注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

カテゴリ:持家の建て替え > 建築中


こんにちは昨日は久々の雨でしたね 最近またインフルエンザが流行っているそうなので、皆様、体調にはお気を付け下さいね 

さて本日は、F様邸の顔合わせの様子をお届けさせていただきます 上棟から約1週間後に、大工さんとの顔合わせ&現地でのお打ち合わせを行いました

解体から上棟までの様子はこちら建替え前のお家で使っていた梁と庭石を再利用

F様は何度か大工さんとお話ししていたのですが、まずは改めて、棟梁の黒田大工さんをご紹介 そのあと、四方清めを行いました


 人気ランキングはコチラ住まいブログ 一戸建て業者ランキング

 地域情報サイト上位のひらつー(枚方つーしん)で、匠建枚方の人気の秘密を知る!

 Facebook 匠建枚方設計室に「『いいね!ボタン 200超え』プロジェクト応援お願い致します」を投稿しました。
67ad0838

862ae68a
大工さんがお酒をまいた後、続いて施主様にお米とお塩をまいていただきます ハイ!振り返ってくださーい 素敵なスマイルいただきました

778d26cf
顔合わせのあとは、集合写真をとらせていただきました

baf4e22f
先ほどは「キリっと」バージョン 油断したところで「自然な笑顔」バージョンも、こっそり撮影させていただきました

ea99a944
2階で電気配線のお打ち合わせシアタールームの天井配線など、現地で空間を見ながら位置を決めました。お時間とっていただき、ありがとうございます

d3dace29
1階では、大工さんが見せ梁の施工中 建て替え前のお家で使っていた立派な梁。表面をきれいに削り、新たなお家で「見せ梁」として復活(再利用)させます

803b945d
再利用する梁は、柱で支えつつ、外部からはボルトで固定 取付が完了しました 隣にある構造上の梁の下が、天井の仕上がり面になります

2ea49b1e
今は、鋼製天井下地の施工も終わり、電気配線工事の真っ只中です 


(大阪府の注文住宅ブログ by harato)



古くなった家屋を注文住宅に建て替え

大阪府枚方市S様邸の新築完成前までをご紹介

S様邸は、小谷棟梁がコツコツ仕事してくれた新築現場です。かっこいいS様邸のマイホームに仕上がりました


 クリックで「戸建て注文住宅ランキングサイト」の応援お願いします。

 Facebook 匠建枚方設計室に「人気の注文住宅 主力大工の一人 小谷棟梁のご紹介」をご紹介しています。


構造用パネル、ノボパンを施工中
上棟後の2階部分。外部の構造用パネル、ノボパンを施工中

軽量鉄鋼天井下地、軽天
軽量鉄鋼天井下地、軽天が施工されました

ここはリビングとオープン階段がつながる部分です。オープン階段は鉄骨で特注製作。階段の踏み面をもっと広くしてはどうかという意見があり、小谷棟梁に2階から降りてきたシュミレーションをしてもらっている様子

少しでも2階のお部屋を広くとるため、階段の2段目まで2階の部屋がかぶっています。そこまで広くできないな~ということで、ほぼ図面通りに階段を施工することになりました。


踏面(ふみづら)とは

階段で上り下りする時に、足を乗せる板の有効な奥行きのこと。階段の踏み板の平らな部分すべてを指すのではなく、水平投影した場合の奥行きを「踏み面」と定義されている。

つまり、蹴込み板(踏み板と踏み板の間にタテ方向に設けられた板)が斜めに設置されている場合には、段鼻(踏み板の端の部分)よりも奥まった部分のスペースは踏み面から除外されることになる。

建築基準法では、踏み面は15cm以上必要とされているが、安全に上り下りするには20cm〜30cmぐらいは必要である。(出典:住宅用語大辞典)

水道業者さん 電気業者さんが入り現場は進行中
水道業者さん 電気業者さんが入り現場は進行中。


サッシはリクシルのDuo-PG(ブラック)
台風養生で、一旦足場のシートをたたんだ時の様子。

丸い窓や外観がお目見えしたらご近所の方から。「おーっ!丸い窓ついとるやんか~」とお声があがっていたそうです 和モダンのS様邸のサッシリクシルのDuo-PG(ブラック)


