注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

キーワード:アクリアUボードピンレスを含む記事


京都府木津川市、T様邸の新築注文住宅のご紹介です

枚方市内にお住いのT様が心機一転環境が良く、ワンちゃんのお散歩コース予定の公園が近くにある木津川市で土地を購入されました。

テーマは 古民家 昔ながらの古民家風の落ち着きのある雰囲気にしたい

お部屋は収納たっぷりとり、わんちゃん2匹が快適に夏を過ごせるように配慮。LDK・洗面所・各居室にはしっくいを採用されました。

地鎮祭の様子です



 クリックで「戸建て注文住宅ランキングサイト」の応援お願いします。


ひらつー不動産に紹介記事が投稿されました。
 注文住宅の現場からメリークリスマス!まじめな工務店サンタの袋から出てきたものとは?【ひらつー不動産】

 Facebook 匠建枚方設計室に「正しい天下一品の食べ方でラーメンの味がパワーアップするかも!?」を投稿しました。

IMG_6713
T様とお子様達が右側に。。。工務の兼田と営業の小林が地鎮祭に同席させていただきました。

IMG_6721
皆で無事完成までお守り下さいとお願いをし四方を祓いお清め致します。
とても良い天候にめぐまれましたね

IMG_2988
基礎も出来上がり、土台敷きの様子です。
地鎮祭の際にお施主様より預かりました鎮め物を納めさせていただきました。

IMG_2993
棟梁の小谷大工が真剣に作業しております

IMG_3017
床の断熱材 アクリアUボードピンレスを敷き詰めた状態です。

IMG_3059
仮筋交いを打ち付け、屋根を組んでいきます。

 IMG_3062
細い足場を使い、屋根の垂木を施工中迫力ありますね

IMG_3054
正面からの様子ですほぼ骨組み完成し、1階の外壁は強度と遮音性に優れた耐力壁、ノボパンを貼っていきます

IMG_3099
2階の屋根は野地板が貼られてます。ベテラン大工さん8人で抜群の動きですね

IMG_3082
IMG_3105
雨が降るかと心配されてましたが、無事に最後まで雨仕舞いできました

IMG_5095
日を改めまして、T様のお顔合わせですは~い!こちらを向いて下さい~

棟梁と皆様で記念撮影したのですが、今回はT様の笑顔のアップで


IMG_3278
部屋の中から屋根見えてます。今だからこそ!の写真です。大きく感じますね

IMG_3286

棟梁と何やら打合せ中。。。ちょうどリビングのあたりです。
3月末に完成予定です。これからどんどん進んでいきます。完成が楽しみですね



大阪府交野市、注文建築で新築一戸建て

外観スタイルが和モダンのN様邸の新築工事が始まりました 内装はナチュラルテイストで、プランニングでは、可愛いお子さまに配慮した子供部屋や、26帖のLDK+ウッドデッキをメインに計画が進みました。裏庭(バックヤード)には菜園を作られます



 クリックで「戸建て注文住宅ランキングサイト」の応援お願いします。


ひらつー不動産に紹介記事が投稿されました。

 注文住宅の現場からメリークリスマス!まじめな工務店サンタの袋から出てきたものとは?【ひらつー不動産】

 Facebook 匠建枚方設計室に「料理が楽しくなった!家(注文住宅)を建ててよかったと思うランキング」を投稿しました。

IMG_1379-Edit
解体工事終了。60坪の敷地が広がりました

道路と敷地は70cmほどの高低差があります。古家(建物)の解体時に、宅地の正面と左側ガレージ部分の土がすきとられ、基礎工事を着工するための前準備が整いました。

IMG_7459-Edit
いよいよ、基礎工事が始まります

IMG_8047
津田棟梁が土台を敷いています。土台をセットしてから、メジャーで寸法を慎重に確認中

IMG_8049
もう12月。寒くなってきました。

東から差し込む朝の光のなか 断熱材アクリアUボードピンレスを土台や大引きの間に敷きつめて行きます。アクリアUボードピンレスは透湿性があり、水蒸気を通しやすい素材ですので床合板の湿気を逃します。

津田棟梁が断熱を入れているのは、ちょうどキッチンのあたりになります。

IMG_3126-Edit
床合板を敷き詰めています。厚さ24ミリ、畳1枚分の大きさの合板は重くて女性では持てません

IMG_3133-Edit
ここから、2階の柱を建てて行きます

材料がキチンと置かれている下のバッテンの台は、合板に切り込みを入れて×に組み合せた敷き台です。立てて×の形にすることで強度出ます これだけの材料を乗せてもビクともしません 大工工事にはかかせない道具の一つです。

