は上棟までをご紹介

今回のブログは、T様邸の「旧家屋の解体、基礎工事、上棟、棟梁とのお顔合わせ」を順を追ってご紹介させていただきます。 



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅
住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 T様邸のご紹介

上棟の記念撮影外観

左が「T様邸の基礎工事から上棟まで 床下の防湿は建物の耐久性に影響」に、右は「シンプルモダンの外観 屋根はコロニアル遮熱グラッサでクールに」へ移動します。

シューズクローゼット白地の背景

玄関に土間収納と天井の高さまであるシューズクローゼット」へ移動します。


天井の高さまであるシューズクローゼット

天井の高さまであるシューズクローゼット。扉はミラー付き。パナソニックのベリティス(ウォルナットカラー)。
玄関を入ると、右側に天井の高さまであるシューズクローゼット

玄関収納(下駄箱)の場合、ミラー付タイプもありますが、造作で仕上げるシューズクローゼットの扉は、寝室等に設けるクローゼットの扉と同じで、ふつはミラーがついていません

ただ、一部メーカーによっては、ミラー付の扉を取り扱っています。そこで今回は、「パナソニックのベリティス(ウォルナットカラー)を採用されました。靴を履いた状態で、服装や髪の乱れをチェックができるので便利

シューズクローゼットやシューズクロークは、プランとしてとても人気があります。玄関先にミラーを考えらている方は、「取り付ける場所はチェックポイント」ですよ。

玄関横に便利な土間収納

玄関に土間収納
玄関に土間収納

工具等を置く、玄関から土間続きのこの収納は約2帖。
プランニングの時、ご主人と設計士との会話。「外に物置を置きたいんやけどな~どのスペースに置こかな」「どんなモノを収納されるのでしょうか」「工具とか外で使うものが結構あってね」「玄関を入った横に、土間収納をお作りすることもできますよ」「それいいな~ぜひお願いするわ

ということで、玄関から土間続きのこの収納は約2帖。「汚れが目立たないように」「かっこいいスペースに」とコンクリート打ちっ放しデザインの壁紙(サンゲツのリザーブ/RE-2614)をセレクトされました

通気のために設けた「横すべり出し窓」からは、明るい光が差し込みます。上部空間もムダにしないように「L字型の棚を設置」。とても喜んでいただきました

玄関にニッチをご提案。
玄関にニッチをご提案。
2段にすることで、下段は実用的な小物などを置く棚として、上段は、雑貨やフォトなどを飾るコーナーとしてお使いいただけます。ニッチ内のクロスだけをアクセントクロスにすると、素敵なファブリックパネルのようですね

トイレにモノトーンのレンガ調クロス

トイレは、モノトーンのレンガ調クロスを腰の高さまで貼ったツートンのデザイン。
ホールからアクセスできるトイレ
モノトーンのレンガ調クロスを腰の高さまで貼ったツートンのデザイン。「渋い」。便器と手洗いはリクシルのベーシアハーモJタイプ。100年クリーンでおなじみのアクアセラミック仕様です。


対面式キッチンのある16帖のLDK

約16帖のLDK。キッチンは対面型
リビングへ入ってみましょう。

約16帖のLDK。キッチンは対面型「ここにもレンガ調のクロスをどこかに使いたいな」とのご希望でした。それで「キッチンの壁面ニッチ内」にご提案させていただいたところ、T様が「壁面の窓と窓の間にも入れたらどうやろ~。時計とか飾りたいしな~」。ホッとする優しい色調のリビングに仕上りました。(※カーテンは撮影用です)

リビングと続き間の和室は4.5帖。
リビングと続き間の和室は4.5帖。「和室がほしい」とおっしゃっていた奥様。プランをご覧いただいたときに、しっかり4.5帖の広さが確保できていたので、満足していただきました

階段はリビング内にもうけることにより、ホールや廊下のスペースを減らすことができます。
階段はリビング内にもうけることにより、ホールや廊下のスペースを減らすことができます。その分、部屋を広くとることができ、床面積を有効利用できるんですね。これがリビング階段の利点

