注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

2017年11月


大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
芝生とプライベートコートのあるモダンハウス

今回のH様邸は・・・
LDKと一体で使えるテラスデッキ、視線を気にせず楽しめるプライベートコート(庭)を中心に、可愛い小道や丘のある外構計画についてご紹介させていただきます。奥様からのイメージを元に外構図面を作成、打合せを重ね、現地でも位置や高さ確認をしながら完成に至ったのですが、モダンな外観と、緑あふれる暖かみのある外構がベストマッチしたお家に仕上がりました。


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成しました!



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり

キッチンキッチン

左が「家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き」に、右は「アイカのお気に入り面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン」へ移動します

ダウンライトバルコニー

左が「ダウンライトの色で空間演出 テラスに出る窓はワイドサイズ」に、右は「シックな寝室と洗濯物干しは階段上がってすぐのL型バルコニーへ」へ移動します

子供部屋外観

左が「ワンフロアの子供部屋を将来壁を作って2室に分割する工夫」に、右は「芝生とプライベートコートのあるモダンハウス」へ移動します


芝生とプライベート空間のあるモダンハウス

角地に建つ「芝生とプライベート空間のあるモダンハウス」H様邸
角地に建つ「芝生とプライベート空間のあるモダンハウス」H様邸。当初からのご希望は「リビングに面した広い庭スペース」でした

外観は濃紺と木目色に。外壁のパワーボードは「フラットパネル」を基調にして、塗料は耐候性に優れた「プレミアムシリコン」から75-20Bという色目を選定。バルコニーやパラペット木目色部分には「ウェーブライン」というデザインパネルを選ばれました。塗料は同じく、プレミアムシリコンの「17-40H」です。

屋根はケイミュー「遮熱グラッサ」のクールブラック。ガレージの屋根は、屋根勾配を緩やかにできるガルバリウム鋼板」のスチールブラックを採用。屋根下の「軒」といわれる部分は「N-15」というマッドブラックの色目を選定しております。

庭スペースの下部、ブロック積みの塀は様々な検討を重ねて、CB(コンクリートブロック)積みのベルアート塗装仕上げに
庭スペースの下部、ブロック積みの塀は様々な検討を重ねて、CB(コンクリートブロック)積みのベルアート塗装仕上げに

当初は、一般的な化粧ブロック数種類よりご提案 という形だったのですがイメージに近いものが無く、少しグレードを上げるとかっこいいイメージのものが見つかったけれども、思ったより金額が上がってしまい… 何度か比較、検討をして、ベルアート塗装仕上げに落ち着きました。

しかし、色々検討した結果、素敵なこともありました こちらの塀に「East Town ◯◯-◯」と文字を入れる案は、グレードを上げた化粧ブロックの施工写真からヒントを得たもの 回り道してこの形に仕上がりましたが、その要素を上手く取り入れたプランに仕上がったのではないでしょうか。

エントランスは少しウェーブした小道に。その周りは小さい丘を作って、芝生敷きで仕上げています小道はコンクリートのイメージで仕上げたいとのご希望でしたが、アプローチですので、コンクリートよりも見た目がキレイに保てる「洗い出し」を採用。縁取りには「ピンコロ石」の黒みかげをいれています。

アプローチ階段のタイルは、ニッタイのロマー二95番。天然石のような色むらが美しい黒いタイルです。手摺のブラックがまた映えますね
アプローチ階段のタイルは、ニッタイのロマー二95番。天然石のような色むらが美しい黒いタイルです。手摺のブラックがまた映えますね

門柱は「美濃クラフトのCHABA - m30」ブラック、ポストは「DETAIL」のレッドです。
門柱は「美濃クラフトのCHABA - m30」ブラック、ポストは「DETAIL」のレッドです。このポストだけが赤色で、とっても素敵なアクセントになっています

