注文住宅ブログ 大阪京都で注文建築専門の工務店は匠建枚方

匠建枚方は大阪、京都の工務店の中で注文住宅年間建築戸数上位!注文住宅ブログでは注文建築の施工例(2017年WEB内覧会)、基礎工事、上棟、建て替え、リノベーションなどの事例をご紹介しています。注文住宅は人気の工務店にご相談下さい。

タグ:津田棟梁


大阪の注文住宅 H様邸のご紹介
上棟にて

H様邸の設計について

設計は外観をポイントにしてスタート。シンプルスタイルで、インナーガレージと一体になったファサードがアクセントになっています。

バルコニーの手すりには、横格子のブラックのモダンパネルを。木目調も捨てがたく迷いに迷われましたが、軒の配色を際立たせる意味で前者に決定。両サイドの壁は、斜めに空へと向かって伸びていくようなフォルムになっています。

間取りは機能的でハイセンスに。ホールへ通り抜けできるシューズクローク。ホールからもリビングからも出入りできる多目的な和室。ご家族が集うLDKには1.5間の大開口ハイサッシを設置。そこから明るい光を差し込みます。リビングからつながるウッドデッキも計画中。

キッチンは使いやすくオシャレなセミオープンタイプ。ダイニングから見える広いカップボード。そこからパントリー、勝手口へと流れる家事動線。そして、キッチンに立つと目線の先は吹き抜けのあるオープン階段。空調効率を考え2階の廊下には扉を設置されました。

2階はご家族それぞれの居室とたっぷりの収納を計画。寝室にはウォークインクローゼット。さらに廊下から出入りできるファミリークロークもレイアウト。現在は内装やクロスの打ち合わせ中。完成が楽しみですね。


バスケのイケメン

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 H様邸のご紹介

上棟にて白地の背景

H様邸の地鎮祭~上棟|大開口の窓から庭が広がる家」へ移動します。


H様邸の地鎮祭

地鎮祭当日はとても良い天気
地鎮祭当日はとても良い天気。H様ご指定の氏神様のもと、式は執り行われました。

工事の安全とH様のご繁栄を願いお清めされました
工事の安全とH様のご繁栄を願いお清めされました。

H様邸の基礎工事

地盤調査の結果、地盤強度は良好。改良工事は不必要でした
さあ基礎工事の着工です。
地盤調査の結果、地盤強度は良好。改良工事は不必要でした

道路との高低差があるM様邸。左側が居住スペース。右側の土をすきとっている場所はインナーガレージです

宅地を整えたのちに防湿シートを施工。その上に捨てコンクリートを打設します
宅盤を整えたのちに防湿シートを施工。その上に捨てコンクリートを打設します

鉄筋を一定の間隔で配置し、結束線で固定していきます。
鉄筋を一定の間隔で配置し、結束線で固定していきます。このときに、後から打設するコンクリートの重みで鉄筋が下ってしまわぬように、サイコロ(スペーサー)を鉄筋と捨てコンの間にはさんでいきます

この「サイコロ」は、下に固まっている「捨てコンクリート」で支えられ、それ以上に鉄筋が地面に沈みこむことはなくなります。このことによって、基礎全体で正確な「かぶり厚さ」が確保されるようになるというわけです。

基礎の鉄筋を施工する際には、鉄筋が錆びて強度が落ちないように、鉄筋を覆うコンクリートの厚みが決められています。これが「かぶり厚さ」と呼ばれるもので、土に接する底盤は6㎝と定められています。鉄筋の下に6㎝角のコンクリート片(サイコロ)を1m以内の間隔で配置すること、その下に捨てコンがあり「サイコロ」が沈みこまないことによって、基礎全体で正確な「かぶり厚さ」が確保されるようになっています

コンクリートを流し込みながら、万遍なく型枠の隅々までいきわたるようにバイブレーターで撹拌
配筋検査後、ベースコンクリートを造ります

コンクリートを流し込みながら、万遍なく型枠の隅々までいきわたるようにバイブレーターで撹拌。撹拌するのは、コンクリート内部の空隙(くうげき=すきま)を除去して密度の高いコンクリートを造る目的もあります

