注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

2017年10月


大阪 注文住宅で建て替え F様邸のご紹介
両面バルコニーにロフト付の明るいリビングダイニング

今回のF様邸は・・・
2階LDKとロフトをご紹介。北側斜線のかかるお部屋を有効的にかつご家族4人で仲良く暮らせるようご相談。ロフトを設けできる限りの収納の確保されました。


設計のポイント
ご実家を解体して建て替えられます。F様の建築予定地は第1種低層住居専用地域。都市計画法第9条による用途地域の一つで、低層住宅の良好な住環境を守るための地域、12種類の用途地域の中で最も厳しい規制がかけられております。より、住環境が良いとも言えますね。

北側斜線制限がある中で、ご家族が快適に仲良く暮らせるよう、一緒に考えてプランニングさせていただきました。お忙しいご主人に代わりしっかり者のSお兄ちゃん、一緒にお住まいになる予定のお母様に奥様、可愛い妹のMちゃんとのお打ち合わせでスタート。

1階はご両親スペースと洗面・UB。2階にはLDK。ご家族6人でのお住まい。「可能な限りの収納スペースを確保したい」ということで、ロフトを検討。仲の良い御家族ならではのプランをご紹介致します。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅
住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益重視の会社と契約して長期の間に思わぬ損失!そんなことにならないように、エリア内なら顧客重視の匠建枚方の建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

土地紹介からの注文住宅
枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地購入×注文住宅は、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。お伝え下さらないと、土地情報が届けられません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 F様邸のご紹介

上棟での記念撮影お風呂で記念撮影

左が「建て替え F様邸の上棟まで|快適に仲良く暮らせる家」に、右は「窓とプランの工夫で隣接していても明るい玄関と階段に」へ移動します

部屋リビング

左が「MXシステムキッチンとくつろぎの畳スペースがある部屋」に、右は「両面バルコニーにロフト付の明るいリビングダイニング」へ移動します


両面バルコニーにロフト付の明るいリビングダイニング

タカラスタンダードの対面式のオフェリアです。
2階のホールに入ると対面式のキッチンがタカラスタンダードの対面式のオフェリアです。鏡面タイプの白をお選びになり、フロアもアイカのWG色。とても明るい空間になりました。

鏡面タイプの白をお選びになり、フロアもアイカのWG色。
吊戸を使用、しっかり収納
吊戸を使用、しっかり収納。背面は1階のご両親のお部屋と同じクロスをアクセントに爽やかさUP シンクや台輪のカラーはもちろん!ホワイトで統一です

キッチン部分のダウンライトは80Wの白熱灯をお選びになりました。明るめをご希望でしたね

キッチンの収納箇所を確認中
キッチンの収納箇所を確認中・・・ちょうど水道の開栓チェックまえで、板が外れた状態でした。これは「確認作業後にきちんと閉めますね~」とお話させていただきましたMちゃんカメラ目線ありがとう

奥行き45センチのカウンターですが、大きな鏡もありとてもスッキリしてます。
パナソニックの商品「NEWCLine(ホワイト)」です。
廊下から入り右手には洗面を設置。1階にもありますが、お子さんが帰って来た際や朝起きた時に、「ササッと手洗い、うがいが出来るようにしたい」とのご希望色々ご相談しながらこの位置に決定こちらはパナソニックの商品「NEWCLine(ホワイト)」です。奥行き45センチのカウンターですが、大きな鏡もありとてもスッキリしてます。実際にご覧になったF奥様も気に入っていらっしゃいましたね

リビング側からキッチンを見ると・・・背面のブルーが素敵です
リビング側からキッチンを見ると・・・背面のブルーが素敵です

テーブル上にはニッチを設置。Mちゃんの作品が並ぶ可能性大
ダイニングはF様ご愛用の変形のテーブルを設置される予定です。
テーブル上にはニッチを設置。Mちゃんの作品が並ぶ可能性大だそうですヨ

道路側の掃き出しの窓から明るい陽が差し込みます。その前にはロフトへと上がる階段を設けました。普段から掛けた状態でご利用になる事が多いので出来る限り邪魔にならない位置に配置いたしました。