ビルトインガレージとは別で2台目の駐車スペース「オープンガレージ」を計画
「小さい丘をつくりたい」というのは、平面プランお打ち合わせのときからお伺いしていましたので、緑地スペースである丘をつくりつつ、ビルトインガレージとは別で2台目の駐車スペース「オープンガレージ」を計画

1台目の駐車スペース「インナーガレージ」と合わせて2台分の駐車スペースを確保しています インナーガレージについては「こちら」のブログでご紹介しています

 お次は、プライベートの庭スペースをご紹介。

庭スペースの目隠しはEXTILEのアーバンフェンス。耐水性・耐候性に優れたPS発泡樹脂を採用しており、色褪せしにくい!腐食しない!カラーバリエーション豊富!
外からは見えにくいようにアプローチ階段をつくっています

庭スペースの目隠しはEXTILEのアーバンフェンス。耐水性・耐候性に優れたPS発泡樹脂を採用しており、色褪せしにくい!腐食しない!カラーバリエーション豊富!

一枚一枚組み合わせていきますので、枚数や板の隙間はお客様のお好み次第♪豊富なバリエーションがございます。H様邸でも、室内からの見え方、テラスに出たときの高さを現地で確認して、最終決定に至りました

ワイドの広い掃き出しをLDKに設け、リビングと一体感のあるタイルテラス。
一番上のテラスデッキはタイル仕上げ。ニッタイのロマーニ05番。白いタイルで広く見えるように 目隠しフェンスの具合もいい感じ

ワイドの広い掃き出しをLDKに設け、リビングと一体感のあるタイルテラス。掃き出し窓上のバルコニーは、出幅910mmですので、雨よけの庇にもなっています

テラスには、立水栓と防水コンセントも設置していますので「テラスでバーベキューやプチパーティ」なんかも素敵ですね

住宅地に建つ、プライベートコートのあるH様邸。癒しのプライベート空間に仕上がりました
植栽スペースも設けて、癒しのプライベート空間に仕上がりました
住宅地に建つ、プライベートコートのあるH様邸。
こんな素敵なお庭がある家に私も住みたいです


WEB内覧会ブログ(外観スタイル)」- 「芝生とプライベートコートのあるモダンハウス」H様邸の建築士 原戸(This blog written by Harato)


大阪の注文住宅 S様邸のご紹介
オリジナリティあふれるシンプルモダンの外観スタイル

今回のS様邸は・・・
かっこよく仕上がった、外観と外構廻りをご紹介いたします。
当初よりご希望の強かった、すっきり!凹凸のない外観。鮮やかなブルーの外壁。軒の出をできるだけ少なくしたい。。。など土地の条件も考慮しつつ相談しながら行き着いたデザイン、オリジナリティ豊かな外観をご案内いたします。


S様邸の土地について
匠建枚方との出会いです。ネットで建築会社を探されていたところ、弊社ホームページをご覧になり、「他社とは一線を画し、ユニークだ」ということで、メールから問い合わせをいただき、弊社が資料を送付したあとに来店くださいました。

新築用地を探すにあたり、条件面での重要な内容は、「お子様の幼稚園と小学校の兼合いで入居は約1年後」と「ご主人の通勤の便を考え、JR沿線の交野市・枚方市を中心に」。土地を探し始め約1ヶ月後、S様のご希望にそう物件情報が弊社のもとに入り情報提供から現地見学へ。ご希望通りピッタリの土地ではないものの、宅地の条件と環境に魅力を感じられ、お問い合わせから約2ヶ月で土地のご契約に。ご要望だった、入居時期もご希望にそうことが出来ました。


S様邸の設計について
初めてお打ち合わせのさい、ご主人がノートパソコンをご持参され、ヒアリング内容を打ち込みながらの進行。今後の展開を考えると少し緊張いたしましたが、それは思い過ごしでした。その後は、元気なHちゃんKくんを交えながらの楽しい打ち合わせの日々。あっというまに完成へ向かうことになりました。

