注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

カテゴリ:持家の建て替え > 施工例


大阪 注文住宅で建て替えO様邸のご紹介
シックにキメた和モダンの3階建て カラーはマットブラック

今回のO様邸は・・・
レインボースクリーンという格子材、シックにきめたブラックの外観、レインボースクリーンと合わせた茶色い軒色もアクセントになっている、O様邸外観&外構について、お写真と共にご紹介させていただきます。


O様邸の設計について
O様邸は元々、建替えて、ご両親と一緒にお住まいになられる、3階建てを建築する計画でした。プランニングを開始すると同時くらいにお祖父様が一緒に住まれる予定になり、1階に出来るだけ大きな空間を取れるようガレージの計画を変更。また、1階の和室には介護もしやすいようにとシャワールームを設けました。

1階は居住空間を重視して、玄関周りは省スペースに。2階にはキッチン&リビングスペースと、浴室などの水廻りを計画。3階はO様の自室と、すべての身支度を整えられるウォークインクローゼットに加えて、遊びに来たお姉さん家族も楽しく過ごせるお家になるよう、第二のくつろぎ空間を作りました。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

高槻市の注文住宅 O様邸のご紹介

O様の上棟式和室

左が「高槻市の建て替えO様邸の上棟 風や地震に強い面で支える工法」に、右は「和室(寝室)にトイレや洗面化粧台、シャワールームを完備」へ移動します。

リビング洗面

左が「コンパクトにまとめた8.8帖のキッチン&リビング兼ダイニング」に、右は「2つの部屋から利用できる洗面コーナーとクローゼットWTC」へ移動します。

外観白地の背景

シックにキメた和モダンの3階建て カラーはマットブラック」へ移動します。


シックにキメた和モダンの3階建て注文住宅 色はマットブラック

外観デザイン「シックにキメた和モダンの3階建て(色はマットブラック)」(3階建ての施工事例)
外観デザイン「シックにキメた和モダンの3階建て(色はマットブラック)」3階建ての施工事例

パワーボードはシンプルな「フラットパネル」を貴重とし、玄関廻りのみ「PLANETAライン25」というデザインパネルで貼り分け。その部分だけホワイトに塗装し、全体のカラーはマットブラックに。インパクトのある、素敵な外観に仕上がりました

濃い色合いの外壁ですので、塗料は優れた遮熱性を発揮する、エスケー化研の「クールテクト」を使用 太陽光による外壁の温度上昇を低減し、省エネに努めました


熱線反射機能を持つ上塗材は太陽光のうち、近赤外線(熱線)を高反射し、幅広い色目の範囲で夏季の熱暑から躯体の温度上昇を抑制し、冷暖房負荷を削減します。
 
バルコニーにつけた木目調格子材は、山田産業の「レインボースクリーン」のライト色。
バルコニーにつけた木目調格子材は、山田産業の「レインボースクリーン」のライト色。LIXILであれば「コートライン」、YKKapであれば「スクリーン」など様々な名称がありますが、どれもアルミ格子で『目隠し+デザインアクセント』をなす商品となります。

「マットブラックの外観に、明るい木目色の格子」がご希望でしたので、ちょうどご希望のお色があったのと、価格的に少しでも抑えることができることから「レインボースクリーン」をご提案させていただきました

周囲の高低差の土留めブロックは、一般的な化粧ブロックではなく「ピンコロ・黒みかげ」で施工
玄関ポーチ、階段にはマットブラックのタイル、LIXILの「フェネッツィアFN-12」を採用
玄関ポーチ、階段にはマットブラックのタイル、LIXILの「フェネッツィアFN-12」を採用 アプローチ通路にも同じタイルを埋め込みました。

周囲の高低差の土留めブロックは、一般的な化粧ブロックではなく「ピンコロ・黒みかげ」で施工和モダンな建物を引き立てる外構に仕上がりました。

ポストはユニソンの「アンテ」ブラック色。外観になじむシックなデザインです
パワーボードの腰壁を門柱に見立て、インターホンとポスト、表札を設置(※インターホンの上に表札がつきます) 門柱を立てるよりずっと省スペースに仕上げることができ、駐車の妨げになりにくい配慮をしています。

