SHOOTO NEWS

for All Shootors & Shooto Enthusiast

2008年08月

アマ修斗 9/14 全日本選手権 フェザー級・藤井選手欠場

フェザー級に出場予定だった藤井徹選手(神奈川/RBアカデミー)が欠場となったため、補欠登録優先順位1位の若菜千明の出場が決定。

[大会名]第15回全日本アマチュア修斗選手権大会

[主催]日本修斗協会
[開催日時]2008年9月14日(日)
[会場]神奈川県小田原市/小田原アリーナ・メインアリーナ
[お問い合せ]03-5984-3209(担当:若林)

[トーナメント組み合わせ/11階級/123名+補欠29名/112試合]

■女子ストロー級/3名参加

   ┌──永易 加代(東京/パラエストラ東京)
優勝─┤103
   │┌─黒川美登里(愛媛/修斗道場四国)
   └┤86
    └─鈴木 祐美(北海道/パラエストラ札幌)


■女子フライ級/3名参加

   ┌──茂木 康子(東京/ストライプル)
優勝─┤104
   │┌─増田 優実(兵庫/和術慧舟會兵庫支部)
   └┤87
    └─森岡 恵(岩手/和術慧舟會岩手支部)


■フライ級/16名参加 + 補欠登録1名

      ┌佐藤 友和(埼玉/和術慧舟會RJW R2)
     ┌┤25
     │└金子 功久朗(広島/TKエスペランサ)
    ┌┤69
    ││┌阿藤 貴史(東京/GUTSMAN・修斗道場)
    │└┤26
    │ └村井 貴史(山口/ウイングス・オブ・シューターズ)
   ┌┤94
   ││ ┌森 理靖(岐阜/NASCER DE SOL)
   ││┌┤27
   │││└奥村 修一郎(埼玉/総合格闘技道場STF)
   │└┤70
   │ │┌志田 裕幸(千葉/和術慧舟會東京本部)
   │ └┤28  
   │  └岸本 耕治(広島/TKエスペランサ)
優勝─┤109
   │  ┌鍋島 潤(東京/和術慧舟會RJW)
   │ ┌┤29
   │ │└山石 大樹(愛知/ALIVE)
   │┌┤71
   │││┌昼間 樹(埼玉/PUREBRED大宮)
   ││└┤30
   ││ └竹井 徳之(香川/讃州四心会)
   └┤95
    │ ┌西田 翔(広島/総合格闘技道場BURST)
    │┌┤31
    ││└牧ヶ谷 篤(群馬/和術慧舟會群馬支部)
    └┤72
     │┌望月 厚志(北海道/パラエストラ札幌)
     └┤32
      └藤本 裕紀(徳島/TEAM BLAZE)

●補欠登録/1名
優先順位01. 山本 裕紫(福岡/チームバナナ)


■バンタム級/16名参加 + 補欠登録4名

      ┌蒔田 伸吾(広島/パラエストラ広島)
     ┌┤33
     │└高野 祥之(神奈川/シューティングジム八景)
    ┌┤73
    ││┌上野 慧(千葉/和術慧舟會Duroジム)
    │└┤34
    │ └山崎 哲也(岩手/グラップリングアカデミー)
   ┌┤96
   ││ ┌高松 尚平(大阪/相補体術)
   ││┌┤35
   │││└斉藤 健史(神奈川/K'z FACTORY厚木)
   │└┤74
   │ │┌三浦 良介(千葉/パラエストラ千葉)
   │ └┤36  
   │  └石神 保貴(東京/和術慧舟會東京本部)
優勝─┤110
   │  ┌北島 進(大分/真武館大分)
   │ ┌┤37
   │ │└今城 佑基(広島/総合格闘技道場BURST)
   │┌┤75
   │││┌渡辺 明伸(神奈川/roots)
   ││└┤38
   ││ └小堀 貴広(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
   └┤97
    │ ┌金内 裕哉(埼玉/グレイシー・バッハ東京)
    │┌┤39
    ││└阿部 貴広(宮城/パラエストラ仙台)
    └┤76
     │┌布施 伸哉(新潟/ピロクテテス新潟)
     └┤40
      └小林 稔昌(兵庫/和術慧舟會兵庫支部)

●補欠登録/4名
優先順位01. 大林 弘宜(東京/GUTSMAN・修斗道場)
優先順位02. 辻田 大佑(神奈川/秋本道場Jungle Junction)
優先順位03. 横山 昌弘(広島/総合格闘技道場BURST)
優先順位04. 阿部 剛(広島/TKエスペランサ)


■フェザー級/16名参加 + 補欠登録8名

      ┌稲垣 顕二郎(東京/KRAZY BEE)
     ┌┤41
     │└難波 大樹(広島/TKエスペランサ)
    ┌┤77
    ││┌若菜 千明(東京/GUTSMAN・修斗道場)
    │└┤42
    │ └木村 俊介(大阪/シューティングジム大阪)
   ┌┤98
   ││ ┌松本 義彦(埼玉/パラエストラ川越)
   ││┌┤43
   │││└岡田 忠士(兵庫/和術慧舟會兵庫支部)
   │└┤78
   │ │┌浜路 康高(千葉/アカデミアAz)
   │ └┤44  
   │  └大里 洋志(青森/スカーフィスト)
優勝─┤111
   │  ┌木暮 聡(東京/リバーサルジム)
   │ ┌┤45
   │ │└佐野 博(大阪/パラエストラ大阪)
   │┌┤79
   │││┌吉田 勲(北海道/ノースキングスジム)
   ││└┤46
   ││ └鷹島 大樹(東京/GUTSMAN・修斗道場)
   └┤99
    │ ┌小野島 恒太(東京/サムライ修斗クラブ)
    │┌┤47
    ││└木村 裕(広島/パラエストラ広島)
    └┤80
     │┌福島 秀和(大阪/シューティングジム大阪)
     └┤48
      └赤尾 征爾(愛知/NEX-SPORTS)

●補欠登録/8名
優先順位01. 浜田 潤(愛媛/パラエストラ愛媛)
優先順位02. 松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)
優先順位03. 佐久間 健太(千葉/パラエストラ柏)
優先順位04. 小川 太輔(広島/U.N.K.fighting)
優先順位05. 杉島 大輔(埼玉/和術慧舟會東京本部)
優先順位06. 根岸 秀治(埼玉/PUREBRED大宮)
優先順位07. 近藤 洋平(広島/総合格闘技道場BURST)
優先順位08. 曾我 英将(千葉/パラエストラ千葉)


