注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

カテゴリ:新築一戸建て > 施工例


長岡京市の注文住宅 U様邸のご紹介
和洋折衷に仕上がった上質の和室

今回のU様邸は・・・
小上がりに引出し収納のついたU様の和室。和室の中もちょっとした作業の出来るカウンターや高級感のある床の間、塗り壁に【もっくん(Mokkun)】など和室だけでもこだわりが盛りだくさん。和室は間仕切りの【合わせ建具】でLDKと続き間とし、使用用途に応じて使い分けができます。限られた空間の中で様々な思考めぐらせたU様の和室をご紹介したいと思います。


ご契約までの経緯
2016年の4月にネット経由でお問い合わせを頂きました。当時、U様は和歌山県にお住まいでしたが、2016年の秋に京都へ転勤になることが決まり、本格的に家づくりの計画を始められることになりました。

土地探しの条件は、駅から徒歩圏であること、駐車が2台できることが絶対条件でした。初めは[JR]東海道本線(京都線)の高槻市エリアを中心に宅地情報を調査、収集していましたが、長岡京市の条件にあてはまる物件に魅力を感じられ、現在の土地物件のほうでお決めになられました。

建築は当初、他社の建築会社様も検討されていました。当社のほうといたしましては、モデルハウスをご見学いただき、建築の取組み方、その他をご説明。あわせてU様のほうでもホームページやブログに掲載している当社の施工実例やお客様の声を検討材料にくわえられ、熟考されたのちにご縁をいただくことになりました。

U様邸の設計について
ご夫婦の趣味嗜好がはっきりされているU様。ご自身がベースになる希望のプランを考えてこられ、なるべくU様の理想が叶うように形作っていきました。いくつかのポイントで調整が必要なお部屋、採光がとれない箇所がありましたので、これまでの経験をふまえながら最善の案をご提案。U様と意見交換しながら満足いただける図面が完成しました。

北向き、長方形の敷地は、道路面から高低差があり、H700㎜ほど上がっています。敷地の奥が南面。リビングはその南側に配置し、隣地の建物と建物の間から採光を採りこんでいます。

キッチンはオープンタイプ。小上がりの和室はリビングとつながり、パソコンコーナーとご主人の趣味スペースを確保しています。また、家事動線は、キッチンから洗面脱衣室に、ホールからもダイニングと洗面室に移動できる2Wayタイプの動線です。

2階は、オシャレな洗面台をホールに設置。寝室には「図書室」と名付けられたご夫婦の趣味のお部屋が隣接されています。その図書室には作り付けの本棚を壁面一面に造作。仕上がりが楽しみな空間になりました。寝室のロフトは天井の高さ1400㎜をしっかりキープ。収納としても、第二のお部屋としても使っていただけます。



直販!新築手数料0円 




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

長岡京市の新築一戸建て(注文住宅) U様邸のご紹介

地鎮祭キッチン

左が「長岡京市のU様邸の地鎮祭と上棟|ベースプランはご自身の作品」に、右は「エコカラットとガラスグロックで玄関回りを上質な雰囲気に」へ移動します。

リビング和室

左が「リビングの壁材に自然素材のMokkun(もっくん)を使用」に、右は「小上がり和室|和洋折衷に仕上がった上質の和室」へ移動します。


上質!和洋折衷に仕上がった小上がりの和室

キッチンの左手に見えますのが和室になります
前回のブログでもご紹介しましたキッチンの左手に見えますのが和室になります和室の中も気になるものがたくさんあったかと思います。ではでは早速和室を覗いてみましょう

パナソニックの合わせ建具を閉めたところ
扉をあけますよ。失礼します

扉全開する立派な和室の間仕切りはパナソニックの【合わせ建具】をご採用
扉全開する立派な和室の間仕切りはパナソニックの【合わせ建具】をご採用文字通り両方から引き寄せて閉じるようになっているので、全開するとLDKの続き間としてお部屋を有効活用することができます。

