注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

カテゴリ:新築一戸建て > 施工例


大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
キッチンはパントリー付き

今回のH様邸は・・・
家事動線、生活動線に配慮された水廻りをご紹介。今回お伝えしたいのは、玄関ホール→洗面室→キッチンと回廊できる間取りに加えて、パントリーも設けた奥様に嬉しい平面プラン!これからお家を建てるお客様に参考にしていただけるところがいっぱいあると思いますので、しっかり伝わるように書かせていただきます♪


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成する予感に今からワクワクです



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方の新築一戸建て(注文住宅) H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり

キッチン白地の背景

家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き」へ移動します


家事動線に配慮した2WAY動線

玄関からホールへ
玄関からホールへ 階段の隣にある扉はLDKに、突き当たり正面の扉は洗面室にそれぞれつながっており、左手にはトイレがあります。

トイレのアクセントクロスは、シックに千鳥格子のチェック柄
トイレのアクセントクロスは、シックに千鳥格子のチェック柄
ハウンドトゥースチェック柄とも呼ばれるそうで、どちらも「千鳥の飛ぶ姿に似ている」「チェック一つひとつの柄が、ハウンド・トゥース(犬の爪)に似ている」という形の特徴からきた名称だそうです

窓は、隣地を気にせず開口できて、少しの雨除けにもなる「高所用横すべり出し窓・ワイド1195mm」チェーンを引っ張って開閉するタイプです

床はサンゲツのフロアタイル「NK-304」、天井クロスは「RE-2563」天井は、ラメの入ったマッドブラックの壁紙です。モノトーンの空間に合わせたトイレはLIXILのベーシアハーモJタイプの、ピュアホワイト色 汚れがつかない衛生陶器「アクアセラミック」のトイレです。

玄関ホール→洗面→キッチンと回廊できる間取り
ホールの奥は洗面脱衣室 奥様待望の2WAY動線

「アイランドキッチンか、ペニンシュラキッチンのどちらかにしたい」「生活動線、家事動線に配慮して、玄関ホール→洗面→キッチンと回廊できる間取りに」というのが奥様たっての希望!打ち合わせの時にお持ちいただいたラフプランでは、キッチンの後ろに洗面室がありましたので、廊下スペースの縮小化を図るために、洗面室とキッチンを横に並べるプランをご提案させていただきました

加えてキッチンの後ろにはパントリースペースをご提案させていただいたのですが、こちらについては後ほどご紹介させていただきますね

ワイドサイズのシーライン

洗面化粧台は、パナソニックのシーライン。オーダーサイズのワイド1200mmです。3面鏡は「ミドルミラー(3面鏡の収納部分の下もミラー)」に変更
洗面化粧台は、パナソニックのシーライン。オーダーサイズのワイド1200mmです

「広々使えるように」と大きな洗面化粧台に変更し、さらに奥行き300mmの収納棚を設置小物やタオル、上の方にはストックの洗剤などがしまえるようになっています。※下の部分は、トイレからの収納スペースとして活用しています。収納力と使い勝手はバッチリです 3面鏡は「ミドルミラー(3面鏡の収納部分の下もミラー)」に変更していますので、小さなお子様もお顔がしっかり見えますね

窓はトイレと同じく「高所用横スベリ窓」でワイドは1650mm。天井に近い窓は天井を照らし、部屋全体が明るく感じます また窓位置が上の方になるので、洗濯機の上にも棚を計画しやすくなっています

どこでもスピーカーでリラックス

タカラスタンダードの「どこでもスピーカー」を設置しています
バスルームタカラスタンダードのリラクシア

アクセントパネルは「ウォルナットブラック」でシックにかっこ良く そしてゆっくりリラックスできる空間にするために タカラスタンダードの「どこでもスピーカー」を設置しています

防水仕様のマグネット式アクチュエータースピーカー

防水仕様のマグネット式アクチュエータースピーカー。スピーカーに備えたマグネットをホーロー等磁性のあるパネルに取り付けると、本体から音の振動が伝わり、パネル全体がスピーカーとなるユニットである。浴室の壁であればユーザーの周囲360°全方向から臨場感のある音に包まれる新しい癒しの体験を提供する。音楽は脱衣室に置いたスマートフォン等の音楽端末からBluetooth®によって発信が出来るので、浴室外への配線が不要になる。防水機能のある端末であれば、本体上面に設置して動画を楽しむことも出来る。本商品は浴室以外でも日常の様々なシーンで使用出来るため、持ち運びしやすく、使い勝手の良いデザインを目指した。(グッドデザイン賞HPより引用)

パントリーとペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンの左側がパントリーとなります。
洗面室から見たLDK 写真左手がパントリーとなります。

パントリーの左側にワイド900mmの食器棚を置き、右側の固定棚は電子レンジや炊飯器などを置くためのもの 真ん中がパントリーに入る扉
パントリーの左側にワイド900mmの食器棚を置き、右側の固定棚は電子レンジや炊飯器などを置くためのもの 真ん中がパントリーに入る扉となっており、このように扉を閉めることでスッキリ隠せますし、引戸ですので開けたままでも邪魔にならない 使い勝手が良い空間に仕上がっています

パントリー内部は、写真では隠れている手前側と正面(窓のある面)L型に奥行き300mmの可動棚を設置。残りの1面は高さ1800mmに固定棚を設置
パントリー内部は、写真では隠れている手前側と正面(窓のある面)L型に奥行き300mmの可動棚を設置。残りの1面は高さ1800mmに固定棚を設置し、奥行きのある引出し収納家具やお米の袋、カンビン用のゴミ箱なども置けるようになっています


WEB内覧会ブログ(キッチン)- 家事動線に配慮した2WAY動線のキッチンはパントリー付き  written by 設計室 原戸


_SAL3641 加工 (1)
大阪の注文住宅 和モダンの家F様邸

なぜ、今は同じ住宅ばかりなの?


住宅は完成まで、たいへん多くの人手がかかる業種。日本は人件費が高止まりしていて、購入者には見えませんが、建築には人件費が半端なくかかっているんですね。このコストは、住宅商品や建築費用に乗っています。

もし、これが注文住宅だったら? さらに人件費や他の費用が、建築コストに上乗せされます。

注文住宅の価格は、建物が30坪なら、建坪単価が最低60万円くらい。70万以上の会社もたくさんあります。このご時世、この単価の場合、買える人は限られてきます。

また、実収入から税金や社会保険料を引いた、私達の可処分所得は1996年~1999年がピーク。当然、消費支出も減り続け、住宅にかけられるお金も減っているんです。

必然的に、月々の賃貸料にあわせるように、住宅ローンを借り入れた場合、大阪や京都では、一般的に「土地×建物 3000万~3500万円」が購入者の希望価格帯になります。住宅業者からしても、この最多価格ゾーンにあわせなければ、経営が立ち行かないのです。

なので注文建築のような人件費のかかる自由度は捨て、現在では、デザインや間取り、仕様(パーツの構成)を限定した住宅、いわゆる分譲住宅のような「企画住宅が主流」。購入者視点からの弊害は、自由に外観デザインを設計し、間取りをレイアウトできないため、どうしても同じような建物になってしまいます

どの会社の建物も同じ。代わり映えしない。これでは住宅購入者は興味を引かない!

それでは困るので、国の住宅政策、たとえばゼロエネルギー政策などを支援材料にして、「企画住宅+省エネ住宅」「企画住宅+耐震住宅」として、売りに出しているのが現状。省エネ、耐震などの性能面がセールスポイントになっているのです。

でも、でも、最近はどの住宅会社も、省エネ、ゼロエネ、耐震をアピールしていますよね。どこも似たり寄ったり。購入者は、益々頭を悩ますことになります。


匠建枚方は同じ家を建てません!


匠建枚方の魅力は何といっても、お客様思いの建築価格で、何でも自由の注文住宅を建てられること。コストパフォーマンスでも負けません。枚方周辺エリアから「日本の住宅のコスパを底上げする!」。まじめな工務店は本気です。

注文建築専門店、匠建枚方の注文住宅なら、ご予算に応じて、内装や外装、設備機器などをご自分達が選んで構築できます。「省エネ住宅」×「こだわりのマイキッチン」×「住宅雑誌をモデルにしたリビングルーム」。お客様思いの価格で、これ他の会社で可能ですか?