S様ご夫妻の希望はシンプル。外から見た時に『凸凹がない』『リビングは長方形。窓から庭が見える。広くみせたい』『玄関~洗面~キッチンは導線をスッキリさせたい』『外構はシンプル。できる限り低コストに』

何パターンかのプランと全体のスケールを最終検討のうえ、図面を確定させていただきました。ゆったりしたリビングに、便利な洗濯導線、外回りのシンプルスタイリッシュな外構が魅力。そんなS様邸をご紹介いたします。




直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方の新築一戸建て(注文住宅) S様邸のご紹介

上棟にて 家族写真お披露目会

左が「S様邸の上棟と基礎工事 スッキリとした外観 お庭に物干しスペース」に、右は「明るい玄関まわり|玄関・シューズクローク・トイレ」へ移動します。

LDK寝室

左が「リビングの窓はシンプルアートIIと内倒し窓で並べて美しく」に、右は「お布団も収納できる横並びのクローゼットで収納力アップ」へ移動します。

外観白地の背景

オリジナリティあふれるシンプルモダンの外観スタイル」へ移動します。


オリジナリティあふれるシンプルモダンスタイル

外観に映えるカッコいい大型二輪車はご主人愛用のバイク
外観に映える、カッコいい大型二輪車はご主人愛用のバイク。絵になりますね~

外観デザインは『シンプルが良いんです』とご夫婦。そして『外観は、まず凹凸が無いこと!』。正面から玄関に入る形もご相談させていただきました

S様邸の住環境は第1種低層住居専用地域で、北側斜線がどうしてもかかります。正面からのイメージは、もっとフラットでシャープなスタイルがよかったのですが、そこは制約の厳しい用途地域、外観よりも室内の動線を考慮することに!

屋根材も吟味して桁オトシにはなりましたが道路側からみてもスッキリした印象に『軒の出も出来るだけ無いほうが良い』。パースでぐるぐる回しながら何度も確認 その成果があり、行きついた先は……ひとの注目を集める、『オリジナリティあふれるシンプルモダンの外観』が完成しました

繊細なラインが美しい都会的な外観。外壁材はヘーベルパワーボード。「ライン50」を縦張りしております。
繊細なラインが美しい都会的な外観。外壁材はヘーベルパワーボード。「ライン50」を縦張りしております。

設計当初より明確なイメージをお持ちでしたので、外壁の色も決まってらっしゃいましたね イメージした外観の色調を調べ、できる限り近い色の塗装板を3種用意し、光にあてながら選別し決定されました。

正面から見た窓はサイズと色を揃え、ブラックの枠に 1階の窓との間にある換気扇カバーはご主人の作成。多彩な技術をお持ちです

土間は、手入れの事も考え土間コンクリート直押え仕上 伸縮目地と化粧砂利の白を敷きスッキリさせました。
外観スタイルを際立たせたいので、外構はシンプルでいいですとおしゃってたS様。その通りになりました。おかげで3台ほど車を止める事ができるように。

土間は、手入れの事も考え土間コンクリート直押え仕上 伸縮目地と化粧砂利の白を敷きスッキリさせました。カーポートの屋根も検討しましたが、やっぱり外観が損なわれる事を懸念され取りやめに。。。

駐輪スペースは左の勝手口側奥のスペースにテラス屋根を設置し雨除けできるようにされました。高さ等は現地で外構屋さんと一緒に確認していただき決定。

このウッド調のタイルはニッタイ「セルヴァン(SER-916-40)」
また、玄関へのアプローチは右側から
階段は枕木をイメージされていたのですが、メンテナンスとコストを検討しタイルに変更されました。

このウッド調のタイルはニッタイ「セルヴァン(SER-916-40)」。数色ありましたが、門柱に入れた壁装飾の角窓に合わせてチョイス

玄関ポーチまでは土間コンクリート直押えでゆったりとしたスロープ状に
入り口部分は同じ「ライン50」を横張りにして少し変化を付けられましたポーチタイルはLIXIL「フィネッツァ(FN-11)」です。
玄関ポーチまでは土間コンクリート直押えでゆったりとしたスロープ状に。