■ライト級/16名参加 + 補欠登録9名

      ┌早坂 利明(宮城/パラエストラ仙台)
     ┌┤49
     │└矢地 祐介(東京/KRAZY BEE)
    ┌┤81
    ││┌仁木 康夫(香川/讃州四心会)
    │└┤50
    │ └高橋 了介(神奈川/roots)
   ┌┤100
   ││ ┌佐藤 優太(神奈川/秋本道場Jungle Junction)
   ││┌┤51
   │││└大道 翔貴(岡山/ゼロ戦クラブ)
   │└┤82
   │ │┌本徳 聖(東京/パラエストラ東京)
   │ └┤52 
   │  └和田 教良(京都/PUREBRED京都)
優勝─┤112
   │  ┌新国 隆史(北海道/パラエストラ札幌)
   │ ┌┤53
   │ │└門脇 勝(岐阜/NASCER DO SOL)
   │┌┤83
   │││┌谷山 貴彦(愛媛/パラエストラ愛媛)
   ││└┤54
   ││ └竹縄 元博(広島/総合格闘技道場BURST)
   └┤101
    │ ┌農坂 大昇(福岡/誠流会)
    │┌┤55
    ││└児玉 晃一(福島/パラエストラ福島)
    └┤84
     │┌片岡 誠人(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)
     └┤56
      └渡辺 智史(石川/L.A. GYM. JAPAN)

●補欠登録/10名
優先順位01. 本田 智昭(東京/KRAZY BEE)
優先順位02. 藤田 博晃(埼玉/パラエストラ松戸)
優先順位03. 須磨崎 真(東京/アカデミアAz)
優先順位04. 中 平和(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
優先順位05. 岡田 秀人(神奈川/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
優先順位06. 小林 孝秀(新潟/シュッシュ道場)
優先順位07. 斉藤 憲市(徳島/アンドレイオス)
優先順位08. 山子 順(新潟/ピロクテテス新潟)
優先順位09. 太田 健二(熊本/パラエストラ熊本)


■ウェルター級/16名参加 + 補欠登録5名

      ┌廣瀬 貴行(東京/パラエストラ葛西)
     ┌┤17
     │└田中 健一(大阪/総合格闘技スタジオSTYLE)
    ┌┤65
    ││┌漆山 浩之(東京/GUTSMAN・修斗道場)
    │└┤18
    │ └原田 惟紘(福岡/パラエストラ北九州)
   ┌┤92
   ││ ┌太田 洋平(埼玉/和術慧舟會A-3)
   ││┌┤19
   │││└宮崎 直人(千葉/パラエストラ千葉)
   │└┤66
   │ │┌石氷 敦夫(広島/総合格闘技道場BURST)
   │ └┤20  
   │  └梅園 文平(大阪/パラエストラ大阪)
優勝─┤108
   │  ┌鈴木 淑徳(埼玉/パラエストラ松戸)
   │ ┌┤21
   │ │└下石 康太(大阪/シューティングジム大阪)
   │┌┤67
   │││┌島田 久嗣(福岡/パラエストラ北九州)
   ││└┤22
   ││ └笹原トメヤ・フィリオ(静岡/和術慧舟會駿河道場)
   └┤93
    │ ┌作田 啓司(千葉/パラエストラ千葉)
    │┌┤23
    ││└木村 崇(青森/スカーフィスト)
    └┤68
     │┌ソン・チャン・ヒュン(韓国/デ・ジャン・ジョン・シン・カン)
     └┤24
      └西岡 耕治(東京/久我山ラスカルジム)

●補欠登録/5名
優先順位01. 下林 義尚(東京/パラエストラ八王子)
優先順位02. 伊藤 滋(神奈川/X-ONEジム湘南)
優先順位03. 林崎 俊介(北海道/チーム虎鉄)
優先順位04. 市川 綱規(神奈川/X-ONEジム)
優先順位05. 米澤 重隆(栃木/ストライプル)


■ミドル級/16名参加 + 補欠登録2名

      ┌松本 光史(東京/FSFA)
     ┌┤09
     │└長野 竜治(広島/パラエストラ広島サウス)
    ┌┤61
    ││┌村井 崇祐(京都/PUREBRED京都)
    │└┤10
    │ └佐久間 博彰(茨城/マッハ道場)
   ┌┤90
   ││ ┌井上 雄策(東京/日本ウェルネススポーツ専門学校)
   ││┌┤11
   │││└秋元 駿一(東京/和術慧舟會東京本部)
   │└┤62
   │ │┌クォン・ベ・ヨン(韓国/ジョンブク)
   │ └┤12 
   │  └冨田 昌信(岡山/総合格闘技道場BURST)
優勝─┤107
   │  ┌金 宗弘(埼玉/BLUE-DOGジム)
   │ ┌┤13
   │ │└青山 友和(青森/T-Pleasure)
   │┌┤63
   │││┌田中 和也(福岡/パラエストラ博多)
   ││└┤14
   ││ └川村 文彦(東京/KRAZY BEE)
   └┤91
    │ ┌小野寺 裕也(秋田/サイトー會舘)
    │┌┤15
    ││└増田 嘉晃(大阪/パラエストラ大阪)
    └┤64
     │┌太田 隆幸(岩手/和術慧舟會岩手支部)
     └┤16
      └相良 正幸(大阪/シューティングジム大阪)

●補欠登録/2名
優先順位01. 南 一成(京都/KO京都宇治MMAクラブ)
優先順位02. 田中 大作(福岡/TEAMバナナ)


■ライトヘビー級/16名参加

      ┌谷崎 智仁(神奈川/秋本道場Jungle Junction)
     ┌┤01
     │└大場 慎之介(宮城/パラエストラ仙台)
    ┌┤57
    ││┌蓮田 嘉紀(北海道/ノースキングスジム)
    │└┤02
    │ └坂崎 浩一(愛知/誠流会)
   ┌┤88
   ││ ┌鈴木 貴裕(千葉/パラエストラ松戸)
   ││┌┤03
   │││└高桑 格(埼玉/総合格闘技道場STF)
   │└┤58
   │ │┌中村 俊就(茨城/マッハ道場)
   │ └┤04  
   │  └中村 知清(徳島/アンドレイオス)
優勝─┤106
   │  ┌加藤 靖(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
   │ ┌┤05
   │ │└今泉 拓磨(茨城/マッハ道場)
   │┌┤59
   │││┌栗栖 達也(千葉/パラエストラ松戸)
   ││└┤06
   ││ └宮道 勝敏(愛媛/修斗道場四国)
   └┤89
    │ ┌高橋 圭典(茨城/マッハ道場)
    │┌┤07
    ││└橋本 公一(福岡/パラエストラ博多)
    └┤60
     │┌児玉 仁志(青森/T-Pleasure)
     └┤08
      └中平 淳一(大阪/総合格闘技スタジオSTYLE)


■クルーザー級/2名参加

   ┌──杉岡 繁(岡山/セコンドアウト)
優勝─┤102
   └──越田 棹也(埼玉/PUREBREDアリーナ)


■スーパーヘビー級/3名参加

   ┌──平野 誠也(青森/スカーフィスト)
優勝─┤103
   │┌─檜垣 貴博(広島/TKエスペランサ)
   └┤85
    └─山口 雅裕(大阪/パラエストラ大阪)

