去る2月1日(土)に開催されました
ソガシイナ先生『旧約Märchen』第2巻サイン会レポートをお届けします。
まずは第1巻より1年以上も間が空いたにも関わらずご参加いただきました読者の皆様、並びにご協力いただきました関係者の皆様、本当にありがとうございました!

アニメイト秋葉原の地下イベントスペースにステージを用意していただきました。
会場01
会場02
会場では「Märchen」がノンストップでリピート再生!
アニメイトのスタッフさんがイベントの流れを説明する場面で「黒き女将の宿」が流れていて、全ての説明が胡散臭くなってしまったのは計算外でした。
そしてステージ上の机の上にはアニメイトの店員さんによる熱の入ったウェルカムボードとお花もご用意いただきました。
会場03机
会場04机
加えてソガ先生が持ち込んだ自作の屍揮ペンとサインで使う3種類のスタンプ、それに第1巻のサイン会で参加された読者よりいただいた手作りの「黒き女将の宿」鞄をセッティング。
会場05机
今回は会場の後方に、自由にメッセージを書き込めるノート(というか単行本作成時の束見本)も置かせていただきました。
会場06メッセージ帳
サイン会は著者と読者が直接交流できる貴重な機会ですが、やはり時間も限られているので
こういう機会が作れてよかったと感じています。
サイン会終了後も皆さんが残って思いの丈を書き込んでいただいたノートは、
会場撤収後にソガ先生へお渡しさせていただきました。

会場の写真でもチラッと見えたと思いますが、
壁には貴重な“加工前の”複製原画を展示していただきました。
全部で10枚! こんな感じ!
複製01
複製02
複製03
複製04
複製05
複製06
複製07
複製08
複製09
複製10


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午後1時半、いよいよ開演。
第1部、第2部に分かれて抽選で選ばれた約100名の読者さんが会場に。
ソガ先生がマイクを握り挨拶を終え、いよいよ…
「サイン会の始まりだ!」
サイン01
サイン02

第1巻サイン会に続きソガ先生特製のスタンプを参加者に選んでいただき、
お名前を添えてサインを入れていく流れ。
スタンプは下記の3種類。

スタンプ サンプル
 「硝子の棺で眠る姫君」
 「生と死を別つ境界の古井戸」
 「薔薇の塔で眠る姫君」
推し曲がバラけたのか結構平均的な感じでしたが、「硝子」が一番人気でした。
作中の“あの演出”に驚いて選んだ参加者も多かったです。

途中休憩を挟み、午後4時半にサイン会は無事終了。
予定より早かったので、第2部終了後にソガ先生により複製原画解説のプチトークショーにも発展しましたが、事故もなく会場BGMに「青き伯爵の城」の阿鼻叫喚が響き渡るものの、とても温かく貴重な時間となりました。
重ねてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、第1巻サイン会のレポートでも触れましたが、
今回も読者さんからいただきました差し入れの一部をご紹介します
差し入れ01
下記解説はソガ先生によるものです。

●雪白をイメージしたバックチャーム
差し入れ02
>林檎は粘土で作ったそうです。林檎には齧った後があり、童話『白雪姫』の雰囲気を細かく表現していると思います。そして、青い飾りと十字架は王子を表現しているのかな(十字架は雪白ちゃんもですが)芸が細かいです。

●赤いかご
差し入れ03
>この方は林檎のチョコパイを作ってくれてました。写ってるのはそれの入れ物です。(チョコパイ本体は写真を撮る前に早々に食べてしまったので写真が無いのですが)このかごの赤いレースはエリーゼ人形(公式)のスカートのレースと同じだそうです。また写真に写っている三色の紐はそれぞれ雪白ちゃん、井戸子ちゃん、野ばらちゃんを表現しているそうです。色々な種類の創作を見せてくださって大変楽しいです。

●イドさんのシャドウボックス
差し入れ04-1
差し入れ04-2
>同じ絵を何層にも重ねて立体感を出しています。どうお写真を撮ったらその立体感が伝わるか分からず四苦八苦していたのですが、個人的に感動したのは髪の毛と手の指がびっくりする程細かく何層にも重ねてあった事です。これを作るのはすごく大変だったろうなと思いました。

●鞄
差し入れ05-1
差し入れ05-2
差し入れ05-3
差し入れ05-4
>1巻同様、鞄を下さった方の作品ですが、2巻に入っている曲の屍人姫のシルエット(扉絵デザイン)が外側に入っています。そしてこれの凄いところは、鞄の中を覗くと側面が井戸になっており、その底に死んでいるイドさんがおりました。とにかくアイディアとデザインの纏め方に感動しました。

加えて差し入れではないですが、サイン会中に自作のねんどろいどの人形を披露していただいた方もいらっしゃいました。
ねんどろいど01
ねんどろいど02
3体とも凄まじいハイクオリティ!
どの差し入れも、もはやどうやって作っているのか我々には見当もつかないレベルの高さです。

ソガ先生からも下記感想が。
>Sound Horizonのファンの方(通称ローラン)はすごく創作意欲があるというか、好きな作品を様々な【形】で表現して見せてくださるところが本当に大好きです。 同じ、もの作りをする人間としてすごく尊敬しております。
 また、ものだけではなく、ここではお見せする事が出来ませんがお手紙だったり、束見本(束を計る為に作る中身の無地のサンプル)に書いてくださった≪伝言≫だったり溢れんばかりの愛情を感じます。その一端を見せていただき本当に嬉しかったです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ということでサイン会レポートは以上になります。
『旧約Märchen』第3巻は…来年発売予定です。
次回もサイン会を開催することが叶いましたら是非足をお運びください!
どうもありがとうございました!!

「ソガシイナ先生描き下ろしイラストサイン色紙」or「特製童話カードセット」が当たる
単行本帯キャンペーンはまだまだ受け付けています。
こちらの締め切りは3月31日(土) 当日消印有効です。

あと単行本の続き、第12夜「青き伯爵の城(上)」は、
月刊少年シリウス6月号(4/26発売)の付録フルカラー小冊子で連載再開!
いよいよ復讐劇も終盤に差しかかりました。引き続きご期待ください。