注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

カテゴリ: 新築一戸建て


大阪 分譲地に注文住宅 I様邸のご紹介
外観スタイルはシンプルモダン

今回のI様邸は・・・
シックでカッコイイ外観ファサードのI様邸をご紹介。外観はカッコイイ系で仕上がっているのですが、外構工事で少し可愛さをプラスして♪細部にまでこだわり、お家に帰ってくるたび「あ。ここ好き!」と、毎日が少し楽しくなるような、そんな外観&外構に仕上がりました。


設計のポイント
分譲地に建築されるI様邸ですが、建てるお家はフルオーダーの注文住宅。19.5帖のLDKと、続き間の4.5帖和室がある広々とした間取りの1階には、2.5帖分の吹抜けも設けています。リビング階段と吹抜けの位置関係は最後まで悩んでいましたが、立地条件を最大限に生かした明るいお家になったのではないでしょうか。

建物の西側は、現在分譲地内の一区画の専用通路となっていますので、建物が建つことはありません。そちら方向からの明るさを取り込めるようにと、LDKと吹抜けは西側に。階段や水廻りなどのスペースは東側に計画しています。

1階の平面プランのポイントとしては「リビング階段で家族のコミュニケーションを図れるようにそれでいて、テレビの前を横切らない間取り」「シューズクロークウォークインパントリー、洗面専用でも収納棚と収納充実のプランニング」「和室は続き間で、リビングと一体的に使えるように」「2本の見せ梁がある吹抜け空間」などがございます。

2階は、8帖の寝室と5帖少しの子供室が2室、バルコニーとトイレという間取り。日当たりの良い南西側に、屋根のあるインナーバルコニーを配置し、廊下から直接出入りできるよう計画しました。


バスケのイケメン

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 I様邸のご紹介

地鎮祭りにてご家族の記念撮影吹き抜け

左が「I様邸の上棟|地鎮祭の地鎮の儀・基礎工事・棟上げ」に、右はI様邸のお披露目会|心地よい光が降り注ぐ吹き抜けのリビング」へ移動します。

トイレ吹き抜け

左が「モザイクタイルをワンポイントに コスミオンとシエルグラス」に、右は「2本の見せ梁でデザインした吹き抜け 便利な1帖のパントリー」へ移動します。

洗面寝室

左が「洗面台の横に造作ニッチ キッチンと水廻りをまとめるメリット」に、右は「寝室に幅2700mmのクローゼットと900mmの収納棚」へ移動します。

外観白地の背景

3つの箱を組み合わせたシンプルモダン 門灯にレトロランプ」へ移動します。


3つの箱を組み合わせたシンプルモダンの家

3つの箱を組み合わせたシンプルモダンの家
3つの箱を組み合わせたシンプルモダンの家

外壁は、タテライン50とジーファスチェック75、フラットパネルの3つのパワーボードを使い分けています。色は茶色系と悩まれて…こげ茶をぐっとトーンダウンした黒に近い色を選ばれました。5区画の分譲地ですので、他と調和を取りつつ、でも他と同じはイヤ 外観デザインとカラーは色々と悩みましたよね 悩んだ甲斐あって、素敵な感じに仕上がりました

境界の内側にコンクリートブロック塀を建ててベルアート塗装仕上げ、目隠しと門柱の役割を担いました
まず玄関ドアやアプローチ通路は、お家の右側に計画。境界の内側にコンクリートブロック塀を建ててベルアート塗装仕上げ、目隠しと門柱の役割を担いました

目隠しの壁には四角い開口部を設置可愛いアクセントに
玄関ドアはジエスタのB21型(今は“P16型”と名称が変わっています)。
玄関ドアはジエスタのB21型(今は“P16型”と名称が変わっています)。
クリエモカ色に、取っ手はS型取っ手のブラックを選択。シルバーとブラックの2色があるのですが、玄関ドアの色とI様邸の外壁にとても合っていますねカザス」というエントリーシステムを採用しているので、普段使わない鍵穴を隠したスッキリしたフォルムのS型取っ手はおススメです

CAZAS+(カザスプラス)
駅の改札は、カードやケータイでピッと通れる。
そんならくらくなスタイルをわが家の玄関に!

スイッチひとつで簡単にオートロックモードに設定可能。帰宅時のうっかり閉め忘れを防止します。ただし、家から外に出るとき(手動で開錠)にはオートロックになりません。ゴミ出しなどの際外へ出ても、閉め出される心配はありません。

カード紛失時も、お手元にあるすべてのカードを再登録すれば、紛失したカードが無効化。従来のカギのようにシリンダーごと交換する必要はありません。

三協アルミのカーポート(カムフィエース)とサイクルポート(カムフィエース ミニタイプ)を設置しました。
三協アルミのカーポートカムフィエース)とサイクルポート(カムフィエース ミニタイプ)を設置しました。柱はサッシと同じ、ホワイト色。屋根はポリカーボネ-ト板のかすみです明るい印象で汚れも目立ちにくい