建具の間に柱や壁がないので、空間も広く感じられますよまた和室は小上がりになっており、少し腰を掛けたいときや家の中にメリハリをつけたい場合などには最適です

小上がりの段差を利用して引出し収納を2箇所設置。引出し自体の幅・奥行き・高さとも十分なゆとりを確保。
小上がりの段差を利用して引出し収納を2箇所設置。引出し自体の幅・奥行き・高さとも十分なゆとりを確保。収納力としても申し分ございません押入れと合わせると収納は充実しますね。

和室の中も何やら気になる部分がいくつか見られますね気になるので近くまで行ってみましょう

右側はU様ご持参の伝統工芸品を置く床の間になります
和室に入って左側にあるのは、ちょっとした作業や一息する際に利用できるカウンター付きの板の間右側はU様ご持参の伝統工芸品を置く床の間になります同じ空間にありながら、和と洋を巧みに組み合わせ独特の雰囲気を醸しだしていますね

畳はダイケンの【清流】をお選びいただいています。【清流】は撥水性に優れお手入れもカンタンで、お客様からも人気の高い商品ですまた、和室にも前回のブログでご紹介した【もっくん(Mokkun)】を使用しました。写真の右側の黄色の塗り壁が【もっくん(Mokkun)】になります色や模様もお好みに合わせてアレンジできます

伝統工芸品を置く床の間の床には、アイカの黒塗りの床板を採用。床板は鏡面タイプになっており、ものすごい高級感が漂っていますね
伝統工芸品を置く床の間の床には、アイカの黒塗りの床板を採用。床板は鏡面タイプになっており、ものすごい高級感が漂っていますね

クロスも床板の色に合わせてシンコールの【BB-8542】の黒い色にし、全体的にシックな感じに仕上がりました天井の板の目のクロス【サンゲツRE-2701】も和室の魅力をグッと引き立てています

床の間の横にある板の間は、カウンターの下に足を入れることができます
床の間の横にある板の間は、カウンターの下に足を入れることができます小上がりの高さが約40cmでカウンターの高さも約70cmとちょうど椅子と机の高さになるので、使いやすさは抜群です

また幅も1m以上あり2人横並んでも十分広いですよ。テーブルを置くよりも良いかもしれませんね正面のクロスはサンゲツの【FE-4204】の緑色で落ち着いた雰囲気を演出しています

扉を閉めると独立した空間として利用できます
扉を閉めると独立した空間として利用できます和室単体での空間も良い感じに仕上がっていますねこの扉の向こうはLDKへとつながっています

小上がりの扉を全開すると広々としたLDKが一望できます
意匠性に加え機能性も兼ね備えたU様の和室
扉を全開すると広々としたLDKが一望できます奥様ご自慢のTOTOのキッチンやレールが回転するダイニングの照明器具に飾り棚用とテレビのリモコン置き用のニッチ、キッチン周りの造作などU様のこだわりがたくさん見られますね意匠性に加え機能性も兼ね備えたU様の和室また、和室とLDKが一体となった空間は、さらに高級感のある仕上がりとなりました


WEB内覧会ブログ(小上がり和室)」- 「小上がり和室|和洋折衷に仕上がった上質の和室」(This blog written by Morii)


_SAL3641 加工 (1)
大阪の注文住宅 和モダンの家F様邸
ひらつーにF様のインタビュー掲載中!

なぜ、今は同じ住宅ばかりなの?


住宅は完成まで、たいへん多くの人手がかかる業種。日本は人件費が高止まりしていて、購入者には見えませんが、建築には人件費が半端なくかかっているんですね。このコストは、住宅商品や建築費用に乗っています。

もし、これが注文住宅だったら? さらに人件費や他の費用が、建築コストに上乗せされます。

注文住宅の価格は、建物が30坪なら、建坪単価が最低60万円くらい。70万以上の会社もたくさんあります。このご時世、この単価の場合、買える人は限られてきます。

また、実収入から税金や社会保険料を引いた、私達の可処分所得は1996年~1999年がピーク。当然、消費支出も減り続け、住宅にかけられるお金も減っているんです。

必然的に、月々の賃貸料にあわせるように、住宅ローンを借り入れた場合、大阪や京都では、一般的に「土地×建物 3000万~3500万円」が購入者の希望価格帯になります。住宅業者からしても、この最多価格ゾーンにあわせなければ、経営が立ち行かないのです。

なので注文建築のような人件費のかかる自由度は捨て、現在では、デザインや間取り、仕様(パーツの構成)を限定した住宅、いわゆる分譲住宅のような「企画住宅が主流」。購入者視点からの弊害は、自由に外観デザインを設計し、間取りをレイアウトできないため、どうしても同じような建物になってしまいます

どの会社の建物も同じ。代わり映えしない。これでは住宅購入者は興味を引かない!

