なんくるないさぁ

ライフハックを通して、自分を、そしてシゴトも変えていこう。 好きなもの:Apple、モレスキン、文房具、アコギ

カテゴリ:Evernote

【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

画像1


Evernoteは「第2の脳」と言われます。

それは、
何かあったらEvernoteを検索したら、たいがいのものは出てくる
という状態にすることで、情報がどこにあるか覚えておかないでもいいようにする
ということではないでしょうか。


シッパイしっぱい

電気屋さんが好きです。
近所のショッピングモールの中に、ヤマダ電機があったりしますし、そこに行く途中にケーズデンキがあったりするので、しょっちゅうウロウロしています。

基本的に電気製品や電子機器が好きなので、あれこれ見て楽しむわけですが、
ふと、
あ、そういえば風呂場の照明が1個切れてたな・・・ついでに買って帰ろう
ってなること、よくありませんか?

その時に、「たぶんこの形式だったな・・・」とうろ覚えのまま蛍光灯やランプを買って帰り、いざ交換しようとしたときに、
形式やワット数が違った!

私はこれまで何度もこういう失敗をやらかしてしまいました。
家の中には、使えない電球がいくつかゴロゴロしております。


なんで気が付かなかった!Evernoteがあるじゃん

skitch.png

そうです。こういう時の強い味方。Evernoteがありました。
そこで、家にある照明器具のスペックと、蛍光灯、電球の型番・形式をEvernoteに入れておくことにしました。

家の書類や図面に載っている、照明器具のデータ部分をiPhoneで撮影して、Evernoteに登録。専用のノートブックを作ってそこに保存しておきます。タイトルやテキストに、風呂場とか蛍光灯とか、キーワードになるような言葉を書いておくと、あとで検索に引っかかりやすいです。

こうしておけば、電気屋さんの照明コーナーで迷ったり、間違えて買ってしまって後悔することがなくなります。照明器具以外にもいろいろ活用ができますね。自分のちょっとした失敗や後悔みたいなものを、その日のうちにモレスキンにメモして覚えておいたり、iPhoneなどでEvernoteのアイデアボックスにメモしておいたりするようにすれば、活用のアイデアがどんどん浮かんできます。

みなさんも、ぜひ。


★今日の教訓★
 失敗したところや、面倒くさいところに、アイデアが転がっている。


◇関連記事:
ScanSnap S1100 (2) Evernote取り込みの設定メモ
Evernote活用アイデア(1) 瞬間の記憶を切り取る


    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

skitch.png

Evernoteはよく「第2の脳」と言われます。

それは、
何かあったらEvernoteを検索したら、たいがいのものは出てくる
という状態にすることで、情報がどこにあるか覚えておかないでもいいようにする
ということではないでしょうか。


Evernoteに入れておく安心感

ニュースを読んだり、他のサイトやブログで見た情報、思いつきやメモなどの、インプット情報をEvernoteにストックしておく、というのは普通に考えられると思います。
でも、FacebookやTwitterなどに自分が発信した、アウトプット情報はどうしていますか?

あのことは、確かどこかに書いたと思うんだけど、Twitterだったか、Facebookだったっけ・・・と悩むことがあります。そこで、これらのアウトプットもEvernoteに入れておき、自分が何かを引っ張り出したいと思ったときは、ココを見ればOKという状態にしておきます。

TwitterをEvernoteに入れる方法としてオススメするのが、
日々のつぶやきをEvernoteに自動保存してくれる「ツイエバ」http://twieve.net/ja
というサービスです。

有料版もありますが、無料版でも通常用途であれば充分高機能。
Twitterでのあなたのツイート、ダイレクトメッセージ、お気に入り、リツイートをまとめて毎日Evernoteに配送します。配送されるツイートの種類は管理画面で選択することができます。 容量に応じて一時的に配送自体止めたり、画像や地図やアイコンの表示を止める事でEvernoteの容量も気にせず使う事ができます。
また、短縮URLも展開してEvenoteに保存されるのでURLを元に過去のツイートの検索する事も可能です。Twitterの非公開アカウントでも利用可能なので自分だけのライフログがTwitterでつぶやくだけで構築されていきます。 

ツイエバの設定方法

Twitterのアカウントでログインし、設定画面から、Evernote投稿用のメールアドレスを登録します。

skitch.png
Evernoteに格納するノートブックを指定します。必要に応じてタグを指定することもできます。

skitch.png
Evernoteに保存できるものは、自分のツイート、ダイレクトメッセージ、リツイート、お気に入りになります。メンションとフォロー&リムーブは有料会員のみだそうです。


Evernoteに取り込まれた!