正面のブルーの外壁と1階部分の勝手口とこの正面玄関の一部を除くと、他の外壁は全て白いフラットパネルです。入り口部分は同じ「ライン50」を横張りにして少し変化を付けられましたポーチタイルはLIXIL「フィネッツァ(FN-11)」です。

装飾壁の角窓はユニソン「ウインドウクレイのアンチックベージュ」
門柱壁は既存のブロックも利用し、外構打ち合わせいたしました。「シンプルだけどカッコ良く」。装飾壁の角窓はユニソン「ウインドウクレイのアンチックベージュ」

ポストは、ユニソン「コラーナのSブラウン」でシンプルに。表札は一発決定!?美濃クラフトから アイアンマンに
アイアンマンがピンコロを運んでいるような・・・ユーモアのあるも表札
アイアンマンがピンコロを運んでいるような・・・ユーモアのあるも表札を選ばれています

打ち合わせの度、元気なK君とHちゃんとのお話しや遊びに脱線しながら楽しい打ち合わせとなりましたね。引越しされて、新しいお家での生活は少し落ち着かれたでしょうか♪ 何かありましたら何時でも『K君お気に入りの石田』にご連絡下さいませ


WEB内覧会ブログ(外観スタイル)」- 「オリジナリティあふれるシンプルモダンの外観スタイル」I様邸の建築士 谷内(This blog written by Taniuchi)


京都の注文住宅 I様邸のご紹介
上棟にて

今回のI様邸は・・・
I様邸の基礎工事から上棟までをご紹介。現場の流れを説明しながら、基礎工事の内容について少しだけ解説させていただきます。また、別の日に棟梁とのお顔合わせをしていただき、その日にお酒・米・塩で建物の四隅をお清めされましたので、こちらのようすもお伝えいたします。


ご契約までの流れ
今回ご紹介するI様は、職場が同じ枚方市のI様よりご紹介を頂きました。奥様のご実家が向日市ということもあり、周辺エリアを中心に土地探しを開始。ご主人様はビルトインガレージの家が建てれる敷地を強く希望されておりましたので、間口がある程度確保できる物件をご提案。

いくつかの物件をご紹介した中で条件にあう土地を気にいられ、弊社の建築商品の内容や、価格などに魅力を感じて頂いたうえで、土地の売買契約を締結。その後、建築請負契約を結ばさせて頂きました。


I様邸の設計について
I様の建物は、3階建てのビルトインガレージ。ビルトインガレージは、ご主人の車のメンテナンスのスペースも考慮し、約16帖ほどの広さを確保。外観は白色をベースにバルコニーとパラペットは水色で洋風なイメージに。またバルコニーには、アクセントに装飾用の面材を取り入れ、外観の魅力をさらに引き立てました。

1階は小スペースを最大限に活かし、「アールの垂れ壁」、「壁面のくりぬき」などでインパクトのある仕上がりに。

家族が一番長い時間を過ごす2階は、見せ梁を利用した照明計画・お洒落なキッチンフロア・I様お気に入りのサークル窓など、こだわりが盛りだくさん。また、バルコニーに側には、幅2500掃き出し窓を配置し、明るく開放的な空間になるように計画しています。

3階は、お子様のお部屋とご主人・奥様のお部屋で、ガラスに組子が入った魅力的な窓を取り入れられました。

建物の細部までこだわったI様のお住まい。現在は、クロスの打ち合わせに入り、どの壁紙を選ぶのか検討されております。どんなお部屋のイメージに仕上がるのか完成が楽しみです。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

京都の注文住宅 I様邸のご紹介

上棟白地の背景

I様邸の上棟~内部工事|ビルトインガレージのある住まい」へ移動します。


I様邸の上棟式

DSC09161 (1)
DSC09163 (1)
お顔合わせでは、朝元棟梁のご紹介のほかに、「お酒・米・塩で建物の四隅をお清め」儀式も行っていただきました 朝元棟梁がお酒を、続いてI様にはお米、お塩をまいていただきます。ご主人様・奥様カメラ目線ありがとうございますバッチリ決まってますよ

