茨城県ものづくり人材育成ブログ

カテゴリ:土浦学院

県立土浦産業技術専門学院です。

11月6日に講堂朝礼を行いました。
学院長講話では,「(季節性)インフルエンザ対策」等についての話がありました。
20171106001
一般的な風邪とインフルエンザの違い,インフルエンザ感染のプロセス(飛沫感染・接触感染)や主な感染場所,感染防止の方法(手洗い,予防接種,免疫力),感染したときの対応などについての説明がありました。
また,11月27日から1月14日まで,茨城県近代美術館による移動美術館が土浦市民ギャラリーで開催され,クロード・モネや茨城ゆかりの画家の作品が展示されるので,芸術に接するいい機会である旨の話がありました。
最後に,健康に気をつけて,たまには,芸術に触れて,そして,日々の訓練を頑張って欲しい,との話がありました。

県立土浦産業技術専門学院です。

ずっと雨が続いていたので延期になっていた
球技大会を10月27日に行いました。
この日はとても天気が良く待った甲斐がありました!
20171027001
競技はサッカーとバレーです。
20171027002
総当たり戦なので十分に試合を楽しめます。20171027003

バレー優勝チームのコンピュータ制御科2年生の皆さんです。
20171027004

サッカー優勝チームの機械技術科1年生の皆さんです。
20171027005
勝ったチームも負けたチームもスポーツを楽しみ,クラスの団結が強まるいい1日を過ごしました。


県立土浦産業技術専門学院です。

9月1日に講堂朝礼を行いました。
学院長講話では,「カップめんと塩分」についてのお話がありました。
20170901001
カップめんが発明された経緯などの説明のあと,カップめんには食塩が多く含まれていることや日本人の食塩摂取の実態,食塩の食事摂取基準における目標値(1日当たり男性8g未満,女性7g未満),食塩の取り過ぎによる健康への影響などについて説明がありました。
最後に,「減塩」や胃がんの予防や高血圧,循環器疾患のリスクの低下につながることから,山形県米沢市内で行われている啓発活動である適塩行動カード(うめえげんどもスープのこすじゃあ)の飲食店への配置を例に,健康のために,おいしくてもカップめんのスープは残すなどの工夫をしよう,との話がありました。

県立土浦産業技術専門学院です。

夏季休暇明けの
8月18日に始業式をを行いました。
学院長訓話では,新たなスタートにあたり,1年生に対しては自分の進路を見すえて,より本格的な訓練に取り組むこと,2年生に対しては就職後の自分自身のために一つでも多くの知識や技能を身につけることなどに努めて欲しい旨のお話がありました。
20170818001
また,暑い日が続くので,十分に水分を補給すること。その際には,健康被害を防止するため,カフェインを多く含む清涼飲料水やエナジードリンク等を飲み過ぎないよう注意することが大切である旨のお話がありました。
20170818002
次に,訓練課長から「8月27日は茨城県知事選挙の投票日。投票しましょう!というお話がありました。

県立土浦産業技術専門学院です。

8月3日と4日に,「第12回 若年者ものづくり競技大会」が開催されました。
20170803001
土浦学院からは,2名の生徒が出場しました。
機械技術科1年,
丹家 智哉さんと仲井 亮太さんです。
職種は「
機械製図(CAD)」です。夏休み前から練習をして,調整はバッチリです!
20170803003
20170803002

このページのトップヘ