IMG_3137-Edit
レッカーのオペレーター、棟梁たちが息を合せながら材料を搬入しています。

移動している材料は、屋根の下に入れる通気層確保用スペーサーのアクエアー 断熱材アクアフォームを吹き付ける前に、屋根と断熱材の間に通気層を確保するための部材です この材料は透湿性があるので湿気の排出を妨げません

IMG_3166
屋根を支える母屋を小屋束に差し込み、組み立てています
周囲の家より高いですね~ ※2階建てです。

IMG_3183

IMG_3187-Edit
雲行きが怪しかったため、屋根終いの作業と並行して、1階はブルーシートで覆います

IMG_3195

IMG_8162

この日は、奥さまがお休みを取って頂き、棟梁にご挨拶に来てくださいました 想像されたいたよりも大きなマイホームに感動して頂けました

Nさま。引き続きよろしくお願い致します


by hirota

 


大阪府枚方市山之上で新築注文住宅F様邸をご紹介いたします。

F様邸のテーマは「和」。設計ヒアリング前にお持ちいただいた写真は、和風住宅、和モダンというより、現代的なカッコいい和風建築が多かったように思います

設計期間中にF様からさまざまな意見をお聞きして、「和」をテーマに「坪庭」「無垢の床」「和瓦」「障子」などを設計計画に盛り込んでいます。あたたかみのあるF様邸の着工がスタートしました


 大阪・京都・枚方市の新築一戸建て|注文住宅の匠建枚方
購入された土地を整地して掘方へ
購入された土地を整地して掘方へ。基礎工事の着工です

ブルーシートで覆う前の基礎
この長~い 青い帯状のモノは?

すっぽり基礎を覆う養生ブルーシート
すっぽり基礎を覆う養生ブルーシート
隣のI様邸と同様、高基礎が仕上がり、上棟までの養生期間に入ります

大工さんが土台敷き
大工さんが土台敷きに入ります


基礎の中をホウキとチリトリをもって清掃
土台を敷くとき座掘りをするため木くずが出ます。ほうきと塵取りを持ってお掃除しながら進めてくれています

座彫り(ざぼり)とは
木材に土台やシルログのアンカーボルトや通しボルトを設置する際、その材の上に載せる他の材の障害にならないように、材の上端からボルトやナットがはみ出さず、その中に納まるように四角く掘り下げる加工のこと。(出展:Weblio辞書)


アクリアUボードピンレスの断熱材
省エネ対応のアクリアUボードピンレスの断熱材が敷かれました


いよいよ上棟
いよいよ上棟です

お清めのお米を撒き
F様とTちゃんが一緒にお清めのお米を撒き

ご主人、お米を撒きながらのカメラ目線
ご主人、お米を撒きながらのカメラ目線ありがとうございます

やさしい奥さまとMちゃんが玄関で
やさしい奥さまとMちゃんが玄関で

手前はバルコニー部分
手前はバルコニー部分。この部分にも和の風情の和瓦が乗ります
 
2階床合板貼り
2階床合板貼り。

2階の柱が建って行きます
2階の柱が建って行きます。

写真右手部分に合板が貼られていない部分がありますが、ここは坪庭 ”和テーマ”のポイントになっています


2階の梁を木槌で差し込み
2階の梁を木槌で差し込み・・・。

水平・垂直を念入りに確認しながら
垂直・水平を念入りに確認しながら、だんだんとF様邸のシルエットが浮かび上がってきました

屋根の野地板が貼られました
屋根の野地板が貼られました

軒を90cm持ち出して深めに。強度を補強するため母屋(もや)を太くしています。前面右側バルコニー部分にも和瓦がのり、少し入母屋風になります

母屋とは
垂木を支持する小屋組水平部材(出典:住宅建築専門用語辞典)


屋根の防水シート
屋根の防水シートが貼られて終了。
阿部大工、お疲れさまでした。最後までよろしくお願いしますね


F様おめでとうございます 
そして、入居後もよろしくお願い致します

現在、竹や木をあしらった外構のイメージもご提案させて頂きながら、外観カラー打ち合わせ中です。

by hirota


匠建枚方からのお知らせ

にほんのブログ村というブログランキングサイトに10月13日に参加しました


目的は匠建枚方の知名度を広めるためです。広告宣伝費を使わずにご契約頂ければ、注文住宅の価格はもちろん、すでにお住まい頂いている施主さまへのサービス向上につながると考えています

還元価格の注文住宅
 クリックお願い致します。地元から日本の戸建住宅のコスパを匠建枚方が高めます。(何度押しても1日1回だけカウントされるようです。人差し指一度だけお借り致します)

新築注文住宅ブログ匠建枚方スタッフブログがランキングの対象です。


こんにちは設計の原戸です

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
もうお盆休みに入られた方も、お仕事の方も、しっかり水分補給して体調には気を付けてくださいね