設定が完了すると、毎日1回、Evernoteに情報が送信されて蓄積していきます。
skitch.png

また、毎回のレポートの下には、簡易集計データもついているので、ツイート数、お気に入りの数、フォロー・フォロワー数の推移をここで確認することもできます。
skitch.png


Evernoteの活用法、というふうにかしこまって考えると、なんでもできるがゆえに難しく考えてしまいがちです。最初の取り組み方としては、
  • まずは気になったものをなんでも放り込んでみる。
  • そして可能であれば自動的に情報が蓄積されていくような仕組みを構築する。
こうやって、さまざまな情報がEvernoteに集まり始めると、かなりの頻度でその恩恵にあずかれることがやってくるようになります。この安心感はなんとも言えないものです。

Evernoteの活用法に関しては、相互リンクをしていただいている、とらきちさんのサイト
もいろいろな活用アイデアが具体的に紹介されていて参考になりますので、ぜひ!


◇関連記事:
ScanSnap S1100 (2) Evernote取り込みの設定メモ
Evernote活用アイデア(1) 瞬間の記憶を切り取る


    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 

11_m

あけましておめでとうございます。

昨年11月から始めたこのブログですが、今年もぼちぼちと地道に続けていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします。


年賀状をEvernoteに入れる

お正月に届く年賀状はどのように整理していますか?
わたしは届いた年賀状はひととおり目を通したあと、全部Evernoteに取り込んでしまいます。
もちろんあとで検索機能を使いたいので、検索が可能な形式で取り込みます。プレミアムアカウントに入っている場合は、PDF内検索が使えるので、通常どおりPDFで取り込みますが、入っていない場合もJPEG等で画像として取り込めば画像内検索が可能になりますのでご安心ください。

Evernoteへの取り込みは、わたしはScanSnap S1100を使っています
スキャナの取り込み設定を行います。

skitch.png
アプリケーションの選択は、「ドキュメントをEvernoteに保存」を選択します。

skitch.png
ここで忘れず「アプリケーションの設定」から、「検索可能なPDFにする」チェックボックスを入れておくようにしてください。これを設定しておくと、EvernoteでPDF内検索ができるようになります。検索対象は全ページ。

準備ができたら、じゃんじゃん年賀状を取り込んでいきます。

skitch.png

取り込みが終わったら、Evernoteの中に「2013年賀状」などのノートブックを作成し、この中に保存しておきます。


思い出を並べて見る

Evernoteに入れておけば、いつでも画面上で参照することができます。
skitch.png

本当の利点は、Evernoteの持つ強力な検索機能を活用するときです。
過去の年賀状も取り込んでおけば、同じ人からの年賀状の推移を並べて見ることが簡単にできるようになります。家族の成長を写真で毎年知らせてくれる人からの年賀状を、数年分並べてみるなど、おもしろい年賀状の見方ができます。


もう一つの活用法

もう一つの便利な活用法として、「お年玉くじ」の当選番号の検索があります。
今年の抽選日は1月20日で、お年玉のお渡し期間は1月21日〜7月22日だそうです。

この当選番号は新聞やWebサイトで発表されますが、当たりクジを見つけるのはワクワクする楽しい作業でもありますが、手っ取り早く済ませてしまいたいと思う方もいるかもしれません。
そういう時には、Evernoteの検索機能を使って、一気に検索を行うことも可能です。

PDF内検索(画像内検索)は、もちろん数字に対しても可能ですから、当たり番号を検索欄に入力して検索することで、簡単に当たりはがきを絞り出すことができます。

skitch.png

年賀状のお年玉くじは、例年、商品交換率がかなり低いと聞いたことがあります。会社宛に送られてくる年賀状とかって、かなりあるような気がするが、だれもチェックしてなさそうだな。。。


◇関連記事:


    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 



「Evernoteを使っててよかった〜〜」と思う使い方のひとつに、
『見たい時に限って手元にないもの』を入れておく というのがあります。

私の場合、よくあるのが、クレジットカード、銀行のキャッシュカード、免許証、保険証などなど。
さまざまな通販Webでの登録時や、出先で書類に記入しなければならないとき。
そして、まだ遭遇していませんが、財布をなくしてしまったとき。

財布に何かカード類が増えるときには、必ずiPhoneで写真を撮って、Evernoteに登録しておきます。
クレジットカードは忘れず裏面も。あとはWebで入力したりする可能性のある会員証とかも忘れずに。

これらのデータは、専用のノートブックを作成し、そこに登録しておきます。私は「財布の中」とか「大事なもの」などがあります。理想は、財布の中身とEvernoteのノートブックをきちんと同期させておくこと。これは万が一財布を紛失したときとか、効いてくると思います。そういう意味では、定期券やSuicaなども必須ですね。

