なんくるないさぁ

ライフハックを通して、自分を、そしてシゴトも変えていこう。 好きなもの:Apple、モレスキン、文房具、アコギ

カテゴリ:書評

【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

IMG_2630

アップル驚異のエクスペリエンス』を読みました。

本作は、ベストセラーとなった『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』、『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』を書いた、カーマイン・ガロによる、驚異シリーズの最新作です。


本作の主役はジョブズ本人ではなくアップルストア。
小売業界でも世界最高の業績を叩きだすその秘密を、単にここがスゴイと紹介するだけでなく、なぜそうなるのか、どういう考え方をするからスゴイことができるのか、という観点で掘り下げていく、驚異シリーズおなじみの構成となっています。

アップルストアが与えてくれる顧客体験(エクスペリエンス)については、他のさまざまな書評や、サイト記事でも紹介されています。

  • アップルストアのビジョンは「暮らしを豊かにする」。それを従業員ひとりひとりがよくわかり、そして自らの判断で実践している
  • 「修復すべきは顧客とのつながりであってコンピューターではない」
本書の中を読んでも、その考え方を裏付ける印象的な言葉がたくさん見つかります。

一方で、自分を振り返ってみます。
私はメーカーの情報システム部門で働いていますので、アップルストアのように多くの一般のお客さんを相手にする小売業ではありません。でもこの本を読み進めていくうちに、アップルが実践してきたこと、その根底に流れている考え方は、小売業ではなくても、自分自身や自分の所属する組織や部門からみたときの、いわゆる「顧客」に相当するもの、それはすなわち「自分に関わる他の人」に対しても、なんら変わることなく有効な考え方であるというふうに考えました。

そこで、組織のある部門に属して日々仕事をしたり、小売業ではないにしても、人との関係性の中で仕事や生活をおくっている1人の人間として、この考え方をどのように読み解き、自分の考え方や行動に活かしていくことができるか、ということを考えてみたいと思います。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

画像1

Kindleで、グーグル ネット覇者の真実 を読みました。



おもしろい、そして恐ろしい、でも信じたい

これがこの本を読んで、直感的に出てきた言葉。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

画像1

前回記事のつづき。

【積ん読メモ】プロの資料作成力 清水久三子 僕らが忘れがちな資料作成のココロ


パワポテクニック本だと思って読んではいけない

本屋でプレゼン本のコーナーに行くと、いろいろな方法論やテクニックが紹介された本があります。
何冊かとってパラパラと目を通すと
  • まずパワポを開いて作りはじめてはいけない
  • まずは手書きでストーリーを
  • ターゲットをリサーチする

そして、プレゼン資料づくりのためのテクニック本
  • プロの作ったプレゼン資料がカラーでたくさん
  • フレームワークの紹介
  • ビジュアル化のテクニック

「プロの資料作成力」 を読んで、著者である清水さんがこの本で一番言いたかったことは、最終章のChapter7 資料のクオリティを高めるヒント に書いてある「おもてなしの心」を養う ということだと思いました。

資料作成までのテクニック、資料化するときのテクニック、表現の方法 はかなりいろいろなところで語り尽くされていると思います。小手先のテクニックを学ぶことももちろん大事ですが、問題は『なんのためにテクニックを使ってわかりやすい資料を作るのか』ということ。それこそが「おもてなしの心」だと思います。