ポストはユニソンの「アンテ」ブラック色。外観になじむシックなデザインですちょうどこの上にはバルコニーがありますので、照明は天井付のダウンライトで計画。屋根がある状態になるので、新聞をとりにいく時も雨にぬれません


ANTE(アンテ)
ぴったりと並べて使えるユーティリティポスト。がっしりしたフォルムはまるで、暮らしを見守る門番のよう。(ユニソンより)

JR京都線の電車からも見える3階建ての注文住宅。
JR京都線の電車からも見えるO様邸。電車に乗るたびに「ん今日もカッコイイ」って心の中でガッツポーズしているんです と施主様 お披露目会のときにこのお話を伺ったのですが、「O様が色やデザインを考えて、かっこよく仕上がったんですよ」と思う半面、家がスキっていっていただけたことに、私も心の中でガッツポーズ でした♪


WEB内覧会ブログ(外観スタイル)- シックにキメた和モダンの3階建て カラーはマットブラック  written by 設計室 原戸


大阪の注文住宅(建て替え) U様邸のご紹介
5jpg (1)

今回のU様邸は・・・
コンパクトながら、機能性、採光・採風に配慮された玄関廻りをご紹介。玄関ホールに階段をとったプランなのですが、一部をひな壇階段として踏み板より上に壁を設けていないため、視界に広がりがあって階段に設けた窓からも明るい光が差し込みます。

玄関ドアには採風タイプの商品を、玄関ホールと和室の間には室内窓を、玄関収納としてはパナソニックのクロークボックスを…色々な見所があるU様邸です。


建て替えに至った流れ
新築前のマイホームは築35年の一戸建て。換気状態が悪く傷みが目立つようになっていたそうです。ことに玄関や洗面所の床がたわみ対応にせまられる状態。そのような理由から建て替えを視野に情報を集められていたところ、弊社の現場に立っている、チラシ広告専用ポストの資料をご覧になり建て替え資料を請求して下さいました。

その後は、建築中の現場を案内しながら、弊社自慢の基礎と本体構造、快適な住空間を実現できる断熱材やサッシにまつわる詳細な情報をお伝えしました。また、お家の建替えですので近所にお友人や知人も多いと思われます。ご挨拶まわりなど近隣への配慮もかかせません。ご近所への気配り、さらに、これまで実績をあげてきた現場監理をお伝えし安心していただきました。

 

設計のポイント
先日上棟したU様邸は、有効宅地22.5坪の建替え工事。
限られた敷地の中で、無理なくゆったりとしたアプローチを計画しつつ、ご家族のご要望を叶えるべくプランのお打ち合わせを重ねてきました。

ご要望として挙がった項目は、「客間として&ゆくゆくはお母様のお部屋として、独立した4.5帖の和室」「洗面室にたっぷりの収納スペース+室内干しスペースを確保」「ダイニングテーブルとソファの配置に考慮したコンパクトなLDK」「2階に3室のお部屋と、しっかり収納計画されたクローゼット」etc…

ご契約前の段階からしっかりプランのイメージをされていたので、本設計に入ってからは、敷地条件にそれをどう当てはめていくかをじっくり検討。バルコニーをどう計画するか、室外機はどこに置くかなど綿密にお打合せさせていただきました。

セミクローズドキッチンの横に、できたお料理・食器を置けるプチカウンター、ダイニングテーブル横の小物収納ニッチスペース、玄関ホールの明るさを確保するための室内窓「マドモ」&採風を確保するための「採風デザイン玄関ドア」、家具配置の変化にも対応できるコンセント計画など、細かな工夫が光るお家です。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

枚方市の建て替え U様邸のご紹介

地鎮祭和室

左が「U様邸の地鎮祭~上棟|建て替え|洗面室にたっぷりの収納スペース」に、右は「和室に戸袋引戸と室内窓マドモでスッキリした明るい和室に」へ移動します。


コンパクトながら充実の玄関まわり

_ALA5498-HDR (1)
_ALA5493-HDR (1)
U様邸の玄関ホール 床材アイカのWG色。暖かみの色合いで人気のカラーです 階段や和室とリビングの入口も同じ色合いでまとめています

玄関ホールには、新タイプの玄関用収納パナソニックのクロークボックスと、トイレへの入口、2階に上がる階段がございます

「階段はどこから上がるのか」「洗面は玄関ホールに欲しいのか、水廻り(キッチン)とまとめたいのか」「そのときトイレは洗面に近いほうが良いのか」etc…
このあたりは、それぞれのご家庭の生活スタイルによってご希望がはっきりしておられる方が多いのではないでしょうか?