サッシはリクシルのDuo-PG(ブラック)
S様は建て替えをされました。
プランの際はリビングは明るくしたい‼ これが南東に向いたリビング。明るく仕上がりそうです


DuoPG スタンダード・アルミサッシ・デュオPG:断熱・防露性能

業界初の樹脂アングル

樹脂は非常に熱を伝えにくい素材です。樹脂の熱伝導率(熱の伝えやすさ)はアルミの約1/1000といわれています。デュオPGは内装材と接するアングル部に樹脂を採用。温度差により発生する結露を抑え、結露による内装材の腐蝕を防ぎ、住宅の長寿命化に貢献します。


断熱性・防露性に優れた複層ガラス

冷気・暖気の最大の侵入口である開口部において、複層ガラスを採用すると断熱効果が高まり、快適性がアップ。冬暖かく、夏涼しい室内温度を保つことができます。また、複層ガラスは結露を抑えたり、遮音にも効果を発揮します。


ご主人の書斎でもある小上がりの和室
こちらはご主人の書斎でもある小上がりの和室

プラスターボードを壁と天井に
アクアフォームの吹き付け断熱材が施工され、その後プラスターボードを壁と天井に。内部も形が見えてきましたね。こちらはキッチン

防水シートが貼られました
外部仕事が終われば外壁工事もすぐに施工して行きます。防水シートが貼られました。

 レリーフシリーズの木目
外壁材は旭化成ヘーベルパワーボード。こちらはレリーフシリーズの木目

オープン階段と本棚コーナー
オープン階段と本棚コーナー。真紅の鮮やかな壁はクロス。このバランスを、小谷棟梁と試案していたわけです。


年齢的にも旬の大工さん小谷棟梁
活力あふれる、年齢的にも旬の大工さん小谷棟梁です。

スキー、スノボーはプロ級の腕前
スキー、スノボーはプロ級の腕前!


動画を張りつけたかったのですが、Facebookページでのシェアを何度試しても張り付かず断念 それから、動画をダウンロードして注文住宅ブログにアップしようと試みましたが無理でした

なので、フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、「小谷 卓矢」でスキーの動画をご覧ください


by hirota

 


こんにちは設計の原戸です
大東市の建て替え工事、N様邸の近況報告です

大東市で建て替えはN様邸上棟 パワーボードとアクアフォーム断熱材で冬の寒さ緩和効果

アクアフォーム断熱材の吹付が完了いたしました
アクアフォーム断熱材の吹付が完了いたしました

こちらは1階の様子。防蟻のシールも貼ってあります 窓の上には、カーテンレール下地も入っています


カーテンレール下地とは

その名の通り、カーテンレールを取付するための下地。
石膏ボードには「不燃性」「防火・耐火性」「遮音性」「断熱性」などの性能がありますが、ビス(=ネジ)が効かないので、荷重のかかるものを取り付ける場所(カーテンや棚板など)にはあらかじめ、石膏ボードの裏に下地(ベニヤ板)を入れておきます。

※補足ですが、ある程度の荷重なら下地がなくても大丈夫(ボードアンカーを使用)だったり、荷重のかかるものであっても、柱の位置に取り付けするという方法もあります。


f84d919a02
こちらも1階の様子です

f84d919a03
階段も仕上がりました

階段が出来上がるのは、大工工事の終盤あたり。それまで職人さん達はハシゴで上り下りしているため、安心して2階や3階に上がれるこの日を楽しみにしているお施主様も多いようです


f84d919a04
2階には、17帖のLDK

階段下、階段上スペースを有効利用して、トイレや収納を計画しています

f84d919a05
奥には対面キッチンとダイニングテーブル手前のバルコニー側にソファやテレビを置かれる予定です


3階には洋室3部屋があり、屋上バルコニーへと続く、秘密の扉もございます
N様邸は、11月末に完成予定です



匠建枚方からのお知らせ

にほんのブログ村というブログランキングサイトに10月13日に参加しました


目的は匠建枚方の知名度を広めるためです。広告宣伝費を使わずにご契約頂ければ、注文住宅の価格はもちろん、すでにお住まい頂いている施主さまへのサービス向上につながると考えています