そして、Evernoteのプレミアムアカウントに入っている場合は、iPhoneやiPad miniのEvernoteアプリでオフラインノート設定をしておきます。必要なときに電波の状態が悪いことも考えられるので、おすすめです。

もし、iPhoneとiPad mini を両方持っているのならば、両方で同じようにオフラインノート設定をしておくといいと思います。どちらかでWeb登録とかやっているときに、片方で参照できるとこれまた便利。

普通にiPhoneのカメラで撮影して、カメラロールとかに保存しておいてもいいのですが、MacやPC、そしてモバイルと、すべてのデバイスで連動して使えるというメリットは計り知れないものがあると思います。こういう道具をちゃんと活用する第一歩は、情報のインプットをいかにシンプルにするか、ということ。Evernoteを使っていると、何かあればとりあえずEvernoteに投げ込んでおくことが可能になります。その情報の中身そのものを覚える必要はありません。「あれは確かEvernoteに入れておいたな」って気づけばいいだけです。あとはEvernoteの強力な検索機能ですぐに欲しい情報を引き出すことができます。

Evernoteを勧められて入れてみたけど、何に使っていいかわからない・・・と思っている方は、ぜひ、最初の一歩としておサイフの中身をまるごと写真にとって登録してみてください。
近い将来、よかったーと思える瞬間がやってきます。
 

関連記事
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


【大切なお知らせ】
 新しいブログをオープンしました。今後はこちらで更新していきます。
 ▶▶新サイト▶▶ http://asunote.jp/  アスノート AsuNote.jp
 これからも引き続き、よろしくお願いします。(2013/02/24)    
From
 Shokun1108 



今年の春から使っていたモレスキン(ラージ・ルールド)がとうとういっぱいになりました。
次は発売直後から購入してスタンバイしていた、モレスキン Evernoteスマートノートブック(ラージ・スクエアード)。

まず最初にやること

新しいモレスキンを下ろしたら、まず最初にやる儀式みたいなものがあります。
  1. 各ページにページ番号を振る
  2. 表紙の見開きに名前・電話・メールアドレス・住所を書く
  3. 1ページ目に使用開始年月日を書く
  4. その下に、最初の言葉を書く(好きな言葉や感動した言葉や文章)
スナップショット_2.jpg
 
今回の1ページ目は、スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチから。2005年6月12日に米国スタンフォード大学の卒業式で、卒業生に向けて話した内容から。

ジョブズが亡くなったあとに、あらためて聞き直し、内容を考えてみると、何度聴いても、何度読んでも感動します。スピーチの動画はYouTubeでも公開されていますし、日本語訳もさまざまなサイトで公開されています。今でも時々これを聴いて、自分を振り返り、明日への活力を確認します。

スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 | YouTube

あなたたちの時間は限られているのです、他人の人生を生きて、時間を無駄にしないでください。 他人の考えた結果に振り回されて、ドグマの罠に陥らないでください。 他人の意見の雑音に、自分の内なる声の邪魔をさせないことです。 そして、最も大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。 あなたの心と直感は既にあなたが真に何になりたいかを、とにかく、とっくに知っています。 それ以外のことは重要ではありません。

モレスキンという手帳

私がモレスキンを使い始めて10年ぐらいになります。最近はいろいろなシリーズ製品が発売されていますが、シンプルな黒い表紙のモレスキンが一番好きです。ノートとしての機能や品質を考えてみると、決していわゆるコストパフォーマンスの高い「よい製品」ではないかもしれません。買った時期やロット?によって、紙の品質にバラツキがあります。

さらにモレスキンは、使う筆記具を選びます。私はいつも、ノートに書く場合はほとんどの場合、万年筆を使います。インクのメーカーや色、ペン先の太さ、インクフロー(インクの量)によって、にじみが起こったり、紙の裏にインクが抜けたりします。ずっと使っていると、これもまたモレスキンというノートの良さとして感じるようになってきました。新しいモレスキンが来るたびに、相性の良い万年筆とインクの組み合わせを見つけて、だいたい一冊はその組み合わせで使います。

今回のEvernoteスマートノートブックは、個体差なのかそういうものなのかわかりませんが、かなりインクの裏抜けが激しくなっています。ちょっとインクのマッチングを真面目に検討する必要がありそうです。次回はその辺を紹介したいと思います。


影響を受けているモレスキン関連サイト:
モレ本:

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方

モレスキン 人生を入れる61の使い方
    このエントリーをはてなブックマークに追加


このページのトップヘ