DSC09177 (2)
最後にご主人様のご要望であったビルトインガレージの前で記念撮影 S君のヘルメット姿……かわいらしく写っていまあす これは一生の思い出になりそうですね

I様、上棟おめでとうございます。完成がものすごく楽しみですね素敵なお家にしていきましょうねこれからもよろしくお願い致します

I様邸の基礎工事

IMG_5646 560
I様の土地は、元々は駐車場でした建物の工事を始める前に、まずは道路のアスファルトの撤去から始まりました。撤去後の写真です。アスファルトはキレイに取り除かれましたね
ここからいよいよ基礎工事始まっていきます。

IMG_6116

I様邸の基礎工事が始まりました初めに基礎を作るため、建物の外周部に沿って土を掘る【掘り方】と呼ばれる作業から始まります。その後、砕石を敷きプレートランマー(プレートコンパクター)で転圧、防湿シートをかぶせて土からの湿気を防ぎ、捨てコンクリートを打設します

この「捨てコンクリート」には大きな役割が2つあります1つは【墨出し】ですこの【墨出し】を行うことで、基礎コンクリートの型枠を組む際にライン出しの作業がスムーズになります。2つ目は、コンクリートの適正な「かぶり厚さ」を確保できることです適正なかぶり厚さを確保することは、建物が沈みこまないといった不同沈下に対しても有効です

IMG_1400
IMG_6142
こちらは配筋の様子

鉄筋を一定の間隔で配置し、結束線で固定していきますこのときに、後から打設するコンクリートの重みで鉄筋が下ってしまわぬように、サイコロ(スペーサー)を鉄筋と捨てコンの間にはさんでいきます。このサイコロはかぶり厚さを均一にするための支えになります
写真では、段違いになっている部分が見られますねこの立上がりが大きい部分が【深基礎】と呼ばれるもので、名前の通り実際の基礎よりも深い基礎になっていますI様の深基礎部分がビルトインガレージになりますこの状態で配筋検査を受け、合格後コンクリートを流し込みます。
IMG_6427 560
配筋検査も終わり、コンクリートを打設が始まります
IMG_6288 560
生コンをミキサー車で運んでくれた業者さんがセメントミルクを流し込み、基礎業者さんが固まる前のコンクリート(セメントミルク)をならしていきますコンクリートが均一になるように、 一つ一つの工程を手堅く確実に作業を進めるのは、しっかりとした基礎を造るためです

I様邸の上棟工事

IMG_6433-Edit (1)
IMG_6440 560
いよいよ大工さんによる土台敷きが始まりますI様邸の棟梁は朝元棟梁。朝元棟梁は働き盛りの第一線で活躍されている大工さんです

土台敷きの流れとして、基礎の上に、城東テクノのパッキン→土台→断熱材→24mmの床合板を貼っていきます。 水平構面の剛性が高く、施工性にも優れた「剛床」という工法です。

なにやら白い綿のような物が全面に敷き詰められていますねこれは、以前のブログでもお伝えしましたアクリアUボードピンレスと呼ばれる床の高性能断熱材です。この断熱材施工後に床合板を貼っていきます

IMG_6481
上棟の前の下準備として1階の床合板まで貼り終えました I様の1階部分のほとんどは、ビルトインガレージとなっています。メインのお部屋は2階、3階にございます 下準備も完了し、後は上棟を待つのみですね

IMG_6492 560
上棟日当日は、天候にも恵まれ絶好の上棟日和となりました 安全対策と注意事項について、 朝元棟梁をはじめ、クレーンのオペレーター、ガードマンなど当日作業に関わる全員で確認の後、上棟作業はスタートします 午前中の作業は順調に柱、梁と施工は進み、2階の床合板まで貼り終えました

