IMG_2410

★☆ 最新関連記事 ☆★
 《Asu》2013年3月時点での 対モレスキン 万年筆+インクラインナップ そして裏抜けチェック
 

以前から問題になっていた、モレスキン Evernote スマートノートブックと、万年筆インクとの相性問題(裏抜け)の続きです。

これまでの経緯
これまでの経緯はこちらを。
2012年の12月から使い始めた、モレスキンEvernoteスマートノートブックですが、現在私が使っている万年筆との相性がよくないようです。万年筆で書くと紙の裏側にインクが滲んでしまう現象(裏抜け)が頻発しています。これまで使ってきたモレスキンでも、時々このような個体?に当ってしまう経験があります。自分のイメージでは紙質に大きく2種類あります。
  • 紙の色がちょっと黄色っぽい感じで表面が滑らかなAタイプ
  • 紙の色は白っぽい感じで表面が柔らかくサラサラしたBタイプ
Aタイプは万年筆のインクの乗りもよく、すぐ紙に染みこむというよりは紙の上にインクが乗っていく感覚。Bタイプは書いた瞬間に紙の内部にインクがすーっと染みこんでいって、滲み、裏抜けともにしやすい。


Twitterでモレスキンに聞いてみた



すぐに返答をいただくことができました。さすがです。
紙質を変更したという報告は無いということですが、湿度、温度、季節などの要因で個体差が出る場合がある! ということだそうです。

日本の文具メーカーだとまずありえないことですが、こういう個体差もモレスキンを楽しんでいく上での「味」だと思っています。新しいモレスキンを使いはじめるたびに、最後のページに今使っている万年筆や他の筆記具で試し書きを行い、そのノートとの相性チェックをすることにしています。そしてモレスキンが新しくなるタイミングがインク変更のタイミングになることも多いです。

今回のこのEvernoteスマートノートブックに関しては、この商品全体がこの紙質なのか、それとも@moleskineJPさんの言うとおり、個体差なのか、また次のノートでも試してみようと思います。


モンブラン ミッドナイトブルー相性チェック

今回は、古典的ブルーブラックの代表格として、モンブランのミッドナイトブルーを試して見ることにしました。一般的に、古典的ブルーブラックのインクは裏写りがしにくいとされています。モンブランは以前はブルーブラックという名前で販売されていましたが、2010年の春からミッドナイトブルーという名前に変更されました。

今回は昼休みに、職場の近くにあるMDAYSカレッタ汐留店で購入しました。

IMG_2406

モンブランのインクは、重厚なパッケージに入っています。手前の布製の輪っかを引っ張って中箱を出します。

IMG_2407

ボトルのフタが見えました。でもスポンジが装着されていますので、これも取り出します。

IMG_2408

やっとボトル全体が顔を出します。

IMG_2409

おなじみ、モンブランのインクボトル。ブラックに続いて2本目になります。
これを、ペリカン M200クラシックデモンストレーター(ペン先:F)に吸入し、さっそくモレスキンに書いてみます。

これまで使ったことのある、LAMYのブルーブラックに比べて、やや濃淡が少なく、黒が強い発色です。

IMG_2403

このモレスキンEvernoteスマートノートブックの方眼の線は通常よりも若干太めの点線になるため、薄めのインクだと罫線が目立ってしまいます。このミッドナイトブルーでは文字の色が強く出るので罫線も目立ちにくく、このあたりはほぼ狙い通りです。

さて、問題の裏抜けはどうでしょうか。さっそく裏をめくってみると・・・

IMG_2404

・・・ベッタリ抜けるとまではいきませんが、インクの溜まった場所では裏抜けしています。
その後、しばらくこのインクを使ってみましたが、このモレスキン、ページによっても紙質の違いが少しあるのか、万年筆のその日の状態で、インクフローが少し変化したからなのか、微妙に裏抜けするときと、ギリギリセーフの時があるようです。

それでもまだ許せる程度なので、しばらくこのミッドナイトブルーを使ってみようと思います。
さらにテスト用にパイロットのブルーブラックも試してみようと思っています。
でもこのままだと、細めのペン先+ペリカン ロイヤルブルーという組み合わせか、ちょい太めのMぐらいのペン先+LAMYブルーブラックという組み合わせがいいのかもしれません。
あ、前回試した色彩雫の月夜+細字ペン先というのも良さそうです。

もう少し試行錯誤は続く。

★☆ 最新関連記事 ☆★
 《Asu》2013年3月時点での 対モレスキン 万年筆+インクラインナップ そして裏抜けチェック
 


▼2013.1.24 追記:

記事を読んでくれた結城 衛さん(@mega_mari)さんから、アドバイスをいただきました。

古典的ブルーブラックには、こんな性質があったんですね。そういえば「趣味の文具箱」で前に読んだような気がしますが、すっかり忘れていました。今入っているやつを使い切ったら、よく洗浄して別のインクに入れ替えよう! 結城衛さん、どうもありがとうございました。