清水さんは「おもてなしの心」を、最近よく注目されている「User Experience」そのものであると言っています。User Experienceについてこのように書かれています。
例えばiPadやiPodといった製品、あるいはディズニーランドでの体験や高級旅館のサービスに代表されるように、一般的に求められる機能やサービスを超えてさらに「楽しい」「うれしい」「心地よい」「感動的な」体験価値の提供を重視しようという考え方です。
資料作成においても、同じような考え方で、このように述べられています。
単にファクトさえあればいいというだけでなく、徹底的に考え抜かれたメッセージやストーリー、相手の立場に立ったわかりやすく、さらには心を動かす表現など、資料を通じてユーザーエクスペリエンスを提供することで選ばれ続ける人材になれるのです。
 そしてこの価値は、プロファイリングをはじめとして、どれだけ相手の立場に立てるかによって生み出されるものです。
資料作成、そしてプレゼンテーションにおける「おもてなしの心」とはどのようなことでしょうか。
本書ではその例として、以下のようなことが挙げられています。
  • 相手を気遣うための配色→理解を妨げないよう
  • 相手のコーポレートカラーを使う→相手に寄り添う姿勢
  • スライドのガイド機能→相手の理解に要する時間を少しでも短縮する
  • 動画から始まるプレゼン→百聞は一見にしかず
  • 「シンプルであること」→Googleのデザインガイドライン10ヶ条
  • 誤字脱字やデータ違いには十分配慮→信頼を失う


※Googleのデザインガイドライン10ヶ条
  1. 役立っているか?(useful)
  2. 速いか?(fast)
  3. シンプルか?(simple)
  4. 魅力的か?(engaging)
  5. 革新的か?(innovative)
  6. ユニバーサルか?(universal)
  7. 利益が出るか?(profitable)
  8. 美しいか?(beautiful)
  9. 信頼できるか?(trustwothy)
  10. 親しみがあるか?(personable)

どれだけ相手の立場に立てるか

最後に興味深いことが論じられていました。

「おもてなしの心」を磨くためにはセンスを磨くということ。
センスは生まれつきのものと思われがちだが、相手やテーマに対する思いが広くて深いがゆえに、色々なことに気がつくことができる(sence)。
センスを磨くためには、どれだけ相手の立場に立てるかが重要。
  • 資料完成後、お客様が座る椅子から、実際にスクリーンに映した資料をみてチェックする
  • 自分の世界に入り込まないよう、強制的に他者の視点を入れるための工夫をする
  • 相手からのフィードバックを積極的に活かす
そして、
「おもてなしの心」はずっと同じ事をやり続けるのではなく、また考えをもたずブレまくるのでもありません。信念を持ちながら相手に合わせて進化させていくということが重要です。

どんなに自信のあるプレゼンにおいても、聞いた人からのフィードバックを謙虚に受け止めて次回の向上のために吸収する、大きな心をもちたいと強く思います。




P.S.
AmazonのKindle版も発売されています!
お値段もお得(書籍版:1890円 Kindle版:1333円)なのでどうぞ。


プロの資料作成力








    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

skitch.png

Amazon Kindleでほぼ半額になっていましたので、この本を買ってみました。
サブタイトルは
会社で生き抜く「武器」を身につけろ 〜あなたのスキルを瞬時に上げる87のテクニック

次の8つのテーマで、仕事をうまくこなすための多くのテクニックがTIPS的に紹介されています。
  1. 報連相(ホウレンソウ)のコツ
  2. 会議のコツ
  3. メールのコツ
  4. 文書作成のコツ
  5. コミュニケーションのコツ
  6. 時間のコツ
  7. チームワークのコツ
  8. 目標達成のコツ
今回はKindleの電子書籍版を購入しましたが、紙の本で200ページちょっとというボリュームで、1つのテクニックについて、2ページ分ぐらいで説明されています。

それぞれのテクニックについては、自分を高めるための取り組みという感じではなく、どちらかといえば、いくら自分を高める努力や、仕事を進める努力をしていても、正しく評価されなかったり、うまく表現できなかったりという悩みを持つ方にとっての、いわゆる「テクニック」という位置づけだと感じました。

ビジネス書をよく読んでいる人であれば、それぞれのテーマについてはいずれもどこかで聞いたことがあるような気がするものが多いと思います。紙面の割にテーマ数が多いので、一つ一つのボリュームについては少し深堀りが足りない印象を受けます。チェックリストのような感じで、自分の行動を網羅的に見なおしてみるという使い方をするのに適しているかもしれません。