リビング収納
サッシ高1M40センチの取り付けることになるのですが、軒とのスペースが確保できないため、シャッター雨戸をつける事が出来ません。
北側になります。この北側に隣接して駐車場があるのでお洗濯物を干すのはこちらをご希望されたF様。少しでもお部屋を確保しつつ「このバルコニーへ出て洗濯物を干したい!」とのこと。斜線規制で屋根が下がっているところに、サッシ高1M40センチの取り付けることになるのですが、軒とのスペースが確保できないため、シャッター雨戸をつける事が出来ません。

サッシ屋さんともご相談させていただき、写真右手前に、三枚で引き込む戸袋タイプをご提案させていただきF様にご相談の上、採用いただきました

お披露目会の際に最終確認していただいた時、思いの他全然バルコニーに出やすいとの評価いただきとても嬉しくほっと致しました

物入れは中段と写真には写っておりませんが、ハンガーパイプを1M90センチほどの高さの位置で取り付け予定です。
物入れは中段と写真には写っておりませんが、ハンガーパイプを1M90センチほどの高さの位置で取り付け予定です。
2方向の桁オトシとなるF様邸物入れは中段と写真には写っておりませんが、ハンガーパイプを1M90センチほどの高さの位置で取り付け予定です。お布団も収納しながらちょっとしたコート掛けにも

2階は全てダウンライトを採用です。ダイニング部分はよくばりダウン
2階は全てダウンライトを採用です。ダイニング部分はよくばりダウン調光スイッチを設置し、白熱・温白・電球色と3パターン色温度が切り替わり無段階調光で好みの照度に


道路側バルコニーはシャッター付きです。
道路側バルコニーはシャッター付きです。
北側同様に腰つきの物干しが付く予定です
ロフト
ロフト
ロフト
ロフト
そしてロフト部分を4方からご覧いただきます
2方向からの桁オトシの為、「できるだけの空間を確保したい」ということで、プランの打ち合わせ時より監督と相談。その後のプレカットの打ち合わせで“より安全な構造体”になるよう検討させていただきました。

MちゃんSくんはスイスイ動き回ってましたね~Mちゃんはロフトの階段におそるおそる手をかけていましたが、帰る頃にはもう自分でしっかり昇れるようになっていましたね。お父さんに披露できそう

最後に皆で記念撮影です
最後に皆で記念撮影です
F様。最後まで楽しくお打ち合わせさせていただきましたありがとうございます。これからが新しいお家でのお付き合いの始まりです。どうぞ宜しくお願い致します


WEB内覧会ブログ(LDK・ロフト)」- 「両面バルコニーにロフト付の明るいリビングダイニング」(F様邸の設計士:谷内・川下 This blog written by taniuchi)



大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
お披露目会

今回のH様邸は・・・
開放感のあるペニンシュラキッチンで、扉面材もご自身で選ばれたH様邸仕様のオーダーメイドキッチン!石目調、マッドブラックの扉や本体がカッコイイ仕上がりとなりました。今回のブログでは、キッチン廻りを中心に、勝手口からインナーガレージに出れる間取りについてもご紹介させていただきます。


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成する予感に今からワクワクです



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方の新築一戸建て(注文住宅) H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり

キッチンキッチン

左が「家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き」に、右は「アイカのお気に入り面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン」へ移動します


マッドブラックの石目調面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン

アイカのお気に入り面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン
キッチンは、タカラスタンダードのフラット対面プラン

設備まわりのショールーム巡りでは、LIXILの石目調の黒い面材に魅力を感じたH様。しかしLIXILでもその素材感を選べるのはグレードも価格もかなりアップのシリーズで、その他の機能的にはタカラスタンダードに惹かれる このことをお伺いして、タカラスタンダードの担当業者さんに相談したところ金額は変わりますが、アイカ工業の面材をタカラのキッチンに組み込めますとの朗報が