西村基礎業者さんが設置しているのは
西村基礎業者さんが設置しているのは

オレンジ色の部材は天端ターゲット
オレンジ色の部材は天端ターゲット

これは基礎の立ち上がりのレベルを出す器具です。この装置を使用することにより、基礎の水平レベルをなお一層高めることができます。

アンカーボルトは土台の中心におさまるように、フリークランクアンカーボルトを使用。クランク形状になっているので、基礎の主筋を避け土台の中心と結合できます。匠建枚方では、細部まで材料を吟味し施工しています

基礎の全景
基礎の全景

アンカーボルトを所定の位置に真っすぐ立てることが、頑強な土台づくりにつながります
アンカーボルトを所定の位置に真っすぐ立てることが、頑強な土台づくりにつながり大工工事をスムーズに運ぶ利点があります

H様邸の上棟工事

上棟前の準備の土台敷き
上棟前の準備の土台敷き。基礎幅は150㎜。土台は120角のヒノキです。ヒノキは、虫が好まない化学成分を出す樹種。虫や菌への耐朽性、水・湿気、乾燥に強いので、耐久性が高く、狂いが少ない安定した材質です

アクリアUボードピンレス高断熱材を土台間に敷きつめます
アクリアUボードピンレス高断熱材を土台間に敷きつめます ミミがついているので、その部分を土台に固定します。アクリアUボードピンレスは、透湿性があり、水蒸気を通しやすい素材ですので床合板の湿気を逃します

いよいよ上棟です
いよいよ上棟です
津田棟梁指揮のもと、安全第一の声を掛け合い作業開始です

慎重に水平垂直を確認しながら、作業は進みます
慎重に水平垂直を確認しながら、作業は進みます

2階の床合板を施工
2階の床合板を施工。

2階の床を支える構造用合板が敷かれています。写真のように床を施工する工法、床を一体化させた面構造を剛床工法といいます 根太レスとも呼ばれることもあります。

床の構成方法は2種類あります。根太(ねだ)工法と剛床(ごうしょう)工法です。

根太工法とは、根太という部材を303mmピッチに敷き、フロアの下地材 厚さ12㎜を受ける工法です。剛床工法とは上記の根太を設けず、根太工法の下地材よりも厚い構造用合板 厚さ24mm以上を用いて水平構面を強化する工法です

根太工法は、根太という部材が乾燥してひねり、床鳴りの原因になることもありましたが、剛床工法は、根太工法に比べ剛性が高く、以前のように床が鳴ることはあまりありません

着々と作業が進む中
着々と作業が進む中

H様ご夫妻が、上棟にかけつけて下り記念撮影いたしました
H様ご夫妻が、上棟にかけつけてくださり記念撮影いたしました
左からH様奥様、津田棟梁、H様ご主人、金子監督です。

いつも爽やか、ご主人スマイル
いつも爽やか、ご主人スマイル

とっても明るい奥様、いつもありがとうございます
とっても明るい奥様、いつもありがとうございます

上棟作業再開。現場前での1枚
上棟作業再開。現場前での1枚

屋根の下地、垂木がかけられました
屋根の下地、垂木がかけられました

上棟の最後には、防水下地の「ルーフィング」を屋根業者さんが施工します
垂木の上に野地合板を敷いて固定。上棟の最後には、防水下地の「ルーフィング」を屋根業者さんが施工します

ルーフィング

上棟おめでとうございます

先日、現場でエアコンの設置位置や外灯の取り付け位置などをご確認いただきました。春休みのお子さま二人も参加。津田棟梁をお手本にほうきで現場を掃除してくれる姿がとてもかわいく完成したマイホームでの成長が楽しみに思えました

H様、今後ともよろしくお願いいたします。


WEB内覧会ブログ(地鎮祭・上棟)」- 「H様邸の地鎮祭~上棟|大開口の窓から庭が広がる家」(This blog written by Hirota)