しかも、住宅雑誌を読んで、誰もが一度は羨ましく思い、憧れたことのある、あっ、あの注文住宅って。一軒いっけん、丁寧に建てる匠建枚方の注文住宅。ご友人に胸を張って「新築たてたでー」っていえます。同じ新築でもこの差は大きいのでは・・・。


枚方市周辺エリアの皆さまへ
みなさん、契約を決めるまでに、いろんな会社に訪問されると思います。それって何を目的に住宅会社を探されているのでしょうか? 一言で申し上げると「コスパに優れた会社」ではないのでしょうか。

これ「株式会社 匠建枚方」のことですよね。

コストパフォーマンスに飛び抜けている会社なら、売れているはず。おかげさまで匠建枚方は、建築可能件数ギリギリまで今年も建築させていただきます。

お客様との良好な関係はギネスブック級!
間取り、外観などのデザイン、自由度は無限!

ナショナルブランドなどの商品構成も自由で無限!
省エネ住宅、耐震住宅などニーズに合わせた商品!

注文住宅ならどこにも負けないお客様思いの価格!

この価格で、提案力は群を抜くお客様視点の設計!
注文住宅に精通し、勝ち抜いてきた施工技術職人!

施工をチェックするのは管理スタッフの他、弊社が費用を投じて第三者機関に依頼、品質管理に手抜かりないように、厳しい抜き打ちのチェック体制!


下の外観デザインをご覧いただいてから、まじめな工務店にお早目にお問い合わせ(☎からでもOK 0120-850-515)ください。新築予定の希望のエリアはどちらでしょうか。お知らせください。土地・分譲地(建築用地)もご紹介いたします。こちらが「建築可能エリア」です。


匠建枚方の注文住宅。お客様の外観デザイン作品集はこちら」です。


人気の工務店に乗り遅れるな

注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

WEB内覧会ブログ(外観デザイン集)- 注文住宅の外観スタイル集|思わずうっとりするデザインとは  written by 設計室 廣田


大阪 土地探しからの注文住宅H様邸のご紹介
玄関ホールに吹き抜けの大空間

今回のH様邸は・・・
シックな玄関ホールをご紹介。玄関に吹抜けを設け、オープン手摺の階段も併設!玄関タイルはブラックで、ホールの床は白の大理石調フロア、吹抜けの天井は黒系のアクセントクロスでシックに仕上がっています♪


H様邸の土地について
お子様のご出産を機に、マイホーム探しを開始。ネットで住宅・不動産会社の選定をされていたところ、弊社のHPが目に留まりTELにて問い合わせをいただきました。

ご夫婦のご実家が枚方市内のJR沿線ということもあり、近隣エリアでの新居をご希望。お問い合わせから4日後のご来社で、建築商品(注文住宅)の説明→モデルハウス見学→参考になるオーナー様のお家を外から見学していただきました。

また、同日、事前にお聞きしていたご希望条件にあいそうな土地物件の案内もいたしました。この宅地は、初来社予定の数日前に、取引き業者から水面下の情報としてつかんだ、未公開の不動産物件でした。

探し始めですぐに決めてしまうのに不安もあるご様子でしたが、今後の流れなどのご説明をさせていただいた上で、土地及び建物の魅力もご理解いただいたあとは、安心してご契約をいただきました。


H様邸の設計について
約44.5坪の土地に、32坪の建物とインナーガレージを計画。北側と東側が道路の角地で日当たり良好の立地に建てるお家は、外観は濃紺と茶色のイメージで!

内装では、「1階はリビングとプライベートコートをつなげた、開放感のあるプラン」「玄関に吹抜けを♪」「シューズクロークでスッキリ収納」「洗面は玄関ホールからも、キッチンからも行けるように」「インナーガレージ&室内と行き来できるドアを」「子供室は3室で、そのうち1室は続き間に!」「2階ホールと寝室から出入りできるバルコニー」とH様の新築注文住宅には夢がいっぱい☆ これらのご要望を叶えるべくプランニングがスタートし、お施主には1階のリビングまわりのイメージ画像をいただきました。