お見積りをして、「このくらいなら予算だせそう!理想のキッチンが出来ます♪」と二つ返事でお返事いただき、H様仕様の特注ペニンシュラキッチンが完成しました アイカの面材は「TJ-897」マッドブラックの石目調です

ペニンシュラキッチンを選ぶポイントで、「油ハネ対策がしっかりしていること」もキッチン選びの重要ポイントだったそうです
コンロの前も壁なしで、開放感、リビング・ダイニングとの一体感がある「ペニンシュラ(半島型)キッチン」 レンジフードは右壁につける形状で、コンロのまえには油ハネ対策でオイルガードが組み込まれています。ペニンシュラキッチンを選ぶポイントで、「油ハネ対策がしっかりしていること」もキッチン選びの重要ポイントだったそうです 色、質感、使い勝手と、全ての理想を叶えたキッチンです

奥行は800mmのタイプ。キッチン前の空間、ダイニングテーブルをどう置くかも考えて、奥行を選定しました
奥行は800mmのタイプ。キッチン前の空間、ダイニングテーブルをどう置くかも考えて、奥行を選定しました

コンロの反対側、ダイニングテーブルを置く横にはパソコンコーナーや、電話、モデム置きとなるカウンターを設置。ここも、こだわりポイントのひとつ キッチンと同じアイカ工業の面材でカウンター板を制作しました

コンロ横の扉が洗面室への入り口、後ろの扉がパントリーへの入り口、パントリーの左右にそれぞれ食器棚と、棚に家電などを置くようになっています
こちらは前回のブログでもご紹介させていただきました

コンロ横の扉が洗面室への入り口、後ろの扉がパントリーへの入り口、パントリーの左右にそれぞれ食器棚と、棚に家電などを置くようになっています

家電などを置く棚の裏は冷蔵庫スペース その横には外鍵付きの勝手口があり、インナーガレージに繋がっています
家電などを置く棚の裏は冷蔵庫スペース その横には外鍵付きの勝手口があり、インナーガレージに繋がっています

完成した注文住宅。外から見たビルトインガレージ。
外から見たビルトインガレージ。奥の左角、少し出角になっている部分が、勝手口となります。奥行きは、勝手口前のポーチと階段を除いても約6mの空間があります。車をガレージの前の方に停めると、バイクの作業スペースも確保できる計画です

_ALA6573-HDR (1)
次回は、大きな掃き出し窓のあるリビング空間を、お披露目会の様子と共にお届けさせていただきます リビングお披露目会編もお楽しみに


WEB内覧会ブログ(キッチン)」- 「アイカのお気に入り面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン」(H様邸の設計士:原戸・川下 This blog written by harato)


大阪 注文住宅で建て替えM様邸のご紹介
キッチンと玄関収納

今回のM様邸は・・・
ゆったりとした玄関ホールからLDKにつながり、キッチンに洗面室を隣接させた奥様にとっては嬉しい平面プラン。キッチンにはパントリーを洗面室には収納棚を設け、奥様の家事効率をアップさせました。今回は充実した玄関周りの生活動と奥様の家事動線に配慮した水廻りと収納プランをご紹介します。


契約までの経緯
建て替えを検討し始められたころ、匠建枚方のホームページをご覧になりお問い合わせをいただきました。2日後にモデルハウスをご案内。建築商品である注文住宅の内容や、会社の方針・姿勢についてご説明いたしました。お話をうかがうと、約1年後から建替えを開始される予定。その間、他社も含めて慎重に検討されるようでした。月日は流れ、最後は、建築商品の内容や、価格など、弊社に魅力を感じていただきご縁を頂戴いたしました。

設計について
シューズクロークとコート賭けのあるゆったりとした玄関ホール。洗面室はタオルなど収納するための棚をご提案。開放感のあるLDKには奥様のご要望で間接照明を取り入れたうえで、お部屋をさらに広く感じさせるように工夫しました。

2階は3帖のウォークインクロゼットと、ご主人の仕事スペースとして書斎コーナーを確保し、バルコニーは雨の日でも洗濯物が干せるようにインナーバルコニーを配置しました。