一方、リビング階段でお客様が心配されるのが冷暖房の効率。そこで
特に冬場に大活躍のロールスクリーンをリビング階段の昇り口に設置
特に冬場に大活躍のロールスクリーンをリビング階段の昇り口に設置 左右、隙間が少しは空きますが、温かい空気が2階に上がるのをシャットアウトしてくれます。カラー付のロールスクリーンにしてコーディネートするのも素敵ですね

玄関からも出入りできる和室

和室は、来客時にも対応できるよう玄関ホールから出入りできるように計画しました
続いて和室へ。
来客時にも対応できるよう玄関ホールから出入りできるように計画しました

続き間の、2枚引き戸を閉めると個室に早変わり
続き間の、2枚引き戸を閉めると個室に早変わり 畳は、「ダイケン縁なし半帖畳(清流/銀鼠色と灰桜色のツートーン」)」。グッと落ち着きのあるモダンな和室になっています。扉はリクシル。クリエモカ色。収納はリビング階段の下を利用しています

ダイニング脇のデッドスペースに配置した収納
ダイニング脇のデッドスペースに配置した収納 片開きの扉を開けると、内部には可動する収納棚をもうけています。キッチンの近くにもなりますので、パントリー収納としても使うことができます

清潔な洗面室とクールな浴室

洗面台は「リクシルのMV(扉はディープグレー)」。LEDの照明がとてもシャープな三面鏡洗面台です。洗濯機台はキャスター付き。
洗面室は、キッチンで家事をしながら洗濯ができる動線を確保しています

洗面台は「リクシルのMV(扉はディープグレー)」。LEDの照明がとてもシャープな三面鏡洗面台です。洗濯機台はキャスター付き。洗濯機をキャスターで移動できますので、洗濯機下のお掃除も楽々。

洗面室には、リネン庫として棚を設置。洗面室の雰囲気にあわせ、ホワイトの可動式棚にしています。
洗面室には、リネン庫として棚を設置。洗面室の雰囲気にあわせ、ホワイトの可動式棚にしています。
一番下の床上スペースには洗濯物カゴを。その上の棚には、下着やタオルの量にあわせ、好みの高さに調整して収納。清潔な洗面室になりました

クールな浴室は、上質の空間で、毎日の疲れを癒してくれるバスルーム。商品名は「リクシルのアライズ(1618タイプ)」。1616タイプの大きさより200mm広いだけで、こんなにワイドに感じます
クールな浴室は、上質の空間で、毎日の疲れを癒してくれるバスルーム。商品名は「リクシルのアライズ - Arise(1618タイプ)」。1616タイプの大きさより200mm広いだけで、こんなにワイドに感じます 

浴槽は、パールのようにキラキラ艶やかで汚れもつきにくい「人造大理石浴槽のクレリアパール(色はゴールドブラウン)」。アクセントパネルは鏡面仕上げのテオブロストーン/HN491。

キレイサーモフロアは、汚れの原因となる皮脂汚れ(油分)が落としやすい特殊な表面処理加工と、スポンジが溝の奥まで届く床面状により、浴室の床掃除の手間を減らします。さらに独自の断熱層の構造により、足裏から奪われる熱を最小限に抑えます。汚れが落としやすく、冬でも冷たさを感じにくい、清掃性と快適性にこだわった床です。


スマイルカーブ・・・Ariseは、シャワーの使いやすさにこだわりました。スライドバー、カウンターの曲線で繋ぐ、快適で楽しいシャワー空間をデザインしました。


まる洗いカウンター・・・カウンターはまるごと壁から外せるので裏もピカピカに。洗いにくい壁や床もラクな姿勢で洗えます。


WEB内覧会ブログ(玄関収納)- 玄関に土間収納と天井の高さまであるシューズクローゼット  written by 設計室 廣田



大阪の注文住宅(建て替え) M様邸のご紹介
思い入れのある和モダンの上棟

今回のM様邸は・・・
M様邸の解体から上棟までをご紹介。弊社で採用している、基礎工事の工法、給排水工事についてなども、施工のお写真と合わせてお伝えします。

長尾西町のモデルハウスの要素を取り入れつつ、M様のご要望をたくさん詰め込んだ注文住宅、現在はクロスの打ち合わせ中で、M様もクロスの見本帳を眺めながら色々と試行錯誤されております。工事も着々と進み、早く完成しないかと私達も楽しみにしております。