それでは困るので、国の住宅政策、たとえばゼロエネルギー政策などを支援材料にして、「企画住宅+省エネ住宅」「企画住宅+耐震住宅」として、売りに出しているのが現状。省エネ、耐震などの性能面がセールスポイントになっているのです。

でも、でも、最近はどの住宅会社も、省エネ、ゼロエネ、耐震をアピールしていますよね。どこも似たり寄ったり。購入者は、益々頭を悩ますことになります。


匠建枚方は同じ家を建てません!


匠建枚方の魅力は何といっても、お客様思いの建築価格で、何でも自由の注文住宅を建てられること。コストパフォーマンスでも負けません。枚方周辺エリアから「日本の住宅のコスパを底上げする!」。まじめな工務店は本気です。

注文建築専門店、匠建枚方の注文住宅なら、ご予算に応じて、内装や外装、設備機器などをご自分達が選んで構築できます。「省エネ住宅」×「こだわりのマイキッチン」×「住宅雑誌をモデルにしたリビングルーム」。お客様思いの価格で、これ他の会社で可能ですか?

しかも、住宅雑誌を読んで、誰もが一度は羨ましく思い、憧れたことのある、あっ、あの注文住宅って。一軒いっけん、丁寧に建てる匠建枚方の注文住宅。ご友人に胸を張って「新築たてたでー」っていえます。同じ新築でもこの差は大きいのでは・・・。


枚方市周辺エリアの皆さまへ
みなさん、契約を決めるまでに、いろんな会社に訪問されると思います。それって何を目的に住宅会社を探されているのでしょうか? 一言で申し上げると「コスパに優れた会社」ではないのでしょうか。

これ「株式会社 匠建枚方」のことですよね。

コストパフォーマンスに飛び抜けている会社なら、売れているはず。おかげさまで匠建枚方は、建築可能件数ギリギリまで今年も建築させていただきます。

お客様との良好な関係はギネスブック級!
間取り、外観などのデザイン、自由度は無限!

ナショナルブランドなどの商品構成も自由で無限!
省エネ住宅、耐震住宅などニーズに合わせた商品!

注文住宅ならどこにも負けないお客様思いの価格!

この価格で、提案力は群を抜くお客様視点の設計!
注文住宅に精通し、勝ち抜いてきた施工技術職人!

施工をチェックするのは管理スタッフの他、弊社が費用を投じて第三者機関に依頼、品質管理に手抜かりないように、厳しい抜き打ちのチェック体制!


下の外観デザインをご覧いただいてから、まじめな工務店にお早目にお問い合わせ(☎からでもOK 0120-850-515)ください。新築予定の希望のエリアはどちらでしょうか。お知らせください。土地・分譲地(建築用地)もご紹介いたします。こちらが「建築可能エリア」です。


匠建枚方の注文住宅。お客様の外観デザイン作品集はこちら」です。


人気の工務店に乗り遅れるな

注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

WEB内覧会ブログ(外観デザイン集)- 注文住宅の外観スタイル集|思わずうっとりするデザインとは  written by 設計室 廣田


大阪 土地探しからの注文住宅 Y様邸のご紹介
_ALA9957 (1)

今回のY様邸は・・・
2階のLDKとバルコニーをご紹介♪ 前回、家事動線に配慮して2階にLDKと水廻りを配置とご説明させていただいたY様邸ですが、バルコニーも同じ2階に設置することで重い洗濯物も階段移動なしで、らくらく物干し!また、3階のバルコニーが屋根となり雨がかからないという、共働きの夫婦に嬉しいインナーバルコニー仕様になっています。