 

アマ修斗 8/31 高知大会 全対戦カード

[大会名]高知フリーファイト

[主催]TEAM一領具足&パラエストラ東京
[開催日時]2008年8月31日(日)10:30 試合開始予定
[会場]高知県高知市/高知県立東高等学校レスリング場
[イベント内容]C0/G0
[備考]第1試合および第6〜第13試合はブラジリアン柔術トーナメント。
    (柔術に組み合わせは http://blog.livedoor.jp/paraestra_news/ を参照)
    中井祐樹 ブラジリアン柔術セミナー(当日受付)を同時開催。
[お問い合せ]03-5984-3209

【第2試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
地浜 敏郎(香川/讃州四心会)
versus
村上 和至(香川/TEAM BLAZE)

【第3試合】アマ修斗公式戦/バンタム級 3分2ラウンド
小松 洋介(高知/TEAM一領具足)
versus
林 秀明(岡山/ゼロ戦クラブ)

【第4試合】グラップリング/ライトヘビー級 3分2ラウンド
米山 将之(香川/TEAM BLAZE香川)
versus
村本 健人(香川/讃州四心会)

【第5試合】グラップリング/ライト級 3分2ラウンド
仁木 康夫(香川/讃州四心会)
versus
吉田 理起(高知/TEAM一領具足)


【第14試合】グラップリング/フェザー級 3分2ラウンド
高月 昭一(岡山/ゼロ戦クラブ)
versus
桧 秀和(徳島/アンドレイオス)

【第15試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
久米 貴司(徳島/アンドレイオス)
versus
土居 篤史(高知/TEAM一領具足)

【第16試合】アマ修斗公式戦/フェザー級 3分2ラウンド
上岡 友貴(徳島/アンドレイオス)
versus
石田 晃(高知/TEAM一領具足)

【第17試合】アマ修斗公式戦/フェザー級 3分2ラウンド
岡本 卓也(徳島/アンドレイオス)
versus
谷 智(高知/TEAM一領具足)

【第18試合】グラップリング/フェザー級 3分2ラウンド
中西 賢蔵(愛媛/パラエストラ愛媛)
versus
小島 尚登(高知/TEAM一領具足)

【第19試合】グラップリング/ミドル級 3分2ラウンド
新谷 征洋(高知/無所属)
versus
竹田 雅一(高知/TEAM一領具足)

【第20試合】グラップリング/ミドル級 3分2ラウンド
米山 将之(香川/TEAM BLAZE香川)
versus
市原 慎也(高知/TEAM一領具足)

【第21試合】グラップリング/ライト級 3分2ラウンド
仁木 康夫(香川/讃州四心会)
versus
山本 恭平(高知/TEAM一領具足)

【第22試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
地浜 敏郎(香川/讃州四心会)
versus
熊谷 崇浩(高知/無所属)

【第23試合】アマ修斗公式戦/バンタム級 3分2ラウンド
横山 昌弘(広島/総合格闘技道場BURST)
versus
小松 洋介(高知/TEAM一領具足)

プロ修斗 9/20 大阪大会 対戦決定カード

[大会名]SHOOTO GIG WEST 10

[日時]2008年9月20日(土)
[場所]大阪/アゼリア大正ホール
[主催]株式会社サステイン
[備考]アマは実施せず。

[対戦決定カード]

◎フェザー級 5分2R
加納マーク学(JPN/相補体術)
versus
AKI(JPN/PUREBRED京都)

[既に発表済みのカード]

◎ミドル級 5分2R 
湯浅 友和(JPN/シューティングジム大阪)
versus
堂垣善史(JPN/パラエストラ加古川)

◎ライトヘビー級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント準決勝] 
℃-BOY(JPN/パラエストラ広島)  
versus
アベール田中(JPN/シューティングジム神戸)

◎ウェルター級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント準決勝] 
杉本 弘士(JPN/PUREBRED京都)
versus
田村 ヒビキ(JPN/パラエストラ大阪)

◎フェザー級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント準決勝] 
蜉蝣(JPN/和術慧舟會東京本部)
versus
吉田 圭多(JPN/総合格闘技道場コブラ会)

◎ミドル級 5分2R
石中 暢(JPN/PUREBRED京都)
versus
鎧 トシヒロ(JPN/シューティングジム大阪)

◎その他の出場予定選手
加納“マーク”学(JPN/相補体術)

[チケット発売日]8月9日(土)
[チケット]RS席6,000円/S席5,000円
      ※大会当日は全席種500円増し
[お問い合わせ]03-5725-7338

アマ修斗 8/10 八景大会 公式結果

[大会名]八景フリーファイト12

[主催]シューティングジム八景&東京イエローマンズ
[開催日時]2008年8月10日(日)
[会場]神奈川県横浜市/シューティングジム八景

【第1試合】グラップリング/ライトヘビー級 3分2ラウンド
○稲福 学(東京イエローマンズ)
TS 2R 1'58"
×金子 勝(総合格闘技DOBUITA)
※チキンウイング・アームロック
※※2R、ロープを掴む反則で稲福選手に減点1
※※※2R、ロープを掴む反則で稲福選手に減点1

【第2試合】グラップリング/ライト級 3分2ラウンド
○玉城 優介(roots)
ポイント 6-3
×三村 進(SUBMIT静岡)
※[組]6-3(1R 3-0/2R 3-3)

【第3試合】グラップリング/ウェルター級 3分2ラウンド
○石田 優(roots)
ポイント 5-2
×大類 康吉(東京イエローマンズ)
※[組]4-2(1R 3-0/2R 1-2)
※※1R、着衣不備で大類選手に減点1(=石田選手に加点1)

【第4試合】グラップリング/ウェルター級 3分2ラウンド
○鈴木 裕士(GUTSMAN・修斗道場)
ポイント 14-1
×宮嶋 一平(roots)
※[組]13-1(1R 2-0/2R 11-1)
※※2R、グラウンドでの蹴りの反則で宮嶋選手に減点1(=鈴木選手に加点1)

【第5試合】グラップリング/バンタム級 3分2ラウンド
○配島 健(roots)
ポイント 6-0
×永井 ひでゆき(総合格闘技DOBUITA)
※[組]6-0(1R 3-0/2R 3-0)

【第6試合】クラスD/ライト級 2分2ラウンド
○泉谷 圭吾(GUTSMAN・修斗道場)
判定 48-37
×時枝 保成(東京イエローマンズ)
※[打]山崎昭博 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
    池田久雄 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
 [組]8-1(1R 3-0/2R 5-1)
※※1R、グラウンドパンチの反則で時枝選手に減点2

【第7試合】クラスD/バンタム級 2分2ラウンド
○大鐘 開(roots)
判定 41-34
×春名 翔太(PUREBREDアリーナ)
※[打]山崎昭博 20-16(1R 10-9/2R 10-7)
    三木龍一 20-16(1R 10-9/2R 10-7)
 [組]1-2(1R 0-1/2R 1-1)