ご契約までの経緯
2014年の12月に、当時公開していた「枚方市長尾西町のモデルハウス」を見学され、デザインや間取りをたいへん気に入って頂きました。お話しをお伺いすると、建物の老朽化と耐震面で不安があるので、時期が来れば建て替えたいとのこと。今年、2017年1月に再度ご相談をうけ、建て替え前にはなかったガレージスペースをもうけ、思い入れのある「スタイリッシュ和モダン」の注文住宅を新築されることになりました。


M様邸の設計について
M様邸の敷地は、道路との高低差が1m以上あります。建て替え前の擁壁を利用する案もありましたが、それを取り壊して、より安定感のある深基礎に造りかえることに。

建物の方は、以前ご見学いただいた、和モダンのモデルハウスをすごく気に入って下さいましたので、そのモデルハウスの要素を取り入れながらプランを進めました。以下がプランのおもな内容です。3帖の小上がりの畳コーナーには、化粧柱の造作と床の間を設け、下には収納。LDKには収納たっぷりのカップボードとゆったりとくつろげるダイニングテーブルをご提案。

洗面にはガス衣類乾燥機の乾太くんと収納スペースを確保。2階は家族で共有できるファミリークローク、ご主人の趣味スペースとしてロフトを取り入れました。バルコニーは、明るく開放的かつブラインドにレインボースクリーンをご提案。外観にインパクトを持たせ、建物のアクセントにしています。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 M様邸のご紹介

上棟白地の背景

M様邸の建て替え|思い入れのある和モダンの上棟」へ移動します。


旧M様邸の解体工事

、家の解体から工事がスタート
M様邸は、家の解体から工事がスタート M様がオーダーされた注文住宅への期待とワクワク感がいつも打合せで感じられます 毎回、楽しい打合せありがとうございます 建物の解体が終わればいよいよM様の新築工事が始まります。
 

M様邸の基礎工事

初めに建物の外周部に沿って土を掘る作業から始まります。
M様邸の基礎着工当日初めに建物の外周部に沿って土を掘る作業から始まります。これは掘り方と呼ばれる工事で、基礎を作るために地盤を掘削する作業のことをいいます

高さを測りながら丁寧に建物の形を地面に型取っていきます。M様邸の道路側に面している部分は、【深基礎】と呼ばれるもので、名前の通り実際の基礎よりも深い基礎になっています

 捨てコンクリート
基礎工事は、掘方→捨てコンクリート→鉄筋組み(配筋)→配筋検査→型枠組み→ベースコンクリート打設→立上がり型枠組み→アンカーボルト設置→立上がりコンクリート打設→養生→型枠解体という流れになっています

この「捨てコンクリート」には大きな役割が2つあります。1つは【墨出し】ですこの【墨出し】を行うことで、基礎コンクリートの型枠を組む際にライン出しの作業がスムーズになります。2つ目は、コンクリートの適正な「かぶり厚さ」を確保できることです 適正なかぶり厚さを確保することは、建物が沈みこまないといった不同沈下に対しても有効です。

鉄筋は決められたピッチで組んでいきます。きれいに鉄筋が組み上がっていますね。
鉄筋は決められたピッチで組んでいきます。きれいに鉄筋が組み上がっていますね。

鉄筋を組み終わると、第三者機関の基礎の配筋検査を受けます。等間隔に施工した配筋のピッチやかぶり厚さ、立ち上がり開口部の補強筋の長さなど、設計図書に基づき検査がおこなわれます。検査が合格したあとは、基礎のベースコンクリートを打設します。

ベースコンクリート打設が終了しました
ベースコンクリートの打設が終了しました ベースコンクリート打設後は、型枠を組んで、立ち上がりのコンクリートも打設していきます。養生期間を経て基礎が完成すれば、いよいよ大工さんの工事に取り掛かっていきます