ガレージは、普通自動車と軽自動車の2台を止めれるように計画させていただき、外観のデザインはシンプルな片流れ屋根をご採用。外観のアクセントとして小窓4つを取り入れました。

2017年6月20日を過ぎて、現在は、クロスの打ち合わせに入り、どの壁紙を選ぶのか検討されております。どんなお部屋のイメージに仕上がるのか完成が楽しみです。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方市の注文住宅 M様邸のご紹介

顔合わせ玄関収納とキッチン

左が「M様邸の上棟まで|動線を考えた収納と照明計画で大人な空間に」に、右は「充実の収納計画とキッチンからの家事動線に配慮した生活空間」へ移動します。


充実の収納計画とキッチンからの家事動線に配慮した生活空間

玄関には【ゴルフバックを置いたり、カッパを干せる空間が欲しい】ということで「靴棚を備え付けたシューズクロー」をご提案
玄関には【ゴルフバックを置いたり、カッパを干せる空間が欲しい】ということで「靴棚を備え付けたシューズクローク」をご提案 右側部分も物置きとして活用できるように300mmほどのスペースを確保しました。また、お客さんの動線にも配慮できるようにと、シューズクロークからホールに上がれるように計画しています

【かばん掛けか、コート掛けが欲しい】とのご要望でしたので、玄関ホールに「コートハンガーの収納」を設けました。
シューズクロークの棚には「ダイケンのカンタナを採用」。M様邸の靴棚で最大48足まで収納できます。十分過ぎる収納力ですね

また、【かばん掛けか、コート掛けが欲しい】とのご要望でしたので、玄関ホールに「コートハンガーの収納」を設けました。その上部に棚を取り付け物置きとしても活用できるようにしています。

靴棚やコートハンガーを含めても、ゆったりとしたスペースが確保できているので、様々な使い方が考えられますね M様邸はどんな玄関廻りになるのかな また、お邪魔させていただくのが楽しみです

1階のトイレは、階段下のため背面の壁を200mmほどふかし(200mmの壁をつくり)、出来る限り圧迫感がないように工夫しました
2階のトイレはTOTOの商品を採用。黒色のクロスでかっこよく仕上がりました
1階、2階のトイレはTOTOの商品を採用。1階のトイレはピンク色のクロスで可愛らしく、2階のトイレは黒色のクロスでかっこよく仕上がりました 1つの家で違った雰囲気の味わえるトイレがあると、気分も変えれていいですよね

1階のトイレは、階段下のため背面の壁を200mmほどふかし(200mmの壁をつくり)、出来る限り圧迫感がないように工夫しましたまた、ふかし壁の上に棚板を設け、物置スペースとして活用しました

奥様のご要望で『ルンバの基地』をつくるために建具をカット。この小さな空間からルンバが自由に出入りすることができます
キッチンは奥様にとってもはや必須とも言えるパントリー。棚も5枚あり収納力も十分ですね
玄関ホールからキッチンへ

キッチンは奥様にとってもはや必須とも言えるパントリー棚も5枚あり収納力も十分ですね 2枚上の写真でわかるように、M様のパントリー収納は、床から少し空間を設ける計画としました。奥様のご要望で『ルンバの基地』をつくるために建具をカット この小さな空間からルンバが自由に出入りすることができます【充電もできるようにしたい】とのお話もあり、パントリーの内部にコンセントを設けてます。充実した収納力とお掃除しやすさを兼ね備えた非常に使い勝手のよいパントリーに仕上がっています

奥様から【タオルなど収納できるスペースが欲しい】ということで、「可動式収納棚」をご提案しました。
洗面化粧台は、パナソニックの【シーライン】をご採用。ミラーに取り付けられたライン照明が特徴です
洗面化粧台は、パナソニックの【シーライン】をご採用。ミラーに取り付けられたライン照明が特徴です お打ち合わせでは、奥様の家事動線がしやすいようにとお聞きし、洗面室はキッチンに隣接する配置計画としました