そしてLDKは限られたスペースながらも、造り付けの可動棚で電話やDVDデッキを収納したり、壁付キッチンでL型に作業スペースを計画したりと、スッキリ広く使う工夫が盛りだくさんです。


設計のポイント
Y様邸は、2階がリビングの3階建て住宅。家事動線をまとめたいという意向から、洗面とユニットバスは2階に計画。残りのスペースを最大限に利用すべく、壁付キッチンと作業台+食器棚スペースをL型に配置し、L型の奥まった部分も上手く収納として利用できるようにお打ち合わせしております。

洗面には洗濯機上収納と、壁埋め込みの洗剤等の収納庫を設置。リビングには、DVDデッキや電話、モデムやその他小物を収納できるように、造作のオープンラックを計画しました。「必要なところに適度な収納を!」造作のオープンラックは、コンセント高さなども含めて事前にお打ち合わせできるので、お住まいされてからスッキリ快適に過ごすことができるのではないでしょうか(*^^*)

敷地裏手側、南に設けた2階のバルコニーは、上階にある3階のバルコニーが屋根の役割を果たすため、屋根ありのインナーバルコニーとして使えます。雨の日も安心して洗濯物を干すことができますね♪ 



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅
住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまいます。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつけています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 Y様邸のご紹介

地鎮祭収納

左が「Y様邸の基礎工事~上棟|家事動線をまとめた3階建て住宅」に、右は「南海プライウッドのサニタとラクリアでたっぷり収納」へ移動します

キッチン収納

壁付キッチンで省スペース化|階段移動なしでらくらく物干し」へ移動します


壁付キッチンで省スペース化|階段移動なしでらくらく物干し

_ALA9954-HDR (1)
Y様邸のLDKは壁付キッチンスタイル。キッチンの作業スペース=ダイニングのスペースとすることで、省スペース化を図り、空間を広く見せるように間取りを考えました

_ALA9957 (1)
キッチンはパナソニック「V-style」のダーク柄。LDKのフローリング、LIXILのラシッサフロアアース「クリエモカ」に合わせてコーディネートされています

_ALA9964-HDR (1)
冷蔵庫に近い左側にシンクを持ってきて、冷蔵庫から取り出した野菜をシンクで洗ったりしやすいように また水ハネや、物が転がり落ちるのを防止する目的で、側面にはエンドパネルも設置しています。エンドパネルは扉柄と同じフィルムシートを側面に持ってこれるので、見た目の仕上がりも美しいですね

_ALA9969 (1)
コンロの横には作業スペースとしてカウンターを設置。フロアと同じ、LIXILのクリエモカ色で造作しました こちらは第二の作業スペースとして、また電子レンジなどのキッチン家電置き場として活用されます

こちらの面は、奥様のお気に入りのアクセントクロスで可愛くコーディネート
トキワのクロスで「TWP-3493」、少し光沢のあるモザイクタイルのような壁紙です

_ALA9967 (1)
カウンター下には、ストックの水や大きな瓶に入った調味料を奥に、取り出し易い位置にはゴミ箱などを置かれる予定

キッチン廻りにゴミ箱スペースは必須 分別などできればなお嬉しいそれらをスッキリしまえる工夫は嬉しいですね

_ALA9958 (1)
キッチンの前には窓を設けて明るいキッチンに。このような窓の取り方ができるのも、壁付けキッチンのメリットの1つです

IMG_1469 (1)
お披露目会では、施主様と一緒にキッチンの使い勝手も確認
手元灯も吊戸棚もちょうど使いやすい高さですね

お披露目会とは、施主様による内覧会、竣工検査のこと。完成したマイホームの室内と外まわりを、施主様にご確認いただき、汚れやキズ等があれば、お引越しまでにご満足いただける品質まで復帰、完成させます。また、設備関係の使用方法を現物をご覧いただきながら説明させていただきます。

_ALA9983 (1)
そしてこちらはリビングスペース。キッチンと合わせて13.5帖の空間です

夏場、冷房時の冷気が下りてしまわぬように、1階から2階に上がる階段には扉を設置。階段横には壁掛けテレビを設置できるよう、壁下地とコンセントを設置。側面にはDVDデッキや電話機なとの電子機器を置くための可動棚とコンセント類を配置しています

