注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

2017年03月


大阪 土地紹介からの注文住宅 O様邸のご紹介
和室の照明は四角いダウンライト(スクエアのダウンライト)

O様邸の土地(宅地)について
土地(宅地)は、匠建枚方不動産ネットワークをつうじて弊社が紹介させて頂きました。O様の土地は北西の角地。古家が付いたまま、売り土地として、所有者(売主)が売却に出された物件です。売り出し直後にご紹介させていただき、Oさまが現地(現在のO様邸のマイホーム)に足を運ばれ、周囲の環境や生活環境を熟慮されたうえで、この土地に決められました。
 

隣地の環境について
北西の角地のO様邸。南には2階建て、東には3階建ての建物が、比較的、隣接している土地環境。道路を隔てた北側が大きく開けています。敷地は道路面から700mm上がっている宅地です。

プランニングを始めるにあたって
おもなご要望内容です。「洗濯動線は、2階のバルコニーで干すのではなく、1階にサンルームをもうけて洗濯物を干したい」「洗濯物が乾いたら和室へ取り込み、たたんでクローゼットにしまう流れを」「キッチンからの家事動線はスムーズに」「リビングはできる限り明るく」「収納庫はたくさん」「内装・外装とも和モダンテイストに」「内装にも縦格子」「造作家具やニッチも取り入れたい」「外観に縦格子を取り入れたい」「外観のデザインにスクリーンフェンスを」 「・・・。」

さあ、O様のご希望をどのように取り入れて、プランニング~建築・施工~O様邸の注文住宅の完成していったのでしょうか。O様と匠建枚方の建築士が力をあわせて創りあげた作品を数回に分けてご紹介いたします。
 

今回は和室のご案内

「招堤南のモデルハウス(住宅外観デザインを写真で競い合うフォトコンテスト 第24回ハウジングデザインアワード金賞作品)(和モダンのモデルハウスを紹介したひらつーの記事はこちら)」をO様にご見学いただいたさい、和モダンテイスト内装、外装を気にいって下さり、プランのほうも和モダンを指定されました。

O様邸の和モダンを取りいれた内装のうち、LDKに続いている和室を今回はご紹介いたします。さて、プランニングでは奥様が次の洗濯動線を希望されました。「洗濯動線は、2階のバルコニーで干すのではなく、1階にサンルームをもうけて洗濯物を干したい」「洗濯物が乾いたら和室へ取り込み、たたんでクローゼットにしまうように」。

この和室にはウォークインクローゼットを設置されています。ご家族やお子様の衣類等を効率よく収納するためです。雨の日でも洗濯物が干せるサンルームから、すぐに和室のウォークインクローゼットに衣服をしまうことができます。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 O様邸のご紹介

棟上げの日の外観玄関ホール

左が「O様邸の土地購入、基礎工事~上棟まで ホールダウン金物について」に、右は「和モダンの玄関ホールにミラーは南海プライウッドのミロート」へ移動します。

和室白地の背景

和室にウォークインクローゼット|サンルームから和室へ洗濯物を」へ移動します。


和室収納にウォークインクローゼット


LDK約19帖は和室の4.5帖との続き間
LDK約19帖は和室の4.5帖との続き間。和室の扉、2枚の引き込み戸を開けるとW1650の開口でダイニングエリアとつながります。LDK+和室をあわせると約23帖です

和室4.5帖の一部を板間にして畳を傷めない工夫を。板間の奥行は300㎜。
和室4.5帖の一部を板間にして畳を傷めない工夫をされました。板間の奥行は300㎜。板の間にはテレビや家具、お子様の玩具をボックスや棚にまとめることもできます

和室の畳はダイケンの健やかくん(すこやかくん)清流シリーズ、縁なし高級和紙半畳畳(若草色)。傷や汚れに強いので、お子様がいらっしゃるご家庭には、とても喜んでいただける畳です

暮らしに役立つ性能が魅力の畳
ダニやカビの発生を抑え、快適さを長くキープ。畳の醍醐味を存分に味わえる健やか仕様の本格派。畳のもつあたたかでやさしい風合いを大切にしながら、従来のイ草おもてに比べ、傷や汚れに強く、健康にも配慮した製品です。(出典 DAIKEN)

和室照明、和風照明は四角いダウンライト商品はダイコー(DDL-5112AW)。
和室の天井には板木目のクロスをご選択されました
ネットで壁紙の施工例を検索して思案。O様邸の和室にピッタリ合うこの壁紙で決定。

和室照明、和風照明は四角いダウンライト商品はダイコー(DDL-5112AW)。四角のダウンライトは和室用として人気があります。照明枠のカラーはホワイト・ブラック・白木の3種類。木目の壁紙にフィットするように白木の枠をご選択いただきました

洗濯物はサンルームから和室のクローゼットへ

和室収納はウォークインクローゼット。
和室収納ウォークインクローゼット。和室には珍しかもしれません和室の収納と言えば押し入れなんですが・・・

O様は和室の使い方を工夫されています 実は、和室に掃出し窓がありますが、そこからサンルームにつながっているんです。サンルームから乾かせた洗濯物を、和室に取り込み、ウォークインクローゼットに収納されます。

プランニング開始時のヒアリングでは、お子様が成長するまでは洗濯動線を次のように望まれていました 洗濯する➡和室の外側の1階のサンルームで干す➡和室で洗濯物をたたむ➡和室のウォークインクローゼットに納める。この洗濯動線は奥様の重要なご要望でしたので、サンルームへ和室から出入りする前提でプランニングを計画しました。