U様邸は「冷暖房効率の良いリビング階段」「洗面は家事動線が良い、水廻りをまとめたプラン」「来客時のことも考えて、トイレは玄関ホールから近い位置に」という間取りになっております

_ALA5486-HDR (1)
玄関ドアは、LIXILジエスタのシリーズから、採風ドアを採用
デザインはE89型で、ガラス部分が引き戸のように可動して、ドアを閉めたままでも採風を確保することができます

玄関に明るさと採風をが玄関廻りのテーマでもあったU様ご家族。採風タイプの玄関ドアと、和室(道路面の窓から明るい光が入る)との間に、ダイケンの「マドモ」という室内窓を設けました

_ALA5492-HDR (1)
パナソニック、クロークボックスのW800タイプ。
棚板の高さを変えて、ゴルフバックやベビーカー、傘立てなどを扉の内側にしまうこともできる玄関用収納です!今まで収納できなかったモノが、土間置き対応でスッキリ解決土間続きの設計だから、掃除しやすくいつも快適

カラーは、コンパクトな玄関を広く見せられるよう、ホワイトアッシュ柄を選定しました リビングや2階の居室のドアはアイカ工業の商品から選んでいますが、下足箱とトイレは、パナソニックのホワイトアッシュ柄で合わせています

_ALA5259-Edit (1)
トイレは玄関ホールに人が居ても開閉の妨げとなりにくい、中折れタイプの扉を採用。クロークボックスとトイレ扉のある壁は同じ面になるように設計し、トイレから出てきた人と来客の方がお見合いにならないように、開き勝手にも配慮されています

_ALA5252-HDR (1)
壁紙はトイレ手洗いのバックパネル(水はね対策パネル)高さに合わせた990mmで貼り分け。下部はサンゲツの木目調クロス(RE-2632)を貼り、床はオンダカライト(IS-383)という層をなした石目調のフロアタイル  トイレの手洗いなどはクロスを引き立てるホワイト色に。雰囲気の良い、落ち着いた空間に仕上がりました

和室に戸袋引戸と室内窓のマドモ

_ALA5499-HDR (1)
こちらは和室の入口 和室だから引戸にしたいけど、廊下側に戸袋がくるのはNG
和室側には押入や室内窓があるので 悩んだ結果、少し価格的にはUPしますがアイカ工業の「戸袋引戸」という商品をご採用されました 戸袋引き戸は、壁の中に戸が引き込まれるタイプの室内引戸です。

_ALA5263-HDR (1)
押入側に扉が収納されます クローゼット扉と仏間の床は、シックにLIXILのクリエダーク色。アクセントクロスは、サンゲツのRE-2657です 仏間の上には大きめの額縁に入れた写真を置けるように…建て替えで、家にあるものが明確にわかっているからこそ!打合せを重ねて、きちんと置き場所を確保できる注文住宅は良いですね

_ALA5267-HDR (1)
扉は、壁の中に納まる戸袋引戸。引戸が戸袋に納まるのでスッキリ!お部屋の内側、外側の壁を有効利用できます。戸袋引き戸の配置を工夫すれば壁面に家具を置くことができるので、お部屋を有効に活用できます。

窓は、ダイケンの「マドモ」という室内窓。和室に玄関ホールから採光が得られ、逆に、和室から玄関ホールへ光を届けられます。


_ALA5276-HDR-Edit (1)
こちらの窓は隣地側ということで、視線が気にならない横スリット窓を採用しました
上は開閉のできる「高所用横スベリ窓」、下は「FIX窓」を採用しています 上が開く窓ですので、下の窓枠にはちょっとした飾りなども置くことができます