気になった内容

第8章の「目標達成のコツ」の中から、印象に残ったものを紹介しましょう。


自ら限界を作らない

なにか新しいアイデアを思いついたときに、自分の中でダメ出しをしてしまったり、誰かの「そんなの無理じゃない」という一言で、それ以上突き詰めるのをあきらめてしまうことがあると思います。新しいアイデアについては、「スゴイぞ!」と考えるのと同じぐらい、「ホントに実現できるのか」とか「誰かに否定されるんじゃないか」というふうに考えがちです。特にその組織の中でまだ経験が浅い場合などにこういう傾向に陥ることがよくあると思います。こういうときに、あえて意識してそういう考えを気にしないようにすることが大事であると書かれています。

私の場合、いつも隣に置いてあるノート(モレスキン)に、どんどんアイデアを書きだすことにしています。最初に思いついた時の「スゴイぞ!」という思いもそのまんま書いていきます。そして時々それをパラパラと読み返して、新しく思いついたことをそこに追記していったりします。「自分で文字にしてしまう」というのは思考の枠を取り払うという意味で、非常に効果的だと思います。


簡単なことから習慣化する

何か新しいことを始めるには、できるだけ負担のない簡単なことから始めることを強くおすすめします。
「継続は力」ですが、「力が必要な継続」は継続しないのです。
まさにそのとおりだと思います。
ノートに「やるべきこと」=タスク を書き出すときに、いきなり「TOEICで◯◯点とる」とか「英会話学校に入学する」とか大きなことを書くのではなく、もっと簡単に負担の少ないことをやり始めようと書かれています。

私はこういう大目標はもちろん、モレスキンに書きますが、それはアイデアや目標として書くわけで、そのあと、実際に自分がやらなければならない「行動」に落としこんでいくことが必要です。例えば本当に英会話学校に行きたいのであれば、まずやることは「自分が通える範囲にある英会話学校をWebで調べる」など。大きな目標に関わる、小さな一つの行動をまず、タスクリストに書き出し、とりあえず動き始めてみます。


思考を広げ、深める場としてノートを使う

ここで紹介した2つの内容についても、本を読んで印象に残ったことはノートにキーワードを書きだしてみるといいと思います。そしてそこから連想しながら、自分ならどうするかとか、関連して調べた結果を書き込んだり、場合によっては著者の意見に反論してみたりするのも面白いと思います。
なるべく、ノートをそういう「思考を広げていく場」として活用できるように心がけたいと思っています。

こうしてブログに書いているのも、「こうありたい」という目標を文字にして書き残すという行動の一つだったりします。エラそうに書いていますが、なかなかその通りに実行することは難しいものです。


99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ


    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 



年末年始の休暇中に読んだ(買った)本をメモしておきます。まだ読書中のものもあります。

イノベーション思考の本棚 [Kindle版]

イノベーション思考の本棚

HACKSシリーズでおなじみの、小山龍介さんのブックガイド本。
パブーで公開されている、電子書籍オンリーの本です。
年末にこれを読んでしまい、ここで紹介されている27冊の中で、読みたくなった本をあれこれと注文したりして読んでしまいました。


複雑な世界、単純な脳

IMG_2200

上記の「イノベーション思考の本棚」でも紹介されている、マーク・ブキャンの本です。
現代の世の中で起こるさまざま事象は、単純学問的法則をそのまま当てはめて説明することが難しく、ひとつひとつを見ればシンプルな関係性にあるものが、ネットワーク化が進み、いくつもののつながりが複雑にいくつも絡み合うことによって生まれるネットワークの複雑性。この複雑系ネットワークの理論の紹介が本書の内容です。

理論の紹介、とかくと難しく感じるかもしれませんが、身近に見られるいろいろなエピソードを交えて説明しているので、気軽に読み進めることができます。複雑系入門。


複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線


グーグル ネット覇者の真実 [Kindle版]

