SHOOTO NEWS

for All Shootors & Shooto Enthusiast

2010年04月

プロ修斗 6/11 豪州大会 門脇 vs グスタヴォが決定

[大会名]プロ修斗オーストラリア大会
[日時]2010年6月11日(金)※現地時間
[会場]オーストラリア/パース
[主催]マッハ 1

◎ライト級5分3R
門脇英基(JPN/和術慧舟會東京本部)
versus
グスタヴォ・ファルシローリ(オーストラリア/マッハ 1)

アマ修斗 5/5 北陸FM 対戦カード決定

[大会名]第3回北陸アマチュア修斗フレッシュマントーナメント+上越フリーファイト5

[主催]日本修斗協会+パラエストラ上越
[開催日時]2010年5月5日(水/祝)
[会場]新潟県上越市/上越市高田スポーツセンター 柔道場
[備考]第1〜第10試合、第17〜第29試合はブラジリアン柔術マッチ。

【第11試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2ラウンド
中村 真也(新潟/パラエストラ新潟)
versus
磯 久和(新潟/新潟イエローマンズ)

【第12試合】グラップリング-ネイキッド/ウェルター級 3分2ラウンド
長浜 靖(新潟/ピロクテテス新潟)
versus
棚岡 憲史(新潟/チームゼロス)


【第30試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2ラウンド
寶泉 勇次(富山/和術慧舟會富山支部SPO)
versus
中村 真也(新潟/パラエストラ新潟)

【第31試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2ラウンド
磯 久和(新潟/新潟イエローマンズ)
versus
椎野 慎祐(新潟/パラエストラ新潟十日町道場)

【第32試合】グラップリング-ネイキッド/ウェルター級 3分2ラウンド
佐藤 誠(新潟/パラエストラ上越)
versus
長浜 靖(新潟/ピロクテテス新潟)

[第3回北陸アマチュア修斗フレッシュマントーナメント]

■アマ修斗フレッシュマントーナメント/バンタム級/2名参加

   ┌──惣塚 竜也(新潟/パラエストラ上越)
優勝─┤33
   └──高橋 弘幸(新潟/SAI-GYM)


■アマ修斗フレッシュマントーナメント/ライト級/4名参加

    ┌─若林 康浩 (新潟/パラエストラ上越)
   ┌┤13
   │└─藤田 大輔(新潟/SAI-GYM)
優勝─┤35
   │┌─倉田 英一(新潟/パラエストラ上越)
   └┤14
    └─栗原 豊和(長野/モンスター)


■アマ修斗フレッシュマントーナメント/ウェルター級/4名参加

    ┌─滝本 泰海(新潟/ピロクテテス新潟)
   ┌┤15
   │└─久保村 嘉輝(長野/無所属)
優勝─┤34
   │┌─先達 功(長野/無所属)
   └┤16
    └─久保田 智寛(長野/モンスター)

アマ修斗&修グラ 5/2 神戸大会 キッズ2試合追加&試合順変更

[大会名]組討 〜KUMIUCHI〜 総合格闘技&組技カーニバル Vol,5

[日時]2010年5月2日(日)
[場所]兵庫県神戸市/神戸市立王子スポーツセンター 柔道場
[主催]組討Project
[備考]第1部はキッズ・ブラジリアン柔術ワンマッチおよびキッズ・ノーギマッチ。
[お問い合わせ]072-785-0454


[第2部 / キッズ修斗ワンマッチ]

【第1試合】キッズ修斗/20.0kg以下級 2分2R
森田 将圭(和術慧舟會兵庫支部)
versus
藤田 強(藤田柔術)

【第2試合】キッズ修斗/28.0kg以下級 2分2R
中津 勇海(和術慧舟會兵庫支部)
versus
安芸 柊斗(アンドレイオス)

【第3試合】キッズ修斗/28.0kg以下級 2分2R
桑森 達也(和術慧舟會兵庫支部)
versus
高野 いくや(アンドレイオス)

【第4試合】キッズ修斗/32.0kg以下級 2分2R
桑森 怜士(和術慧舟會兵庫支部)
versus
石原 慎之介(アンドレイオス)

【第5試合】キッズ修斗/36.0kg以下級 2分2R
中津 伊織(和術慧舟會兵庫支部)
versus
藤田 力(藤田柔術)

【第6試合】キッズ修斗/36.0kg以下級 2分2R
上田 寅希(和術慧舟會兵庫支部)
versus
岩野 祐樹(アンドレイオス)


【第15試合】キッズ修斗/28.0kg以下級 2分2R
中津 勇海(和術慧舟會兵庫支部)
versus
里見 拓磨(アンドレイオス)

【第16試合】キッズ修斗/40.0kg以下級 2分2R
杉原 光世(レッドソードGYM)
versus
大辻 蓮(NEW GROUND)