ウォークインクローゼットは2帖。写真では確認しにくいかもしれませんが、サイズはW1650mmの正方形。奥行400㎜の上部の棚は床からH1900㎜の高さに設定してコノ字型に設置。その下にハンガーパイプ。右側のみ短い丈のお洋服を吊れるようにパイプを2段に分けています。左側と奥には、収納ケース等を組み合せて自由に使いいただけます。

この和室の掃出し窓から、サンルームへつながっています。サンルームの商品名はリクシルのサニージュ(1.5間×4尺タイプ)
この和室の掃出し窓から、サンルームへつながっています。(内観の撮影の時はサンルームはまだ設置されていませんでした)

_ALA2148-HDR-Edit (2)
和室からつながるサンルームの施工例

サンルーム取り付け後に外観を撮影させていただきました。(サンルーム手前のウッドデッキはお父様のハンドメイド)

サンルームの商品名は「リクシルのサニージュ(1.5間×4尺タイプ)」。窓が開閉するので採風も可能。室内に明るい光をもたらしながら暑さを抑える構造。そして、サンルームの床はデッキボードでつくられていますのでお部屋との一体感、つながりを感じることができます。

サンルームはリクシルのサニージュ

サニージュのカタログより

風をしっかり採り込んで、洗濯物が乾きやすい開口
効率良く風を採り込む独自の開口仕様。洗濯物を乾きやすくするサニージュならではの機能です。気候・時間・季節に関わらず、物干し空間の快適性を大幅に向上させます。

明るさと遮熱を両立!進化した屋根パネル。
サングラス、UVケア化粧品、衣服…屋外での紫外線対策は今や必須。でも、進化した屋根はもっと欲張りです。UVカットは当たり前、室内に明るい光をもたらしながら暑さを抑える。さらに汚れを防ぐ機能も選べます。リクシルのサンルーム サニージュより)

2枚の引き戸を閉めると個室に。和室の建具はリクシルのウッディライン(クリエモカ)。
2枚の引き戸を閉めると個室に。和室の建具はリクシルのウッディライン(クリエモカ)。和モダンのお部屋に落ち着きを与えます。

和室の壁紙はシンコール。品番はBB-9591。
O様は壁紙の機能性を重要視されました。全てのお部屋のクロスが何らかの特性をもっています。和室の壁紙はシンコール。品番はBB-9591。消臭効果が持続するエアセラピ機能付き、抗菌効果もあります。

リリカラ株式会社の「V-ウォール 織物調 ベージュ 品番LV-6642」
和室のウォークインクローゼットの壁紙も機能付きの壁紙でこちらは調湿 [通気性]機能付きです 。リリカラ株式会社の「V-ウォール 織物調 ベージュ 品番LV-6642」


WEB内覧会ブログ(和室)- 和室にウォークインクローゼット|サンルームから和室へ洗濯物を  written by 設計室 廣田


大阪の注文住宅(建て替え) N様邸のご紹介
屋根の施工

今回は棟上げまでをご紹介
本日はN様邸の2軒の解体工事から上棟までをご案内させていただきます。ご紹介するのは以下の内容です。再資源化が義務付けられている建設リサイクル法、基礎工事の流れ、基礎の人通口、外観デザイン、梁の太さ・・・。
 

ご契約までの流れ
ご家族構成の変化にともない、隣り合って建っていたN様の古くなったお家を、ひとつにまとめ建て替える計画で建築会社を探されていました。

お問い合わせを頂戴したのが昨年、2016年の2月ごろ。それからは、建築を請け負う複数の会社の中から2社に絞り込まれ、企業内容や諸条件を深く検討されたようです。最終的には、建築に対する取り組みや誠実な対応に評価を与えてくださり、弊社とご契約いただくことになりました。

 

設計のポイント
道路、玄関側から裏側、南面に裏庭をもうけられます。そこから光を採りこむLDKはゆったりとしたプライベート空間に。

同じ南面には、「和室を隣接させて欲しい」とのご要望。和室(畳コーナー)には“仏間”と“押し入れ”を配置する一般的な間取りのイメージでしたが・・・。「1階のどこかにパソコンコーナーがあればな~」との追加のご意見に対して、「和室を小上がりにされて掘りごたつのようにPCカウンターを作ってはどうですか!」とおススメしたところ、強く賛同いただき、「お仏壇と押入れ、さらに楽な姿勢でPCの操作がおこなえる『機能的な和室』」に落ち着きました。

2階には、お子様のお部屋とご夫婦それぞれのお部屋を。趣味が写真のご主人は、壁に多機能な用途に利用できる「エマウォール」を張って趣味を満喫できる空間利用。奥様のお部屋は、着物や衣類をスッキリ収納できるウォークインクローゼットをもうけて優雅な時間をおくれる空間に利用されます。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

IMG_4116-Edit (1)
隣り合った旧N様邸の解体工事がスタート。あわただしい年末はさけ、2017年の年明けに解体をおこないました

DSCN3319-Edit (1)
2軒分の解体工事はさすがに時間がかかります。作業員が手作業で木くずをより分けているのには理由があります

業者が関与する住宅の解体工事では、木くず、コンクリート、がれき、かわら類が産業廃棄物に指定され、廃棄物処理法に従い適切に処理しなければなりません。産廃のうち、木くずやコンクリートくずは建設リサイクル法により、再資源化をおこなうことが義務付けられています。作業員が木くずを集めているのはこのためです

DSCN3942-Edit (1)
更地になりました。裏のブロックを見ると2軒建っていたことが確認できます。工事着工まで侵入防止対策のトラロープを張り基礎の着工を待ちます

IMG_7143-Edit (1)
基礎工事の流れです掘方→捨てコンクリート→鉄筋組み(配筋)→配筋検査→型枠組み→ベースコンクリート打設→立上がり型枠組み→アンカーボルト設置→立上がりコンクリート打設→養生→型枠解体