M様邸の上棟工事

 基礎の上に土台が敷かれ、束は、お住まい頂いてからでも調整可能な鋼製束(城東テクノ社製)で支えています。
土台敷当日。材木をきざむ前には、弊社で、棟梁、プレカット業者さん、監督、設計士とで、綿密な打ち合わせを行っています

基礎の上に土台が敷かれ、束は、お住まい頂いてからでも調整可能な鋼製束(城東テクノ社製)で支えています。背面にピンクとブルーのホースが見えてますが、給排水の管です。ピンクは給湯用、ブルーは給水用です。弊社の給水給湯工事はさや管ヘッダー工法を採用しています

白い綿のような物が全面に敷き詰められています。これはアクリアUボードピンレスと呼ばれる床の高性能断熱材です
白い綿のような物が全面に敷き詰められています。これはアクリアUボードピンレスと呼ばれる床の高性能断熱材ですこの断熱材施工後に床合板を貼っていきます

M様邸の棟梁は高橋棟梁
M様邸の棟梁は高橋棟梁 高橋棟梁は働き盛りの、第一線で活躍されている大工さんです この画像は床合板をビス(釘)で固定しているところ。真剣な眼差しが仕事への熱意を感じられますね

床合板を全面張り終えました。
床合板を全面張り終えました。これで上等前の下準備は完了です すごくキレイに仕上がっていますね 予断ではありますが、写真の左奥に見えます凹みの部分はお風呂の位置になります。
 
上棟日当日。天候にも恵まれ、絶好の上棟日和となりました
上棟日当日。天候にも恵まれ、絶好の上棟日和となりました 高橋棟梁を中心に着々と作業が進んでいます

棟梁と木材業者さんと、弊社の工事監督と事前に打ち合わせして木材の加工をしているため、上棟では今までお打合せしてきたことが、1日で立体に仕上がっていく感動の瞬間に立ち会うことができます

2階の床まで組みあがりました。ちょうど2階の寝室の床板を敷いているところですね。
2階の床まで組みあがりました。ちょうど2階の寝室の床板を敷いているところですね。1階の作業と同じように床を組んだ後は、柱→梁の順に組み上げていきます。上棟前の事前打合せにより、作業工程も予定通り進められています

最後に屋根を組んでいきます
2階部分も終了し、最後に屋根を組んでいきます小屋梁垂木の施工を終えると、あとは垂木の上に野地板を施工して建物の躯体は完成です

屋根を組み始めると建物の全景が見えてきます。建物の全景が見えてくる瞬間は、何度見ても感動します

こちらがロフト部分になります。ロフトの開口部は1m以上確保し、天井高も1m40cm確保できるスペースを設けました
こちらがロフト部分になります。ロフトの開口部は1m以上確保し、天井高も1m40cm確保できるスペースを設けました 広さも4帖確保し、ゆったりくつろげる空間をご提案しました

垂木の上に野地板を施工
M様の屋根形状は段違いの片流れ屋根になっております
垂木の上に野地板を施工 屋根形状が斜めになっているところの野地板は、それぞれの部分の形に正確にカットされ現場に運ばれます。

大工さんが搬入された資材を現場で加工せずに組み上げていくために、昔にくらえて施工スピードが格段に上がっています M様の屋根形状は段違いの片流れ屋根になっております

アスファルト防水シートを張り合わせます
野地板が綺麗に張り終えたら、ここからは屋根屋さんにバトンタッチし、アスファルト防水シートを張り合わせますこれで防水対策はバッチリです。

最後に外周部も雨などによる水漏れを防ぐためにブルーシートで覆います。ここまでが1日の上棟流れになります。高橋棟梁、大工仲間のみなさん、新田監督、現場の皆様、お疲れ様でした
 

上棟翌日、M様に現場にお越しいただき、高橋棟梁とのお顔合わせを行いました
M様、上棟おめでとうございます完成がものすごく楽しみですね。これからもよろしくお願い致します