_ALA9971-HDR (1)
リビングの横には、バルコニーに出れる掃き出し窓 南側にあるバルコニーは、正面が水路を挟んで田んぼとなるためとっても明るい お洗濯物もよく乾くでしょうね

_ALA9997 (1)
2階のバルコニーは、3階のバルコニーが屋根の役割を果たしています。お天気の動向が心配な日でも、洗濯物を干してお仕事に行けちゃう「インナーバルコニー仕様」です

_ALA9998 (1)
前回のブログでご紹介させていただいたように、LDKと同じ2階に洗面とユニットバスがあり、屋根付きのバルコニーも2階にありますので家事動線がとっても良いお家です

IMG_1478 (1)
前回のブログでご紹介した、2階にあるユニットバスにて
こちらもお披露目会でのお写真です これから過ごす新しいお家にワクワクの2人これから毎日、家に帰るのが楽しみ!ってなってくれていると嬉しいな

WEB内覧会ブログ(キッチン・家事動線)」- 「壁付キッチンで省スペース化|階段移動なしでらくらく物干し」(This blog written by Harato)


大阪 土地探しからの注文住宅 F様邸のご紹介
和室収納

今回のF様邸は・・・
「シューズクロークの靴棚は白い色に」。奥様のご要望により、南海プライウッドの「靴棚用樹脂棚板」をご採用。また、和室の収納を浮かせて間接照明を計画。これはある縁起物を飾るためです。


契約までの経緯
注文建築の会社を探されているところ、匠建枚方のホームページが目に留まり説明の機会をいただくことになりした。

お引越し時期が約2年後ということもあり、建築会社を選定される段階での出会。参考になる建物を見学され弊社も建築候補に加わることに。

1年が経過した時期に、条件の良い土地に巡りあわれたことによりフィルターの基準を高められ、建築会社を数社にまで絞り込まれました。採用したい商品やご要望も明確におもちでしたので、ここで、お見積りを提出いたしました。ご予算面で安心、施工面でご納得、トータルバランスで弊社に軍配があがり、ご縁を頂戴することになりました。

設計のポイント
F様邸の宅地は、低層住宅の良好な住環境を守るための地域。第一種住居専用地域という用途地域に属しています。12種類ある都市計画法の地域区分の中で最も厳しい規制がかけられている地域です。そのような地域特性がありますので、お客様のご要望と様々な法規制とを照らし合わせながらプランニングの決定に向かう必要がありました。


法規制のなかでも、とくに建蔽率(ケンペイリツ)と北側斜線制限についてご紹介します。お客様にはそれぞれ予算がありますので、土地に配分する資金は限られます。このような状況のもと、大きな家を建てようとすれば、建蔽率が障害になるケースが考えられます。

建蔽率は、敷地面積にたいして、建築面積が最大50%まで建てられる法規制(50%以内の建築面積しか許可されない)です。(市町村により都市計画法が異なりますので割合が変わります)。「1階の面積は大きく取りたい」とのF様のご希望により、間取りとデザインを推考しながらご希望を満たすようにご提案させていただきました。

もう一方の北側斜線制限 。隣地の日照を守るために建築物の高さを制限するルールです。こちらは、「2階の屋根勾配はできる限りゆるく、四角い形状に近づけたい」というご要望にたいして、F様の理想を追求しながら、基準値をクリアすべく計算を繰り返し、何度目かに提出したプランにご満足いただきました。


さて、外観のデザインは、正面に窓をほとんど配置しないシンプルなスタイル。スクリーンフェンスをアクセントにしたモダンスタイルの外観になります。LDKと和室は、中庭(パティオ)を中心に配置。ウッドデッキを設けたパティオが、道路から隠れて、リビングと一体となるプライベート空間を創りだしています。

キッチンは、オープンタイプ。換気扇や食器洗い乾燥機は、外国一流ブランドを選ばれています。カップボードは造作。扉を閉めるとレンジや家電は隠れ、スッキリしたキッチン空間に。キッチンからユーティリティ⇒洗面脱衣室⇒LDKと回遊できる、使い勝手の良い動線。ユーテリティにはご家族のカバンなどをまとめて置ける造作棚やパントリー、さらにインターネット環境の基地も設けています。