そこからは、一旦ご希望を全て叶える形でプラン図を作成し、面積との兼ね合わせで廊下などの共用スペースは削るご提案をしたり、新たにウォークインのパントリーを作るスペースができたり(笑)とお打ち合わせを重ねてプランが決定♪ 素敵なお家が完成する予感に今からワクワクです



直販!新築手数料0円




住宅を建築・購入する場合、窓口の種類がいくつかあります
「直販工務店 匠建枚方」は建築と住宅の販売を同時に提供している直販店 新築一戸建て・リフォームを直接施工販売しています。実は、工務店は新築戸建てリフォームの下請け会社がほとんど。積極的に住宅の販売はおこなっていないし、土地や分譲地も紹介できません。

大阪~京都の注文住宅を扱う工務店の中で、弊社が施工件数トップクラスの理由を5つあげます。①建築(工務店)・注文住宅(企画販売)・設計(一級建築士事務所)の専門店であること。 ②注文住宅の販売を直接おこなっていること。 ③不動産市場に詳しいので土地・分譲地を紹介できること。④設計も施工も弊社が提供していること。⑤努力してあげた利益から住宅価格に還元しご奉仕していること。

住宅直販人気店、まじめな匠建枚方にご相談下さい 新築一戸建て、建て替え・住替え、中古住宅、土地探し、リフォーム・リノベーションなど、不動産全般を取り扱っていますお問い合わせフォームからカンタンに内容をお書きいただき資料請求して下さいね。 電話(0120-850-515)がよければお電話からお願い致します。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方の新築一戸建て(注文住宅) H様邸のご紹介

マイホームの前で玄関

左が「祝H様邸の上棟|柱状改良工法で地盤固めした日当たり良好の角地」に、右は「玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり」へ移動します


吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手摺

 階段はアイカ工業の「AN(アラジンオーク)色」、手摺は鉄工所で「マッドブラックのアイアン手摺」をオーダー
吹抜けの玄関ホール

玄関上の吹抜け(2.5帖)と階段空間(1.5帖)をつなげて、大きな吹き抜け空間を実現 階段はアイカ工業の「AN(アラジンオーク)色」、手摺は鉄工所で「マッドブラックのアイアン手摺」をオーダー さらに階段下は、収納スペースとして活用しています。

階段はアイアンのオープン手すり
階段の腰壁、アクセントクロスはRE-2609 立体感のある石調のクロスです。この腰壁には、長方形の開口を4つ設けて圧迫感を緩和しました ちょうど吹抜け部分にある窓と同じような長方形ですね。

吹抜けには365×900の窓が4つあり、東面にある3つがFIX窓、北面にある1つが縦すべり窓です 縦すべり窓は、階段に立ってちょうど開閉しやすい位置に設け、他のFIX窓はこの縦すべり窓に高さを合わせて設置しました。階段には、壁と天井を照らす間接照明がございますが、こちらはまた次回のブログでご紹介させていただきますね

階段の腰壁、アクセントクロスはRE-2609 立体感のある石調のクロスです。
こちらはまだ手摺を設置する前の様子
先ほどご紹介した階段下収納は、どどーんとこのような奥行きを確保しています

玄関ホールは、東洋テックスのダイヤモンドフロア 大理石調フローリングです。
現場で高橋棟梁が気を利かせてくれて、こんなひと工夫とれるスペースは最大限に収納スペースとして確保しました。

玄関タイルは、ニッタイのロマーニⅡの95番 お写真を見てわかるように、少し石目柄のある黒の300角タイルです。そして玄関ホールは、東洋テックスのダイヤモンドフロア 大理石調フローリングです。サンプルを見て、ご主人様、奥様共に一目惚れちょうど商品の入れ替わり時期に差し掛かり、新しいシリーズは少し色目が変わるとのことで、慌てて玄関分の材料を確保

H様イメージ通りの、シックな玄関ホールが完成しました

シューズクローク。クロスは壁がRE-2599、天井がRE-2710です。
シューズクロークは靴棚をL型に配置 窓のある面は奥に季節外の靴を、手前にコートやカッパを掛けれるようにコート掛けを設置します