大阪の注文住宅 M様邸のご紹介
上棟の記念撮影

今回のM様邸は・・・
M様邸の解体から上棟までをご紹介。弊社で採用している、基礎工事の工法、給排水工事についてなども、施工のお写真と合わせてお伝えします。


ご契約までの経緯
M様には、ご自宅の建て替えを依頼頂きました。M様とお会いしたのは約5年前。お隣の新築工事が始まる前にご挨拶させて頂いたのが最初で、その時の施工や対応を心良く感じで下さっていて、今回の建て替えの話が具体的になった時に事務所にお見えになりました。

それからは、ご自宅の敷地調査のあと、プランニング、資金計画と進み、弊社の施工・対応、価格面などに、ご安心頂き、契約の運びとなりました。


M様邸の設計について
1階で完結する住みやすい間取りのM様邸。LDKと、ユニットバス・洗面の水廻りは1階に計画。リビングに併設した和室は、寝室として区切って使うことはもちろん、普段はLDKと一体的に使えるようにと計画。そうすることで、リビングの暖気で寝室も暖かくなり、夜寝るときも急激な冷えがなく快適な環境に♪2階へ上がる階段はリビング階段ですが、暖気を逃がさぬようにと扉をつけています。

扉や窓面が多いM様邸は、ちょっとした壁スペースも有効活用!先ほどご紹介した階段室の扉(片引戸)を閉めると、扉を開けているときには隠れていた壁に可愛いニッチが現れます☆また完成した暁にはご紹介させていただきますね。

2階のお部屋にはそれぞれバルコニー!メインで使うバルコニーは、2階の床からフラットに出られるようにひと工夫。洗濯物が干しやすいバルコニーとなっています。


バスケのイケメンが指を (1)

人気の工務店に乗り遅れるな
注文住宅ブログランキングへ
注文住宅ブログランキングへ

大阪の注文住宅 M様邸のご紹介

上棟にて白地の背景

M様邸の上棟|コンパクトながらも考えつくされた住み良い間取り」へ移動します。


M様邸の基礎工事

お家の解体からM様邸の工事はスタート
元々住んでおられたお家の解体からM様邸の工事はスタート ちょうどお写真では、解体後の整地をしています。ここに新しいお家が建ちます♪ 新しいお家はキッチンにも床暖があって、寒がりな施主様に嬉しい間取り 楽しみですね!

掘り方という作業から基礎工事は始まります
掘り方という作業から基礎工事は始まります その後砕石を敷き、プレートランマー(プレートコンパクター)で転圧、防湿シートをかぶせて土からの湿気を防ぎ、捨てコンクリートを打設します。

防湿シートの上に捨てコンクリートを打設したところの写真です。
防湿シートの上に捨てコンクリートを打設したところの写真です。この「捨てコンクリート」には大きな役割が2つあります

1つは「墨出し」を正確に行えること基礎コンクリートの型枠を組む際の位置出し作業がスムーズに行えます。

2つ目は、コンクリートの適正な「かぶり厚さ」を確保できること鉄筋コンクリートの基礎では、鉄筋を覆うコンクリートの厚みに規定があります。これが「かぶり厚さ」と呼ばれるもので、土に接する底盤は6㎝と定められています。捨てコンを打設したあと、鉄筋を配筋しますが、鉄筋の下には鉄筋を受け止める『6㎝角の「サイコロ」と呼ばれるコンクリート片』を1m以内の間隔で配置します。この「サイコロ」は、下に打ってすでに固まっている、捨てコンクリートで支えられ、沈みこまないことによって、基礎全体で正確な「かぶり厚さ」が確保されるようになります。

こちらが、鉄筋を組み終わったときの様子
こちらが、鉄筋を組み終わったときの様子

鉄筋を一定の間隔で配置し、結束線で固定しています。
鉄筋を一定の間隔で配置し、結束線で固定しています。このときに先ほどご説明した、サイコロ(スペーサーとも呼ばれます)を鉄筋と捨てコンの間にはさんでいきます。

この状態で配筋検査を受け、合格後にコンクリートを流し込みます

型枠を解体し、床下の給水・給湯配管も施工。
型枠を解体し、床下の給水・給湯配管も施工。青給水、赤給湯の配管で、水道引込み口からの水、給湯器からのお湯はそれぞれ1ヵ所の「ヘッダー」というところから分岐して各箇所に配管されています。(=サヤ管ヘッダー方式)