【第17試合】キッズ修斗/ミニマム級 2分2R
板敷 勁至(和術慧舟會兵庫支部)
versus
本間 奎大(NEW GROUND)

【第18試合】キッズ修斗/フライ級 2分2R
山本 将真(JBK)
versus
前川 真太郎(NEW GROUND)

【第19試合】キッズ修斗/40.0kg以下級 2分2R
小室 翔(和術慧舟會兵庫支部)
versus
太刀山 凌弥(藤田柔術)


【第22試合】キッズ修斗/24.0kg以下級 2分2R
森田 将圭(和術慧舟會兵庫支部)
versus
石原 拳士郎(アンドレイオス)

【第23試合】キッズ修斗/28.0kg以下級 2分2R
中津 勇海(和術慧舟會兵庫支部)
versus
高野 いくや(アンドレイオス)

【第24試合】キッズ修斗/ミニマム級 2分2R
小野寺 天汰(和術慧舟會兵庫支部)
versus
前川 真太郎(NEW GROUND)

【第25試合】キッズ修斗/36.0kg以下級 2分2R
藤田 力(藤田柔術)
versus
安芸 柊斗(アンドレイオス)

【第26試合】キッズ修斗/36.0kg以下級 2分2R
中津 伊織(和術慧舟會兵庫支部)
versus
石原 慎之介(アンドレイオス)

【第27試合】キッズ修斗/ミニマム級 2分2R
上田 寅希(和術慧舟會兵庫支部)
versus
本間 奎大(NEW GROUND)

【第28試合】キッズ修斗/ミニマム級 2分2R
板敷 勁至(和術慧舟會兵庫支部)
versus
大辻 蓮(NEW GROUND)

【第29試合】キッズ修斗/36.0kg以下級 2分2R
藤田 力(藤田柔術)
versus
岩野 祐樹(アンドレイオス)

【第30試合】キッズ修斗/ストロー級 2分2R
小野寺 天汰(和術慧舟會兵庫支部)
versus
杉原 光世(レッドソードGYM)


[第2部 / 第7回関西修斗グラップリングオープントーナメント]

■ネイキッド-フライ級/2名参加

   ┌──成富 美彩人(パラエストラ大阪)
優勝─┤32
   └──馬渕 健司(アンドレイオス)


■ネイキッド-バンタム級/5名参加

    ┌─村岡 勝(PUREBRED鳥取)
   ┌┤20
   ││┌宮本 将幸(総合格闘技レッドソードGYM)
   │└┤07
   │ └太刀山 元康(藤田柔術)
優勝─┤37
   │┌─波多野 鉄兵(チームKGW)
   └┤08
    └─則清 弘幸(P's LAB大阪)


■ネイキッド-フェザー級/4名参加

    ┌─安藤 広(和術慧舟會)
   ┌┤11
   │└─野津 賢一(PUREBRED鳥取)
優勝─┤35
   │┌─宮川 柊馬(PUREBRED鳥取)
   └┤12
    └─田口 敏生(チームKGW)


■ネイキッド-ライト級/5名参加

    ┌─高坂 勇輝(総合鵜格闘技道場コブラ会)
   ┌┤21
   ││┌岡田 審(和術慧舟會兵庫支部)
   │└┤09
   │ └佐野 光男(チームSANO)
優勝─┤38
   │┌─濱 太紀(チームソフトコンタクト) 
   └┤10
    └─岡田 忠志(和術慧舟會兵庫支部)


■ネイキッド-ウェルター級/4名参加

    ┌─杉江 彰規(和術慧舟會兵庫支部) 
   ┌┤13
   │└─高山 明秀(P's LAB大阪)
優勝─┤36
   │┌─辻 大三郎(総合格闘技道場コブラ会)
   └┤14
    └─車谷 尚彦(P's LAB大阪)


■ネイキッド-ミドル級/2名参加

   ┌──金子 俊介(三田総合格闘技道場TEAMスフィーダ)
優勝─┤33
   └──藤井 理夫(和術慧舟會兵庫支部)


■ネイキッド-ヘビー級/2名参加

   ┌──浜田 幹也(PURBRED鳥取)
優勝─┤34
   └──大出 康(三田総合格闘技道場TEAMスフィーダ)


■ネイキッド-女子ライト級/2名参加

   ┌──大田 恵子(PUREBRED鳥取)
優勝─┤31
   └──増田 優実(和術慧舟會兵庫支部)

修グラ 5/3 中国オープン トーナメント組み合わせ

[大会名]第7回中国修斗グラップリングオープントーナメント

[日時]2010年5月3日(月/祝)
[会場]広島県広島市/TK Training Center
[主催]パラエストラ広島
[協力]TK Training Center
    藤田柔術
    日本修斗協会
[イベント内容]GT(ネイキッド&ジャケット)
[お問い合せ]090-3372-0747(藤田)