【第8試合】クラスD/フェザー級 2分2ラウンド
○小柴 秀高(東京イエローマンズ)
判定 39-36
×富沢 貴人(PUREBRED大宮)
※[打]山崎昭博 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
    三木龍一 20-20(1R 10-10/2R 10-10)
 [組]1-0(1R 0-0/2R 1-0)
※※1R、金的への攻撃で富沢選手に減点2
※※※2R、後頭部への打撃で小柴選手に減点1
※※※※試合終了後の攻撃で富沢選手に減点2

【第9試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
○林 仁(シューティングジム八景)
S 2R 1'18" 
×関口 雄治(ロデオスタイル)
※腕ひしぎ十字固め
※※1R、ロープを掴む反則で関口選手に減点1

【第10試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
○水島 宏(roots)
判定 43-42
×佐々木 佑太(和術慧舟會駿河道場)
※[打]安永有希 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
    三木龍一 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
 [組]3-7(1R 1-1/2R 2-6)

【第11試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
-高橋 了介(roots)
試合不成立
-本田 壮一(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
※体調不良による本田選手の棄権

【第12試合】グラップリング/ウェルター級 3分2ラウンド
○橋本 信太郎(roots)
S 1R 2'44" 
×中村 祐太(総合格闘技DOBUITA)
※腕ひしぎ十字固め

【第13試合】クラスD/ウェルター級 2分2ラウンド
○岡田 章(久我山ラスカルジム)
判定 43-32
×石田 優(roots)
※[打]安永有希 20-16(1R 10-7/2R 10-9)
    三木龍一 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
 [組]4-0(1R 1-0/2R 3-0)
※※1R、後頭部への打撃で石田選手に減点1
※※※1R、金的への攻撃で岡田選手に減点1

【第14試合】アマ修斗公式戦/ヘビー級 3分2ラウンド
○ウィリアム・デリック(無所属)
TKO 1R 0'19"
×佐伯 裕司(トイカツ道場)
※負傷によるドクターストップ

【第15試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
○山田 隼人(PUREBRED大宮)
S 1R 2'27"
×田所 剛(パラエストラ葛西)
※スリーパーホールド
※※グローブを掴む反則で両選手に減点1

【第16試合】グラップリング/ライトヘビー級 3分2ラウンド
○江口 信一郎(総合格闘技DOBUITA)
S 1R 1'53"
×稲福 学(東京イエローマンズ)
※フロント・スリーパーホールド

【第17試合】クラスD/ライト級 2分2ラウンド
○三村 進(SUBMIT静岡)
S 1R 0'55"
×時枝 保成(東京イエローマンズ)
※チキンウイング・アームロック

【第18試合】クラスD/ウェルター級 2分2ラウンド
○大類 康吉(東京イエローマンズ)
判定 44-42
×浅倉 一生(roots)
※[打]山崎昭博 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
    池田久雄 18-20(1R 10-10/2R 8-10)
 [組]7-2(1R 3-1/2R 4-1)

【第19試合】クラスD/バンタム級 2分2ラウンド
×春名 翔太(PUREBREDアリーナ)
S 2R 1'04"
○配島 健(roots)
※膝十字固め

【第20試合】クラスD/フェザー級 2分2ラウンド
○橋本 優大(roots)
判定 41-32
×小柴 秀高(東京イエローマンズ)
※[打]山崎昭博 20-16(1R 10-7/2R 10-9)
    池田久雄 20-16(1R 10-7/2R 10-9)
 [組]1-1(1R 0-0/2R 1-1)
※※1R、オープンブロウの反則で小柴選手に減点1

【第21試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
×林 仁(シューティングジム八景)
S 1R 1'25"
○坂田 義樹(PUREBRED大宮)
※腕ひしぎ十字固め

【第22試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
○関口 雄治(ロデオスタイル)
判定 47-42
×鈴木 裕士(GUTSMAN・修斗道場)
※[打]山崎昭博 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
    池田久雄 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
 [組]7-6(1R 3-6/2R 4-0)

【第23試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
○水島 宏(roots)
判定 42-40
×吉岡 信一(パラエストラ東京)
※[打]池田久雄 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
    三木龍一 20-18(1R 10-8/2R 10-10)
 [組]2-4(1R 2-0/2R 0-4)

【第24試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
○高橋 了介(roots)
S 1R 2'29"
×佐々木 佑太(和術慧舟會駿河道場)
※アンクルホールド

修グラ 9/7 北海道オープン 申込み受け付け開始

[大会名]第6回北海道修斗グラップリングオープントーナメント

[主催]パラエストラ札幌
[開催日時]2008年9月7日(日)
[会場]北海道札幌市/豊平区体育館 柔道場
[イベント内容]GT
[要項&申込書]http://www.paraestra.com/
[出場申込締切]2008年8月27日(水)必着
[備考]ネイキッド&ジャケットの両スタイルを実施
[お問い合せ]011-733-5301

アマ修斗 9/14 全日本選手権 追加決定選手の出場費の振り込み(8/8現在)

[1]追加決定選手の第2次申し込み

追加出場が決定したライトヘビー級の選手、クルーザー級〜スーパーヘビー級、
および女子の出場決定選手は8月16日(金)までに
上記口座まで参加費を振り込んでください。
なお、必ず出場選手の名前で振り込みを行ってください。
※15:00過ぎに振り込みの場合は当日に入金されないので注意のこと。
※※なお現金書留、事務局への持参などは一切受け付けません。
  必ず振り込みを行ってください。

[参加費]オフィシャルジム在籍選手 10.000円
     オフィシャルチーム&サークル在籍選手 11.000円
     協会加盟クラブ以外に在籍する選手 12.000円
     女子選手(一律) 5.000円

[振り込み先]三菱東京UFJ銀行 江古田支店 普通口座1198840
       名義人:日本修斗協会

[お問い合せ]03-5984-3209(担当:若林)

[入金締切が8/16の選手一覧]※▲は未入金選手

■女子ストロー級/3名参加
永易 加代(東京/パラエストラ東京)>出場確定
▲黒川 美登里(愛媛/修斗道場四国)
▲鈴木 祐美(北海道/パラエストラ札幌)

■女子フライ級/2名参加
▲茂木 康子(東京/ストライプル)
▲森岡 恵(岩手/和術慧舟會岩手支部)

■ライトヘビー級/4名参加
▲中村 俊就(茨城/マッハ道場)
▲今泉 拓磨(茨城/マッハ道場)
▲高橋 圭典(茨城/マッハ道場)
▲児玉 仁志(青森/T-Pleasure)

■クルーザー級/2名参加
杉岡 繁(岡山/セコンドアウト)>出場確定
▲越田 棹也(埼玉/PUREBREDアリーナ)

