茨城県ものづくり人材育成ブログ

カテゴリ:オープンキャンパス

こんにちは
筑西産業学院です。

オープンキャンパスの追加日程が決定しました。
体験型,見学型の2種類を用意しております。

1
2
※上記日程画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

こんにちは
筑西学院です。

9月29日(火)体験型のオープンキャンパスが行われました。
入室時の検温,アマビエちゃん登録にご協力頂き感謝します。
筑西学院の説明とDVD視聴後早速,電気工事科の体験をして頂きました。
 DSC02879
電気工事科の体験では,壁の中の電気配線を想定して,コンセントと照明器具の回路を構成します。
 DSC02785
 平面の実習版に,スイッチを取り付けるボックスを固定し,すべてのケーブル配線を終えてからその壁にスイッチを取り付けます。
 DSC02800
電気配線が取り出せるように壁に開けた穴から配線が取り出せるので,そこに蛍光灯を取り付けて実際に2か所で点灯消灯出来るようになりました。
DSC02801
オープンキャンパスへのご参加ありがとうございました。
体験,お疲れ様でした。


オープンキャンパス体験型(電気工事科編)の様子はこちら


こんにちは
筑西学院です。

7月28日(火)オープンキャンパス【見学型】を開催致しました。
電気工事科に興味のある方見学会にご参加いただきありがとうございます。
学院説明後,電気工事科の実習場にて設備及び作業を見て頂きました。
 DSC02710
  電気工事科の実習場は,広くて設備も整っております。
 IMG_0075   IMG_0061 
 講師の説明により普段は見ない壁の中の電気配線を見て頂きました。
 DSC02712 
 電気工事で大切なことは,電気配線工事する時には,必ず電源を切り工事すること。
 電源をいれたまま工事すると感電や火災の恐れがあり,お客様の利益を損失してしまう為。
 DSC02714 
実際に電源をいれたまま作業体験して頂きました。
今回は,安全確保した中で活線(電源を切らないで)の配線をペンチで切断しました。
するとケーブルから煙が,でてきました。見学者の「おー」と驚きの声。        
  DSC02718    
電気の大切さや怖さを分かっていただけたと思います。
 DSC02722
 次回は,是非オープンキャンパス(体験型)にご参加お願い致します。
    
 オープンキャンパス見学型に,ご参加いただき ありがとうございました。

こんにちは
筑西学院です。


7月21日(火)第2回目のオープンキャンパスが行われました。
三密に気を付けて,少人数での開催です。
全体説明会の後,機械システム科と電気工事科に分かれて体験して頂きました。

IMG_0621

機械システム科の体験は,電子部品でLEDが交互に点滅する回路を作成してもらいました。
ハンダづけの練習からハンダとテコを使用して電子部品を電子基板に取り付けます。
 

IMG_0639  IMG_0631 
機械システム科2年の先輩の指導のもと,作業開始から(約1時間)電池を入れてLEDフラッシュライトの完成!
完成品  IMG_0633


電気工事科の体験では,壁の中の電気配線を想定して,コンセントと照明器具の回路を構成します。
平面の実習版に,スイッチを取り付けるボックスを固定し,すべてのケーブル配線を終えてからその壁にスイッチを取り付ける。
IMG_0640IMG_0641
電気配線が取り出せるように壁に開けた穴から配線が取り出せるので,そこに蛍光灯を取り付けて実際に2か所で点灯消灯出来るようになりました。
IMG_0646IMG_0656


オープンキャンパスへのご参加ありがとうございました。
体験,お疲れ様でした。


こんにちは
筑西学院です。
6月23日にオープンキャンパスが行われ前回のブログで『機械システム科編』をご紹介しましたが,今回は『電気工事科編』をご紹介します。

 電気工事科の体験は,壁の中の電気配線を想定して,コンセントと照明器具の回路を構成します。
平面の実習板にインパクトドライバーを使い,スイッチを取り付けるボックスを固定しています。
すべての配線(ケーブル配線)を終え壁(石膏ボード)が張られた上に壁紙をさらに張り,そこを開口して器具(スイッチ)を取り付けています。
IMG_0314  IMG_0352
工事の最後に,石膏ボードに開けた穴から配線が取り出せるようになっているのでそこに蛍光灯を取り付けています。
DSC02500  IMG_0356
実際に電気を試送電(試し運転)しました。
無事に蛍光灯を二カ所で点灯消灯出来るようになりました。
下の方に取り付けたコンセントも絶好調でした。

IMG_0361 
 DSC02503
体験,お疲れ様でした!

このページのトップヘ