WEB内覧会ブログ(上棟)- M様邸の建て替え|思い入れのある和モダンの上棟  written by 設計室 森井


大阪 分譲地に注文住宅 I様邸のご紹介
外観スタイルはシンプルモダン

今回のI様邸は・・・
シックでカッコイイ外観ファサードのI様邸をご紹介。外観はカッコイイ系で仕上がっているのですが、外構工事で少し可愛さをプラスして♪細部にまでこだわり、お家に帰ってくるたび「あ。ここ好き!」と、毎日が少し楽しくなるような、そんな外観&外構に仕上がりました。


設計のポイント
分譲地に建築されるI様邸ですが、建てるお家はフルオーダーの注文住宅。19.5帖のLDKと、続き間の4.5帖和室がある広々とした間取りの1階には、2.5帖分の吹抜けも設けています。リビング階段と吹抜けの位置関係は最後まで悩んでいましたが、立地条件を最大限に生かした明るいお家になったのではないでしょうか。

建物の西側は、現在分譲地内の一区画の専用通路となっていますので、建物が建つことはありません。そちら方向からの明るさを取り込めるようにと、LDKと吹抜けは西側に。階段や水廻りなどのスペースは東側に計画しています。

1階の平面プランのポイントとしては「リビング階段で家族のコミュニケーションを図れるようにそれでいて、テレビの前を横切らない間取り」「シューズクロークウォークインパントリー、洗面専用でも収納棚と収納充実のプランニング」「和室は続き間で、リビングと一体的に使えるように」「2本の見せ梁がある吹抜け空間」などがございます。

2階は、8帖の寝室と5帖少しの子供室が2室、バルコニーとトイレという間取り。日当たりの良い南西側に、屋根のあるインナーバルコニーを配置し、廊下から直接出入りできるよう計画しました。


バスケのイケメン

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 I様邸のご紹介

地鎮祭りにてご家族の記念撮影吹き抜け

左が「I様邸の上棟|地鎮祭の地鎮の儀・基礎工事・棟上げ」に、右はI様邸のお披露目会|心地よい光が降り注ぐ吹き抜けのリビング」へ移動します。

トイレ吹き抜け

左が「モザイクタイルをワンポイントに コスミオンとシエルグラス」に、右は「2本の見せ梁でデザインした吹き抜け 便利な1帖のパントリー」へ移動します。

洗面寝室

左が「洗面台の横に造作ニッチ キッチンと水廻りをまとめるメリット」に、右は「寝室に幅2700mmのクローゼットと900mmの収納棚」へ移動します。

外観白地の背景

3つの箱を組み合わせたシンプルモダン 門灯にレトロランプ」へ移動します。


3つの箱を組み合わせたシンプルモダンの家

3つの箱を組み合わせたシンプルモダンの家
3つの箱を組み合わせたシンプルモダンの家

外壁は、タテライン50とジーファスチェック75、フラットパネルの3つのパワーボードを使い分けています。色は茶色系と悩まれて…こげ茶をぐっとトーンダウンした黒に近い色を選ばれました。5区画の分譲地ですので、他と調和を取りつつ、でも他と同じはイヤ 外観デザインとカラーは色々と悩みましたよね 悩んだ甲斐あって、素敵な感じに仕上がりました

境界の内側にコンクリートブロック塀を建ててベルアート塗装仕上げ、目隠しと門柱の役割を担いました
まず玄関ドアやアプローチ通路は、お家の右側に計画。境界の内側にコンクリートブロック塀を建ててベルアート塗装仕上げ、目隠しと門柱の役割を担いました

目隠しの壁には四角い開口部を設置可愛いアクセントに
玄関ドアはジエスタのB21型(今は“P16型”と名称が変わっています)。
玄関ドアはジエスタのB21型(今は“P16型”と名称が変わっています)。
クリエモカ色に、取っ手はS型取っ手のブラックを選択。シルバーとブラックの2色があるのですが、玄関ドアの色とI様邸の外壁にとても合っていますねカザス」というエントリーシステムを採用しているので、普段使わない鍵穴を隠したスッキリしたフォルムのS型取っ手はおススメです

CAZAS+(カザスプラス)
駅の改札は、カードやケータイでピッと通れる。
そんならくらくなスタイルをわが家の玄関に!