■ネイキッド-キッズ 24kg級/3名参加

    ┌─藤村 心瑛菜(TK Training Center)
   ┌┤01
   │└─山本 玲菜(TK Training Center)
優勝─┤28
   │┌─江川 亜彗(TK Training Center)
   └┤12
    └─第1試合の敗者


■ネイキッド-キッズ 40kg級/5名参加

    ┌─藤田 桃(藤田柔術)
   ┌┤13
   ││┌助田 優昇(藤田柔術)
   │└┤03
   │ └古宮 凪(TK Training Center)
優勝─┤29
   │┌─江川 世波(TK Training Center)
   └┤14
    └─助田 龍信(藤田柔術)

◎3位決定戦

   ┌──第13試合の敗者
優勝─┤21
   └──第14試合の敗者


■ネイキッド-キッズ 無差別級/6名参加

    ┌─山本 裕也(藤田柔術)
   ┌┤15
   ││┌古宮 崚(TK Training Center)
   │└┤04
   │ └藤田 力(藤田柔術)
優勝─┤30
   │ ┌田中 悠那(TK Training Center)
   │┌┤05
   ││└中山 峻(藤田柔術)
   └┤16
    └─釜江 純誠(藤田柔術)

◎3位決定戦

   ┌──第15試合の敗者
優勝─┤22
   └──第16試合の敗者


■ネイキッド-バンタム級/2名参加

   ┌──荒瀬 弘幸(TKエスペランサ)
優勝─┤25
   └──七竹 健太(TK Training Center)


■ネイキッド-フェザー級/9名参加

     ┌─永添 潤(ゼロ戦クラブ)
    ┌┤08
    ││┌藤村 智則(パラエストラ広島)
    │└┤02
    │ └河原 祥吾(藤田柔術)
   ┌┤19
   ││┌─中西 賢蔵(パラエストラ愛媛)
   │└┤09
   │ └─山中 真一(TKエスペランサ)
優勝─┤32
   │ ┌─難波 大樹(無所属)
   │┌┤10 
   ││└─蒔田 伸吾(パラエストラ広島)
   └┤20
    │┌─大西 巧磨(パラエストラ愛媛)
    └┤11
     └─山中 健司(パラエストラ広島)

◎3位決定戦

   ┌──第19試合の敗者
優勝─┤24
   └──第20試合の敗者


■ネイキッド-ライト級/6名参加

    ┌─橋本 龍孝(パラエストラ広島)
   ┌┤17
   ││┌忽那 弘靖(パラエストラ愛媛)
   │└┤06
   │ └金築 浩平(TK Training Center)
優勝─┤31
   │ ┌伊藤 章(藤田柔術)
   │┌┤07
   ││└七竹 隆至(TK Training Center)
   └┤18
    └─堀込 克弥(毛利道場)

◎3位決定戦

   ┌──第17試合の敗者
優勝─┤23
   └──第18試合の敗者


■ネイキッド-ミドル級/2名参加

   ┌──石岡 友博(藤田柔術)
優勝─┤26
   └──里岡 祐史(無所属)


■ネイキッド-ライトヘビー級/2名参加

   ┌──助田 勲(藤田柔術)
優勝─┤27
   └──秋山 充(藤田柔術)


■ジャケット-キッズ 24kg級/4名参加

    ┌─江川 亜彗(TK Training Center)
   ┌┤37
   │└─山本 玲菜(TK Training Center)
優勝─┤56
   │┌─今田 聖莉亜(TK Training Center)
   └┤38
    └─藤村 心瑛菜(TK Training Center)

◎3位決定戦

   ┌──第37試合の敗者
優勝─┤50
   └──第38試合の敗者


■ジャケット-キッズ 32kg級/3名参加

    ┌─今田 乃愛(TK Training Center)
   ┌┤33
   │└─藤田 桃(藤田柔術)
優勝─┤57
   │┌─古宮 凪(TK Training Center)
   └┤39
    └─第33試合の敗者


■ジャケット-キッズ 40kg級/5名参加

    ┌─田中 悠那(TK Training Center)
   ┌┤44
   ││┌助田 龍信(藤田柔術)
   │└┤34
   │ └方穆 湧(TK Training Center)
優勝─┤60
   │┌─助田 優昇(藤田柔術)
   └┤45
    └─江川 世波(TK Training Center)

◎3位決定戦

   ┌──第44試合の敗者
優勝─┤53
   └──第45試合の敗者


■ジャケット-キッズ 無差別級/5名参加

    ┌─中山 峻(藤田柔術)
   ┌┤46
   ││┌松本 泰斗(TK Training Center)
   │└┤35
   │ └山本 裕也(藤田柔術)
優勝─┤61
   │┌─釜江 純誠(藤田柔術)
   └┤47
    └─古宮 崚(TK Training Center)