WEB内覧会ブログ(玄関・和室)- 和室に戸袋引戸と室内窓マドモでスッキリした明るい和室に  written by 設計室 原戸



大阪 注文建築で建て替え T様邸のご紹介
シンプルモダンの外観

今回のT様邸は・・・
外観と外構をご紹介いたします。古くなったお家を建て替えられたT様。大きな家を建てようとすると厳しい規制地区ですが、制限いっぱまで建築面積を広げさせて頂きました。シンプルできりっとした表情を見せるT様邸ですが、奥様の優しさを象徴するかのような、アールのついたバルコニーがあるおかげで違った一面を覗かせています。このアールをつけた理由もご紹介しています。夏は快適!熱さまシートのように熱を逃がす、遮熱グラッサの屋根もあわせてご案内いたします。


建て替えに至る流れ
時代が移り進む過程において、日本の住宅は、家族構成の変化や、省エネ・耐震強化に対応させるべく、いくつかの変遷をたどってきました。

T様の場合も、お子様が独立され家族構成が変わり間取りが使いにくくなったことや、断熱などの省エネ技術が現在ほどは対応できていなかったこと、耐震にもやや不安があったことなどの理由により、築20数年のお家を建て替えられることになりました。

設計のポイント

T様邸の用途地域は、閑静な住宅地域に指定される第一種低層住居専用地域。建築基準法の規制にあたる、斜線制限や面積制限が最も厳しい地域になります。お互いの住宅環境を守るため、自由に家を建てることが難しい地域です。

「1階にLDKをできる限り広くとり、和室を続き間で」「ホールから洗面とトイレに行けるように」「玄関にはシューズクローゼット」「2階は独立した洋室を3部屋」「ファミリークロークを2帖以上」「・・・」がご要望でした。

法規制を順守しながら可能な限り広く使える間取りをご提案いたしました。対策は、ホールなどの共用スペースをなるべく少なくし、お部屋を有効に利用できるように考案。動線を空間に取り込むリビング階段もその一つです。

奥様への配慮として、キッチンからの動線を優先した洗面室に、洗面室内の造作可動棚、ダイニング付近の収納など、家事の負担をできる限り緩和する空間構成をプランニングさせていただきました。

ヒアリングでは「ガレージに外部の物置を置く予定」とのことでしたが、規制が厳しい地域ですので、物置を設置するスペースを確保すると建蔽率(けんぺいりつ)がオーバー。代替案として玄関からの土間収納をご提案しています。


今回は上棟までをご紹介

今回のブログは、T様邸の「旧家屋の解体、基礎工事、上棟、棟梁とのお顔合わせ」を順を追ってご紹介させていただきます。 



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅
住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 T様邸のご紹介

上棟の記念撮影外観

左が「T様邸の基礎工事から上棟まで 床下の防湿は建物の耐久性に影響」に、右は「シンプルモダンの外観 屋根はコロニアル遮熱グラッサでクールに」へ移動します。


外観はシンプルモダン 屋根はコロニアル遮熱グラッサで涼しく

屋根はKMEW(ケイミュー)。「遮熱グラッサシリーズから『コロニアル遮熱グラッサ』のクールホワイト」。
間取りや外観など、ご要望をお聞き取りしたのち、外観スタイルがシンプルモダン、屋根の形は、“段違いの片流れ屋根”と”寄棟屋根”をご提案いたしました。思い悩まれた結果、落ち着きのある“寄棟屋根”をご選択されました。外観色は、ダークネイビーと、ややグレーが混じったホワイトの2色です。


屋根はKMEW(ケイミュー)。「遮熱グラッサシリーズから『コロニアル遮熱グラッサ』のクールホワイト」。このクールホワイトはコロニアルグラッサと比べて、-19度も表面温度の遮熱効果が高い商品。これを書いているのは7月18日。今年の夏から、T様ご夫妻は涼しく快適にすごされているでしょう。「夏ってこんなに涼しかったんかなー♪」

ホワイト系の屋根の色は馴染みがなく「色が浮いてしまわないの!?」。クールホワイトを検討されたお客様が気にされます。T様もずいぶん考えられましたが、「軒裏をダークネイビーにしたらどうやろ~」というご自身の意見でパースを作成たところ、「いい感じに!」。モダンに仕上っています。

遮熱仕様のグラッサコートで、熱源となる赤外線を効果的に反射。

コロニアル遮熱グラッサ
遮熱仕様のグラッサコートで、熱源となる赤外線を効果的に反射。紫外線に強いグラッサコートに、赤外線を反射する特殊な顔料を配合することで太陽の熱を反射し、屋根材そのものの蓄積や居住空間への熱の伝達を抑えています。