スイッチひとつで簡単にオートロックモードに設定可能。帰宅時のうっかり閉め忘れを防止します。ただし、家から外に出るとき(手動で開錠)にはオートロックになりません。ゴミ出しなどの際外へ出ても、閉め出される心配はありません。

カード紛失時も、お手元にあるすべてのカードを再登録すれば、紛失したカードが無効化。従来のカギのようにシリンダーごと交換する必要はありません。

三協アルミのカーポート(カムフィエース)とサイクルポート(カムフィエース ミニタイプ)を設置しました。
三協アルミのカーポートカムフィエース)とサイクルポート(カムフィエース ミニタイプ)を設置しました。柱はサッシと同じ、ホワイト色。屋根はポリカーボネ-ト板のかすみです明るい印象で汚れも目立ちにくい

計画当初からカーポートとサイクルポートのご要望をお伺いしておりましたので、アプローチ階段にも庇になる部分を設けて、雨に濡れずに移動できる計画になっています

アプローチにクレモナプレートとライムアレーナ

アプローチ通路は、ユニソンの乱形石「クレモナプレート」を敷き詰め、縁取りは「ピンコロ石(白御影)」でボーダー状に仕上げました
アプローチ通路は、ユニソンの乱形石クレモナプレート」を敷き詰め、縁取りは「ピンコロ石(白御影)」でボーダー状に仕上げました デザインはとってもキュートですが、奥様の選ばれた色合いのおかげで可愛くなりすぎず、カッコイイ外観と調和の取れた仕上がりになっていますね

階段とポーチには、ライムアレーナLN-13というグレーのタイルを使用。門柱はすこし凹ませてタイル貼りに。アイランドのモザイクストーン、ナチュラル色です
階段とポーチには、ライムアレーナLN-13というグレーのタイルを使用 お写真ではわかりづらいですが、ライムストーン石の落ち着いた表情と質感が魅力的なタイルです。

門柱はすこし凹ませてタイル貼りに アイランドのモザイクストーン、ナチュラル色です マッドな仕上がりと、ミックスしてある色合いがなんともいえない、素朴な可愛さを醸し出していますよね

可愛くなりすぎず のテーマに一役買っているのが、ダークグレーの落ち着いた色合いでまるっこいフォルムのポスト こちらのポストは施主様の支給品です

門灯に美濃クラフトのレトロランプ

門灯は美濃クラフトのレトロランプ(RLS-1) ブラックフレームと赤色のかさがアクセントのブラケット照明です
門灯は美濃クラフトのレトロランプ(RLS-1) ブラックフレームと赤色のかさがアクセントのブラケット照明です

表札もブラックアイアンで調和もとれて、先ほどご紹介したタイルも映える 素敵な門柱に仕上がりました(苗字にモザイクをかけているのが残念)

可愛い&カッコイイの調和が取れた、I様邸のご紹介でした
以上、可愛い&カッコイイの調和が取れた、I様邸のご紹介でした


WEB内覧会ブログ(外観デザイン)- 3つの箱を組み合わせたシンプルモダン 門灯にレトロランプ  written by 設計室 原戸


大阪 土地探しからの注文住宅 S様邸のご紹介
シンプルモダンの外観スタイル

今回のS様邸は・・・
ブルーの空にそびえたつシンプルモダンの外観。眩しいほどのホワイトカラーに、絶妙なバランス感覚のアクセント。行きかう人の視線を集めます。たくさんの想いが凝縮されたS様邸。今回は外観と外まわりをご紹介いたします。

S様邸の土地(宅地)について
「お子様の注意が行き渡りやすい」との理由からマイホームはマンション志向だったS様。思いがけない展開から、弊社が配布した売地のチラシをご覧になり、一戸建てにも興味が沸き起こったようです。そのチラシに記載していた売り土地は、弊社の建築いただいたお施主様から、売却のためにお預かりしていた宅地。S様は土地勘を頼りに、この宅地や周囲の環境を幾度か確認しに行かれたそうです。