■スーパーヘビー級/3名参加
▲平野 誠也(青森/スカーフィスト)
▲檜垣 貴博(広島/TKエスペランサ)
▲山口 雅裕(大阪/パラエストラ大阪)


アマ修斗 9/14 全日本選手権 決定選手の出場費の振り込み(8/8現在)

[1]出場決定選手の第2次申し込み

フライ級〜ライトヘビー級までの出場決定選手は8月12日(火)までに
下記口座まで参加費を振り込んでください。
なお、必ず出場選手の名前で振り込みを行ってください。
8月12日中に入金確認ができない場合は自動的に出場資格を失ない、
代わって補欠選手の出場となります。
※15:00過ぎに振り込みの場合は当日に入金されないので注意のこと。
※※なお現金書留、事務局への持参などは一切受け付けません。
  必ず振り込みを行ってください。

[参加費]オフィシャルジム在籍選手 10.000円
     オフィシャルチーム&サークル在籍選手 11.000円
     協会加盟クラブ以外に在籍する選手 12.000円
     女子選手(一律) 5.000円

[振り込み先]三菱東京UFJ銀行 江古田支店 普通口座1198840
       名義人:日本修斗協会

[お問い合せ]03-5984-3209(担当:若林)

[入金締切が8/12の選手一覧]※名前のない選手は入金確認済み

■フライ級/2名
▲鍋島 潤(東京/和術慧舟會RJW)
▲昼間 樹(埼玉/PUREBRED大宮)

■バンタム級/1名
▲三浦 良介(千葉/パラエストラ千葉)

■フェザー級/1名
▲吉田 勲(北海道/ノースキングスジム)

■ライト級/3名
▲高橋 了介(神奈川/roots)
▲大道 翔貴(岡山/ゼロ戦クラブ)
▲渡辺 智史(石川/L.A. GYM. JAPAN)

■ウェルター級/2名
▲田中 健一(大阪/総合格闘技スタジオSTYLE)
▲漆山 浩之(東京/GUTSMAN・修斗道場)
▲島田 久嗣(福岡/パラエストラ北九州)>出場確定

■ミドル級/1名
▲太田 隆幸(岩手/和術慧舟會岩手支部)

■ライトヘビー級/3名
▲坂崎 浩一(愛知/誠流会)
▲橋本 公一(福岡/パラエストラ博多)
▲栗栖 達也(千葉/パラエストラ松戸)


[2]補欠登録について
 補欠登録は、本戦出場選手がなんらかの理由により欠場となった場合、優先順位に従って繰り上げ出場となります。繰り上げ出場が決定した場合は、本人に電話連絡の上、順次発表いたします。なんらかの理由で本人に連絡が取れない場合は、当BLOGのみでの発表となります。
 大会前日までに繰り上げ出場が決定しない場合は、当日は会場に来場いただき、出場選手と同様に各種チェックを受けていただきます。出場選手全員の各チェックが完了するまでは出場の可能性がありますので、それまでは準備をお願いします。(計量またはドクターチェックをパスしない選手がいた場合、優先順位に従って出場が決定します。)
 出場費は代理出場が決定した場合のみ大会当日に選手受付でお支払いいただきます。補欠選手が全員出場を辞退した場合、特別に協会会長、理事、執行部の推薦選手を出場させる場合もありえます。出場者がいない場合、1回戦は対戦相手の不戦勝となります。
 また補欠登録は辞退することも可能です。辞退することを決めた場合は協会事務局まで電話にてご連絡下さい。辞退の連絡が大会前日までにない場合は、当日会場に来場し各種チェックを受けていただくものと判断します。事前連絡なく会場に来ない、または各種チェックを完了していない場合は無断欠場と判断される場合があります。出場が決定していない場合でも、怪我などで出場不可能となった場合は、アマチュア普及委員会までご一報下さい。

プロ修斗 8/3 名古屋大会 試合結果

[大会名称]
プロフェッショナル修斗公式戦・名古屋大会
"SHOOTO GIG CENTRAL Vol.15"

[日時]2008年8月3日(日)
[会場]愛知県名古屋市/ZEPP NAGOYA
[主催]ALIVE
[備考]セミファイナル第10試合はグラップリングマッチ

【第1試合】フライ級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント2回戦]
×ろん(JPN/柔術兄弟)51.8kg
判定 0-2
○山上 幹臣(JPN/総合格闘技道場STF)51.6kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
 [サブ]草柳和宏 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
     浦僚克 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
※※山上が準決勝進出

【第2試合】フェザー級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント2回戦]
○吉田 圭多(JPN/総合格闘技道場コブラ会)59.9kg
判定 3-0
×AKI(JPN/PUREBRED京都)59.2kg
※[メイン]鈴木利治 19-18(1R 9-10/2R 10-8)
 [サブ]草柳和宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
     浦僚克 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
※※吉田が準決勝進出

【第3試合】ウェルター級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント2回戦]
×中島 邦男(JPN/マッハ道場)69.6kg
判定 0-3
○田村 ヒビキ(JPN/パラエストラ大阪)70.0kg
※[メイン]鈴木利治 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
 [サブ]草柳和宏 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
     浦僚克 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
※※田村が準決勝進出

【第4試合】ミドル級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント準決勝]
△久米 鷹介(JPN/ALIVE)75.5kg
ドロー 0-0
△佐藤 洋一郎(JPN/グレイシー・バッハ東京)75.7kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
 [サブ]草柳和宏 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
     浦僚克 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
※※[優勢ポイント]鈴木利治:久米 / 草柳和宏:久米 / 浦僚克:久米
※※※久米が決勝進出

【第5試合】フライ級 5分2R
×加藤 賢也(JPN/ALIVE)51.8kg
TKO 1R 0'26"
○増田“BULL”徹平(JPN/総合格闘技道場コブラ会)52.0kg
※グラウンドパンチによるレフェリーストップ

【第6試合】バンタム級 5分2R
×藏田 圭介(JPN/ALIVE真狩)56.0kg
判定 0-3
○坂元 寛史(JPN/NASER DO SOL)55.9kg
※[メイン]鈴木利治 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
 [サブ]草柳和宏 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
     浦僚克 19-20(1R 10-10/2R 9-10)

【第7試合】ウェルター級 5分2R
○服部 謙一(JPN/NEX-SPORTS)68.7kg
判定 3-0
×寿丸(JPN/秋本道場Jungle Junction)69.7kg
※[メイン]鈴木利治 20-19(1R 10-9/2R 10-10)
 [サブ]草柳和宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
     浦僚克 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

【第8試合】フェザー級 5分2R
×岡田 剛史(JPN/TKエスペランサ)59.9kg
判定 3-0
○木部 亮(JPN/NEX-SPORTS)59.9kg
※[メイン]鈴木利治 17-19(1R 7-10/2R 10-9)
 [サブ]草柳和宏 18-19(1R 8-10/2R 10-9)
     浦僚克 18-19(1R 8-10/2R 10-9)

