2006年02月28日

現役世界チャンピオンの須田匡昇が引退

2月17日のサステイン主催興行のリング上において、世界ライトヘビー級チャンピオンの須田匡昇が浦田昇コミッショナーにベルトを返還、ライセンスを返上を申し出た。引き続き引退式が行われ、2006年2月26日付けをもって引退となった。

1996年1月20日デビュー。2001年1月12日、2度目の挑戦で念願の世界タイトル獲得をすると、これを2度防衛。選手層の薄さから対戦相手に恵まれず、防衛期限を過ぎても試合が決まらない状態であったが、今年4月にアメリカで防衛戦を行う計画が浮上。しかし、引退の意向を示しこれは中止となり、現役王者のまま引退となった。

今後は、組技格闘技と後進の指導に専念するという。


第3代世界ライトヘビー級チャンピオン
防衛2度
最終戦績:18戦11勝(2KO/5S)5敗2分

shooto_commission at 18:19│clip!告知