鉄筋組が終わると、第三者機関の基礎の配筋検査を受けます。等間隔に施工した配筋のピッチやかぶり厚さ、立ち上がり開口部の補強筋の長さなど、設計図書に基づき検査がおこなわれます。検査が合格したあとは、基礎のベースコンクリートを打設します

IMG_7386-Edit (1)
型枠がはずれました
人通口(じんつうこう)が通った美しい基礎が完成。人通口は、将来、床下の点検をおこなうための開口のこと。この開口部は鉄筋で補強するように義務付けられています。

IMG_7450 (1)
N様邸の棟梁は津田大工 真剣な眼差しが仕事への熱意を感じます これは大引きの支柱になる鋼製束を1本1本丁寧に据え付けているところ。大引きの上に張る、床面を上げ下げできる調整機能が付いてます。

IMG_7454-Edit (1)
土台と大引きの間に、高性能の床下断熱材、アクリアUボードピンレスを土台と大引きの間に充填。これで上棟の下準備が完了です

旭ファイバーグラスの高性能&ノン・ホルムアルデヒド新断熱材「アクリアUボードピンレス」。一般のグラスウールに比べ繊維径が細く、本数が多いので断熱性能がさらに向上しました

IMG_7459-Edit (1)
構造用合板24㎜を敷き詰めます。津田棟梁(写真左)の左横の基礎に100㎜ほどの凹凸をつけています。外観のデザイン性を考慮し、変化をくわえるために凹凸を3ヶ所設けています


一般的には凹凸が多い方が建物に表情を出しやすく、デザイン性が向上します。ただ、コストアップの要因にもなります。ローコスト住宅で凹凸の少ない四角い建物が多いのはこのためです。四角い建物(スクエア)、キューブの住宅でもハイセンスの窓やサッシを利用すればデザイン性は向上しますが、これも費用負担の要因になります

当たり前だけれどコスパが一番。どうすればいいの

デザイン性に優れ、自由度の高い住宅、そして費用やサービスのことを気にされるのなら「注文住宅の匠建枚方」が一番おすすめです 土地探しはタイミング。早く土地情報を提供できる場合と、時間がかかるケースがあります。土地探しは各地域で行列ができていますのでお早目に。

IMG_7465-Edit (1)
上棟当日。早朝降っていた小雨もやみ作業が進みます。クレーンで吊り上げたを柱と合体。1階LDKのワイドサッシ、サイズがW2500㎜/H2000の窓上部の梁です。柱間が広いため太い梁を組み込んでいます

IMG_7475-Edit (1)
2階の床を支える梁が施工されました
左手前の梁は太く、奥に行くと細く見えます。それは1階の間取りに関係しています。太い梁がはいるということは、下に柱が少ないリビングなどの広い空間があるからです。一方、細いほうの梁は、水まわりや玄関など狭い空間に使います。こちらは柱を多く立てますので太い梁を必要としません。

着工前にプレカット業者の構造担当、棟梁、現場監督、設計担当が弊社に集まり、知識と経験を活かし、図面や数値を確認しながら梁組をおこない構造材を選んでいます。頑強に建てて施主様にお渡しする住宅。梁組は建築に重要なことですので深夜になることもあります

IMG_7481-Edit (1)
2階の構造用合板が敷かれました。2階の大空間ですね~ここに柱を建てて、個室の構成が出来ていきます。

IMG_7496-Edit (1)
羽子板ボルトで小屋梁を緊結していきます 羽子板ボルトについてはこちらへ

IMG_7524-Edit (1)
屋根形状が見えてきました。N様邸は大屋根と子屋根が融合した寄棟屋根

IMG_7526-Edit (1)
骨組みがしっかりできあがりました

IMG_7528-Edit (1)
垂木の上に野地板を施工。屋根形状が斜めになっているところの野地板は、それぞれの部分の形に正確にカットされ現場に運ばれます。大工さんが搬入された資材を現場で加工せずに組み上げていくために、昔にくらえて施工スピードが格段に上がっています

IMG_7539-Edit (1)
隙間を開けているのは換気のためです。“空気は通るけど雨は通さない、熱気と湿気を外に逃がす「棟換気」” システム

IMG_7556-Edit (1)
防水シート(ルーフィング)が張られました。良く晴れた青空のもと上棟は無事終了。棟梁、大工さんたち、そしてクレーンのオペレータさん、監督、お疲れ様でした。完成までよろしくお願いしますね!

N様上棟おめでとうございます
クロス(壁紙)も決定し、これから外構の打ち合わせを予定しています。門からアーチをくぐり、玄関へのアプローチを計画中。完成を楽しみにしております