IMG_6507 (1)
こちらはバルコニーになります 建築基準法では、バルコニーの高さは床から1100以上の高さを確保しなければなりません。安全対策としてもお子様の転落防止にもなります 写真に見えます柱に対して垂直に交わる部分が、ちょうど1100の高さ。I様邸のバルコニーには装飾用の面材が取り付きますどんな仕上がりなるのか完成がすごく楽しみですね

IMG_6509-Edit (1)
2階部分も終了し、最後に屋根を組んでいきます 小屋梁・垂木の施工を終えると、あとは垂木の上に野地板を施工して建物の躯体は完成です 屋根を組み始めると建物の全景が見えてきます。建物の全景が見えてくる瞬間は、何度見ても感動します

IMG_6512 (1)
垂木をかけ終え最後に野地板を張っています 垂木の下には棟換気をする「通気スペーサー」が張られています これは、上から打ち付けている野地板との間に垂木の厚みくらいの通気層をつくり、軒下から入った空気を屋根の尾根から換気する役割があります

IMG_6516 560
野地板を貼り終わると大工さんの上棟日の作業は終了 夕方には屋根の業者さんがきて、屋根の防水下地「ルーフィング」を施工します。水下側から順に、上にかぶせるように施工することで、雨水の侵入を防ぎます

IMG_7083 (1)
現在、内部造作工事から内装工事に進行中
3階の天井下地が出来上がっています。この下地は軽量鉄骨天井下地。石膏ボードをはるための下地材です。木製ではなく鉄骨製を使うことで、ひねり・うねりをできるだけ抑えることができます

IMG_7082 (1)
バルコニーに面した3階の洋室。バルコニーへの出入り窓は、床より200mmほど上げて防水工事をおこないます

IMG_7081 (1)
その他の3階の洋室は子供部屋2室。

IMG_7085 (1)
2階リビング。このサークル窓!かわいいですよね
大きさや高さのバランスは、リクシルのカタログを参考にしています。設計打合せの時にI様と内観パースを見ながら決定した思い出の窓。小さい二つのサークル窓はリクシルのシンプルアート。開閉するんですよ


WEB内覧会ブログ(上棟工事)」- 「I様邸の上棟~内部工事|ビルトインガレージのある住まい」I様邸の建築士 森井・廣田(This blog written by morii)


大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
ワンフロアの子供部屋を将来壁を作って2室に分割する工夫

今回のH様邸は・・・
前回に引き続き、2階のお部屋をご紹介させていただきます。
H様邸の子供室は全3室ですが、そのうち2つは1室の続き間に仕上げています。お子様の成長に合わせて間取りを変えれるように、今はあえて「開閉できる扉をつける」ではなく、「まったく壁を設けない」という選択をされて広い空間を確保。ただ、その中でも「将来、壁を作りやすいように」という工夫は忘れずに!生活スタイルに合わせて変化できる子供室のご紹介です。


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成しました!



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり

キッチンキッチン

左が「家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き」に、右は「アイカのお気に入り面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン」へ移動します

ダウンライトバルコニー

左が「ダウンライトの色で空間演出 テラスに出る窓はワイドサイズ」に、右は「シックな寝室と洗濯物干しは階段上がってすぐのL型バルコニーへ」へ移動します

子供部屋白地の背景

ワンフロアの子供部屋を将来壁を作って2室に分割する工夫」へ移動します


ワンフロアの子供室を将来壁を作って2室に分割する工夫

クローゼット横の窓は隣地と視線が合いにくいように、横スベリ窓でスリット状の窓を計画。
2室続きの子供室。あえて今は、壁も扉も設けずにワンフロアの広いお部屋に

クローゼット横の窓は隣地と視線が合いにくいように、横スベリ窓でスリット状の窓を計画。お部屋は将来、同じ間取りで、それぞれ約4.7帖確保できるようになっています。クローゼットの横にベットを置いて、その横に学習机を並べ、机2つを隣り合わせにして勉強ができるような間取りです