また、奥様から【タオルなど収納できるスペースが欲しい】ということで、「可動式収納棚」をご提案しました。この洗面収納はパントリーと同じ大きさで収納力は充実 可動棚の右側面には、ご主人の髭剃りの充電等用としてコンセントを設けています。2.3帖ほどの広さですが、家事動線と実用性を兼ね備えた洗面室が出来上がりました

ユニットバスは「パナソニックのFZ」をご採用。たくさん物が干せるようにと「物干しバー」も1本追加されました
ユニットバスは「パナソニックのFZ」をご採用。壁面のパネルは建具(扉)のお色と合わせられました たくさん物が干せるようにと「物干しバー」も1本追加されました

お客さんが来られた時に隠せるようにしたい】とのことをお聞きし、リビング階段の上部には、ロールスクリーンをご提案。
キッチンに戻ってきました【お客さんが来られた時に隠せるようにしたい】とのことをお聞きし、リビング階段の上部には、ロールスクリーンをご提案。色も内装の雰囲気に合った色合いで何の違和感もなく溶け込んでいますね

M様邸は『玄関ホール→キッチン→洗面室』と家事動線に配慮した動線計画としました
キッチンから一歩引いて見える風景ですシステムキッチンはパナソニックを採用。ラクシーナです。

階段の左側に見える建具は、玄関ホールに続く出入口です。M様邸は『玄関ホール→キッチン→洗面室』と家事動線に配慮した動線計画としました プランお打ち合わせ時、洗面室は2Way動線を検討されていましたが、最終プランでは洗面脱衣室への移動距離も短くできたことにより、その必要はなくなりました また、2階にあがる洗濯動線も、階段を隣接させることにより、一層家事効率がアップしましたね


WEB内覧会ブログ(家事動線・収納計画)」- 「充実の収納計画とキッチンからの家事動線に配慮した生活空間」(M様邸の設計士:谷内・森井・川下 This blog written by Morii)


大阪の注文住宅 S様邸のご紹介
上棟にて 記念撮影

今回のS様邸は・・・
S様邸の基礎工事から上棟までをご紹介。現場の流れを説明しながら、捨てコンクリートの役割や、サヤ管ヘッダー方式という給水・給湯システムについても、少しだけ解説させていただきます。


ご契約までの流れ
S様と最初の出会いはモデルハウス。ご案内してから、耐震について関心をおもちでしたので、弊社の耐震の取組みを構造模型を使いご説明。その他、いろんな話をいたしましたが、その時は「他社でも話を聞いてみたい」、ということでした。

その後、S様から相談の連絡をいただいてお会いすることに。何でも、条件の合いそうな工務店を見つけられたようですが、よく調べてみると施工や建築技術に不安が・・・。「安心して家創りを任せられる工務店で建てたい!」とお話しいただき、弊社の設計・施工・耐震にかける情熱をお伝えしたところ、共感され、ほどなくして建築請負契約を締結させていただくことになりました。


S様邸の設計について
1階は「西窓は夕方の日射が遮れるような工夫をしたい」「LDKに続き間の洋室を設けて、玄関ホールからも行き来できるように」「洗面室にたっぷりの収納を」「大きめのシューズクローク」などのご要望があったS様。

上記を踏まえて、南西角に計画したLDKの窓の形状は、掃き出し窓は南面に、腰窓は西面に配置して、西側腰窓の上には900mmバルコニーを持ち出し庇の役目を果たすように計画しました。続き間の洋室も西面に計画しましたので、腰窓にしてシャッターで西日対策ができるようにしています。

また収納部分が充実のS様邸は、洗面室だけではなく、玄関ホール、リビング、キッチンにそれぞれ「必要なものを、必要な場所に」きちんとしまえる収納を計画!さらに1階には土間収納としてのシューズクローク(約2.3帖)と普段使いの靴を入れる下足箱、2階には2室からアクセスできる、3帖のウォークスルークローゼット(WTC)を計画しています。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 S様邸のご紹介