注文住宅ブログ- N様邸の上棟まで|建て替え|裏庭から光を採りこむ家  written by 設計室 廣田


🍀大阪の注文住宅 T様邸の外観と外構です。間口の広い南向きの立地。1、2階とも南面にお部屋を配置して明るくて快適な住空間を実現。外壁材は頑強で長寿命のヘーベルパワーボードです。大人気のブログの最新版はこちら便利なカワジュンのキッチンアクセサリー|ペーパーホルダー他http://blog.livedoor.jp/shokenhirakata/archives/8781140.html ・ 🎈3/25(土)~3/26(日) 人気の工務店が 枚方市牧野でモデルハウスを公開します!(平日も電話予約 0120-850-515でご見学できます)スーモにも掲載している5区画の分譲地内、デザイン住宅を公開しています。(HPの検索は「しょうけんひらかた」。詳しい情報は当インスタ上部のURL(http://www.h-shoken.com/)をクリック。SUUMOにも掲載中!) ・ 🌈お気軽にお立ち寄りくださいませ。17時までの時間内であれば予約なしでこの日は自由にご見学いただけます。分譲地は現在3区画を売り出し中!新築戸建てをお探しなら弊社は土地探しからの注文住宅に対応しています。お問い合わせ下さい。 ・ 🌷(開催場所)枚方市牧野本町2丁目11番 (開催時間)3/25(土)~3/26(日)  13時~17時 駐車場あり ・ 🏡 匠建枚方は注文住宅専門の工務店。一般的な規格型住宅の自由設計ではなく、オーダーメイドの自由設計をとおして、コストパフォーマンスに優れた注文住宅をご提供しています。建築エリアをお知らせ願います。弊社が土地情報を提供して憧れの注文住宅を無料で提案致します。「土地探しからの注文住宅」「建て替え・住替え」「リフォーム・リノベーション」「中古住宅(中古マンションも)×リフォーム」などに対応しています。 住宅のことなら、「一生に一度は匠建枚方にご相談下さい」 ・ #匠建枚方 #注文住宅 #外観 #おしゃれ #インテリア #子育て #おうち #暮らし #日常 #家 #マイホーム #マイホーム計画 #新築 #一戸建て #工務店 #住まい #大阪 #京都 #枚方 #枚方市 #interior #architecture #interiordesign #decoration #styling #myhome #livingroom #homedesign #interiordeco #lifestyle

設計室 匠建枚方さん(@shokenhirakata)がシェアした投稿 -



大阪の注文住宅 T様邸

T様邸は、高台の広い敷地に5LDKの間取り。お庭に約15坪の菜園スペースが広がり、すべての部屋が南向きの明るいお家です

今回は、外観デザイン、外構まわりについてご紹介いたします。
屋根の形状は寄棟屋根。外観スタイルはすっきりシンプルに。時代を超えて受け継がれるトラディショナルな外観スタイル

1階と2階のバランスを考え、軒の出を可能な限り長く出すことによりシンプルでも重厚感のあるデザインを実現しています。敷地へ上がる階段、玄関へのアプローチ、門柱やポストなど外構まわりをあわせてご案内いたします

みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 T様邸のご紹介

T様邸の地鎮祭陽気なお子様

左が「擁壁と一体になった強固なガレージ T様邸の地鎮祭から上棟まで」に、右は「T様邸のお披露目会|新生活が始まる嬉しい気持ちをお子様が表現」へ移動します。

T様邸の玄関T様邸の和室

左が「階段|メーターモジュールを採用して広くゆったりした階段に」に、右は「壁紙|羽生選手で有名なアクアチタンのクロスで健康に配慮」へ移動します。

リビングの連窓T様邸のキッチン

左が「縦すべり出し窓を組み合わせたリビングの連窓でお部屋が快適に」に、右は現在のページ「収納が充実した家具のような横長・ワイドタイプのキッチン」へ移動します。

洗面台クローゼット

左が「2階ホールに洗面コーナー|フロートタイプのシーライン一面鏡」に、右が「2階の間取りに広さ3帖のウォークスルークローゼット」へ移動します。

外観白地の背景

トラッドな外観は流行に左右されない不変のデザイン」へ移動します。


外観施工例 トラッドな外観は流行に左右されないデザイン

トラディショナル 注文住宅外観施工例 流行に左右されない不変の外観
トラディショナル 注文住宅外観施工例 流行に左右されない不変の外観

プランニングを始めるときに、理想の外観イメージをT様より2枚ご提示いただきました。その外観は、シンプルながらもどっしり落ち着いた住宅。間口が広く重厚感を感じるお家。色はアイボリー系とブラウン、屋根形状は寄棟屋根でした

詳細な項目をヒアリングさせていただき、T様が望んでおられる住宅写真をモデルに、完成したのは「流行に左右されない不変の外観デザイン」。なるべく出隅(でずみ=壁や柱が出会って外に出っ張っている部分)を抑えて(少なく)、すっきりシンプルに。時代を超えて受け継がれるトラディショナルな外観スタイル。軒の出を可能な限り長く出すことによりシンプルでも重厚感を感じさせます

1階2階のバランスのことですが。1階のボリューム(床面積)が2階よりも大きいため下屋(1階の屋根)が必要になります。外観のバランスとデザイン性を考慮し、下屋を片側にまとめ2階を配置。スタイリッシュに仕上げました 人間で表現すると端正な顔立ちのお家です
 
ハウスメーカーに多い伝統的な外観デザイン。飽きのこない外観デザインです。
T様邸の間口は6間半。畳を横に6枚と半分並べた長さ。

時代を超えて受け継がれる人気の外観。道路面から高低差のある敷地です
道路面から高低差のある敷地です。
向かって右側の高低差が約1m20cm、左端の方は約1m70cm。古家付の土地を購入されましたので、新築する前は家が建っていました。旧家も高低差が低い方の右側に、敷地に昇る階段と玄関へ向かうアプローチがありましたので今回の建築も敷地右側をアプローチとして計画しました

階段は7段。現地打ち合わせにて踏み面の幅や奥行、高さを確認していただき寸法を決定しました。お子さんがまだ小さいので、少しでもゆっくり階段を上がれるように“踏み面は奥行600mm”で構成しました。600mmは、ご覧のように300角のタイル2枚分。フラットになるアプローチまで距離がありますので、ゆとりのある階段を構築できました

外壁材はへーベルパワーボード。アイボリーベージュのデザインパネル、「ジーファスチェック100」はベースカラーに、デザインパネルは「ジーファスライン50」
外壁材はへーベルパワーボード。アイボリーベージュのデザインパネル、「ジーファスチェック100」はベースカラーに。そのジーファスチェックは「100角と75角」の2パターン用意されています。間口の広いT様邸には100角のデザインをお勧めしました

