6桁の数字を日付に変換する

前号で求めた製品番号の下6桁の数字は、製造日を表しています。
最初の2文字が西暦年の下二けた,次の2文字が月を,最後の2文字が日になります。
この6桁の日付方式は缶詰などの製造日で使われていることがあります。より完璧にするには20161027のように8桁にします。

ここでは、下図「数式582」の「下6桁」(列B)の6桁の数値から「製造日」(列C)に西暦の日付を求めてみましょう。

※下図「数式582」を参照してください。
数式582

日付を求めるにはDATE関数を使い、「年」,「月」,「日」のそれぞれの引数をLEFT関数,MID関数,RIGHT関数を使って求めます。

《6桁の数値を日付にする》
1. セルC3を選択します。

2. 「=DATE(」と入力します。

3. 最初の引数「年」は、LEFT関数で左2文字を取り出します。西暦の下2桁ですので、2000を足します。
 続けて、「2000+LEFT(B3,2),」と入力します。ここまで数式は、「=DATE(2000+LEFT(B3,2),」となります。

4. DATE関数の2番目の引数「月」をMID関数で求めます。
 続けて、「MID(B3,3,2),」と入力します。ここまで数式は、「=DATE(2000+LEFT(B3,2), MID(B3,3,2),」となります。

5. DATE関数の3番目の引数「日」をRIGHT関数で求めます。
 続けて、「RIGHT(B3,2))」と入力します。

6. [Enter]キーで確定します。「2016/10/27」が求まります。
数式は、「=DATE(2000+LEFT(B3,2),MID(B3,3,2),RIGHT(B3,2))」となります(下図「数式583」)。

※下図「数式583」を参照してください。
数式583

5. 下にオートフィルします。
 それぞれ西暦の日付に変換されました(下図「数式584」)。

※下図「数式584」を参照してください。
数式584




Comments(0) | TrackBack(0) │   (21:50)