計画当初からカーポートとサイクルポートのご要望をお伺いしておりましたので、アプローチ階段にも庇になる部分を設けて、雨に濡れずに移動できる計画になっています

アプローチにクレモナプレートとライムアレーナ

アプローチ通路は、ユニソンの乱形石「クレモナプレート」を敷き詰め、縁取りは「ピンコロ石(白御影)」でボーダー状に仕上げました
アプローチ通路は、ユニソンの乱形石クレモナプレート」を敷き詰め、縁取りは「ピンコロ石(白御影)」でボーダー状に仕上げました デザインはとってもキュートですが、奥様の選ばれた色合いのおかげで可愛くなりすぎず、カッコイイ外観と調和の取れた仕上がりになっていますね

階段とポーチには、ライムアレーナLN-13というグレーのタイルを使用。門柱はすこし凹ませてタイル貼りに。アイランドのモザイクストーン、ナチュラル色です
階段とポーチには、ライムアレーナLN-13というグレーのタイルを使用 お写真ではわかりづらいですが、ライムストーン石の落ち着いた表情と質感が魅力的なタイルです。

門柱はすこし凹ませてタイル貼りに アイランドのモザイクストーン、ナチュラル色です マッドな仕上がりと、ミックスしてある色合いがなんともいえない、素朴な可愛さを醸し出していますよね

可愛くなりすぎず のテーマに一役買っているのが、ダークグレーの落ち着いた色合いでまるっこいフォルムのポスト こちらのポストは施主様の支給品です

門灯に美濃クラフトのレトロランプ

門灯は美濃クラフトのレトロランプ(RLS-1) ブラックフレームと赤色のかさがアクセントのブラケット照明です
門灯は美濃クラフトのレトロランプ(RLS-1) ブラックフレームと赤色のかさがアクセントのブラケット照明です

表札もブラックアイアンで調和もとれて、先ほどご紹介したタイルも映える 素敵な門柱に仕上がりました(苗字にモザイクをかけているのが残念)

可愛い&カッコイイの調和が取れた、I様邸のご紹介でした
以上、可愛い&カッコイイの調和が取れた、I様邸のご紹介でした


WEB内覧会ブログ(外観デザイン)- 3つの箱を組み合わせたシンプルモダン 門灯にレトロランプ  written by 設計室 原戸


大阪 土地探しからの注文住宅 S様邸のご紹介
シンプルモダンの外観スタイル

今回のS様邸は・・・
ブルーの空にそびえたつシンプルモダンの外観。眩しいほどのホワイトカラーに、絶妙なバランス感覚のアクセント。行きかう人の視線を集めます。たくさんの想いが凝縮されたS様邸。今回は外観と外まわりをご紹介いたします。

S様邸の土地(宅地)について
「お子様の注意が行き渡りやすい」との理由からマイホームはマンション志向だったS様。思いがけない展開から、弊社が配布した売地のチラシをご覧になり、一戸建てにも興味が沸き起こったようです。そのチラシに記載していた売り土地は、弊社の建築いただいたお施主様から、売却のためにお預かりしていた宅地。S様は土地勘を頼りに、この宅地や周囲の環境を幾度か確認しに行かれたそうです。

その後、弊社のホームページをご覧になり、牧野本町のモデルハウスを見学できるということに気づかれ来場されました。そこでは、S様が「一戸建ての良いところ、利点は何ですか?」と質問され、スタッフが「自分も子供が生まれ手狭になったので、マンションを売却して、一戸建てを新築した」経験談をお伝えしたりしながら、戸建ての利点をさらにご説明したようです。

それからは、急展開した戸建て住宅の建築に興味が傾いてゆき、モデルハウスの見学からほどなく、弊社がお預かりしていた宅地をご契約され、新築注文住宅を建築いただくようになりました。 

設計のポイント

設計のポイントは「安心の子育て住宅」です。
お子様に愛情をそそいでいらっしゃるS様。幼いうちは大人が予測不可能な行動をとるので、それを避けるために、1階を生活の場としたいとのご意見。これが設計の大きなポイントになりました。共用スペースは玄関ホールのみに、あとは、親が子供を見守れるリビングルームを中心とした動線におさめています。

お子様の遊び場をキッチン横につくったのは、忙しい奥様の負担を軽減するように。おもちゃがリビングに乱雑に散らかるのを防ぎ、「リビングの中にも収納を」とのご要望にも添った、キッチンからもお子様の動きがうかがえる、『クローク付きの遊び場』になります。これで安心してお料理が作れますね。

また、玄関から真っ直ぐキッチンに入れる動線と、ダイニングに入れる2方向の生活動線を確保したことで、お買い物の後はすぐにキッチンへ、お客様を招いたときにはダイニング側からリビングへ、使いやすいレイアウトを実現しています。

参考にして頂きたいポイントはいくつかあるのですが、その中でも、造作のカップボードは、隠す収納として、キッチンまわりをスッキリさせたいお客様には需要があると思います。「南海プライウッドのユニモ2の収納ユニット」を収納内部に組み込み、造作カップボードを設計してつくっています。