遮熱GLASSAシリーズの特徴
蓄熱を抑えて温度上昇を抑制。遮熱性能も長期間持続・・・太陽光の中でも熱線となる赤外線のみの反射率を大幅に向上させた遮熱グラッサ。これにより、屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱、居住空間への熱の伝達を抑制します。また、グラッサコートにより遮熱性能も長期間持続します。(出典 説明とすぐ上の画像はケイミューから)

外壁材はへーベルパワーボード。ホワイトに塗装したデザインパネルは「ジーファスワイドタイル60」。ネイビーブルー塗装の部分は「アークライン50」のデザインパネルを縦張りしています。
外壁材はへーベルパワーボード。ホワイトに塗装したデザインパネルは「ジーファスワイドタイル60」。ネイビーブルー塗装の部分は「アークライン50」のデザインパネルを縦張りしています。縦ラインのシャープさが際立っていますね。

バルコニーの出幅も、一部建蔽率に加算されます。少しでも広いバルコニーを確保しようと、L型バルコニーのコーナーをアールにアレンジ。
T様邸は第一種住居専用地域。用途地域の中で建築基準法の規制が最も厳しい地域です。敷地面積に対する建築面積の割合を順守するように建蔽率(けんぺいりつ)が定められていますが、制限いっぱいまで広さを確保させていただきました。

バルコニーの出幅も、一部建蔽率に加算されます。少しでも広いバルコニーを実現しようと、L型バルコニーコーナーをアールにアレンジ。外観デザインに、やわらかなイメージがプラスされました。

サイクルポートはニューマイリッシュ(サンシルバー)

サイクルポートは、三協アルミの「ニューマイリッシュ(サンシルバー)」です。
プランニングの段階からT様はサイクルポートを希望されていました。色は、外観をご覧になり「迷わずシルバー」をご選択。サイクルポートは、三協アルミの「ニューマイリッシュ(サンシルバー)」です。

ニューマイリッシュは、屋根の梁が水平で、四角いフォルムのデザイン。「シンプルモダンの外観に似合う」ということで、当初のデザインから変更して再提案をさせていただきました。T様も「こちらで良いよ!」とOK。

図面上ではわかりにくいので、外構の階段のとり方や、ポストの位置などを現地にて打ち合わせ。階段の手すりも、サイクルポートの色にあわせ、サンシルバーに。シンプルで洗練されたイメージに仕上っています。

外構工事 タイルとアプローチ階段

縁どったダークグレーのタイルは、「ニッタイのロマーニⅡ(95)」。中央は「ロマーニⅡ(05)」。道路の境界にも、ダークグレーの95番を使ってラインをいれ、外構の印象を引き締めています。
「アプローチとアプローチ階段の素材は何で仕上げましょうか~」と設計士。カタログや施工例をめくりながら、「外観にあうのは、四角いタイルがシャープでええんちゃうか~」とご主人。奥様も「そうやな~いいと思うよ~」。いつも波長がピッタリのT様ご夫婦。

タイルはホワイトとダークグレーが候補にあがりましたが、「一色で貼るのもな~。なんかピンとこんな~」とのご意見。「両サイドにダークグレーでラインをいれるのはどうでしょう」「おっそれいいやん!」。こんな感じで会話がはずみ、タイルの2色使いで決まりました。

縁どったダークグレーのタイルは、「ニッタイのロマーニⅡ(95)」。中央は「ロマーニⅡ(05)」。道路の境界にも、ダークグレーの95番を使ってラインをいれ、外構の印象を引き締めています。

機能ポールは照明が素敵なスリムモダン

ポストや表札は機能ポール。三協アルミの「スリムモダン」。奥行わずか110mmのスリムなスタイルに便利な機能を凝縮しています。
ポストや表札は機能ポール。三協アルミの「スリムモダン」。奥行わずか110mmのスリムなスタイルに便利な機能を凝縮しています。

組み合せは、ブラックでパネルや支柱をすべて統一。上部と下部に透明感のあるポリカーボネートの採光パネル。照明をつけると、上のパネルからフワッと優しい光が放たれます。インターフォンカバーもついていてスッキリしたデザインです。