2階は、廊下から出入りできるインナーバルコニー、納戸やウォークインクローゼットをレイアウトし、充実した収納。廊下には洗濯物を仮干しするスペースも配置しています。意匠性と利便性を融合させたF様邸の建築、いよいよスタートです。 



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅
住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 F様邸のご紹介

地鎮祭収納

左が「F様邸の起工式~上棟|アイデアいっぱい 意匠性と利便性の融合」に、右は「白い靴棚のシューズクローク 浮かせた和室収納に間接照明」へ移動します


エコカラットに間接照明

_SAL3276加工560
玄関正面の壁は間接照明のようにダウンライトでライティングエコカラットのグラナス ルドラ(ダークグレー)。空気を美しくする建材です

_SAL3280加工560
左側の引き戸を開けるとシューズクロークへつながります

白い靴棚のシューズクローク

白い靴棚のシューズクローク 南海プライウッドの「靴棚用樹脂棚板」と「背面棚柱+棚受け金物」
白い靴棚のシューズクローク

L字型に並んだ棚は、壁面から受けで支える可動式タイプ。奥さまより「白い棚板とシルバーの金物を使いたい」とのことで、南海プライウッドの「靴棚用樹脂棚板」と「背面棚柱+棚受け金物」をご提案いたしました

棚板1枚から部品を発注できること、カットして寸法を調整できること。このふたつの利点があることで、形とサイズが異なる玄関収納の多い注文住宅にはピッタリの商品です 樹脂棚なので水洗いも可能です

南海プライウッドのミロート

「南海プライウッドのミロート」をお勧めしました
シューズクロークからは、ホールへ出入りできます。
「靴を履いた状態で服装をチェックできる、そんなミラーを取り付けたい」ということで、「南海プライウッドのミロート」をお勧めしました

ミロートは、内部に棚とスリッパラックがついた埋め込み収納。扉がミラーになっています
ミロートは、内部に棚とスリッパラックがついた埋め込み収納。扉がミラーになっています

ホールからつながるトイレは「100年クリーン」のアクアセラミック素材
ホールからつながるトイレは「100年クリーン」のアクアセラミック素材

内装はグレーで統一されました。床と天井は同系の色とデザインをセレクト。大人シックなトイレ空間になっています

浮かせた和室収納に間接照明

おしゃれな和室収納 吊押入れ
ホールから和室5帖へ。畳はダイケン高級和紙畳(清流の銀鼠色)。天井のパープルグレーと調和しています

「収納は少し浮かせて間接照明を取り入れたいんです」。
収納は少し浮かせて間接照明を取り入れたいんです」。この板間の高さは、端午の節句に「J君の兜」を飾れるように設定しました。

押入れの下は間接照明でお飾りをライトアップ
吊押入れの下は間接照明でお飾りをライトアップ
和室収納(吊押入れ)の内部は役割を2分割。右側がお仏間、左側はお布団や座布団などを収納できるように棚の高さを設定しています
和室収納吊押入れ)の内部は役割を2分割。右側がお仏間、左側はお布団や座布団などを収納できるように棚の高さを設定しています


WEB内覧会ブログ(玄関・和室)」- 「白い靴棚のシューズクローク 浮かせた和室収納に間接照明」(This blog written by Hirota)


長岡京市の注文住宅 U様邸のご紹介
_ALA6295-HDR (2)

今回のU様邸は・・・
開放感のあるTOTO【クラッソ】のオープンキッチンで、何度もご検討を重ねたU様ご自慢のキッチン!カップボードもTOTO【クラッソ】をお選びいただき、高級感のある仕上がりとなりました。また、U様ご自慢のキッチンからダイニング・リビング・和室を見渡すことができます。そんなU様ご自慢のキッチンとキッチンから見えるU様のこだわりの数々をお伝えしたいと思います。