バスケのイケメン

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 S様邸のご紹介

地鎮祭での記念撮影S様邸の地鎮祭

左が「S様邸の地鎮祭|鍬入れのあと鎮め物を土地に納める鎮物埋納の儀」に、右は「子育て住宅S様邸の地盤改良工事~上棟 厚み150mmの基礎」へ移動します。

お披露目会でお子様がポーズキッチン

左が「S様邸のお披露目会|安心して子育てができる1階の間取り」に、右は「カップボード|ユニモ2の収納ユニットと3枚連動の引き戸のコンビ」へ移動します。

遊び場玄関

左が「収納付の子供の遊び場とエイダイのテレビボード(フロートタイプ)」に、右は「玄関に姿見付きの小物収納ボックス/スリッパ収納ボックス」へ移動します。

バルコニー外観

左が「壁で囲った屋根付きバルコニーはお子様と遊べるプライベート空間」に、「シンプルモダンの外観 車から降りて濡れずに玄関まで移動」へ移動します。


シンプルモダンの外観スタイル 車から降りて濡れずに玄関まで

車から降りたら、濡れずに玄関まで移動したい。ガレージ側にアプローチ階段をもうけ、ポーチの屋根をその上にスッポリかぶせています。これで、家と一体感を形成する、自然なデザインになりました
S様邸のコンセプトは「かっこよすぎず、かわいすぎず。シンプルに」。外観デザインは、2回目の提案で好評価をいただきました

車から降りたら、濡れずに玄関まで移動したい」。これはよくあるご要望ですが、実は難しいプランです。ガレージから屋根をかける必要がありますので、土地の面積や形状、方角、玄関の位置関係、外観のデザイン等がうまく調和しないと無理が生じるからです

S様邸の玄関は正面を向いていますが、ガレージ側にアプローチ階段をもうけ、ポーチの屋根をその上にスッポリかぶせています。屋根の形を統一することにより、家と一体感を形成する、自然なデザインに仕上げています

アプローチの通路はしっかり1000mm幅。階段1段のステップ幅も300㎜ありますので、ゆったり上がっていただけます。
そのアプローチがこちら。
右側の壁は、屋根を支える目的の他に、手すりの役目も果たしています。アプローチの通路はしっかり1000mm幅。階段1段のステップ幅も300㎜とっているのでゆったり上がれます

_ALA7501-HDR (1)
外観は、シンプルモダンスタイル。今度は正面から見てみましょう。

パワーボード。正面のデザインパネルはレリーフの大谷石。ここには白色を塗装。左側のコーナーは、レリーフ木目を縦張りにして、こちらにはダークブラウンを塗装しています

(先ほどご紹介した)アプローチ階段のポーチの屋根は、大屋根の形状にあわせ片流れの屋根でデザイン。屋根を支える正面の壁は、アーチ状に開口をもうけました。

手すり壁は、同じダークブラウンの木目を横張りにしてアクセントに。柔らかな一面をデザインに取り入れてみたところ「お~っ!いいな~」。喜んで頂いたS様ご夫婦の笑顔が思い出されます

サイクルポートはカムフィエース ミニタイプ。表札は美濃クラフトの「キャレスティLED(BX-71)」を建物の外壁に取り付けました。
カーポートとサイクルポート(カムフィエース ミニタイプ)は、外観デザインを損なわない同色のホワイトに

サイクルポートの位置や高さは、S様による指定条件がありました。①木目のアクセントパネルが隠れないこと。②アーチの開口デザインを損なわないこと。③ポストや表札が、うまく壁面におさまること。④宅配ボックのススペースを確保すること。

建築現場で、S様と外構業者さんと打ち合わして頂き、この条件をクリアしているか確認してから工事を進めました


表札は、上に門灯が付いているのが一般的ですが、S様のセレクトされたのは「光る表札」。美濃クラフトの「キャレスティLED(BX-71)」を建物の外壁に取り付けています。※建物の外壁に光る表札を取り付ける場合は、建築中に電気の配線を外壁に仕込む必要があります。決定はお早目に

美濃クラフトの LEDバックライト表札「キャレスティLED(BX-71)」
美濃クラフトの LEDバックライト表札「キャレスティLED(BX-71)」(出典 美濃クラフト)

パナソニックの宅配BOX「コンボ」

最近オーダーが急上昇している「宅配ボックス」。据え付けたのは「パナソニックのCOMBO(コンボ)」。豊富なバリエーションの中から、一番大きなサイズを選ばれました。
最近オーダーが急上昇している「宅配ボックス 据え付けたのは「パナソニックのCOMBO(コンボ)」。豊富なバリエーションの中から、一番大きなサイズを選ばれました

コンボなら、こんなに便利
● 時間指定なしで、受け取れる。
● 配達時間を気にせず、お出かけができる。
● 再配達を依頼する手間がいらない。
● 電気配線工事が不要で、取り付け簡単。
● 押印も可能。1納品につき1回のみの押印でイタズラ防止。