スリム&フラットなフォルムと豊富な組み合わせバリエーションで多彩なスタイルを演出。

機能ポール 三協アルミの「スリムモダン」
スリム&フラットなフォルムと豊富な組み合わせバリエーションで多彩なスタイルを演出。凹凸が少ないフラットなフォルムに、ポリカーボネートパネルの透明感をプラスしたスタイリッシュなデザイン。
シンプルなデザインに意匠パネルを組み合わせて、さまざまな住宅スタイルにコーディネートできます。(文と画像は三協アルミのカタログより)


WEB内覧会ブログ(外観)- シンプルモダンの外観 屋根はコロニアル遮熱グラッサでクールに  written by 設計室 廣田


大阪 注文住宅で建て替えO様邸のご紹介
2つの部屋から利用できる洗面コーナー

今回のO様邸は・・・
第二のリビングとしても使える大きなホールがある、O様邸の3階をご紹介させていただきます。大容量のウォークスルークローゼット(通り抜けできるウォークインクローゼット)や、オシャレな洗面カウンターとモザイクタイルもある、見どころ満載の空間をご紹介させていただきます


O様邸の設計について
O様邸は元々、建替えて、ご両親と一緒にお住まいになられる、3階建てを建築する計画でした。プランニングを開始すると同時くらいにお祖父様が一緒に住まれる予定になり、1階に出来るだけ大きな空間を取れるようガレージの計画を変更。また、1階の和室には介護もしやすいようにとシャワールームを設けました。

1階は居住空間を重視して、玄関周りは省スペースに。2階にはキッチン&リビングスペースと、浴室などの水廻りを計画。3階はO様の自室と、すべての身支度を整えられるウォークインクローゼットに加えて、遊びに来たお姉さん家族も楽しく過ごせるお家になるよう、第二のくつろぎ空間を作りました。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

高槻市の注文住宅 O様邸のご紹介

O様の上棟式和室

左が「高槻市の建て替えO様邸の上棟 風や地震に強い面で支える工法」に、右は「和室(寝室)にトイレや洗面化粧台、シャワールームを完備」へ移動します。

リビング洗面

左が「コンパクトにまとめた8.8帖のキッチン&リビング兼ダイニング」に、右は「2つの部屋から利用できる洗面コーナーとクローゼットWTC」へ移動します。


2つの部屋から利用できる洗面コーナーとウォークスルークローゼット

2つの部屋から利用できるウォークスルークローゼット(WTC)
2つの部屋から利用できる洗面コーナーとウォークスルークローゼット(WTC)

2階から3階に上がると、第二のリビングとしても使える大きなホール、そのホールには大容量のウォークスルークローゼット(通り抜けできるウォークインクローゼット)とオシャレな洗面カウンターがあります

洗面コーナーのカウンターはアイカ工業で色を選んでオーダー、洗面ボウルは普段身支度をするということも加味して600×350と少し大きめの商品を選定しました

オンボウル(カウンターに手洗いが乗るカタチ)ですので、手洗い部分は顔を洗うのにもちょうど良い高さ=825mm、カウンター部分は一般的な市販の椅子に座ってちょうど良い高さ=700mmにすることができました

(こちらは、コーヒーカップ型の洗面ボウルです)


正面には一部開口を設け、開口部とカウンターの間には、名古屋モザイクのモザイクタイル「コラベル」を貼っています。タイル選びをはじめたO様、最初はカタログを見ていたのですが、素敵なタイルが多すぎて 直接ショールームに行かれて見初められたのが、「コラベル」のKEKKON-MIXです

タイルは一枚一枚、色や光沢感、質感が異なり、その組み合わせは実に様々。名古屋モザイクさんでも「MIX貼り」としていくつか組み合わせ例を作っているので、その中から選ばれても、それとは別にオリジナルの組み合わせをつくることも可能です

洗面カウンター前の開口部と、階段に設けた窓の高さをそろえることで、窓のないウォークスルークローゼットもお昼間は太陽光の明るさを取り込めるようになっています
こちらは2階から3階に上がる階段 このように洗面カウンター前の開口部と、階段に設けた窓の高さをそろえることで、窓のないウォークスルークローゼットもお昼間は太陽光の明るさを取り込めるようになっています