外壁のデザインのことです。バルコニーにブラウンをいれてアクセントをつけています。アクセントの配色とデザインパネルは、「設計士さんにお任せしますので提案してください」とのご意見。4パターンご提案して、デザインパネルは「ジーファスライン50」で決定されました

「バルコニーに開口を儲けたい」、風通しをよくするためのご要望もありました。その対応として4カ所の縦スリットをバランスを考えて配置しています

ポストは「美濃クラフトのPOMO(ガーデングリーン色)」に。
ポストは「美濃クラフトのPOMO(ガーデングリーン色)」に。
ポストは「美濃クラフトのPOMO(ガーデングリーン色)」に。表札は「ユニソンのワンロックボア」。木調のカラーはウォールナット。照明は表札にあわせて「エコルトWライト(EA07005 62)」
階段を上がると愛嬌のあるシーサーがお出迎え大切なご自宅を守ってくれています。《 シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像。建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられる。家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持ち、屋根の上に設置されるケースが多いとされる(ウィキペディアより)

アプローチの通路には四角い4枚のタイルを等間隔で配置飛び石のようにデザインしています。

現地での打ち合わせ中。タイルの色はブラウンの予定でしたが、S奥様が「グリーンも素敵ですよね~今日のヒロタさんのパンツもグリーンだし」と急展開。確かに私が履いていたワイドパンツはダークグリーンでした。「では、そのカラーに合わせてポストもグリーンにしちゃおう!」と盛り上がり、決定したポストは「美濃クラフトのPOMO(ガーデングリーン色)」に。

表札は「ユニソンのワンロックボア」。木調のカラーはウォールナット。照明は表札にあわせて「エコルトWライト(EA07005 62)」

「表札は道路面に向けたい」。T様のご意向により「L型の門柱」を設置しています。アプローチ幅とのバランスを考慮すれば、Lに折り返す幅は400mmがベスト。門柱に納まったポストや表札が絶妙なバランスで仕上りました

門柱はコンクリートブロックで造作。「ユニソンのパイルストーン平型(こちらはパイルボーダー)」。ナチュラルブラウン色の天然石を貼っています。天然石は自然がうみだした造形物。色、形、光沢、どれをとっても一つとして同じものがありません。重厚なT様邸の外観に、深みと味わいを加えるにはふさわしい素材といえるでしょう

2台駐車できるガレージは土留めの擁壁を造成工事しています。
2台駐車できるガレージは土留めの擁壁を造成工事しています。こちらが「擁壁と一体になった強固なガレージ造り」のページです。

落下防止用のフェンスはT様のご要望。YKKAPの「ルシアスフェンス F30型(キャラメルチーク色)」。
約15坪のお庭に物干しコーナーお庭で洗濯ものを干せると便利ですよね

落下防止用のフェンスはT様のご要望。YKKAPの「ルシアスフェンス F30型(キャラメルチーク色)」。アプローチまわりとコーディネイトしやすい木調や樹脂パネルのフェンス。洋風から和風、モダンからクラシックまで幅広い住宅におすすめのデザインです

高さはフェンスとブロックとあわせると1m20cm。色合いも外観に馴染み、道路からの視線をさえぎることができます。

縦パネルは登りにくく、T様のお子さんへの配慮がうかがえます。RちゃんO君が楽しく駆け回る笑い声が聞こえてきそうです。

YKKAPのルシアスフェンス

【 特徴① 】門扉・機能ポール・「アップゲート」や、玄関ドア:スマートドア「ヴェナート」との多彩なコーディネイトが可能です。デザインとカラーの組合せで、幅広いテイストのコーディネイトに対応。もちろん、おすすめのコーディネイトもご用意しています。

【 特徴② 】豊富なカラーバリエーションで、創造性あふれるプランニングをお手伝い(Hデザイン)します。木調カラーとアルミカラーの組合せパターンにより、様々な表情を演出。住宅スタイルやお好みに合せて、組合せパターンをお選びいただけます。

【 特徴③ 】木調デザインの新たなベーシックスタイル(Fデザイン)。片面木調カラーの画期的なデザインと、抜群のコストパフォーマンスを実現しました。(三協アルミ ルシアスフェンスカタログより)


WEB内覧会(外観)- トラッドな外観は流行に左右されない不変のデザイン  written by 設計室 廣田


大阪の注文住宅(建て替え) U様邸のご紹介
地鎮祭

今回は解体~上棟までをご紹介
本日はU様邸の解体から上棟までの様子を、ご案内させていただきます。弊社で採用している、基礎工事の工法、給排水工事についてなども、施工のお写真と合わせて、お施主様にご紹介できればと思います。
 

建て替えに至った流れ
新築前のマイホームは築35年の一戸建て。換気状態が悪く傷みが目立つようになっていたそうです。ことに玄関や洗面所の床がたわみ対応にせまられる状態。そのような理由から建て替えを視野に情報を集められていたところ、弊社の現場に立っている、チラシ広告専用ポストの資料をご覧になり建て替え資料を請求して下さいました。

その後は、建築中の現場を案内しながら、弊社自慢の基礎と本体構造、快適な住空間を実現できる断熱材やサッシにまつわる詳細な情報をお伝えしました。また、お家の建替えですので近所にお友人や知人も多いと思われます。ご挨拶まわりなど近隣への配慮もかかせません。ご近所への気配り、さらに、これまで実績をあげてきた現場監理をお伝えし安心していただきました。

 