表情豊かな天然石はスクエアストーン

ご提案したのは「天然石」。アイランドの「SquareStone(スクエアストーン)、ナチュラル」で、これは石英岩です。
「ガレージはタイヤ痕が残るのを最小限にしたい」。S様のご要望でした。対策としては、「インターロッキングを貼ったり、カラーコンクリートにしたり」と方法はいくつもあります。

ご提案したのは「天然石」。アイランドの「SquareStone(スクエアストーン)、ナチュラル」で、この石は石英岩です。ガレージの奥行の半分以上と、サイクルポートの部分を全面、贅沢に貼らせていただきました! おかげで、表情ゆたかなアプローチに仕上っています

天然石の豊かな表情が外部空間に彩りを与えます。
SquareStone - スクエアストーン
天然石の豊かな表情が外部空間に彩りを与えます。サイズバリエーションも豊富に揃えておりますので、あらゆるプランに対応できます。((株)アイシン - アイランド Square Stone

カーポートはカムフィエース

カーポートは三協アルミのカムフィエース
カーポート三協アルミのカムフィエース

カーポートの奥にリビングの掃き出し窓があります。部屋へ差し込む光を遮らないように、「屋根はかすみ」をご選択。「こんなにも明るい


WEB内覧会ブログ(外観デザイン)- シンプルモダンの外観 車から降りて濡れずに玄関まで移動  written by 設計室 廣田


大阪 分譲地に注文住宅 I様邸のご紹介
寝室に幅2700mmのクローゼットと900mmの収納棚

今回のI様邸は・・・
チェックのアクセントクロスが可愛い子供室と、収納たっぷり+天井付竿掛けも完備の寝室、奥様のセンスが光るサニタリースペースなどをご紹介させていただきます。
2階の吹抜けでは、窓のとり方による風通しのお話もさせていただいております♪


設計のポイント
分譲地に建築されるI様邸ですが、建てるお家はフルオーダーの注文住宅。19.5帖のLDKと、続き間の4.5帖和室がある広々とした間取りの1階には、2.5帖分の吹抜けも設けています。リビング階段と吹抜けの位置関係は最後まで悩んでいましたが、立地条件を最大限に生かした明るいお家になったのではないでしょうか。

建物の西側は、現在分譲地内の一区画の専用通路となっていますので、建物が建つことはありません。そちら方向からの明るさを取り込めるようにと、LDKと吹抜けは西側に。階段や水廻りなどのスペースは東側に計画しています。

1階の平面プランのポイントとしては「リビング階段で家族のコミュニケーションを図れるようにそれでいて、テレビの前を横切らない間取り」「シューズクロークウォークインパントリー、洗面専用でも収納棚と収納充実のプランニング」「和室は続き間で、リビングと一体的に使えるように」「2本の見せ梁がある吹抜け空間」などがございます。

2階は、8帖の寝室と5帖少しの子供室が2室、バルコニーとトイレという間取り。日当たりの良い南西側に、屋根のあるインナーバルコニーを配置し、廊下から直接出入りできるよう計画しました。


バスケのイケメン

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 I様邸のご紹介

地鎮祭りにてご家族の記念撮影吹き抜け

左が「I様邸の上棟|地鎮祭の地鎮の儀・基礎工事・棟上げ」に、右はI様邸のお披露目会|心地よい光が降り注ぐ吹き抜けのリビング」へ移動します。

トイレ吹き抜け

左が「モザイクタイルをワンポイントに コスミオンとシエルグラス」に、右は「2本の見せ梁でデザインした吹き抜け 便利な1帖のパントリー」へ移動します。

洗面寝室

左が「洗面台の横に造作ニッチ キッチンと水廻りをまとめるメリット」に、右は「寝室に幅2700mmのクローゼットと900mmの収納棚」へ移動します。


2階ホールの吹き抜け空間に木製格子の手摺

腰壁ではなく、木製格子の手摺を設けることで、開放感&リビングと一体感のある廊下になっています。
階段を上がった先はリビングの吹抜空間となっています

腰壁ではなく、木製格子の手摺を設けることで、開放感リビングと一体感のある廊下になっています。床はLIXILのチェリー色、木製手摺はクリエモカ色で

吹抜部分の窓枠は、木製手摺と同じクリエモカ色で合わせて、可愛い縁取りのある窓に仕上がっています 正面の2つがFIX窓、左にある窓が縦スベリ窓になっており、こちらは2階ホールから手を伸ばして開閉できるようになっています 夏場、1階の暖かい空気は上に上がり、窓から出て行く。そうすると1階の窓からは外の空気が入りこんで、室内に風が生まれる。換気効率も考慮した窓配置になっています。

子供部屋に色違いのアクセントクロス

アクセントクロスを色違いのチェック柄で仕上げています。シンコールのビックエース「BA-6167(グレー)」「BA-6041(ベージュ)」
子供室は2室あり、アクセントクロスを色違いのチェック柄で仕上げています。シンコールのビックエース「BA-6167(グレー)」「BA-6041(ベージュ)」、どちらも子供部屋にぴったりのアクセントクロスです