【第9試合】ウェルター級 5分2R
×岡田 孔明(JPN/PUREBRED大宮)69.5kg
判定 3-0
○梶田 高裕(JPN/グラップリングシュートボクサーズ)69.9kg
※[メイン]鈴木利治 18-19(1R 10-9/2R 8-10)
 [サブ]草柳和宏 17-20(1R 10-10/2R 7-10)
     浦僚克 17-20(1R 10-10/2R 7-10)

メイン【第11試合】ライト級 5分3R
△日沖 発(JPN/ALIVE)65.0kg
判定 0-1
△中村“アイアン”浩士(JPN/東京イエローマンズ)64.6kg
※[メイン]鈴木利治 29-29(1R 9-10/2R 10-10/3R 10-9)
 [サブ]草柳和宏 29-29(1R 9-10/2R 10-10/3R 10-9)
     浦僚克 28-29(1R 9-10/2R 9-10/3R 10-9)

アマ修斗 8/3 韓国選手権 公式結果

[大会名]第1回韓国アマチュア修斗選手権大会

[主催]日本修斗協会&パラエストラ・コリア
[開催日時]2008年8月3日(日)
[会場]韓国・水原(スウォン)市/水原市バトミントン練習場
[イベント内容]CT/CO
[お問い合せ]03-5984-3209  

■フェザー級/4名参加
優勝  オ・イン・ソク(韓国/ウルサン・ファイトジム)※韓国枠獲得
準優勝 キム・ヘー・シク(韓国/クミMMA)

    ┏━キム・ヘー・シク(韓国/クミMMA)
   ┏┫21-20
   │└─キム・ソン・モ(韓国/C1J)
優勝━┫不戦
   ┃┏━オ・イン・ソク(韓国/ウルサン・ファイトジム)
   ┗┫22-19
    └─カン・シン・ヒョク(韓国/パラエストラ清州)


■ライト級/4名参加(1名欠場)
優勝  片岡 誠人(日本/PUREBRED川口REDIPS)※韓国枠獲得
準優勝 キム・ジン・ヒョン(韓国/パラエストラ大邱)

    ┌─カク・デ・グ(韓国/コリア・トップチーム)
   ┏┫不戦
   │┗━キム・ジン・ヒョン(韓国/パラエストラ大邱)
優勝━┫36-38
   ┃┏━片岡 誠人(日本/PUREBRED川口REDIPS)
   ┗┫1'36" フロント・スリーパー
    └─コ・ミン・ソク(チーム・クラブマニア)


■ウェルター級/8名参加(1名欠場)
優勝  ソン・チャン・ヒュン(韓国/デ・ジャン・ジョン・シン・カン)※韓国枠獲得
準優勝 ユー・テー・ウー(韓国/パラエストラ大邱)
3位  オ・キョン・ウォン(韓国/パラエストラ清州)
    ムーン・スン・ヘ(韓国/ジョンブクMMA)

     ┏ムーン・スン・ヘ(韓国/ジョンブクMMA)
    ┏┫24-22
    │└ジョー・チャン・ウー(韓国/パラエストラ清州)
   ┏┫24-20
   │┃┏ユー・テー・ウー(韓国/パラエストラ大邱)
   │┗┫30-21
   │ └ミン・ビョン・ソク(韓国/アン・ヤン・クゥンム・ウォン)
優勝━┫43-50
   ┃ ┌キム・ウォン・キ(韓国/ウイジョンヴ・ジョンジンMMA)
   ┃┏┫20-25
   ┃┃┗ソン・チャン・ヒュン(韓国/デ・ジャン・ジョン・シン・カン)
   ┗┫23-19
    │┏オ・キョン・ウォン(韓国/パラエストラ清州)
    ┗┫不戦
     └オ・ジョ・ワン(韓国/クミMMA)


■ミドル級/4名参加
優勝  クォン・ベ・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)※韓国枠獲得
準優勝 キム・ヒョン・ジュ(韓国/コリア・トップチーム)

    ┏━キム・ヒョン・ジュ(韓国/コリア・トップチーム)
   ┏┫2'20" V1アームロック
   │└─ジム・シー・ヒョン(韓国/デム・イン・ビ・スム)
優勝━┫1R 1'43" 腕十字
   ┃┏━クォン・ベ・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)
   ┗┫2'03" チキンウイング・アームロック
    └─シン・ギ・ジョン(韓国/ナミヤンジェ・ストライクフォース・ジム)


■ライトヘビー級/4名参加(1名欠場)
優勝  キム・スン・ジュン(韓国/クミMMA)※韓国枠獲得
準優勝 ホー・ド・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)

    ┏━ホー・ド・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)
   ┏┫2'03" V1アームロック
   │└─パク・チョル(韓国/無所属)
優勝━┫1R 0'18" TKO
   ┃┏━キム・スン・ジュン(韓国/クミMMA)
   ┗┫不戦
    └─キム・イル・クォン(韓国/チーム・ストリートファイト)


【第1試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
○キム・ヘー・シク(韓国/クミMMA)
判定 21-20
×キム・ソン・モ(韓国/C1J)
※[打]若林太郎 9-10 / 俵谷実 10-9[組]3-1
※※金的への攻撃でキム・ヘー・シク選手に減点1

【第2試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
○オ・イン・ソク(韓国/ウルサン・ファイトジム)
判定 22-19
×カン・シン・ヒョク(韓国/パラエストラ清州)
※[打]若林太郎 8-10 / 俵谷実 10-8[組]4-0

【第3試合】ライト級1回戦 4分1ラウンド
×カク・デ・グ(韓国/コリア・トップチーム)
不戦
○キム・ジン・ヒョン(韓国/パラエストラ大邱)
※カク・デ・グ選手の欠場

【第4試合】ライト級1回戦 4分1ラウンド
○片岡 誠人(日本/PUREBRED川口REDIPS)
S 1'36"
×コ・ミン・ソク(チーム・クラブマニア)
※フロント・スリーパーホールド

【第5試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
○ムーン・スン・ヘ(韓国/ジョンブクMMA)
判定 24-22
×ジョー・チャン・ウー(韓国/パラエストラ清州)
※[打]若林太郎 10-9 / 俵谷実 10-10[組]4-3

【第6試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
○ユー・テー・ウー(韓国/パラエストラ大邱)
判定 30-21
×ミン・ビョン・ソク(韓国/アン・ヤン・クゥンム・ウォン)
※[打]若林太郎 10-10 / 中井祐樹 10-10[組]10-1

【第7試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
×キム・ウォン・キ(韓国/ウイジョンヴ・ジョンジンMMA)
判定 20-25
○ソン・チャン・ヒュン(韓国/デ・ジャン・ジョン・シン・カン)
※[打]若林太郎 9-10 / 中井祐樹 8-10[組]3-7
※※グラウンドパンチの反則でソン・チャン・ヒュン選手に減点2