クロスは壁がRE-2599、天井がRE-2710です。プライベートな空間だからこそ、少しの遊び心を添えて 素敵な空間に仕上がりました

玄関の横には、壁を凹ませて飾り棚を ブラックの棚板は、アイカ工業でオーダー。たくさんある色と質感の中から、H様邸の玄関に合うシートを選び完成しました
玄関の横には、壁を凹ませて飾り棚を ブラックの棚板は、アイカ工業でオーダー。たくさんある色と質感の中から、H様邸の玄関に合うシートを選び完成しました クロスは階段と同じアクセントクロスを選びました この壁にはミラーを取り付け予定です。飾り棚の横の窓からは、外構で植える樹木が見える予定です

玄関ホールからとキッチンからの2WAY動線
奥の扉は洗面室となっています。玄関ホールからとキッチンからの2WAY動線
こちらはまた次回ご紹介させていただきます


WEB内覧会ブログ(玄関ホール)- 玄関ホールに吹き抜けの大空間 階段はアイアンのオープン手すり  written by 設計室 原戸


京都 土地探しからの注文住宅 N様邸のご紹介
ALA_3914-HDR (1)

今回は・・・
玄関周りとトイレ、2階のお部屋周りをご紹介。玄関にはシューズクロークを設け、靴だけでなくご家族のコートを掛けられるスペースも確保。また外観のアクセントとして丸窓を取り入れました。トイレはお手入れのしやすいLIXILのアクアセラミックを採用。書斎部屋はLDKの高天井上部に配置。床の高さが他の2階部分と違うところが特徴になっております。


N様邸の土地(建築用地)について
新築前の住まいに不満をおもちでした。夏は暑く、冬は寒いうえに収納が少なく整理整頓がしづらい、ガレージ代が高い。これらの悩みが転居へのきっかけになったようですが、一番大きな動機はお子様の出産。お子様の誕生に向けて持ち家への取得を固められました。

当初は分譲住宅・分譲マンションを検討されていましたが、職場の先輩(匠建枚方で注文住宅をご建築頂きました)のアドバイスをうけたこともあり弊社に相談にお見えになりました。

ご希望エリアをお聞きして土地探しをスタート。広範囲のご指定でしたので、30くらいの売り土地をご見学いただきました。その中から、諸条件をクリアしたのがご主人の土地勘のある懐かしい場所。それはお子様をのびのび育てられる地域でした。


設計担当社から
ご主人が幼い頃に慣れ親しんだ地域で、日当たりの良い土地にプランニング。出産されたばかりの奥様に代わり、お忙しいなかご主人との打合せを開始いたしました。

間取りは4LDKでおもなご要望は、「1階は小さくても良いので和室を取り入れたい」「シューズクロークがあれば」「LDK空間に吹き抜けが叶うなら」「2階に書斎が欲しい」とのこと。そして「ガレージスペースは1台分、とご両親やご友人が来たときに止められるスペースがあればなおいいですね」とN様。ご希望を伺ったあと様々な観点から試行錯誤。プランニングを検討いたしました。

レイアウトは南側にリビングルームを確保。キッチン横にはマガジンラックを設け、日中の暖かい日差しの中、快適に過ごせる空間となりそうです。一方、2階の南側はバルコニーに面した2階の寝室に決定。

2階のポイントは、ご要望でした吹き抜けの変わりに「高天井」を取り入れたこと。吹き抜けと比べてもそん色なく「リビングルームが開放的な空間」になっています。おかげで、高天井をとったことによりリビングの上に書斎ルームをレイアウトできました。階段で数段上がると3帖の書斎、この立体的空間構成は注文住宅ならではです。ご主人様と奥様も高天井のリビングと書斎ルームはとても気に入って下さりました。

外観はシンプル美を追求。1階部分の紺色の外観と玄関横の丸窓がポイントになります。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