4つの窓はW410×H380のFIX窓と横すべり窓。小さすぎず、大きすぎず 可愛いフォルムに仕上がりました
こちらは、もうひとつの子供室 お子様ができて、可愛い遊び道具が増えて、本棚やベットも置くようになって…想像しただけでワクワクしてきますね

4つの窓はW410×H380のFIX窓と横すべり窓。小さすぎず、大きすぎず 可愛いフォルムに仕上がりました

横すべり窓は、上を軸に(=横を軸に)した外開き窓 少しの雨の日なら、気にせず換気をすることができますね ※ ちなみに、外開き窓の場合は部屋内側に網戸がついているのでご安心を

ベッドルームに幅2700mmのクローゼットと900mmの収納棚

8帖のお部屋と、2700mm幅のクローゼット、階段上を利用した900mmの収納棚がある寝室となっています。
寝室は「RE-3095」 グレージュな水色をアクセントクロスに選ばれました

8帖のお部屋と、2700mm幅のクローゼット、階段上を利用した900mmの収納棚がある寝室となっています。

2700mmのクローゼットは、扉はスッキリ1セット しかし内部は2つに分かれていて、2/3が上段とハンガーパイプで、残りの1/3は高めの棚板と上下2本のハンガーパイプが設置されています。
2700mmのクローゼットは、扉はスッキリ1セット しかし内部は2つに分かれていて、2/3が上段とハンガーパイプで、残りの1/3は高めの棚板と上下2本のハンガーパイプが設置されています。

プランのご希望の中で「ウォークインクローゼット」というご要望が多いのですが、間取りによってはこのように「ワイドの広いクローゼット」のほうが、通路スペースが必要となるウォークインクローゼットより有効に使える場合もございます

また上下2段のパイプは、ワイシャツなど(丈の長くないシャツ)の多いご家庭では、大変重宝されると思いますので、こちらも収納計画をお考えの際に、参考にしていただければと思います

寝室にNASTAのエアフープとランドリーポール

寝室天井には天井付竿掛け、NASTAの「エアフープ」と「ランドリーポール」、室内物干しを設置。
寝室天井には天井付竿掛け、NASTAの「エアフープ」と「ランドリーポール」、室内物干しを設置。夕方、洗濯物があと少し乾かない なんて時に大活躍する部屋干しアイテム 取り外しもとても簡単なので、必要なときにささっと使えて便利です

NASTAのエアフープとランドリーポール

トイレは木目調でコーディネート

上下クロスの境目には、クリエモカ色の見切材を入れてワンアクセントの光る空間になりました
2階のトイレはTOTOのタンク付き 白い木目調クロスと淡い水色クロスの組み合わせ

上下クロスの境目には、クリエモカ色の見切材を入れてワンアクセントの光る空間になりました 床のクッションフロアも同系色の木目調でコーディネート 奥様のセンスが光る素敵なサニタリースペースです

たっぷり洗濯物が干せるインナーバルコニー

奥行き1800mm×幅3600mmとたっぷり洗濯物が干せるスペースと、天井に竿掛けを設置
インナーバルコニーとなっていますので、雨の日も気にせずお洗濯ができますね
バルコニーへは廊下から出入りできるスタイル 奥行き1800mm×幅3600mmとたっぷり洗濯物が干せるスペースと、天井に竿掛けを設置 インナーバルコニーとなっていますので、雨の日も気にせずお洗濯ができますね

お部屋のような天井収納庫

天井収納庫も廊下と同じフロア仕上げに
また、廊下には「天井収納庫」も計画しています  今回、天井収納庫も廊下と同じフロア仕上げに 窓もあって、壁紙も貼ってあって、お部屋としてもじゅうぶん使えそうな空間ですね

天井収納庫からみた廊下
天井収納庫からみた廊下 必要なときだけ現れる天井収納庫も魅力的です


WEB内覧会ブログ(寝室・子供部屋)- 寝室に幅2700mmのクローゼットと900mmの収納棚  written by 設計室 原戸


大阪の注文住宅 O様邸のご紹介
上棟にて記念撮影

今回のO様邸は・・・
O様邸の基礎工事から上棟までをご紹介。基礎工事の流れを順を追って、また、わかりやすくお写真を添えてお届けさせていただきます。また上棟では、「プレカット工法」という木材加工のことや、後日行わせていただきました棟梁さんとのお顔合わせのもようもお伝えさせていただきます。最後まで、よろしくお願いいたします♪


O様邸の設計について
「玄関に吹抜け空間を」「ワイド寸法の大きいパントリー」「洗面の2WAY動線とたっぷり収納」「ダイニングの奥のパソコンカウンター」などの間取りのご希望があったO様。弊社モデルハウスが希望に近いということで、その要素を取り入れつつプランニングスタート!リビング階段は必要ではないとのことでしたので、吹抜けと階段を繋げて『実質1.5帖→体感3帖の吹抜け』を実現☆階段はひな壇階段、手すりは格子にすることで、さらに開放感を増しました。