お顔合わせ白地の背景

S様邸の上棟|収納たっぷり!2室から使えるWTCのある家」へ移動します。


S様邸の基礎工事

IMG_2641 560
S様邸はこのような高低差のある敷地。左側(東側)を5mほどあけて駐車場スペースを確保した上で、建物を計画しました。敷地の北側、西側が道路となっており、さらに東側も敷地の空きを確保するので、3方向から光の入る明るいお家になる予定です

IMG_5283 560
建物の配置を出し、掘り方がスタート 掘り方とは、基礎を作るために地盤を掘削する作業のことをいいます。掘り方のあとは砕石を敷き、その上に「防湿シート」を敷きます。この防湿シートを敷くことで地盤からの湿気をシャットアウトします 

IMG_5404 560
防湿シートの上に捨てコンクリートを打設 この「捨てコンクリート」には大きな役割が2つあります。1つは「墨出し」を正確に行えること基礎コンクリートの型枠を組む際の位置出し作業がスムーズに行えます。

2つ目は、コンクリートの適正な「かぶり厚さ」を確保できること鉄筋コンクリートの基礎では、鉄筋を覆うコンクリートの厚みに規定があります。これが「かぶり厚さ」と呼ばれるもので、土に接する底盤は6㎝と定められています。捨てコンを打設したあと、鉄筋を配筋しますが、鉄筋の下には鉄筋を受け止める『6㎝角の「サイコロ」と呼ばれるコンクリート片』を1m以内の間隔で配置します。この「サイコロ」は、下に打ってすでに固まっている、捨てコンクリートで支えられ、沈みこまないことによって、基礎全体で正確な「かぶり厚さ」が確保されるようになります。

IMG_5479 560
こちらが、鉄筋を組み終わったときの様子

鉄筋を一定の間隔で配置し、結束線で固定していきます。このときに先ほどご説明した、サイコロ(スペーサーとも呼ばれます)を鉄筋と捨てコンの間にはさんでいきます。

この状態で配筋検査を受け、合格後に型枠を組んでコンクリートを流し込みます

IMG_5627 560
ベースコンクリートの打設が終わったら、さらに型枠を組んで、立ち上がりのコンクリートも打設していきます。養生期間を経て基礎が完成すれば、いよいよ大工さんの工事に取り掛かっていきます。

S様邸の上棟工事

IMG_5796 560
基礎工事が終わり、作業は大工さんによる「土台敷き」へ Jotoテクノの基礎パッキンを施工し、その上に土台を敷き、床を支える大引きや鋼製束も設置していきます。

 Jotoテクノの基礎パッキン
『Jotoキソパッキング工法』による床下全周換気は、従来工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現。土台の腐れを防ぎシロアリを寄せ付けにくい環境づくりに貢献します。

『Jotoキソパッキング工法』は、シロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ることでシロアリの被害を防ぐという、人にも環境にも優しい工法です。この工法は、過去40年の間に250万戸の住宅で採用されています。「Jotoしろあり保証制度」は万が一、シロアリ被害が発生した場合でも、10年間にわたり、最高500万円まで補償するものです。『Jotoキソパッキング工法』、そしてその構成部材をきちんと使用すればシロアリの被害は防ぐことができるという自信があるからこその制度です。(城東テクノ株式会社のHPより引用)

IMG_5805 560
大工さんが測っているのは土台天端の高さ この上に1階の床合板を貼っていくので、計測器を一定の場所において、このように棒につけた機械を順番に当てていくことで各地点の高さ(レベル)が同じになっているか確認していきます

IMG_5806 560
この時には床下の給水・給湯配管も施工されています。青給水、赤給湯の配管で、水道引込み口からの水、給湯器からのお湯はそれぞれ1ヵ所の「ヘッダー」というところから分岐して各箇所に配管されています。(=サヤ管ヘッダー方式)

サヤ管ヘッダー方式は、水漏れ等がないかのチェックが1ヵ所でできるので、維持管理に非常に有利で、なおかつ各箇所の水量・湯量も安定します

IMG_5825 560
土台のあとは、高性能の床下断熱材「アクリアUボードピンレス」を大引き・土台に固定していきます 

IMG_5823 560
その上から24mmの床合板を貼ります水平構面の剛性が高く、施工性にも優れた「剛床」という工法です。このあとは、床合板の上に1階で敷く材料を置いて養生 上棟に向けての準備は万端です