第二のリビング空間です ソファとテレビ、パソコンデスクを置いて、施主様がまったりくつろげるお部屋に。
こちらが3階のホール 第二のリビング空間です ソファとテレビ、パソコンデスクを置いて、施主様がまったりくつろげるお部屋に。またそれだけではなく、お姉さんご家族が遊びに来たときにも使えるようにと設計された空間でもあります

お部屋の奥にある可動棚は、パソコンデスクの横にお仕事の書類も置けるように 現地を見て追加することになりました


そして可動棚の横にある片引戸、こちらを開けるとどうなるかといいますと…

洗面カウンターのあるクローゼットにつながります 奥のお部屋が寝室ですので、寝室からウォークスルークローゼットで身支度を整えて出勤するという流れになります
先ほどご紹介した、洗面カウンターのあるクローゼットにつながります 奥のお部屋が寝室ですので、寝室からウォークスルークローゼットで身支度を整えて出勤するという流れになります

アクセントクロスはRE-2409。棚形状も、シンプルにコの字型ではなく一部可動棚を設けて、洗面廻りで使うものや小物が取り出しやすく収納できるようになっています
アクセントクロスはRE-2409。棚形状も、シンプルにコの字型ではなく一部可動棚を設けて、洗面廻りで使うものや小物が取り出しやすく収納できるようになっています

こちらも現地を見て、棚をどうするかお打ち合わせしましたよね。IKEAの収納グッズも組み込んで、素敵に&使い勝手良く仕上がったと思います

クローゼットを通り抜けたところにある寝室です
クローゼットを通り抜けたところにある寝室です こちらも2階と同じく見晴らしの良いバルコニーがございます

階段上の空間も棚として上手く利用しつつ、その横のスペースには小型の冷蔵庫も置くそうですよ使いやすいお家になっていると良いな またどんな感じで使われているか、インタビューに行かせていだける日が楽しみです


WEB内覧会ブログ(洗面コーナー)- 2つの部屋から利用できる洗面コーナーとクローゼットWTC  written by 設計室 原戸


大阪 注文住宅で建て替えO様邸のご紹介
20170329-052 560

今回のO様邸は・・・
2階の居住スペースと水廻りについてご紹介!キッチンや洗面化粧台などの設備だけではなく、家電や収納のための家具の配置も考慮した間取りについて、お写真と共にご紹介させていただければと思います。

白を貴重としたキッチン&リビングですので、アクセントクロスとブラックのサッシが映える素敵な空間にまとまりました♪


O様邸の設計について
O様邸は元々、建替えて、ご両親と一緒にお住まいになられる、3階建てを建築する計画でした。プランニングを開始すると同時くらいにお祖父様が一緒に住まれる予定になり、1階に出来るだけ大きな空間を取れるようガレージの計画を変更。また、1階の和室には介護もしやすいようにとシャワールームを設けました。

1階は居住空間を重視して、玄関周りは省スペースに。2階にはキッチン&リビングスペースと、浴室などの水廻りを計画。3階はO様の自室と、すべての身支度を整えられるウォークインクローゼットに加えて、遊びに来たお姉さん家族も楽しく過ごせるお家になるよう、第二のくつろぎ空間を作りました。



みんなが選ぶ工務店 




住宅雑誌で見る家は注文住宅

住宅雑誌を見てうっとりする家。ほとんどが注文建築で建てられています。ただ注文住宅は高額だから手が届かない! ところが・・・

匠建枚方は利益を還元して底値で提供、誰でも買える注文住宅を実現しました。コスパに優れているから、みんなが選んでくれるんです。大阪、京都の注文住宅を扱っている工務店のなかで、
2016年もトップクラスの建築戸数を提供できました。

※こちらが、匠建枚方の注文住宅・リフォーム 営業エリア です。利益偏重主義の会社と契約して長期化の間に思わぬ損失!それを避けるために、エリア内なら匠建枚方の顧客視点と建築商品をベンチマーク(基準)にされることをおススメいたします。

不動産物件10,000件超の品揃え
匠建枚方も大阪と京都で不動産物件が10,000件超の品揃え・・・全国の不動産業者が加盟する国土交通省指定の「不動産情報ネットワーク レインズ」や「匠建枚方の情報ネットワーク」から土地や分譲地をご紹介できます。