他にも「吊押入のある続き間和室」「和室はくつろぎ空間に最適な配置で、畳はメンテナンスが容易なダイケン畳を採用」「こだわりのキッチンとユニットバス」「1階のトイレは広く感じるように&収納たっぷり」など、こだわり盛りだくさんなお家です。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 O様邸のご紹介

上棟白地の背景

O様邸の上棟|切妻屋根の可愛いお家の全景ができるまで」へ移動します。


O様邸の基礎工事

写真は「掘り方」といって、地盤を掘削する作業が終わったところです
地盤調査の結果、充分に地耐力のある地盤との結果にホッと一安心 調査結果が芳しくない場合も、地盤改良をすればまったく問題ないのですが、地盤改良が必要ない分予算面で余裕ができて、ご希望のトクラスのキッチンとUBを入れれることに

トクラスのキッチンは奥様の希望可愛い色合い&丸いフォルムのシンクが特徴的UB(ユニットバス)は、広々感じるアーチ型浴槽に魅力を感じたそう

写真は「掘り方」といって、地盤を掘削する作業が終わったところです

「防湿シート」を敷いて、地盤からの湿気を防いだ上に、捨てコンを打設しています。
掘り方のあとは、砕石を敷いて転圧。さらに「防湿シート」を敷いて、地盤からの湿気を防いだ上に、捨てコンを打設しています。捨コンは、隅出し(配置決め)がしやすいことや、鉄筋の下にスペーサーとなる石(通称;サイコロ、ピンコロ)を敷いたときに地面への沈み込みがなく適正なコンクリート厚を確保できるなどのメリットがあります

型枠を組み、ベースのコンクリートを打設
型枠を組み、ベースのコンクリートを打設

数日の養生期間経て、立ち上がりのコンクリートも打設しました。
数日の養生期間経て、立ち上がりのコンクリートも打設しました。真ん中のくぼんだところがポーチ、その左手が玄関とシューズクロークです

O様邸の上棟工事

アクリアUボードピンレスを敷き詰めました
基礎工事が終わると、いよいよ大工さんの作業工程に この日は「土台敷き」といって、基礎の上に通気用のパッキンを施工して、その上に“土台”と“大引き”を組み、大引きは鋼製束で支えてレベル(水平)確認、断熱材を敷き込み床合板を貼る、という作業までを行います。

通気用のパッキンとして使用しているのは、Jotoテクノの基礎パッキン

『Jotoキソパッキング工法』による床下全周換気は、従来工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現。土台の腐れを防ぎシロアリを寄せ付けにくい環境づくりに貢献します。

『Jotoキソパッキング工法』は、シロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ることでシロアリの被害を防ぐという、人にも環境にも優しい工法です。この工法は、過去40年の間に250万戸の住宅で採用されています。「Jotoしろあり保証制度」は万が一、シロアリ被害が発生した場合でも、10年間にわたり、最高500万円まで補償するものです。『Jotoキソパッキング工法』、そしてその構成部材をきちんと使用すればシロアリの被害は防ぐことができるという自信があるからこその制度です。(城東テクノ株式会社のHPより引用)

床板には24mmの合板を使った「剛床工法」を採用
床板には24mmの合板を使った「剛床工法」を採用根太工法に比べ施工性がよく、剛性が高い工法です。大工さんは軽々持ち上げて作業しているように見えますが、実際はすっごく重いです 大工さん、やっぱりすごいなぁ

土台敷きのあとは1階の柱、2階の床を支える梁などを準備してブルーシートで養生。上棟の日を迎える準備は万端です

上棟当日は朝元棟梁を中心に作業スタート
上棟当日は朝元棟梁を中心に作業スタート

柱を手作業で立てた後、梁をクレーンで持ち上げて組み上げていきます。柱に“ほぞ(=凸部分)” 梁に“ほぞ穴(=凹部分)”の加工がされており、ピタッとはまる位置に大工さんが合図、レッカー車のアームを誘導します。このクレーン車のオペレーター⇔大工さんとのやり取りも決まった合図がきちんとあって、安全確認をしながら作業します

ちなみに構造を担う主要な木材は、プレカット加工(機械による継ぎ手加工)を行い、現場搬入されます。プレカット技術により、「後期の短縮」「安定した加工品質」「コストの削減」などを図ることができます。このプレカットのためには事前打合せが必要不可欠。匠建枚方では、上棟の約一ヶ月前に、棟梁・プレカット業者・弊社工事監督(設計が直接参加することも)で2時間ほどかけて入念に行われています

全景はこんな感じ
全景はこんな感じ

をかけ終わったら、2階の床合板も貼っていきます
梁をかけ終わったら、2階の床合板も貼っていきます。こちらも2階の柱を建てるための加工(プレカット)がされています。柱、梁は組み終わったあと、水平・垂直を確認して金物で固定していきます