設計のポイント
先日上棟したU様邸は、有効宅地22.5坪の建替え工事。
限られた敷地の中で、無理なくゆったりとしたアプローチを計画しつつ、ご家族のご要望を叶えるべくプランのお打ち合わせを重ねてきました。

ご要望として挙がった項目は、「客間として&ゆくゆくはお母様のお部屋として、独立した4.5帖の和室」「洗面室にたっぷりの収納スペース+室内干しスペースを確保」「ダイニングテーブルとソファの配置に考慮したコンパクトなLDK」「2階に3室のお部屋と、しっかり収納計画されたクローゼット」etc…

ご契約前の段階からしっかりプランのイメージをされていたので、本設計に入ってからは、敷地条件にそれをどう当てはめていくかをじっくり検討。バルコニーをどう計画するか、室外機はどこに置くかなど綿密にお打合せさせていただきました。

セミクローズドキッチンの横に、できたお料理・食器を置けるプチカウンター、ダイニングテーブル横の小物収納ニッチスペース、玄関ホールの明るさを確保するための室内窓「マドモ」&採風を確保するための「採風デザイン玄関ドア」、家具配置の変化にも対応できるコンセント計画など、細かな工夫が光るお家です。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ




今まで住んでいたお家を解体するところから工事スタート
U様邸は、今まで住んでいたお家を解体するところから工事スタート。これから自分達がフルオーダーした新築に建て替えるワクワク感と、思い出のあるお家を解体するちょっと寂しい気持ちと…複雑な心境ですね。

建物解体後、地鎮祭を行いました。
建物解体後、地鎮祭を行いました。神職さんが地鎮祭の進行を説明している様子を後ろからパシャリ 今回地鎮祭をお願いしたのは、U様の氏神様であられる片埜神社様。歴史ある本殿は、桃山時代から伝わる重要文化財です。

片埜神社の歴史
社伝によれば、垂仁天皇の時代に、出雲国の豪族である野見宿禰が、当麻蹴速との相撲に勝った恩賞として当地を拝領し、出雲の祖神である素盞嗚尊を祀って一族の鎮守としたのに始まる。「片埜」(片野、交野)はこの一帯の古名で、交野市の地名の由来でもある。平安中期、野見宿禰の後裔である菅原道真が天神として祀られるようになると、天徳4年に当社でも菅原道真が配祀された。社家の岡田家は野見宿禰の後裔である。(ウィキペディア 片埜神社より)

地鎮祭が終わると、本格的に工事がスタート!
地鎮祭が終わると、本格的に工事がスタート!地盤調査の結果に基づき地盤改良掘り方、転圧、防湿シートの施工と工事は進んでいきます。

防湿シートは、床下空間に地面の湿気が上がってこないようにするためのもの
防湿シートは、床下空間に地面の湿気が上がってこないようにするためのもの
捨てコン+150㎜の底板コンクリートを打設する「べた基礎工法」では、防湿シートは必要ないというご意見もありますが、匠建枚方では防湿シートの施工を全棟で行っています。お家の大事な基礎だからこそ、できることは丁寧に

地鎮祭のときにお預かりした鎮め物を、地中に納めさせていただきました。
地鎮祭のときにお預かりした鎮め物を、地中に納めさせていただきました。

捨てコンクリートを打設。この「捨てコンクリート」には大きな役割が2つあります。1つは「墨出し」という、基礎コンクリートの型枠を組むライン出しの作業がしやすくなること。2つ目は、適正な「かぶり厚さ」を確保するためです
捨てコンクリートを打設。この「捨てコンクリート」には大きな役割が2つあります。1つは「墨出し」という、基礎コンクリートの型枠を組むライン出しの作業がしやすくなること。2つ目は、適正な「かぶり厚さ」を確保するためです

※ 鉄筋コンクリートの基礎では、鉄筋を覆うコンクリートの厚みに規定があります。
これが「かぶり厚さ」と呼ばれるもので、土に接する底盤は6㎝と定められています。鉄筋の下に6㎝角の「サイコロ」と呼ばれるコンクリート片を1m以内の間隔で配置すること、その下に捨てコンがあり「サイコロ」が沈みこまないことによって、基礎全体で正確な「かぶり厚さ」が確保されるようになっています。

長期優良住宅の場合、給湯・給水工事は「ヘッダー方式」が指定されています。
基礎工事が終わり、給排水工事を行いました。

長期優良住宅の場合、給湯・給水工事は「ヘッダー方式」が指定されています。従来の「外部→洗面→お風呂→トイレ」などを順番につないでいく方式ではなく、「外部→ヘッダー→各給湯・給水場所」へと直通でお湯や水を供給する方式ですので、湯冷めしにくく、お湯が出てくるまでの時間も短いさらに、メンテナンスもすっごく楽給排水でトラブルがあるとしたら、一番多いのは配管のジョイント部分ですので、そこが一括集中しているのは安心です


さや管ヘッダー工法とは

樹脂製のさや管の中に本来の給水管を通す、二重構造の配管工法のことです。
 
中の給水管も樹脂製なので錆びることがなく、軟らかくて曲げやすく、鋼管のように継ぎ手がいらないので、水漏れの危険性が少なくなります。また、中の給水管が劣化した場合、抜き出して簡単に交換できるので、壁や天井などを壊す必要がありません。
 
ヘッダー工法とは、ヘッダーと呼ばれる給水・給湯を一元的に分配するユニットから、各水栓まで供給されることです。ヘッダーから各給水栓まで途中に分岐がないので、複数の水栓を同時に使用した場合でも、水量変化が少なく、安定した給水、給湯量が得られます。
 