その後、弊社のホームページをご覧になり、牧野本町のモデルハウスを見学できるということに気づかれ来場されました。そこでは、S様が「一戸建ての良いところ、利点は何ですか?」と質問され、スタッフが「自分も子供が生まれ手狭になったので、マンションを売却して、一戸建てを新築した」経験談をお伝えしたりしながら、戸建ての利点をさらにご説明したようです。

それからは、急展開した戸建て住宅の建築に興味が傾いてゆき、モデルハウスの見学からほどなく、弊社がお預かりしていた宅地をご契約され、新築注文住宅を建築いただくようになりました。 

設計のポイント

設計のポイントは「安心の子育て住宅」です。
お子様に愛情をそそいでいらっしゃるS様。幼いうちは大人が予測不可能な行動をとるので、それを避けるために、1階を生活の場としたいとのご意見。これが設計の大きなポイントになりました。共用スペースは玄関ホールのみに、あとは、親が子供を見守れるリビングルームを中心とした動線におさめています。

お子様の遊び場をキッチン横につくったのは、忙しい奥様の負担を軽減するように。おもちゃがリビングに乱雑に散らかるのを防ぎ、「リビングの中にも収納を」とのご要望にも添った、キッチンからもお子様の動きがうかがえる、『クローク付きの遊び場』になります。これで安心してお料理が作れますね。

また、玄関から真っ直ぐキッチンに入れる動線と、ダイニングに入れる2方向の生活動線を確保したことで、お買い物の後はすぐにキッチンへ、お客様を招いたときにはダイニング側からリビングへ、使いやすいレイアウトを実現しています。

参考にして頂きたいポイントはいくつかあるのですが、その中でも、造作のカップボードは、隠す収納として、キッチンまわりをスッキリさせたいお客様には需要があると思います。「南海プライウッドのユニモ2の収納ユニット」を収納内部に組み込み、造作カップボードを設計してつくっています。


バスケのイケメン

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 S様邸のご紹介

地鎮祭での記念撮影S様邸の地鎮祭

左が「S様邸の地鎮祭|鍬入れのあと鎮め物を土地に納める鎮物埋納の儀」に、右は「子育て住宅S様邸の地盤改良工事~上棟 厚み150mmの基礎」へ移動します。

お披露目会でお子様がポーズキッチン

左が「S様邸のお披露目会|安心して子育てができる1階の間取り」に、右は「カップボード|ユニモ2の収納ユニットと3枚連動の引き戸のコンビ」へ移動します。

遊び場玄関

左が「収納付の子供の遊び場とエイダイのテレビボード(フロートタイプ)」に、右は「玄関に姿見付きの小物収納ボックス/スリッパ収納ボックス」へ移動します。

バルコニー外観

左が「壁で囲った屋根付きバルコニーはお子様と遊べるプライベート空間」に、「シンプルモダンの外観 車から降りて濡れずに玄関まで移動」へ移動します。


シンプルモダンの外観スタイル 車から降りて濡れずに玄関まで

車から降りたら、濡れずに玄関まで移動したい。ガレージ側にアプローチ階段をもうけ、ポーチの屋根をその上にスッポリかぶせています。これで、家と一体感を形成する、自然なデザインになりました
S様邸のコンセプトは「かっこよすぎず、かわいすぎず。シンプルに」。外観デザインは、2回目の提案で好評価をいただきました

車から降りたら、濡れずに玄関まで移動したい」。これはよくあるご要望ですが、実は難しいプランです。ガレージから屋根をかける必要がありますので、土地の面積や形状、方角、玄関の位置関係、外観のデザイン等がうまく調和しないと無理が生じるからです

S様邸の玄関は正面を向いていますが、ガレージ側にアプローチ階段をもうけ、ポーチの屋根をその上にスッポリかぶせています。屋根の形を統一することにより、家と一体感を形成する、自然なデザインに仕上げています

アプローチの通路はしっかり1000mm幅。階段1段のステップ幅も300㎜ありますので、ゆったり上がっていただけます。
そのアプローチがこちら。
右側の壁は、屋根を支える目的の他に、手すりの役目も果たしています。アプローチの通路はしっかり1000mm幅。階段1段のステップ幅も300㎜とっているのでゆったり上がれます