垂木をかけ終わり、屋根の形が見えてきました
垂木をかけ終わり、屋根の形が見えてきました

小屋組みもこのように金物で固定しています
小屋組みもこのように金物で固定しています 切妻屋根の可愛いお家に仕上がります。

束と小屋梁を固定しているのは「かすがい」という金物 ことわざにもなっていますよね 束と束は「雲筋交い」という木材で固定し、様々な方向からの力に抵抗できるように…振れ止めの役割を果たしています

屋根の下地となる野地板を貼り(ここまでは大工さんの仕事)
屋根の下地となる野地板を貼り(ここまでは大工さんの仕事)、その上に防水下地のルーフィングを施工します。上棟日の夕方、大工さんの作業終わりくらいの時間に屋根業者さんが来られて作業します

こちらは玄関先、階段と吹抜けがある部分になります。
こちらは玄関先、階段と吹抜けがある部分になります。お客様を迎える玄関には吹抜けをとこだわった空間。どのように仕上がるか楽しみですね

外部周りは足場シートをかけて、目隠しと、ごみや軽微な建材の飛散防止対策
外部周りは足場シートをかけて、目隠しと、ごみや軽微な建材の飛散防止対策

後日、現場にて棟梁さんとのお顔合わせを行いました
後日、現場にて棟梁さんとのお顔合わせを行いました

朝元棟梁とのごあいさつの後は、建物の隅にお酒・米・塩をまく「四方清め」をしていただきました 簡易式の上棟の儀ではございますが、お客様の一生に一度の大切な思い出になることと思います

奥様も素敵な笑顔をありがとうございます
奥様も素敵な笑顔をありがとうございます

O様とのお打ち合わせは、いつも話題に事足りない楽しい場になっていますよね
O様とのお打ち合わせは、いつも話題に事足りない楽しい場になっていますよね まだまだ打合せは続きますが、これからもよろしくお願いいたします

最後にはなりましたが、O様、上棟おめでとうございます
素敵なお家を建てていきましょうね


WEB内覧会ブログ(棟上げ・基礎工事)- O様邸の上棟|切妻屋根の可愛いお家の全景ができるまで  written by 設計室 原戸


京都 土地探しからの注文住宅 N様邸のご紹介
お子様

今回は・・・
リビングをご紹介。南側からの明るい日差しを取り込みつつ、ダイニングは高天井を採用。キッチンまで明るく快適に過ごせるLDKをご紹介いたします。


N様邸の土地(建築用地)について
新築前の住まいに不満をおもちでした。夏は暑く、冬は寒いうえに収納が少なく整理整頓がしづらい、ガレージ代が高い。これらの悩みが転居へのきっかけになったようですが、一番大きな動機はお子様の出産。お子様の誕生に向けて持ち家への取得を固められました。

当初は分譲住宅・分譲マンションを検討されていましたが、職場の先輩(匠建枚方で注文住宅をご建築頂きました)のアドバイスをうけたこともあり弊社に相談にお見えになりました。

ご希望エリアをお聞きして土地探しをスタート。広範囲のご指定でしたので、30くらいの売り土地をご見学いただきました。その中から、諸条件をクリアしたのがご主人の土地勘のある懐かしい場所。それはお子様をのびのび育てられる地域でした。


設計担当社から
ご主人が幼い頃に慣れ親しんだ地域で、日当たりの良い土地にプランニング。出産されたばかりの奥様に代わり、お忙しいなかご主人との打合せを開始いたしました。

間取りは4LDKでおもなご要望は、「1階は小さくても良いので和室を取り入れたい」「シューズクロークがあれば」「LDK空間に吹き抜けが叶うなら」「2階に書斎が欲しい」とのこと。そして「ガレージスペースは1台分、とご両親やご友人が来たときに止められるスペースがあればなおいいですね」とN様。ご希望を伺ったあと様々な観点から試行錯誤。プランニングを検討いたしました。

レイアウトは南側にリビングルームを確保。キッチン横にはマガジンラックを設け、日中の暖かい日差しの中、快適に過ごせる空間となりそうです。一方、2階の南側はバルコニーに面した2階の寝室に決定。

2階のポイントは、ご要望でした吹き抜けの変わりに「高天井」を取り入れたこと。吹き抜けと比べてもそん色なく「リビングルームが開放的な空間」になっています。おかげで、高天井をとったことによりリビングの上に書斎ルームをレイアウトできました。階段で数段上がると3帖の書斎、この立体的空間構成は注文住宅ならではです。ご主人様と奥様も高天井のリビングと書斎ルームはとても気に入って下さりました。

外観はシンプル美を追求。1階部分の紺色の外観と玄関横の丸窓がポイントになります。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

新築一戸建て(注文住宅) N様邸のご紹介

お顔合わせダイニング

左が「N様邸の上棟まで|幼い頃に慣れ親しんだ地域に注文建築」に、右は「高天井のダイニングは窓から自然光を採り入れ明るく」へ移動します。


自然光を採りこんだ高天井のダイニング

ALA_3865-HDR-Edit (1)
LDKの中のダイニング高天井
高天井の上部には御主人お気に入りの書斎スペースがございます 写真からも分かるように明るい開放的な空間となっていますね。照明器具は大光電機の高所用ダウンライトをお選びになりました 