IMG_5829 560
上棟当日 1階の柱・梁まで組み終わり、これから2階の床を貼っていきます。

構造を担う主要な木材は、プレカット加工(機械による継ぎ手加工)を行い、現場搬入されます。そのため上棟日の作業開始から1時間半ほどで、このような状態まで作業は進みます すごいですよね

プレカット技術により、「後期の短縮」「安定した加工品質」「コストの削減」などを図ることができます。このプレカットのためには事前打合せが必要不可欠。匠建枚方では、上棟の約一ヶ月前に、棟梁・プレカット業者・弊社工事監督(設計が直接参加することも)で2時間ほどかけて入念に行われています

IMG_5837 560
2階の床合板を貼っていったら、引き続き2階の柱小屋組み垂木・野地板といった屋根下地の工事をしていきます。

IMG_4700 560
S様邸の全景、野地板を貼り終わったところです。外周部の養生も完了して、上棟当日の大工さんの作業はここまで 豊永棟梁はじめ大工の皆様、お疲れ様でした

そしてS様 上棟、心よりおめでとうございます
今までお打ち合わせしてきたものが少しずつ形になっていく…とても楽しみですね

DSC07555 560
後日、現場にて豊永棟梁とのお顔合わせもさせていただきました。写真は、建物の四方にお酒を撒いて清めているところ

DSC07570 560
続いて施主様には、お米とお塩を撒いていただきます。四方清めの儀です
ご主人様、素敵な笑顔をありがとうございます

DSC07577 560
続いて奥様にも、お米とお塩を撒いていただきました

新しいお家ができていくワクワクした気持ちがこちらにも伝わって来そうなお写真ですね これからもよろしくお願いいたします

DSC07604 560
最後には記念撮影もさせていただきました

現在はクロスのお打ち合わせも完了し、外構工事のお打ち合わせに入ろうかというところ 建具の色や壁紙もどんな感じにしようかたくさん悩みましたよね それが仕上がって、目に見える形になっていくのが本当に楽しみです


WEB内覧会ブログ(上棟)- S様邸の上棟|収納たっぷり!2室から使えるWTCのある家  written by 設計室 原戸


大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
キッチンはパントリー付き

今回のH様邸は・・・
家事動線、生活動線に配慮された水廻りをご紹介。今回お伝えしたいのは、玄関ホール→洗面室→キッチンと回廊できる間取りに加えて、パントリーも設けた奥様に嬉しい平面プラン!これからお家を建てるお客様に参考にしていただけるところがいっぱいあると思いますので、しっかり伝わるように書かせていただきます♪


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成する予感に今からワクワクです



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方の新築一戸建て(注文住宅) H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり

キッチン白地の背景

家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き」へ移動します


家事動線に配慮した2WAY動線

玄関からホールへ
玄関からホールへ 階段の隣にある扉はLDKに、突き当たり正面の扉は洗面室にそれぞれつながっており、左手にはトイレがあります。

トイレのアクセントクロスは、シックに千鳥格子のチェック柄
トイレのアクセントクロスは、シックに千鳥格子のチェック柄
ハウンドトゥースチェック柄とも呼ばれるそうで、どちらも「千鳥の飛ぶ姿に似ている」「チェック一つひとつの柄が、ハウンド・トゥース(犬の爪)に似ている」という形の特徴からきた名称だそうです

窓は、隣地を気にせず開口できて、少しの雨除けにもなる「高所用横すべり出し窓・ワイド1195mm」チェーンを引っ張って開閉するタイプです

床はサンゲツのフロアタイル「NK-304」、天井クロスは「RE-2563」天井は、ラメの入ったマッドブラックの壁紙です。モノトーンの空間に合わせたトイレはLIXILのベーシアハーモJタイプの、ピュアホワイト色 汚れがつかない衛生陶器「アクアセラミック」のトイレです。