新築一戸建て(注文住宅) N様邸のご紹介

お顔合わせダイニング

左が「N様邸の上棟まで|幼い頃に慣れ親しんだ地域に注文建築」に、右は「高天井のダイニングは窓から自然光を採り入れ明るく」へ移動します。

書斎白地の背景

スキップフロアの書斎部屋と丸窓のシューズクローク」へ移動します。


丸窓のあるシューズクローク

ALA_3826 (1)
玄関を入ってすぐ右側のドアからシューズクローク、トイレ、正面のドアがLDKにつながります

出産したばかりの奥様に代わり、ご主人様とお打ち合わせを開始 一旦持ち帰り奥様とご相談。ご希望を反映させながらのプランニングとなりました

共用部はコンパクトにまとめて計画。トイレのドアは通路との干渉を避けるため、折れ戸式のタイプを採用です

お部屋を広く取りたい、お部屋の数を増やしたいというときに、共用部を最小限に抑えることで、プランが大きく変わることもあります。玄関ホールもLDKと同様に建具はLIXILのクリエモカ、フロアのメープルと合わせた配色で落ち着いた雰囲気となっています

ALA_3812-HDR (1)
シューズクロークの出入口は引戸に
引戸のメリットは、雨の日など湿気やニオイが籠りがちな日は開けっ放しにして換気することが可能になります また、玄関側の靴と干渉することもなく、スペースを有効活用できます。

さて、中はいったいどうなっているのでしょうか。気になるので覗いてみましょう
ALA_3813-HDR (1)
ドアを開けると可愛い黄色い象さんクロスがアクセントですウキウキしますね♪

靴棚はダイケンのカンタナを採用。左側の1列だけでロータイプの靴でしたら、約24足収納できます カンタナは靴棚のみのプランだけでなく、ブーツ掛けのプラン、さらにコートを掛けることのできるプランもあり、使用用途により様々なプランが用意されています。また、一番上の棚上の空間がしっかりありますのでBOXに靴を入れて収納したりでき、とても便利

下のスペースにフロートタイプを取り付けにする事により、ブーツや長靴などを置ける空間ができ、収納量を最大限に生かす事が可能です

ALA_3815-HDR (1)
N様はコート掛けのプランを採用。冬に毎日着るコートや雨具などが、シューズクロークの中にあると便利ですよね。靴は左側で十分収納できるとの事でしたのでコート掛けスペースができるタイプにされました

また来客用のコート掛けとしても使用することができるので、リビングなどに余分なスペースを設けなくて済みます。

シューズクロークの窓は、明かり窓としての機能と外観のアクセントとして丸窓を取り入れました。丸窓を取り入れることで、室内側が柔らかい空間になりますね

ALA_3804-HDR (1)
ホールからアクセスできるトイレお子様が小さい間は特にお外から帰ってきてすぐにトイレに行ったり、トイレを済ませてお出かけしましょうとなることもあり便利ですよね

壁2面にアクセントクロス。黄色を選ばれました。柔らかい色合いの黄色の壁紙は、トイレを暖かい感じに仕上げてくれます。奥様当初よりお気に入りの画像をお持ちいただき決定されたクロスでした

床の大理石調のタイルとマッチして、清潔感のあるトイレ空間に仕上がりました。便器と手洗いはリクシルのベーシアハーモJタイプ。100年クリーンでおなじみのアクアセラミック仕様ですので、お手入れはらくらくです

スキップフロアの書斎部屋

ALA_3906-HDR (1)
スキップフロアの書斎部屋に通じる出入口。

書斎部屋の下が高天井のLDKになっているため、床の高さが他の2階部分よりも高くなっている「スキップフロア。 床と階段の踏板の色はチェーリーで建具や階段の側板(階段の側面についている板)はクリエモカとし、室内全体を統一感のある空間に仕上げました。

スキップフロアで床の高さが違う分、書斎部屋から見る景色は他とは違って見えるのではないでしょうかそんな期待を膨らませながら中に入って見ましょう。
ALA_3912-HDR (1)
書斎の中に入ると、正面にはネイビーの壁紙をアクセントクロスに!モノトーンの石目調の壁紙を貼り、かっこいい雰囲気に仕上がっています。石目調の壁紙が落ち着いた色合いで、床もチェリーと柔らかい木目色です。

3帖の広さを確保したこの書斎部屋には、横滑りの窓を設け明かりと換気も確保。書類と机を置いてご主人のお仕事部屋として大活躍しそうですね

ALA_3914-HDR (1)
書斎部屋から2階部分を見てみると景色も変わります 書斎部屋は2階の床から約80cmほど高い位置にあります。床を上げて天井高を確保できる分、ロフトほど高すぎず、使い勝手よく開放的な空間になりました。