ご契約までの経緯
2016年の4月にネット経由でお問い合わせを頂きました。当時、U様は和歌山県にお住まいでしたが、2016年の秋に京都へ転勤になることが決まり、本格的に家づくりの計画を始められることになりました。

土地探しの条件は、駅から徒歩圏であること、駐車が2台できることが絶対条件でした。初めは[JR]東海道本線(京都線)の高槻市エリアを中心に宅地情報を調査、収集していましたが、長岡京市の条件にあてはまる物件に魅力を感じられ、現在の土地物件のほうでお決めになられました。

建築は当初、他社の建築会社様も検討されていました。当社のほうといたしましては、モデルハウスをご見学いただき、建築の取組み方、その他をご説明。あわせてU様のほうでもホームページやブログに掲載している当社の施工実例やお客様の声を検討材料にくわえられ、熟考されたのちにご縁をいただくことになりました。

U様邸の設計について
ご夫婦の趣味嗜好がはっきりされているU様。ご自身がベースになる希望のプランを考えてこられ、なるべくU様の理想が叶うように形作っていきました。いくつかのポイントで調整が必要なお部屋、採光がとれない箇所がありましたので、これまでの経験をふまえながら最善の案をご提案。U様と意見交換しながら満足いただける図面が完成しました。

北向き、長方形の敷地は、道路面から高低差があり、H700㎜ほど上がっています。敷地の奥が南面。リビングはその南側に配置し、隣地の建物と建物の間から採光を採りこんでいます。

キッチンはオープンタイプ。小上がりの和室はリビングとつながり、パソコンコーナーとご主人の趣味スペースを確保しています。また、家事動線は、キッチンから洗面脱衣室に、ホールからもダイニングと洗面室に移動できる2Wayタイプの動線です。

2階は、オシャレな洗面台をホールに設置。寝室には「図書室」と名付けられたご夫婦の趣味のお部屋が隣接されています。その図書室には作り付けの本棚を壁面一面に造作。仕上がりが楽しみな空間になりました。寝室のロフトは天井の高さ1400㎜をしっかりキープ。収納としても、第二のお部屋としても使っていただけます。



直販!新築手数料0円 




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

長岡京市の新築一戸建て(注文住宅) U様邸のご紹介

地鎮祭キッチン

左が「長岡京市のU様邸の地鎮祭と上棟|ベースプランはご自身の作品」に、右は「エコカラットとガラスグロックで玄関回りを上質な雰囲気に」へ移動します。

リビング白地の背景

リビングの壁材に自然素材のMokkun(もっくん)を使用」へ移動します。


エコカラットとガラスグロックで玄関回りを上質な雰囲気に

_ALA6350 (2)
前回のブログでも一部ご紹介しましたが、やはり何度も見ても高級感に溢れているのが伝わってきますね【クラッソ】はデザインだけでなく、キッチンとしての機能も充実しております。水栓は奥様なら1度は憧れをもつタッチスイッチで洗い物もスムーズに

シンクは【ステンレススクエアすべり台シンク】で、一気に排水口まで水が流れます排水口は隅に設けており、シンク内も広々として利用できます。また、なべなどの大きな調理器具洗えたり、シンクからそのまま食器が運べる【通いかご】がついた食洗器など作業に重宝する機能が盛りだくさんさすがU様ご自慢のキッチン。床の色合いとの相性もよく、洗練された感じに仕上がってます


(出典 TOTO㈱北九州ショールーム すべり台シンク システムキッチンCRASSO(クラッソ))

_ALA6247-HDR (1)
_ALA6253-HDR (1)
キッチンからは、ダイニング・リビング・和室が一望できますいつも元気なMくん、Sちゃんがどこで何をしているのか一目で分かります。和室も含めると約20帖ほどあるので、お部屋が広く感じますね小上がりになっている和室も独特の雰囲気が出ています

_ALA6255 (1)
カップボートもTOTOの【クラッソ】。家電の出し入れもラクラクで、ダストBOXもカップボード内に納まってしまう等、充実した機能が満載です

上の段にも収納スペースがございますので、収納力については申し分ないですねお色もキッチンの扉に合わせて統一感を持たせています。壁紙もアクセントとして奥様が事前に決めておられましたイメージ通りバッチリ仕上がったと思います