_ALA7501-HDR (1)
外観は、シンプルモダンスタイル。今度は正面から見てみましょう。

パワーボード。正面のデザインパネルはレリーフの大谷石。ここには白色を塗装。左側のコーナーは、レリーフ木目を縦張りにして、こちらにはダークブラウンを塗装しています

(先ほどご紹介した)アプローチ階段のポーチの屋根は、大屋根の形状にあわせ片流れの屋根でデザイン。屋根を支える正面の壁は、アーチ状に開口をもうけました。

手すり壁は、同じダークブラウンの木目を横張りにしてアクセントに。柔らかな一面をデザインに取り入れてみたところ「お~っ!いいな~」。喜んで頂いたS様ご夫婦の笑顔が思い出されます

サイクルポートはカムフィエース ミニタイプ。表札は美濃クラフトの「キャレスティLED(BX-71)」を建物の外壁に取り付けました。
カーポートとサイクルポート(カムフィエース ミニタイプ)は、外観デザインを損なわない同色のホワイトに

サイクルポートの位置や高さは、S様による指定条件がありました。①木目のアクセントパネルが隠れないこと。②アーチの開口デザインを損なわないこと。③ポストや表札が、うまく壁面におさまること。④宅配ボックのススペースを確保すること。

建築現場で、S様と外構業者さんと打ち合わして頂き、この条件をクリアしているか確認してから工事を進めました


表札は、上に門灯が付いているのが一般的ですが、S様のセレクトされたのは「光る表札」。美濃クラフトの「キャレスティLED(BX-71)」を建物の外壁に取り付けています。※建物の外壁に光る表札を取り付ける場合は、建築中に電気の配線を外壁に仕込む必要があります。決定はお早目に

美濃クラフトの LEDバックライト表札「キャレスティLED(BX-71)」
美濃クラフトの LEDバックライト表札「キャレスティLED(BX-71)」(出典 美濃クラフト)

パナソニックの宅配BOX「コンボ」

最近オーダーが急上昇している「宅配ボックス」。据え付けたのは「パナソニックのCOMBO(コンボ)」。豊富なバリエーションの中から、一番大きなサイズを選ばれました。
最近オーダーが急上昇している「宅配ボックス 据え付けたのは「パナソニックのCOMBO(コンボ)」。豊富なバリエーションの中から、一番大きなサイズを選ばれました

コンボなら、こんなに便利
● 時間指定なしで、受け取れる。
● 配達時間を気にせず、お出かけができる。
● 再配達を依頼する手間がいらない。
● 電気配線工事が不要で、取り付け簡単。
● 押印も可能。1納品につき1回のみの押印でイタズラ防止。

表情豊かな天然石はスクエアストーン

ご提案したのは「天然石」。アイランドの「SquareStone(スクエアストーン)、ナチュラル」で、これは石英岩です。
「ガレージはタイヤ痕が残るのを最小限にしたい」。S様のご要望でした。対策としては、「インターロッキングを貼ったり、カラーコンクリートにしたり」と方法はいくつもあります。

ご提案したのは「天然石」。アイランドの「SquareStone(スクエアストーン)、ナチュラル」で、この石は石英岩です。ガレージの奥行の半分以上と、サイクルポートの部分を全面、贅沢に貼らせていただきました! おかげで、表情ゆたかなアプローチに仕上っています

天然石の豊かな表情が外部空間に彩りを与えます。
SquareStone - スクエアストーン
天然石の豊かな表情が外部空間に彩りを与えます。サイズバリエーションも豊富に揃えておりますので、あらゆるプランに対応できます。((株)アイシン - アイランド Square Stone

カーポートはカムフィエース

カーポートは三協アルミのカムフィエース
カーポート三協アルミのカムフィエース

カーポートの奥にリビングの掃き出し窓があります。部屋へ差し込む光を遮らないように、「屋根はかすみ」をご選択。「こんなにも明るい


WEB内覧会ブログ(外観デザイン)- シンプルモダンの外観 車から降りて濡れずに玄関まで移動  written by 設計室 廣田

このページのトップヘ