N様ご夫婦、当初のプラン提案時から気に入ってくださっての採用でした 2階部分の中心にあることもあり、書斎部屋はN様の【家の顔】となっています

寝室と子供部屋

ALA_3922-HDR (1)
寝室は6帖の広さと少し大きめのクローゼットを計画 水色のクロスでお部屋全体が明るいイメージに仕上がりました。白はもちろん、床や建具のカラーとも相性がいいですよね

またクローゼットの幅が広い分、真ん中にたれ壁を作成することで補強しており、お洋服も沢山掛けることが出来ます。奥様・ご主人様それぞれのスペースとしての使い方もできますね

ALA_3942-HDR (1)
寝室にはインナーバルコニー(屋根付きバルコニー)を採用しました

インナーバルコニーの最大のメリットしては、雨の日でも洗濯物が気軽に干せることです。奥様にとってはうれしい機能ですね また、インナーバルコニーを利用して、写真のように物干しを取り付けことも可能です

ALA_3949-HDR (1)
ALA_3972-HDR (1)
お子様のお部屋は、2部屋ともアクセントクロスにネイビーカラーにされました カッコ良く仕上がってます 2部屋ともクローゼット込みの6帖のお部屋になります。将来どのようなレイアウトで使用されるのか楽しみですね


WEB内覧会ブログ(書斎部屋)
- スキップフロアの書斎部屋と丸窓のシューズクローク  written by 設計室 森井


大阪の注文住宅 T様邸のご紹介
高台に映える和モダンの家

今回のT様邸は・・・
高台に建つ眺望の良いT様邸。その立地を存分に生かした、LDKと繋がるウッドデッキ。洗面脱衣室から出入りできる物干しテラスは、なんとウッドデッキとも飛び石で繋がっています♪ 和テイストの外観と、使いやすい外構計画について、お写真も添えてしっかりとご紹介させていただきます。


T 様邸の設計について
T様邸は高台の角地、既存の掘り込みガレージがある立地。既存の掘り込みガレージがある部分には、建物の加重がかからないように、掘り込みガレージを避けた位置に建物を配置。地盤調査では「安全な地盤」という判定でしたが、一部は鋼管杭工事を行い、荷重がガレージ側に伝わらないような対策もしています。

ガレージの上には、以前のお家があったときから植わっているもみじがあります。解体から工事完了まで工事を見守ってくれて、今も元気に育っています♪そのもみじを生かす形でウッドデッキなども計画していたので、プランのお打ち合わせでも「もみちゃん、元気でした」なんて会話がよく出ていましたよね(*^^*)

LDKは南側に面して、ウッドデッキと庭に繋がる大きな掃き出し窓を計画。キッチンの前には造作カウンターと収納スペースを!他にも、キッチンには幅900×高さ2400mmの隠れた収納を設けたり、寝室にはウォークインクローゼット&玄関にはシューズクロークをプランに取り入れたり、2階へ上がる階段には本棚ニッチを作ったりと収納充実なのもT様邸の特徴です。

また1階には、玄関からもリビングからも行き来できる畳コーナーを設けたので、夏場に全ての扉を開けると、玄関ホールまでが広いLDKのように感じられます。畳コーナーにはしっかり和テイストのクロスでくつろぎの演出を♪かと思えばLDKの奥の洗面脱衣室は一転、ポルトガルの伝統的なタイルをモチーフにしたフロアタイルを取り入れたモダンな空間があったりと、間取りも仕上げ段階でも遊び心いっぱいのお家です!