リビングではTVボードを置く予定の壁面に、レンガ調のクロスをアクセントとして取り入れられています。
IMG_0663 (1)
リビングを背景に記念撮影営業小林の笑顔に?! いえ!手にRちゃん興味深々です レンガ調のクロスはやはりインパクトがありますね。

ALA_3884
リビングから見たダイニングとキッチン。やはり天井が高いと明るいだけでなく、お部屋も広く感じられますね。

今回、高天井を提案する際のポイントとしまして、高天井側の高い位置に窓を設け、自然採光を取り入れることで、お部屋全体に光が行き渡るようなご提案をさせていただきました

自然採光を積極的に取り入れることで、日中電気を使わずに生活することができ、電気料金の削減にもつながります

ALA_3860-HDR (1)
キッチンの袖壁(キッチンの横にある腰壁)には、マガジンラックをご提案。上段は物を飾ったりするスペース、下段は雑誌、新聞等を置くスペースとマガジンラックを最大限に活用 家事の一休み時にも最適です。

キッチンのもうひとつのポイントは化粧柱です 化粧柱は構造上必要な柱ですが、この柱をLDKの雰囲気に合うように仕上げました。キッチンカウンターやフロアなどの色との調和を図るため、化粧柱の塗装はウォルナットに奥様のセンスで決定 いっそう引き立ちますね♪

IMG_0604 (1)
IMG_0656 (1)
N様邸はオール電化をご採用です。リビング側には電気式の床暖房が敷設されております。日常でご家族のこのような団欒のひと時を過ごされることでしょうね

清潔感のある明るいキッチン

IMG_0623 (2)
ALA_3859-HDR-Edit (1)
キッチンはタカラスタンダードを採用。タカラスタンダードの強みはなんといってもこのホーローシステムキッチン。タカラスタンダードのキッチンはホーローだからお手入れはもちろん、収納や調理の面でも効率良く作業できる工夫がされています

また、タカラスタンダードのカップボードも採用されたN様。この4段引出しと家電収納ワゴンボックスは、いずれも人気のある商品で、ご好評いただいております

ALA_3890-HDR (1)
カップボードの横には、パントリー収納

横にはパントリーがありますので、吊り戸はなくされましたリビング側から見てもスッキリ 吊戸に手が届き難い方・・・吊戸を開けると空っぽなんて事ございませんか?そんな時は吊戸無しプランも是非ご検討ください

奥様の家事スペースには、作業を行う手元と足元にダウンライトを配置。手元が明るく照らされることにより、作業効率が上がります。またカップボード上部に引違いの窓を取り付けることで、換気機能の役割も果たします

IMG_0614 (1)
パントリーの中に取り付けられた可動式収納棚の使用方法について現場監督が説明中 この他にも、お披露目会時にシャッターや玄関ドアなどの取り扱いを一つ一つご説明します

ALA_3897 (1)
キッチンからみた様子。キッチンは対面式で、キッチンを視点にLDK全体を見渡すことができます。建具はLIXILのクリエモカ フロアのメープルと合わせた配色で柔らかいイメージに仕上がりました。

多用な使い方ができる和室

ALA_3835-HDR (1)
N様のお家はリビング階段を採用。リビング階段のメリットとしては、2階の部屋に上がる際に、必ずお子様を確認できること 特に小さなお子様がおられる家庭だと、いつ帰ってきたのかと心配になるという声もよく耳にします。

もし、あまり階段を人前に見せたくないというのであれば、天井にロールスクリーンで取り付けてLDKと間仕切ることもできます。もちろん2階からの冷気を緩和させることにもロールスクリーンが役立ちますよね

ALA_3843-HDR (1)
1Fの和室はLDKとは違って和の雰囲気に仕上げています。

和室は独立したお部屋でも、扉を全開してLDKと一体的に利用することもできます。18帖のLDKと3帖の和室を合わせると合計21帖の広さを確保できました 壁紙はの和テイストにあったクロスをお選びいただきました。

ALA_3848 (1)
和室の押入れは階段の下部分に当たります

階段下というとあまり空間が確保できないと思われる方が多いですが、写真で見ても分かるようにスペースが確保できております。階段下を上手に工夫することで、無駄なスペースをなくすことができ、室内空間の有効活用につながりますちなみに写真の階段は一番低い位置8段目で、高さは約1m50cmほどとれています。

IMG_0675-Edit (1)
最後にN様ご家族で高天井の真下で記念撮影

N様、お忙しい中お披露目会に参加していただきましてありがとうございました。これから始まる新生活が楽しみですね

今後ともよろしくお願い致します。


WEB内覧会ブログ(ダイニングキッチン・和室)- 高天井のダイニングは窓から自然光を採り入れ明るく  written by 設計室 森井

このページのトップヘ