将来は子供部屋を2室に分けて使うことを前提に、扉はそれぞれ設置。
もちろん、将来は子供部屋を2室に分けて使うことを前提に、扉はそれぞれ設置。スイッチやコンセントも扉の横にそれぞれ計画、今は天井裏に隠れていますが、将来的に壁が作れるように細工もしています

天井裏にたれ壁(=下地)が入っているので、この場所に新たな柱を固定し、壁が作れるようになっています
こちらはH様邸、施工中のお写真。壁にはそれぞれの扉の枠組みがあり、天井は「軽天」が組まれている中に木材でたれ壁を作っている場所があります。天井裏にたれ壁(=下地)が入っているので、この場所に新たな柱を固定し、壁が作れるようになっています 幼少の頃はすっきりワンフロアに、成長したら子供部屋の中央に壁を作って2室に分割。その前提でこのような下地の工夫をおこないました。

※「軽天」…正式には、建築用鋼製天井下地という名称になります。
軽天が木造住宅で普及する以前は下地に木材を使っていました。今は、後々の天井クロスへのヒビ割れが少ないと言われている軽天を、木材より少し単価は上がりますが匠建枚方の全物件で採用しています。

こちらはダイケンの「マドモ」という商品。FIXの室内窓で、吹き抜けの玄関ホールの明かりが子供室にも届くようになっています
反対側を見るとこんな感じ
左右対称、同じ形でクローゼットがありますが、クローゼット横の窓は先ほどのアングルで写真に写っている窓と少し形が違いますね 

こちらはダイケンの「マドモ」という商品。FIXの室内窓で、吹き抜けの玄関ホールの明かりが子供室にも届くようになっています

子供室のフローリングは、アイカ工業の「タフユカNEO」から「SN(スマートオーク)色」を
H様邸には子供室がもう一室 間取りと広さは、続き間を2つに分けたときのそれぞれのお部屋とまったく同じなので、「お兄ちゃんの部屋、おっきいー!」なんて喧嘩の心配もありませんね

ご紹介が遅れましたが子供室のフローリングは、アイカ工業の「タフユカNEO」から「SN(スマートオーク)色」を、扉は1階や寝室と同じ「I色」を選ばれました。

クローゼット扉はお部屋の壁紙になじむように、白の木目調「P色」を選定。
クローゼット扉はお部屋の壁紙になじむように、白の木目調「P色」を選定。天井にもグレーの落ち着いた色合いを持ってきているので、クローゼットは白のほうが、扉や天井のアクセントクロスが際立って、洗練された空間に仕上がりますね

2階のトイレは、LIXILのベーシア(フチレス)。汚れが非常につきにくい「アクアセラミック」という素材の陶器を使用しています
2階のトイレは、LIXILのベーシア(フチレス)。汚れが非常につきにくい「アクアセラミック」という素材の陶器を使用しています

WEB内覧会ブログ(子供部屋)」- 「ワンフロアの子供部屋を将来壁を作って2室に分割する工夫」(This blog written by harato)


大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
L型バルコニーのインナーバルコニー

今回のH様邸は・・・
H様邸の寝室とバルコニーをご紹介させていただきます。
日々の生活を少し楽にするバルコニーへの洗濯動線&インナーバルコニーのメリットと、クローゼットとウォークインクローゼットの違いなどのご説明も交えつつ、H様邸のプライベート空間のもようをお届けさせて頂きます。


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成しました!