【第8試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
○オ・キョン・ウォン(韓国/パラエストラ清州)
不戦
×オ・ジョ・ワン(韓国/クミMMA)
※オ・ジョ・ワン選手の欠場

【第9試合】ミドル級1回戦 4分1ラウンド
○キム・ヒョン・ジュ(韓国/コリア・トップチーム)
TS 2'20"
×ジム・シー・ヒョン(韓国/デム・イン・ビ・スム)
※V1アームロック
※※ロープを掴む反則で山田選手に減点1

【第10試合】ミドル級1回戦 4分1ラウンド
○クォン・ベ・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)
TS 2'03"
×シン・ギ・ジョン(韓国/ナミヤンジェ・ストライクフォース・ジム)
※チキンウイング・アームロック

【第11試合】ライトヘビー級1回戦 4分1ラウンド
○ホー・ド・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)
TS 2'03"
×パク・チョル(韓国/無所属)
※V1アームロック

【第12試合】ライトヘビー級1回戦 4分1ラウンド
○キム・スン・ジュン(韓国/クミMMA)
不戦
×キム・イル・クォン(韓国/チーム・ストリートファイト)
※キム・イル・クォン選手の負傷欠場

【第13試合】ライト級ワンマッチ 3分2ラウンド
×ヤン・ワン・チャン(韓国/ジョンブクMMA)
判定 46-47
○リー・ヨン・ミン(韓国/パラエストラ大邱)
※[打]中井祐樹 20-18(1R 10-8/2R 10-10)
    俵谷実 20-19(1R 10-9/2R 10-10)
 [組]6-10(1R 0-5/2R 6-5)

【第14試合】ウェルター級ワンマッチ 3分2ラウンド
○キム・ジョン・ス(韓国/デジャン・ドンチャンベクサン)
S 1R 1'06"
×ユ・ドク・ハ(韓国/アニャン・グンムゥオン)
※腕ひしぎ三角固め

【第15試合】ウェルター級ワンマッチ 3分2ラウンド
○リ・カム・ス(韓国/グレイシーBA)
S 2R 0'32"
×パク・ジュン・ハン(韓国/パラエストラ清州)
※腕ひしぎ十字固め
※※1R、グラウンドパンチの反則でリ選手に減点3
※※※1R、肘での攻撃でリ選手に減点1
※※※※1R、着衣を掴む反則でパク選手に減点2

【第16試合】ウェルター級準決勝 4分1ラウンド
○ユー・テー・ウー(韓国/パラエストラ大邱)
判定 24-20
×ムーン・スン・ヘ(韓国/ジョンブクMMA)
※[打]中井祐樹 10-10 / 俵谷実 10-10[組]5-0
※※ロープを掴む反則でムーン・スン・ヘ田選手に減点1

【第17試合】ウェルター級準決勝 4分1ラウンド
×オ・キョン・ウォン(韓国/パラエストラ清州)
判定 19-23
○ソン・チャン・ヒュン(韓国/デ・ジャン・ジョン・シン・カン)
※[打]中井祐樹 10-10 / 俵谷実 10-10[組]1-3
※※場外への逃避行為でソン・チャン・ヒュン選手に減点1

【第18試合】ミドル級ワンマッチ 3分2ラウンド
-リー・カク・ボク(韓国/ジョンブクMMA)
試合不成立
-キム・デ・ヒュイ(韓国/アニャン・グンムゥオン)
※キム選手の欠場

【第19試合】ミドル級ワンマッチ 3分2ラウンド
○ソン・チャン・ハン(韓国/パラエストラ清州)
S 1R 2'10"
×リー・ピル・リュウ(韓国/ジョンブクMMA)
※三角絞め

【第20試合】フェザー級決勝戦 3分2ラウンド
○オ・イン・ソク(韓国/ウルサン・ファイトジム)
不戦
×キム・ヘー・シク(韓国/クミMMA)
※キム選手の負傷棄権(鼻骨骨折)

【第21試合】ライト級決勝戦 3分2ラウンド
○片岡 誠人(日本/PUREBRED川口REDIPS)
判定 38-36
×キム・ジン・ヒョン(韓国/パラエストラ大邱)
※[打]若林太郎 18-18(1R 10-8/2R 8-10)
    俵谷実 18-18(1R 10-8/2R 8-10)
 [組]2-3(1R 0-2/2R 2-1)
※※1R、グラウンドパンチの反則でキム・ジン・ヒョン選手に減点1
※※※2R、グラウンドパンチの反則でキム・ジン・ヒョン選手に減点2

【第22試合】ミドル級決勝戦 3分2ラウンド
○クォン・ベ・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)
S 1R 1'43"
×キム・ヒョン・ジュ(韓国/コリア・トップチーム)
※腕ひしぎ十字固め

【第23試合】ライトヘビー級決勝戦 3分2ラウンド
○キム・スン・ジュン(韓国/クミMMA)
TKO 1R 0'18"
×ホー・ド・ヨン(韓国/ジョンブクMMA)
※レフェリーストップ

【第24試合】ウェルター級決勝戦 3分2ラウンド
○ソン・チャン・ヒュン(韓国/デ・ジャン・ジョン・シン・カン)
判定 50-43
×ユー・テー・ウー(韓国/パラエストラ大邱)
※[打]若林太郎 20-20(1R 10-10/2R 10-10)
    中井祐樹 20-20(1R 10-10/2R 10-10)
 [組]10-3(1R 6-2/2R 4-2)


アマ修斗 8/10 八景大会 全対戦カード

[大会名]八景フリーファイト12

[主催]シューティングジム八景&東京イエローマンズ
[開催日時]2008年8月10日(日)14:00 試合開始予定
[会場]神奈川県横浜市/シューティングジム八景
[イベント内容]CO/GO/DO
[お問い合せ]03-3927-5528

【第1試合】グラップリング/ライトヘビー級 3分2ラウンド
稲福 学(東京イエローマンズ)
versus
金子 勝(総合格闘技DOBUITA)

【第2試合】グラップリング/ライト級 3分2ラウンド
玉城 優介(roots)
versus
三村 進(SUBMIT静岡)

【第3試合】グラップリング/ウェルター級 3分2ラウンド
石田 優(roots)
versus
大類 康吉(東京イエローマンズ)

【第4試合】グラップリング/ウェルター級 3分2ラウンド
鈴木 裕士(GUTSMAN・修斗道場)
versus
宮嶋 一平(東京イエローマンズ)

【第5試合】グラップリング/バンタム級 3分2ラウンド
配島 健(東京イエローマンズ)
versus
永井 ひでゆき(総合格闘技DOBUITA)

【第6試合】クラスD/ライト級 2分2ラウンド
泉谷 圭吾(GUTSMAN・修斗道場)
versus
時枝 保成(東京イエローマンズ)

【第7試合】クラスD/バンタム級 2分2ラウンド
大鐘 開(roots)
versus
春名 翔太(PUREBRED大宮)