枚方市の不動産物件と大阪・京都の不動産物件」←こちらにも不動産情報を掲載していますがごく一部の情報になります。土地探しからの新築一戸建ては、「〇〇地域で新築を探しています」と匠建枚方へご依頼ください。条件の良い宅地は競い合い! 情報がネットワークにでる前に売れてしまします。依頼されないといつまでたっても土地情報が届きません。お早目にご相談ください。お電話(0120ー850-515)でも受けつています。
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

高槻市の注文住宅 O様邸のご紹介

O様の上棟式和室

左が「高槻市の建て替えO様邸の上棟 風や地震に強い面で支える工法」に、右は「和室(寝室)にトイレや洗面化粧台、シャワールームを完備」へ移動します。

リビング白地の背景

コンパクトにまとめた8.8帖のキッチン&リビング兼ダイニング」へ移動します。


コンパクトにまとめたキッチン&リビング兼ダイニング

20170329-052 560
2階に上がってきたところ 

コンパクトにまとめた8.8帖のキッチン&リビング兼ダイニング
フロアはLIXILのラシッサDフロア・イタリアンウォルナットキッチンも鏡面ホワイトですので、アクセントクロスと窓枠のブラックが映えますね

20170329-055 560
キッチンは、タカラスタンダードのオフェリア シンプルで美しい、鏡面ホワイトの色柄を選ばれました

吊戸棚下の窓は、お隣の窓との兼ね合わせも考えて少し小さめのH300mmの引き違い窓。あえて吊戸棚の下に空間を設けて、キッチンペーパーホルダーや布巾掛けを取り付けできるようにしていますタカラスタンダードのキッチンパネルは、鉄とガラスを焼き付けた「ホーロークリーンパネルマグネットの布巾掛けもひっつきます

20170329-058 560
キッチン横、冷蔵庫スペースからみたカップボード インターホンや床暖房、給湯リモコンもこのあたりにまとめて設置しました

キッチンをどう配置して、冷蔵庫や食器棚スペースをどうするのか。I型対面キッチンですとパターンは決まってくるのですが、そうでない場合には持ち込みの家電や、食器棚のスペースもしっかり考えなくてはいけません。プランのお打ち合わせでは、そういったことも考慮しながら間取りのご提案をさえていただいております

_ALA9553 560
こちらも間取りプランでご提案させていただいた、造作テレビ台収納スペース+飾り棚 壁と壁の間にカウンターを設置し、テレビ台を作りましたたっぷり収納ができるように、カウンターは少し高めの位置にしています

20170329-053 (1)
振り返って反対側

階段入口で囲まれた壁に、アクセントクロスとカップボードを設置しています 実はO様、建物が完成するずっと前からウキウキで、新築用の座卓テーブルを作ってしまったそう そのお話と画像を見せていただいていたのですが、クロス選びではそのテーブルに似せた、サンゲツのRE-2627を選んでおられました

奥の引戸は脱衣室への入口 1階にもシャワー室があることや生活スタイルを考えて、2階は脱衣とトイレを一緒に計画しました。

スペースを無駄なく活用した脱衣室

_ALA9303 560
脱衣室には洗濯機置き場と、その横にタオルや下着類の収納スペースを 必要なところに必要な収納を設けて、居住スペースをスッキリと見せるよう心がけました

_ALA9337 560
脱衣室とトイレはこのように、高さ1400mmの目隠し壁で区画しています。「トイレまでの通路スペース=脱衣空間」といった具合に通路のスペースを無駄なく活用 さらに天井が繋がっている分、空間も広く感じます

壁紙はサンゲツのRE-2838 アクセントで、LIXILのクリエモカ色(目隠し壁の笠木)・TOTOのダルブラウン色(トイレのカウンターと収納)を採用しています


20170329-011 (1)


リビングルームからは借景が

20170329-060 560
2階のバルコニーからはこんな景色が見えます 2階リビングは見晴らしが良いのも嬉しいポイントの一つですね

O様邸は2階と3階のバルコニーに縦格子のルーバーをつけているのですが、この写真でも少しだけ見えていますね こちらの格子については、また外観のときにご紹介させていただきます


WEB内覧会ブログ(キッチン&リビング)- コンパクトにまとめた8.8帖のキッチン&リビング兼ダイニング  written by 設計室 原戸

このページのトップヘ