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり

キッチンキッチン

左が「家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き」に、右は「アイカのお気に入り面材+タカラの特注ペニンシュラキッチン」へ移動します

ダウンライトバルコニー

左が「ダウンライトの色で空間演出 テラスに出る窓はワイドサイズ」に、右は「シックな寝室と洗濯物干しは階段上がってすぐのL型バルコニーへ」へ移動します


階段の踏面はアイカ工業のDN(ダンベルオーク)色

 吹抜けに面した階段を上がり、2階のプライベート空間をご紹介
H様邸のWEB内覧会もいよいよ後半戦 吹抜けに面した階段を上がり、2階のプライベート空間をご紹介させていただきます

階段の踏面は、アイカ工業のDN(ダンベルオーク)色
階段の踏面は、アイカ工業のDN(ダンベルオーク)色 暗い印象になりすぎないように、蹴込と側板はホワイト色でまとめました。

吹抜けと階段、2階ホールの天井はRE-2731。ブラックの壁紙を選ばれています

吹抜けに面した子供室にダイケンのマドモ

吹き抜けに面した子供室には、室内窓、ダイケンのマドモという商品を採用されました。
吹き抜けに面した子供室には、室内窓ダイケンのマドモという商品を採用されました。吹き抜けをいかして、玄関ホールに降り注ぐ光を、2階の子供室にも届けられるようにしています

照明器具は施主様の持ち込み 4灯の光で空間全体を照らします

シックな寝室にたっぷりお洋服を掛けれる収納

こちらは寝室です。 6.8帖の空間で、巾木(壁と床の見切材)もダーク色に
こちらは寝室です。 6.8帖の空間で、巾木(壁と床の見切材)もダーク色に
天井は先ほどご紹介させていただいたホールと同じ、RE-2731というクロス。シックで大人っぽい寝室に仕上がりました

天井の壁紙は明るければ天井が高い印象に、暗めだと落ち着いた空間に仕上がります。寝室や和室、天井が高い吹き抜けなどには、ワントーン落とした落ち着いた色合いや、木目調など使ってみるのも素敵ですよ


寝室のフロアは、アイカ工業のタフユカNEO「ダンベルオーク色」出入口ドアは、アイカ工業のI色で「サイドモール」というデザイン。クローゼット扉は、少し明るめのR色にしました

1.5間(2730mm)のワイドが広〜いクローゼット
ウォークインクローゼットにも憧れていたH様
WICを希望されていた1番大きな理由は「たっぷりお洋服を掛けれる収納」でしたので、1.5間(2730mm)のワイドが広〜いクローゼット

間口が広い収納は、ウォークインクローゼットの「歩くためのスペース」を寝室の居室空間に出したイメージ。
間口が広い収納は、ウォークインクローゼットの「歩くためのスペース」を寝室の居室空間に出したイメージ。お洋服掛けのスペースは確保しつつ、寝室自体もウォークインクローゼットをとるより広く計画できました

寝室から出入りできるバルコニーのご紹介
お次は、寝室から出入りできるバルコニーのご紹介。右側の窓を天井近くにしているのも、実は理由があるんです

洗濯物干しは階段上がってすぐのL型バルコニーへ直結

寝室から出た先は1510mmの奥行きがある、インナーバルコニー
寝室から出た先は1510mmの奥行きがある、インナーバルコニー

雨の心配がある日でも、気にせずお洗濯できますね!忙しいご家庭には、かなり嬉しいインナーバルコニーです。これから天井付けの竿掛けを取付します

バルコニーは、こんな風にL型になっています。
そして、H様邸のバルコニーは、こんな風にL型になっています。先ほど寝室の窓が天井近くにあったのは、バルコニーの通路を邪魔しないようにだったんですね そしてバルコニーの繋がる先は…見覚えのあるのあるアクセントクロスの腰壁!

階段上がったすぐの位置にあるバルコニーに繋がっています
そうです 階段上がったすぐの位置にあるバルコニーに繋がっています

洗濯物を干す時は、階段上がってすぐにある出入り口からL型のバルコニーに出て、洗濯物を取り込む時は、寝室でゆっくり畳んで H様邸は、ここにも洗濯・家事動線を考えた工夫がありました


WEB内覧会ブログ(寝室・洗濯動線)」- 「シックな寝室と洗濯物干しは階段上がってすぐのL型バルコニーへ」(This blog written by harato)

このページのトップヘ