【第8試合】クラスD/フェザー級 2分2ラウンド
小柴 秀高(東京イエローマンズ)
versus
富沢 貴人(PUREBRED大宮)

【第9試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
林 仁(シューティングジム八景)
versus
関口 雄治(ロデオスタイル)

【第10試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
水島 宏(roots)
versus
佐々木 佑太(和術慧舟會駿河道場)

【第11試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
高橋 了介(roots)
versus
本田 壮一(SHOOTO GYM K'z FACTORY)

【第12試合】グラップリング/ウェルター級 3分2ラウンド
橋本 信太郎(roots)
versus
中村 祐太(総合格闘技DOBUITA)

【第13試合】クラスD/ウェルター級 2分2ラウンド
岡田 章(久我山ラスカルジム)
versus
石田 優(roots)

【第14試合】アマ修斗公式戦/ヘビー級 3分2ラウンド
ウィリアム・デリック(無所属)
versus
佐伯 裕司(トイカツ道場)

【第15試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
山田 隼人(PUREBRED大宮)
versus
田所 剛(パラエストラ葛西)

【第16試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
市川 綱規(X-ONEジム湘南)
versus
坂田 義樹(PUREBRED大宮)

【第17試合】グラップリング/ライトヘビー級 3分2ラウンド
江口 信一郎(総合格闘技DOBUITA)
versus
稲福 学(東京イエローマンズ)

【第18試合】クラスD/ライト級 2分2ラウンド
三村 進(SUBMIT静岡)
versus
時枝 保成(東京イエローマンズ)

【第19試合】クラスD/ウェルター級 2分2ラウンド
大類 康吉(東京イエローマンズ)
versus
浅倉 一生(roots)

【第20試合】クラスD/バンタム級 2分2ラウンド
春名 翔太(PUREBRED大宮)
versus
配島 健(東京イエローマンズ)

【第21試合】クラスD/フェザー級 2分2ラウンド
橋本 優大(roots)
versus
小柴 秀高(東京イエローマンズ)

【第22試合】アマ修斗公式戦/ウェルター級 3分2ラウンド
関口 雄治(ロデオスタイル)
versus
鈴木 裕士(GUTSMAN・修斗道場)

【第23試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
水島 宏(roots)
versus
吉岡 信一(パラエストラ東京)

【第24試合】アマ修斗公式戦/ライト級 3分2ラウンド
高橋 了介(roots)
versus
佐々木 佑太(和術慧舟會駿河道場)

プロフェッショナル修斗公式戦 開催スケジュール

下記の大会が新たに正式決定。

■プロフェッショナル修斗・新宿大会
[大会名]THE ROOKIE TOURNAMENT 08 FINAL

[日時]2008年12月13日(土)
[会場]東京/新宿FACE
[主催](株)サステイン
[お問い合わせ]03-5759-6263

アマチュア修斗公式戦 開催スケジュール

以下の大会の開催が決定。

■小千谷フリーファイト 4
[日時]2008年11月24日(月/祝)
[場所]新潟県小千谷市/小千谷市総合体育館
[主催]新潟&東京イエローマンズ
[イベント内容]CO/GO/DO
[お問い合わせ]03-3927-5528
What's Shooto?
「打て」という“打”ではなく、
「投げろ」という“投”ではなく、
「極めろ」という“極”ではない。
また単に打・投・極を総合的に
闘えばいいというものでもない。
自然の流れにのった技術がとぎれなく連係し、
なめらかに回転することが修斗の姿である。
そして闘いを修めていく修斗の思想が、
競技者を人格的に正しく導く。
それこそが修斗の理念である。
礼に始まり、礼に終わる。
礼の姿勢こそ修斗の基本姿勢であり、
自然に礼を発せられることが、
修斗体得への第一歩である。
訪問者数

新人王決定戦
Competition Schedule
2011年
10月
01(土) 東京/新宿FACE
02(日) 愛知/アスナルホール
02(日) 岡山/中四国FM
10(月/祝) 大阪/西日本OP
16(日) 北海道/ZEPP SAPPORO
30(日) 高知/高知FF
30(日) 埼玉/SAITAMA FESTIVAL

11月
05(土) 東京/TDCホール
27(日) 青森

12月
18(日) 東京/新宿FACE

赤字=アマチュア大会
青字=プロ大会

※英字略号の意味は以下の通り。
FF=フリーファイト
OP=オープントーナメント
FM=フレッシュマントーナメント
SG=修斗グラップリング
DT=クラスDトーナメント
Recent Entries
記事検索
第18回全日本アマチュア修斗選手権大会協賛一覧
【特別協賛・協力】
ISAMI
KENTAI
講談社イブニング

【協賛】
パラエストラ東京
    ◆
ALIVE
INSPIRIT
市原紙源
KO SHOOTO GYM
GRAPPLE
修斗GYM東京
和菓子 菜の花
サプリメントブランド FINE LAB
ギョサン取扱量日本一 マツシタ靴店
    ◆
アカデミア・アーザ水道橋
秋本道場JUNGLE JUNCTION
AACC
激旨焼肉 うしえ者
海鮮丼屋 小田原 海舟
シルバーアクセサリー GARNI
ゴールドジム御殿場静岡店
相模洋洗
SHOOTO GYM K'z FACTORY
修斗GYMS直心会
小田原駅前 じんりき厨房
小田原蒲鉾 杉兼
誠流会館
セコンドアウト
総合格闘技道場STF
総合格闘技道場BURST
大藤宅建
TT-era SHOOTO×G-SHOCK
TKエスペランサ
TKプロモーション
八景ジム
花を贈るなら ハナマサ
パラエストラ北九州
パラエストラ札幌
パラエストラ千葉ネットワーク
パラエストラ八王子
パラエストラ八戸
PUREBRED大宮
格闘技系ファッション FOKAI
フラワーショップ 古屋花店
フルフォース・プロダクション
リカバリーウェアのVENEX
ポゴナ・クラブジム
マツウラスポーツひもの屋半兵衛
マッハ道場
小田原かまぼこ 丸う田代
学生服 ユニフォーム企画 マルク
MOBSTYLES
luz hoir
roots
    ◆
赤崎道場A-SPIRIT
アンドレイオス
鍼灸、整骨、マッサージ けやき通り治療院
剣持塗料店
ジュエリー シセロシスコ
ゼロ戦クラブ
総合格闘技ゴンズジム
総斗會三村道場
9s MMA
NASCER DO SOL
美容室 BANANA
パラエストラ愛媛
パラエストラ葛西
パラエストラ小岩
パラエストラ岐阜
パラエストラ函館
ピロクテテス新潟
ベビーマッサージ mama's hug
毛利道場
天ぷら師 諸星久美子
そば師 諸星二朗
リバーサルジム
渡辺智史

(順不同/敬称略)
  • ライブドアブログ