還元価格の注文住宅
 クリックお願い致します。地元から日本の戸建住宅のコスパを匠建枚方が高めます。(何度押しても1日1回だけカウントされるようです。人差し指一度だけお借り致します)

新築注文住宅ブログ匠建枚方スタッフブログがランキングの対象です。


こんにちは設計の原戸です

今日は、無添加住宅のしっくい効果など、現場の状況をお届けいたします

京都府八幡市の3階建ての建て替え注文住宅 T様邸

この頃の写真は、前回のブログでもご紹介させていただきましたね
1pij13
8月初旬 2階LDKの写真です (※大工さん作業中につき、道具などが置いています)

外壁に接する面には、吹付け断熱材「アクアフォーム」が施工され、天井は「鋼製天井下地」の施工中、床はガス業者さんがガス温水床暖房の「ヌック」を施工中です

アクアフォーム
現場発泡なので隙間なく施工可能 しかも、発砲時にフロンを発生しない、地球にもやさしい断熱材です

鋼製天井下地
従来の木下地と比べて、施主さまがお住まいになられて一年後、二年後の不具合(天井のひび割れなど)を、格段に軽減します


1pij12
そしてこちらが、8月末の様子

弊社の施工例を見られて、見せ柱はしたいとの施主様のご要望

オシャレに使いやすく とT様と担当設計士でお打ち合わせを重ね、こんな素敵な造作壁ができました ご友人達が遊びに来られた際に、お家自慢のワンポイントになっていたら嬉しいです


1pij14
1階の玄関ホール大工さんが階段を作っているところです

玄関ホールを広く見せるために、玄関框をナナメプラスアルファ、階段の上がり始めを2段の廻り階段にしています


1pij15
可愛い入口ドアは、LIXILのファミリーラインの「パレット」というシリーズ ホワイトオーク色を採用いただいております

床には、カバ桜という材質の無垢材を 壁と天井にはしっくいを塗って、とってもかわいい感じのLDKに仕上がる予定です


無添加住宅の漆喰の効果

しっくいは赤外線を反射する(=熱を反射する)ので、室内の熱を逃がしにくく、暖房効率の向上も期待できますイメージとしては、雪で作った「かまくら」も同じ原理で、体温が逃げていかないから「かまくら」の中は暖かい=しっくいのお部屋は暖かいといった具合ですね

無添加住宅のしっくいには、このほかにも「調湿効果」「燃えない」「インフルエンザウイルスを不活性化」などの効果もあるので、お気軽に弊社スタッフまでご質問下さい


さて話は戻りまして、T様邸は今回ご紹介できなかった遊び心も随所にございます
完成が楽しみですまたブログでもご紹介させていただきますね


 大阪・京都・枚方市の新築一戸建て|注文住宅の匠建枚方


こんにちは設計の原戸です

以前、ブログでご紹介させていただきました。
八幡市八幡園内の新築建て替え工事 T様邸完成間近です


大阪・京都・枚方市の新築一戸建て|注文住宅の匠建枚方
c0f2a8af01
足場の解体が終わって、外構工事がスタート

SAL_5627
サンルームも出来上がりました。
外構工事の材料も少しずつ搬入されています。

打ち合わせの風景を横から見ているからこそ、ここからどんなふうに仕上がるか、と―――っても心待ちです


建物の外観と外構工事は家の顔

建物本体の外観は、間取りによるところもあるので(もちろん、間取りは一緒でもいろんなテイストの外観にはできますが)ある程度は、決まってきます。しかし外構工事となると、無限大に近いバリエーションがあるため、タイルひとつ、塀の塗装の色ひとつとっても、イメージがガラッと変わります。

打ち合わせの際、「お施主さん、外構のデザインで悩ませてしまってすみません」と思うこともしばしばデザインとご予算の狭間で施主様と一緒に模索し、できる限りのご提案をさせて頂きます


c0f2a8af03
ここはそう
露天風呂スペースですーー

夜の撮影がまたイイ雰囲気出してる

もうすぐお披露目会(施主様の内覧会)ですので、あまり楽しみをとってはいけませんよねブログを楽しみにしてくださってるお客様は、もう少しお待ちください

このページのトップヘ