バスケのイケメンが指を

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方の新築一戸建て(注文住宅) T様邸のご紹介

上棟お披露目会

左が「T様邸の上棟|小屋裏の棟換気の結露対策について」に、右は「T様邸のお披露目会|家族4人が揃って新しい暮らしがスタート」へ移動します。

玄関リビング

左が「玄関ホールの正面にお客様をお迎えする2帖の畳コーナー」に、右は「アーチ型のダイニング 開口寸法の広い窓に2種類のプリーツスクリーン」へ移動します。

テラス寝室

左が「洗面室からテラスデッキへ 1階で物干しをする洗濯物動線」に、右は「空間の有効利用|桁落としの位置にウォークインクローゼットを配置」へ移動します。

外観白地の背景

高台に映える和モダンの家 タイルテラスの屋根はスピーネ」へ移動します。


高台に映える和モダンの家

和モダンのT様邸。外壁材は、へーベルパワーボード37mm 正面のブラックの部分は「A-beartライン25」、明るい木目色の部分は「アークライン50」を縦貼りで施工しています。
T様邸の外壁材は、へーベルパワーボード37mm 正面のブラックの部分は「A-beartライン25」、明るい木目色の部分は「アークライン50」を縦貼りで施工しています。


守る壁
 災害に強い家は、災害のない時にこそ大切。
 「きっと我が家は大丈夫さ」と、
 いつも心に安心感を持っていられることが、
 毎日の心の安らぎを深くするのです。
 そう、パワーボードが守るのは毎日のやすらぎ


軒先の色も明るい木目色に塗装することで、素敵な外観アクセントになりました

アプローチは、ユニソン「リビオ」 スリットという細長目地のシルバー色と、300角グレー色のMIX貼り
アプローチは、ユニソン「リビオ」 スリットという細長目地のシルバー色と、300角グレー色のMIX貼り 石畳のような仕上がりに施主様も大満足 「これにして良かったね」と現地で再確認しました

門柱は、ユニソンの「フォレスコネクトST」外観に合わせたブラック色で設置。ポストは、同じくユニソンの「テラ」ブラウン色。
門柱は、ユニソンの「フォレスコネクトST」外観に合わせたブラック色で設置。車の車庫入れに邪魔にならない位置が良いということで、玄関の近くに設置することとなりました。ポストは、同じくユニソンの「テラ」ブラウン色。メール便の投函・取り出しも可能なサイズのポストで、共働きのご家庭には嬉しい一工夫

ジャパニーズモダンの家。玄関から少し奥に入ると、モミジの木とウッドデッキが見えます。
玄関から少し奥に入ると、モミジの木とウッドデッキが見えます

ガレージからウッドデッキにはコンクリートで通路を作り、リビングに運ぶ大きな荷物は直接LDKの掃き出し窓からも入れられるように

また、通路とウッドデッキ以外のスペースは、真砂土にして、これから植栽などを植えていけるようにしています。特に通路と建物の間のスペースは、畳コーナーの地窓がありますので、季節を感じられる植物を植えるのも良いですね

ウッドデッキとタイルデッキ

ウッドデッキから見渡せるもみじは、建物の建築中もこれからも、T様ご家族とお家を見守っていきます
ウッドデッキから見渡せるもみじは、建物の建築中もこれからも、T様ご家族とお家を見守っていきます

ウッドデッキの奥には、タイルテラス。ユニソンの「バレリア」という床材を、飛び石に見立てて施工しています
ウッドデッキの奥には、タイルテラス

ユニソンの「バレリア」という床材を、飛び石に見立てて施工しています テラスデッキはタイル仕上がりなので雨の日でも足元良好 費用面でも、ウッドデッキよりは建築コストカットが見込めます

T様はコストカットが見込めた分、タイルテラスに屋根を設けました LIXILのスピーネで、柱はブラック

元々は三協アルミというメーカーで検討していたのですが、三協アルミの『レボリューA』では「ダークブロンズ」という色はあるけれど「ブラック」の商品がなくて…サッシや外壁とあわせたブラックが選べる、LIXILの『スピーネ』で施工されました

洗面室から見たタイルテラス
(洗面室から見たタイルテラス)
こちらは前々回のWEB内覧会でご紹介させていただきましたよね

タイルはニッタイのロマーニⅡ(RN-30-65) ロマーニは少し柄の入ったシリーズで、白や黒のハッキリした色合いでも多少の色ムラ感があるので、日頃のお手入れという面で使いやすい中でも65番のタイルは少しブルーが入っていて、サンプルだけ見るとブルーが気になるかもしれませんが、貼るとこのように美しい仕上がりになります



WEB内覧会ブログ(外観スタイル)- 高台に映える和モダンの家 タイルテラスの屋根はスピーネ  written by 設計室 原戸

このページのトップヘ