さや管ヘッダー工法は、さや管内部の空気層による断熱により、裸配管に比べて結露が起きにくく、給湯配管では保温効果が期待できます。また、内装工事後に内管を通すため、配管への釘打ちなど、他業種とのトラブルも低減できるなどのメリットがあります。(出展:HOME'S)

土台敷き。床下断熱材のアクリアUボードピンレスの施工が行われました
土台敷き。床下断熱材のアクリアUボードピンレスの施工が行われました

その上から24mmの床合板を施工します。
その上から24mmの床合板を施工します。この後、床合板の上に1階の柱・梁などの材料を間配り、上棟に向けての準備を行います

そうして向かえた上棟当日 お天気にも恵まれました
そうして向かえた上棟当日 お天気にも恵まれました

クレーン車で梁を持ち上げ、柱の“ほぞ”と合うようにセッティング、大きなハンマーで打ち込み、水平・垂直を確認した後に金物で固定していきます
クレーン車で梁を持ち上げ、柱の“ほぞ”と合うようにセッティング、大きなハンマーで打ち込み、水平・垂直を確認した後に金物で固定していきます

ちょうど2階の床が出来上がり、柱を建てたところです。
10時すぎ、大工さんの小休憩中に全景を撮影。ちょうど2階の床が出来上がり、柱を建てたところです。プレカット工法で、事前に打合せ→木材の加工ができているため、一日で建物の形がわかるまでに作業は進んでいきます

2階の梁もかけ終わりました!これから小屋組みに入っていきます
2階のもかけ終わりました!これから小屋組みに入っていきます

梁と梁の間にかかっているナナメの材料は「火打ち梁」と呼ばれるもの。台風や地震などの横からの加重(=水平力)による変形を防ぐための部材です。1階や2階は床合板を貼るので水平構面がしっかり固定されています。ですので、この「火打ち梁」は小屋組みにだけ配置しています

棟木・垂木もかかり、家の形がわかるようになってきましたね
棟木・垂木もかかり、家の形がわかるようになってきましたね U様邸は、切り妻屋根を組み合わせたデザイン 何パターンかイメージパースを作成して屋根の形を決めたのですが、パースのイメージよりずっとカッコよく仕上がっていると思います♪これからどんどん施工が進み、外観をご紹介できる日が楽しみです

垂木の施工が終われば、その上に野地板を固定していきます
垂木の施工が終われば、その上に野地板を固定していきます

切り妻屋根のトップは、隙間をあけて野地板を貼っていきます。小屋裏空間の通気を確保するためです。
切り妻屋根のトップは、隙間をあけて野地板を貼っていきます。小屋裏空間の通気を確保するためです。この野地板の作業が終わると、次は屋根業者さんにバトンタッチ

防水下地であるルーフィングを施工し、上棟日の作業は終了となります
防水下地であるルーフィングを施工し、上棟日の作業は終了となります

数日後、施主様と大工さんとのお顔合わせを行い、四方清めも挙行しました
数日後、施主様と大工さんとのお顔合わせを行い、四方清めも挙行しました 
外部の構造用合板(ハイベストウッド)も貼り終わり、「ここに窓がくるのかな」と想像できるくらいに仕上がってきました これからどんな風に出来上がるのか、本当に楽しみですね

U様、上棟おめでとうございます これからもよろしくお願いいたします


注文住宅ブログ- U様邸の地鎮祭~上棟|建て替え|洗面室にたっぷりの収納スペース  written by 設計室 原戸


アメリカンスタイルの家

本日は枚方の新築一戸建て(注文住宅)、T様邸をご紹介

T様邸は、敷地の中に2台分のガレージと駐輪スペースを確保。1階の建築面積はコンパクトにまとめていますが、『玄関まわりをコンパクトにする』『廊下をなくす』『畳コーナーとつなげる(天井は一体の空間として見せる』『オープン階段のような納まり』『見せ梁で天井を高くとる』など、空間を広くとる&見せる工夫がいっぱいです!

本日は、アーリーアメリカンスタイルの外観ファサード&外構についてご紹介

T様邸は、「2台分のガレージスペースを確保しつつ、アプローチの階段も無理なくゆったりと計画できるように」というご要望を叶えるべく、ガレージ寸法と外構アプローチの計画もお伝えしながらのプランニング。また、第一種低層住居専用地域の土地に建てるため、北側斜線をクリアすべく建物の配置計画や、外観ファサード(屋根形状)のお打合せを進めていきました。

そこから先の外観イメージや、アメリカンスタイルの外観にフィットするサッシ色、玄関ドア、門柱などの外構エクステリアの素材や色については、T様から「こんな感じにしたいんです」といただいたイメージを具体化していく作業。そのどれもが素敵なイアデアばかりで、私自身いつもワクワクしながらお打合せしていました(笑)

そんな素敵なT様邸の外観ですので、是非、これから外観ファサードを考える皆様の参考になればと思い、使っている素材なども含めてご紹介させていただきました。

みんなが選ぶ工務店 



3/25㊏~3/26㊐ モデル&分譲区画見学会

住宅雑誌で見る家は注文住宅
住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 T様邸のご紹介

T様の上棟 記念撮影和室コーナーで遊ぶお子様

左が「工夫がいっぱいT様邸の掘方から上棟式まで 通気スペーサーの施工」に、右は「アイデアいっぱいT様邸の竣工検査(お披露目会)|くぐって遊べる…」へ移動します。

T様邸のおしゃれな洗面室T様邸のLDK 小上がりの和室

左が「ルーバータイプの玄関収納とカウンターの付いたオシャレな洗面室」に、右は「姿勢が楽なベンチタイプの小上がりの畳コーナーで楽しくお勉強」へ移動します。

モザイクタイルを貼ったキッチンファミリーライン パレットカラーの室内ドア

左が「キッチンの縁取りはモザイクタイルを貼っておしゃれにデザイン」に、右は「子供部屋の室内ドアは手塗りのようなファミリーラインパレット」へ移動します。

バルコニーで記念撮影外観

右が「書斎のある主寝室の南と西側にL型のバルコニー」に、左は「アメリカンスタイルの家 塗装は汚れに強いプレミアムシリコン」へ移動します。


アメリカンスタイルの素敵な外観

パワーボードのラップを使用したアメリカンスタイルのおしゃれな外観
アメリカンスタイルのおしゃれな外観

外壁材の「へーベルパワーボード」は、アーリーアメリカンを象徴する“ラップサイディング”のようなテクスチャーをもつ「ラップ150」を採用
外観スタイルは、ブルーとホワイトで塗り分けたアーリーアメリカンな外観