_ALA6344-HDR (1)
リビングの端からキッチンを見ていますキッチンだけでもあれほど豪華だったのが、ウォルナットに塗装された造作の化粧柱・レールが回転し、照らす場所を瞬時に変えれる照明器具などでキッチンの魅力をさらに引き立てていますね

ちなみ今立っている場所には、ピアノが置かれる予定です。リビングにピアノがあるだけでガラッと雰囲気も変わります

_ALA6287 (1)
キッチンを対面から覗いてみましょうキッチンはこのように全体が眺望できます。ガラス越しに調理姿が見れるなんて高級レストラン厨房見たいですね奥様もお料理しているときでも、Mくん、Sちゃんがどこにいるのか一目で確認できます白色の扉で閉じられていた空間は、こだわりの詰まった和室になります和室は、別の機会にご紹介します

_ALA6261-HDR (1)
きれいな曲線を表現しているタッチ式の水栓

カップボードの横には冷蔵庫を。さらにその横には、奥様には必須品でもあるキッチンのパントリーがございます棚板は可動式になっており高さも自由に調節できます一番上の棚は、電話線の基地になっています。

_ALA6295-HDR (1)
ホールの出入口から。和室を含めると広々としているのが写真からでも感じられますね実際見るともっと広く感じます。部屋に入ってからずっと気になっていた黄色に塗られた壁はいったい何なのか気になりますね

この正体は、前回少しご紹介しました【もっくん(Mokkun)】と呼ばれる木の端材を細かい粉にした壁材です原料は自然材料のみを使用し、肌の敏感な赤ちゃんやアレルギーのある方などに配慮しています。また、調湿・消臭・不燃性能が実証されており、万が一の場合でも安心できますね


(出典 ヤマガタヤ産業株式会社 Mokkun性能2017最新版

木の塗り壁材 Mokkun

「端材を有効利用」・・・Mokkunは、木の端材を細かい粉にして壁材にしたものです。構造材や内装材を製造する段階で発生し、新しいのに捨てられていく端材を、もう一度生まれ変わらせたい、そんな思いから製品開発が始まりました。

「原料は自然素材のみ」・・・肌の敏感な赤ちゃんやアレルギーのある方など、どんな方にも安心して使ってほしいから、Mokkunの原料は化学物質を含まず、自然由来の成分100%であることにこだわりました。家族の健康に配慮した、やさしい壁材です。

「調湿・消臭・不燃 」・・・空間の中で大きな面積を占める壁材は、空気環境に大きく影響します。Mokkunは、調湿、消臭、不燃性能が実証されており、万が一の場合も燃えにくく、空気のジメジメを解消し、気になる生活臭を軽減し、クリーンな空気を保ちます。(Mokkunの詳しい説明はこちら「ヤマガタヤ産業株式会社」からどうぞ)

_ALA6292 (1)
部屋の中央には、レールが回転する照明器具がこの真下はダイニングのスペースになります。こんなお洒落なところで食事ができると思うと、毎日が楽しくて仕方ないですね掃出し窓の横にあるニッチは、飾り棚用とテレビのリモコン置き用で使用用途が分かれています

そして一番奥はTVボードのスペース。上部がほんわりと広がる間接照明と相性抜群ですU様はTVボードをお引越しされてから購入されるようで、お打ち合わせのときに検討されている商品をお聞きしましたら、やはりセンスのある商品をご検討されていましたどんなTVボードかは、1年後のインタビューまで楽しみにとっておきましょう

_ALA6302-HDR (2)
リビングからキッチンをキッチンの天井に設置された間接照明は、連続するキッチンとダイニングを一体空間として演出しますこの照明器具は大光の【まくちゃん】と呼ばれる商品で、器具が見えないようにする幕板が不要なため、天井がすっきりとした印象に家族の団欒も包み込んでくれそうですね


WEB内覧会ブログ(キッチン・リビング)」- 「リビングの壁材に自然素材のMokkun(もっくん)を使用」(U様邸の設計士 廣田・森井 This blog written by Morii)

このページのトップヘ