それでは本題に入りまして、
先日上棟させていただきました、大阪の注文住宅、枚方市楠葉丘のM様邸

砂まきのご様子から、ご紹介させていただきます

2356ese11
京都市伏見区の城南宮で工事の安全を御祈願 

その後、ご家族で四方清めのお砂まきをいたしました

2356ese12
基礎の立ちあがりの上に、基礎パッキンを施工、その後に土台敷きを行います

Jotoテクノの基礎パッキン…『Jotoキソパッキング工法』による床下全周換気は、従来工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現。土台の腐れを防ぎシロアリを寄せ付けにくい環境づくりに貢献します



『Jotoキソパッキング工法』は、シロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ることでシロアリの被害を防ぐという、人にも環境にも優しい工法です。この工法は、過去40年の間に250万戸の住宅で採用されています。「Jotoしろあり保証制度」は万が一、シロアリ被害が発生した場合でも、10年間にわたり、最高500万円まで補償するものです。『Jotoキソパッキング工法』、そしてその構成部材をきちんと使用すればシロアリの被害は防ぐことができるという自信があるからこその制度です。(城東テクノ株式会社のHPより引用)

2356ese13
床下断熱材、アクリアUボードピンレスの施工です

アクリアUボードピンレス…「優れた断熱性能」「耐火性・防露性」のある省エネ仕様の断熱材。加えて、弾力性のある素材+ミミがついているので、隙間のない施工が可能です

2356ese14
断熱材の上から、24㎜の床合板を貼ります

水平構面の剛性が高く、施工性にも優れた「剛床工法」を採用しています

2356ese15
1階から2階の桁までの高さの「通し柱」を建てているところ

2356ese16
柱の垂直・梁の水平を確認して、仮筋交いを施工中

壁の構造用合板「ノボパン」を貼るまでは、仮筋交いでしっかり固定

2356ese17
2356ese18
2356ese19
どんどん形になっていく様子が楽しい嬉しいですね

2356ese21
さて、上棟もいよいよ終盤

2356ese22
小屋裏収納庫です 

屋根の一部から光が差しているのは、「棟換気」といって屋根裏の換気するためにとっている隙間です

2356ese23
ルーフィングを貼って、この日の作業は終了

素敵でかわいいお家ができそうな予感にワクワクしながら、いつもお打ち合わせさせていただいております

M様、上棟おめでとうございます今後ともよろしくお願いいたします


こんにちは 設計の原戸です

本日は、京都・八幡市の新築注文住宅 T様邸 の基礎工事~上棟をご紹介
1階の広々LDK+和室、階段下を利用したパソコンスペースなど、仕上りが楽しみです


大阪・京都・枚方市の新築一戸建て|注文住宅の匠建枚方
soe88s01
ベースコンクリート、打設後の様子ブルーシートで養生します

soe88s02
基礎工事完了…と、たたずむ大工さん(笑) 今から土台敷きの工事です

soe88s03
土台敷きの様子
あっっついですね~ 熱中症対策をしつつ作業

soe88s04
土台の下には、基礎パッキンを敷いています
城東テクノの基礎パッキンは、白アリ10年保証 理由は、十分な換気で、土台の腐れとシロアリの嫌う環境づくりを実現その「シロアリの寄せ付けにくさ」に実績があるから

従来のコンクリートに四角い穴を開ける換気工法と比べて、1.5~2倍の換気効率全周換気で“空気だまり”になる箇所を作りません


Jotoキソパッキン


半永久的な物性・品質を備えた、Jotoキソパッキング工法部材!

基礎パッキン工法のパイオニア「Joto」が開発したキソパッキン。省エネ・耐久性向上、耐震安全性を実現した工法はすべてここから始まりました。

・基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出!
・省エネ・耐久性向上・耐震安全性を実現します。
・基礎のクラックの発生を防ぎ、耐力を向上させます。
・在来工法や2×4工法を問わず、各種工法に対応!
(出典:キソパッキンの城東テクノ)


soe88s05
床下断熱材アクリアUボードピンレスを施工 この後、24㎜の床合板を貼って、1階の柱材を搬入養生、上棟日を迎えます

soe88s06
上棟当日 お天気の様子を見ながら、作業を進めていましたが、あとは野地板(屋根下地)を残すのみです

soe88s07
上棟後、構造用合板ノボパンを貼り終わった1階の様子

soe88s08
お酒・米・塩まきの準備 営業の石田が準備中、今日は工事監督です(笑)

soe88s09
お子様達も興味津々

soe88s10
大工さんがお酒をまき、続いて施主様が、お塩・米をまきます

今まで図面やパソコン上で描いてきたマイホームが、立体になって目の前に出来上がる「上棟」は、感無量ですね T様、おめでとうございます


このページのトップヘ