外壁材の「へーベルパワーボード」は、アーリーアメリカンを象徴する“ラップサイディング”のようなテクスチャーをもつ「ラップ150」を採用

打ち合わせ中、いつも素敵なアイデアやヒントを下さるT様 そんなT様のもつ外観イメージをそのまま仕上げた外壁は、上下のツートンで「ダークブルー」と「ホワイト」の2色使い パワーボードのショールームで何パターンかシュミレーションして、最終的にこの貼りわけに決定しました

建材gallery大阪
〒530-6109 大阪市北区中之島3丁目3番23号 中之島ダイビル9階
TEL:0120-297-655  営業時間:月・火・木・金・土 10:00~12:00/13:00~17:00
防火性・断熱性・遮音性を体感できるコーナーもあります

ぜひ足を運んでみてみてください

アメリカンスタイルの家 塗装は汚れと熱に強いプレミアムシリコンとクールテクト

ダークブルーの塗料は、太陽光からの外壁の温度上昇を低減する“エスケー化研のプレミアムシリコン”から、75-20D。ホワイトの塗料は、カビ、汚れに強い“エスケー化研のクールテクト”からCT-164
軒下にもダークブルーの色合いを入れ、サッシや手摺などはブラック色にすることで、白色の外壁が一段としまります

ダークブルーの塗料は、太陽光からの外壁の温度上昇を低減する“エスケー化研のプレミアムシリコン”から、75-20D。ホワイトの塗料は、カビ、汚れに強い“エスケー化研のクールテクト”からCT-164(こちらもホワイトのクールテクトを使用した施工事例)。どちらの塗料も耐侯性はキープしつつ光沢感は控えた「3部つや塗装」です

北側斜線制限のかかる第一種低層住居専用地域(良好な住宅環境づくりのため、各建物の南面への採光を妨げない間取りにしようという地域)のため、北側の屋根を低めにしているのですが、そんなことを感じさせない、素敵な外観に仕上がりました

第一種低層住居専用地域は、高さが10m(もしくは12m)に制限されているため低層住宅、主に戸建エリアの街並みになる。建ぺい率・容積率などの制限も厳しく、庭や駐車場2台分取れるような広い敷地に、ゆったりとした2階建の戸建てが多く見られます。

また第一種高度地区といって、北側の建物高さを制限することによって、各住戸の南側に光が差しやすくなるような制限(=北側斜線制限)のある地域ですので、高さ制限のことも考慮して、建物の配置、屋根の形状などご提案させていただきました。

アプローチ階段にユニソンのバレリアとリゲル

アプローチ階段の踏み板はユニソンの「バレリア」。階段の踏み板に使えるよう、側面仕上げが施された、石畳風の舗装材です。
アプローチ階段踏み板はユニソンの「バレリア」。階段の踏み板に使えるよう、側面仕上げが施された、石畳風の舗装材です。色は、アルテシルバー・アルテグレー・アルテイエロー・アルテベージュの4色の中から、天然石ようなグレー色を選ばれました

蹴上や側面の塀は、同じくユニソンの「リゲル」という化粧ブロックを採用

ユニソンの「リゲル」

機能門柱は三協アルミのコレット2型

機能門柱は、三協アルミのコレット2型、オールドファッションパインという色合い。玄関ドアはジエスタのC19型/エクリュアイボリー(親子ドアタイプ)
玄関ドアジエスタのC19型/エクリュアイボリー(親子ドアタイプ

親子ドアには大型荷物の搬入がしやすくなるメリットがあり、さらに採光部のある子扉を採用することで玄関ホールも明るく照らすことができる、一石二鳥の玄関ドアです

アメリカンスタイルな玄関ドアに合わせた機能門柱は、三協アルミのコレット2型、オールドファッションパインという色合いです 

ポスト
と表札は、施主様自身でご準備していただいたもの 外観に映える赤いポストと、デザイン性の高いナンバープレート風の表札が素敵ですよね 打ち合わせ中に「これを付けようと思うんです!」と見せていただいたとき、私のほうがテンションが上がってしまったのを鮮明に覚えています

ヘーベルパワーボードのラップ150を使用した玄関まわり
ガレージとしては、カーポートを取付けたメインガレージと、軽自動車が停めれるサブガレージを計画しました コンクリートの目地には「タマリュウ」を植えて草目地に。

階段の隣にバイクも停めれるスペースを設け、盗難防止のチェーンが掛けれるよう、外構業者さんにお願いして化粧ブロックにフックを付けていただきました

サブガレージ横にプラスアルファ 階段の隣にバイクも停めれるスペースを設け、盗難防止のチェーンが掛けれるよう、外構業者さんにお願いして化粧ブロックにフックを付けていただきました



WEB内覧会(外観)- アメリカンスタイルの家 塗装は汚れに強いプレミアムシリコン  written by 設計室 原戸


このページのトップヘ