サヤ管ヘッダー方式は、水漏れ等がないかのチェックが1ヵ所でできるので、維持管理に非常に有利で、なおかつ各箇所の水量・湯量も安定します

完成した注文住宅の基礎
水道の仕込みまで終わったら、ここからは大工さんの工程へ
基礎の上に通気用のパッキンを施工して、その上に“土台”と“大引き”を組み、大引きは鋼製束で支えてレベル(水平)確認、断熱材を敷き込み床合板を貼る作業を行います。

通気用のパッキンとして使用しているのは、Jotoテクノの基礎パッキン

『Jotoキソパッキング工法』による床下全周換気は、従来工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現。土台の腐れを防ぎシロアリを寄せ付けにくい環境づくりに貢献します。

『Jotoキソパッキング工法』は、シロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ることでシロアリの被害を防ぐという、人にも環境にも優しい工法です。この工法は、過去40年の間に250万戸の住宅で採用されています。「Jotoしろあり保証制度」は万が一、シロアリ被害が発生した場合でも、10年間にわたり、最高500万円まで補償するものです。『Jotoキソパッキング工法』、そしてその構成部材をきちんと使用すればシロアリの被害は防ぐことができるという自信があるからこその制度です。(城東テクノ株式会社のHPより引用)

M様邸の上棟工事

断熱材は高断熱材「アクリアUボードピンレス」。
断熱材は高断熱材「アクリアUボードピンレス」。この断熱材は「優れた断熱性能」「耐火性・防露性」のある省エネ仕様の断熱素材です

いよいよ上棟の日を迎えました
いよいよ上棟の日を迎えました この日は、津田棟梁を筆頭に5名の大工さんで作業スタート!まずは1階の柱を立てていきます。

1階の柱と、2階の床を支える梁を組み終わりました。
1階の柱と、2階の床を支える梁を組み終わりました。柱には“ほぞ”、梁には“ほぞ穴”という加工がされていますので、柱の突起部分と、梁に加工されたほぞ穴を組み合わせて建物の骨組みをつくっていきます 

2階の柱、小屋梁と工事を進めていきます。ナナメにかかっている材料は「垂木」といって屋根を組むための下地です。
同様に2階の柱、小屋梁と工事を進めていきます。ナナメにかかっている材料は「垂木」といって屋根を組むための下地です。

垂木の上に野地板と呼ばれる合板を貼り、防水下地のルーフィングを施工。
垂木の上に野地板と呼ばれる合板を貼り、防水下地のルーフィングを施工。適正な重ね幅を確保しつつ、上に上にと防水シートを貼り重ねることで防水対策を行います
上棟当日の作業はここまでです 皆様、お疲れ様でした

施主様が四方清め
施主様には上棟の日に現場に来ていただき、津田棟梁とのお顔合わせを行いました。四方清め(建物の隅に、お酒・米・塩をまく)も行いました

施主様の娘様とお婿さま
施主様の娘様とお婿さま いつもお打ち合わせに参加してくださり、お母様の気持ちを汲んで一緒にお家創りを進めています 奥様が写ってる写真に旦那様もピース

そんなおちゃめな一面もある旦那様
そんなおちゃめな一面もある旦那様ですが、お打ち合わせではいつも的確なアドバイスを下さるので、M様もとっても頼りにされています

最後はM様ご家族と津田棟梁とで記念撮影
最後はM様ご家族と津田棟梁とで記念撮影 御幣も後ほど、一番高い棟に設置します。御幣に飾られている「おかめさん」には“おかめの徳を偲んで永久に保つような頑丈な建物と繁栄を祈る”という意味があるそうですよおかめさんにまつわるお話はこちら

私はお恥ずかしながら今回施主さまに教えていただいて、初めてこの話を知りました教えていただいてありがとうございます

そしてM様、ご挨拶が最後になってしまいましたが、上棟心よりおめでとうございます 素敵なお家にしていきましょうね!これからもよろしくお願いいたします



WEB内覧会ブログ(基礎工事・上棟)」- 「M様邸の上棟|コンパクトながらも考えつくされた住み良い間取り」(This blog written by Harato)

このページのトップヘ