グーグル ネット覇者の真実
 
検索からスタートし、検索を通じて得た膨大なデータを活用することで、世界に影響を与え続ける巨大企業、Google。Googleが何を目指しているのか、単純にビジネスモデルを理解するための参考本としてもよくできた本だと思います。それよりも今後、Googleが何を目指し、何を考えているのか、を少しでも理解することで、われわれの生活にいまや密接に影響を与え、利便性を提供してくれているGoogleのさまざまなサービスをより理解することができるのかもしれません。


解決する力  猪瀬直樹 [Kindle版]

解決する力 (PHPビジネス新書)

東京都知事 猪瀬直樹さんの書籍です。
圧倒的な票数で東京都知事に当選した猪瀬さんの、副知事時代から取り組んできたさまざまな政策実行のエピソードや裏側、そして今後、新都知事としてのリーダーシップと表裏一体である、実行力について、より理解できる本だと思います。一方で、猪瀬さんと言えば震災時の対応でも有名になった、Twitter使いでもあります。一次情報から距離を置き、適切な判断ができないリーダーではなく、自らが率先して現場や市民からの一次情報に触れることができるリーダーとして、石原さん以上に期待しています。


Evernoteオールインワンガイド [Kindle版]

Evernoteオールインワンガイド

わたしも注目しているスーパーブロガーの、コグレマサトさん、いしたにまさきさん、堀正岳さんによるEvernote解説本の決定版です。基本的に、画面の画像も入っていて、初心者の方にもわかりやすく書かれた解説ですが、コンテンツ的にはかなり突っ込んだ、応用編の使い方にまで言及している、Evernote使いであれば一度は目を通しておくべき内容だと思います。


きまぐれロボット 星新一  [Kindle版]

きまぐれロボット (角川文庫)

おなじみ、ショートショートSFの大家、星新一さんの代表作。あれは小学校高学年か中学生のときに、むさぼるように読み漁った記憶があります。おとなになってからも数年おきに、自分の中で星新一ブームがやってきて、読み返したりしています。今読んでも色褪せない、それぞれの短編小説のアイデアはあの頃の自分の描いていた夢を思い起こさせます。

同様に、こちらも紹介します。

ちぐはぐな部品 (角川文庫)


さいごに

Kindle化が進むことで、本当にほぼ瞬間的に欲しい本を手に入れて読み始めることができてしまう。最初、Amazonの通販が普及してきて、当日お届けとかのサービスで、かなり感動していましたが、それを超える、自分の中の「本を買う、そして読む」という行動の考え方を根本から変えてしまうものがあるような気がします。

他の電子書籍のショップに無い、Kindleを使う大きな理由でもある機能として、無料サンプルの試し読みがあります。わたしたちが書店で本を買うときは、パラパラとめくってみて、その文章から感じる第一印象や、目次から見た内容をざっと確認して、その本を買うか買わないかの指標にすると思います。この無料サンプルの機能はまさに、書店で本を買うというときのわれわれの行動をそのままネットの世界に持っていったものであり、まだ立ち読み機能を持っていない他社の電子書籍でも早く実現してもらいたいと思います。


2013年 電子書籍はどうなるか?

2013年、電子書籍がどのような広がりを見せるのか。Kindle化する書籍数はどんどん増えていくのはあたりまえとして、ソーシャル・ネットワークとの融合がさらに進んでくるのではないかと予想しています。Amazonの機能からも見え隠れしていますが、同じ本を読んでハイライトをつけたり、ノートで感想を書いたりしたことが、SNSで自由に参照することができたり、そのデータが書籍内にもなんらかのカタチで表現されてきたり。本を読むというのは、これまではすごく個人的な行動であったものが、他の人との繋がりがより進むことで、おもしろいコミュニケーションが生まれてきて欲しいと思います。






    このエントリーをはてなブックマークに追加


このページのトップヘ