玄関ホール→洗面→キッチンと回廊できる間取り
ホールの奥は洗面脱衣室 奥様待望の2WAY動線

「アイランドキッチンか、ペニンシュラキッチンのどちらかにしたい」「生活動線、家事動線に配慮して、玄関ホール→洗面→キッチンと回廊できる間取りに」というのが奥様たっての希望!打ち合わせの時にお持ちいただいたラフプランでは、キッチンの後ろに洗面室がありましたので、廊下スペースの縮小化を図るために、洗面室とキッチンを横に並べるプランをご提案させていただきました

加えてキッチンの後ろにはパントリースペースをご提案させていただいたのですが、こちらについては後ほどご紹介させていただきますね

ワイドサイズのシーライン

洗面化粧台は、パナソニックのシーライン。オーダーサイズのワイド1200mmです。3面鏡は「ミドルミラー(3面鏡の収納部分の下もミラー)」に変更
洗面化粧台は、パナソニックのシーライン。オーダーサイズのワイド1200mmです

「広々使えるように」と大きな洗面化粧台に変更し、さらに奥行き300mmの収納棚を設置小物やタオル、上の方にはストックの洗剤などがしまえるようになっています。※下の部分は、トイレからの収納スペースとして活用しています。収納力と使い勝手はバッチリです 3面鏡は「ミドルミラー(3面鏡の収納部分の下もミラー)」に変更していますので、小さなお子様もお顔がしっかり見えますね

窓はトイレと同じく「高所用横スベリ窓」でワイドは1650mm。天井に近い窓は天井を照らし、部屋全体が明るく感じます また窓位置が上の方になるので、洗濯機の上にも棚を計画しやすくなっています

どこでもスピーカーでリラックス

タカラスタンダードの「どこでもスピーカー」を設置しています
バスルームタカラスタンダードのリラクシア

アクセントパネルは「ウォルナットブラック」でシックにかっこ良く そしてゆっくりリラックスできる空間にするために タカラスタンダードの「どこでもスピーカー」を設置しています

防水仕様のマグネット式アクチュエータースピーカー

防水仕様のマグネット式アクチュエータースピーカー。スピーカーに備えたマグネットをホーロー等磁性のあるパネルに取り付けると、本体から音の振動が伝わり、パネル全体がスピーカーとなるユニットである。浴室の壁であればユーザーの周囲360°全方向から臨場感のある音に包まれる新しい癒しの体験を提供する。音楽は脱衣室に置いたスマートフォン等の音楽端末からBluetooth®によって発信が出来るので、浴室外への配線が不要になる。防水機能のある端末であれば、本体上面に設置して動画を楽しむことも出来る。本商品は浴室以外でも日常の様々なシーンで使用出来るため、持ち運びしやすく、使い勝手の良いデザインを目指した。(グッドデザイン賞HPより引用)

パントリーとペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンの左側がパントリーとなります。
洗面室から見たLDK 写真左手がパントリーとなります。

パントリーの左側にワイド900mmの食器棚を置き、右側の固定棚は電子レンジや炊飯器などを置くためのもの 真ん中がパントリーに入る扉
パントリーの左側にワイド900mmの食器棚を置き、右側の固定棚は電子レンジや炊飯器などを置くためのもの 真ん中がパントリーに入る扉となっており、このように扉を閉めることでスッキリ隠せますし、引戸ですので開けたままでも邪魔にならない 使い勝手が良い空間に仕上がっています

パントリー内部は、写真では隠れている手前側と正面(窓のある面)L型に奥行き300mmの可動棚を設置。残りの1面は高さ1800mmに固定棚を設置
パントリー内部は、写真では隠れている手前側と正面(窓のある面)L型に奥行き300mmの可動棚を設置。残りの1面は高さ1800mmに固定棚を設置し、奥行きのある引出し収納家具やお米の袋、カンビン用のゴミ箱なども置けるようになっています


WEB内覧会ブログ(キッチン)- 家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き  written by 設計室 原戸

このページのトップヘ