食農DotCom

食の安全・安心と農業の架け橋       孤食、個食、固食、小食、粉食、濃食、様々な「コ食」が招く食生活の乱れ!  土と自然が育む安心で安全な農業回帰で豊かな食生活を取り戻しませんか!

真夏に咲き誇る鳥海山の花

チョウカイアザミ
IMG_1719チョウカイアザミ月山IMG_1720チョウカイアザミIMG_1742チョウカイアザミ

チングルマとその実
IMG_0054チングルマIMG_1640チングルマIMG_1599チングルマ実と花IMG_1616チングルマの実とニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ、トウゲブキ、イワブクロの群生
IMG_1634ニッコウキスゲ、トウゲブキ群生

ハクサンシャクナゲ
IMG_1593ハクサンシャクナゲ

イワイチョウ
IMG_1597イワイチョウ

ゴゼンタチバナ
IMG_1600ゴゼンタチバナ

ミヤマツボスミレ
IMG_1607ミヤマツボスミレ

ヒナザクラ
IMG_1608ヒナザクラIMG_1647ヒナザクラ

ウサギギク
IMG_1614ウサギギク

トウゲブキ&ハクサンシャジン
IMG_1618トウゲブキ&ハクサンシャジンIMG_1625ハクサンシャジン

ハクサンフウロ
IMG_1622ハクサンフウロ

ハクサンイチゲ
IMG_1639ハクサンイチゲ
ミヤマキンバイ
IMG_1641ミヤマキンバイ

イワギキョウ&イワブクロ
IMG_1663イワギキョウ&イワブクロ

トウゲブキ&アサギマダラ
IMG_1737トウゲブキ&アサギマダラ








鳥海山雄姿

2017年8月5日念願の鳥海山に登頂した。東北の名峰、深田久弥は「山容秀麗では他に落ちない」と評したまさに名山である。
その名峰での快晴が、日本海の小島飛島に沈む幻想的な落日と翌朝の影鳥海の恵みをもたらしてくれた。
IMG_6220飛島落日
影鳥海
IMG_0046影鳥海
千蛇谷雪渓から望む新山
IMG_1654千蛇谷雪渓
外輪ケルンから北北東に岩手山
IMG_1704岩手山
外輪ケルンから南南西に蔵王、葉山、月山、朝日連峰
IMG_1711蔵王山葉山月山朝日連峰IMG_1716月山朝日岳

次回は早春に見られるという雪形「種まき爺さん」を是非とも仰ぎ見たいものだ。
IMG_6193雪形種蒔き爺さん










宍塚自然農田の第一回除草イベント

田植え後ほぼ一月で稲苗は40cmを超える生育を見せている。同時に周りの草たちも旺盛で、お米倶楽部のメンバーを中心に除草作業である。いぼ草とセリが主であるが誤植のヒエもまれに散見。簡易立ち鎌を使っての作業なので比較的容易ではあるが、敵は30度を超える日射。休憩をはさみ一時間半程度の作業が真夏日では限界である。田んぼ塾の三名のご支援にも感謝である。
IMG_6119IMG_6122
IMG_6124
早々に終ってじゃが芋堀りに畑を。二年目のジャガイモンは一部の品種を除き小粒に終わった。畝間でも森林の影響で日照などにばらつきがあるためだ。
IMG_6125
本日の昼食は、冷製パスタ、お稲荷に杏仁豆腐デザートと夏のメニューに。
IMG_6126

宍塚自然農田の除草始まり

田植え3週間後、除草も二度目を迎える。初栽培の黒米は葉巾が広くヒエに似る。
IMG_6075
栽培
面積の大きいトヨサト。
IMG_6076
今年
初栽培のイセヒカリは生育も旺盛で茎丈も20cmを越えた。
IMG_6077IMG_6078
早くも
羽化した赤とんぼが水面に映える。
IMG_6081

圃場隣接の里芋畑を除草。葉脈が朝露に 輝いて見える。
IMG_6087
 
 
 
 

杉並区ゆうゆう今川館料理教室

2017年度最初の料理教室を開催した。通算28回目の講師はマクロビを極めた細田先生。
InkedIMG_5965_LI
旬の野菜を食べるサブテーマでの開催であるが、例年の野菜に異変があるようだ。南房総市で提携43年の歴史ある三芳村生産グループからの調達であるがチンゲン菜、玉ねぎそれにいつもの卵が可能な出荷野菜となった。ここにもわずかながらの地球温暖化の影響が出ているのか。
そのような事情から今回は塩豚をメーンとして展開したところ、結果として大変好評で完食となる。
IMG_5970
本日のレシピは、塩豚とキャベツ炒め、蒸し塩豚サラダ、蚕豆とチンゲン菜の卵とじ、蚕豆とジャコの混ぜご飯、玉ねぎとチンゲン菜の野菜スープそれにクレープの6品である。
IMG_5974
子ども達を含め皆さんとの和気藹藹の食事は何よりも代えがたい。好評のうちに食卓を囲み、初参加の8名は直ぐに次回参加を申し込まれたほどである。継続開催を要望する声も多く聞かれた今回の開催である。




記事検索
livedoor 天気
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