◎3位決定戦

   ┌──第46試合の敗者
優勝─┤54
   └──第47試合の敗者


■ジャケット-フェザー級/4名参加

    ┌─藤村 智則(パラエストラ広島)
   ┌┤40
   │└─大西 巧磨(パラエストラ愛媛)
優勝─┤58
   │┌─七竹 健太(TK Training Center)
   └┤41
    └─河原 祥吾(藤田柔術)

◎3位決定戦

   ┌──第40試合の敗者
優勝─┤51
   └──第41試合の敗者


■ジャケット-ライト級/5名参加

    ┌─蒔田 伸吾(パラエストラ広島)
   ┌┤48
   ││┌金築 浩平(TK Training Center)
   │└┤36
   │ └伊藤 章(藤田柔術)
優勝─┤62
   │┌─七竹 隆至(TK Training Center)
   └┤49
    └─橋本 龍孝(パラエストラ広島)

◎3位決定戦

   ┌──第48試合の敗者
優勝─┤55
   └──第49試合の敗者


■ジャケット-無差別級/4名参加

    ┌─石岡 友博(藤田柔術)
   ┌┤42
   │└─秋山 充(藤田柔術)
優勝─┤59
   │┌─助田 勲(藤田柔術)
   └┤43
    └─藤田 善弘(藤田柔術)

◎3位決定戦

   ┌──第42試合の敗者
優勝─┤52
   └──第43試合の敗者

アマ修斗 4/25 南九州OP 公式結果

[大会名]第3回南九州アマチュア修斗オープントーナメント

[日時]2010年4月25日(日)12:30 試合開始予定
[会場]宮崎県宮崎市/宮崎県体育館 別館2
[主催]日本修斗協会
[お問い合せ]03-5984-3209

■フライ級/2名参加
優勝  岩切 優太(宮崎/野中道場)

   ┏━━岩切 優太(宮崎/野中道場)
優勝━┫49-43
   └──渡邊 康宏(宮崎/総合格闘技近田道場)


■フェザー級/4名参加
優勝  堀川 裕太(福岡/パラエストラ博多)
準優勝 北島 進(大分/チーム・レッグロック)

    ┏━堀川 裕太(福岡/パラエストラ博多)
   ┏┫33-18
   ┃└─宮澤 隆昭(大分/チーム・レッグロック)
優勝━┫41-39
   │┌─日高 祥嗣(宮崎/達磨塾)
   ┗┫2'07" 腕十字
    ┗━北島 進(大分/チーム・レッグロック)


■ライト級/4名参加
優勝  渡辺 紘司(福岡/緒方道場)
準優勝 森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)

    ┏━森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)
   ┏┫2'26" 腕十字
   │└─森田 太陽(大分/MMA IKUSU)
優勝━┫44-48
   ┃┌─原 建太朗(宮崎/宮崎ロッキージム)
   ┗┫3'32" 腕十字
    ┗━渡辺 紘司(福岡/緒方道場)


■ウェルター級/3名参加
優勝  松本 雄城(熊本/チーム・オルタナティブ)
準優勝 上野 雅之(福岡/チーム・オルタナティブ)

   ┏━━松本 雄城(熊本/チーム・オルタナティブ)
優勝━┫1R 0'57" TKO
   │┏━上野 雅之(福岡/チーム・オルタナティブ)
   ┗┫不戦
    └─石掛 友喜(福岡/博多鉄拳兄弟)


■ミドル級/3名参加
優勝  鳥谷 彰(福岡/博多鉄拳兄弟)
準優勝 河野 公彦(宮崎/達磨塾)

   ┏━━鳥谷 彰(福岡/博多鉄拳兄弟)
優勝━┫1R 1'27" 肩固め
   │┌─三浦 隆俊(宮崎/総合格闘技近田道場)
   ┗┫21-27
    ┗━河野 公彦(宮崎/達磨塾)


【第1試合】ミドル級1回戦 4分1ラウンド
×三浦 隆俊(宮崎/総合格闘技近田道場)
判定 21-27
○河野 公彦(宮崎/達磨塾)
※[打]屋宮大亮 9-10 / 鈴木利治 9-10[組]3-7

【第2試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
○上野 雅之(福岡/チーム・オルタナティブ)
不戦
×石掛 友喜(福岡/博多鉄拳兄弟)
※石掛選手の負傷欠場

【第3試合】ライト級1回戦 4分1ラウンド
○森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)
S 2'26"
×森田 太陽(大分/MMA IKUSU)
※腕ひしぎ十字固め

【第4試合】ライト級1回戦 4分1ラウンド
×原 建太朗(宮崎/宮崎ロッキージム)
TS 3'32"
○渡辺 紘司(福岡/緒方道場)
※腕ひしぎ十字固め

【第5試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
○堀川 裕太(福岡/パラエストラ博多)
判定 33-18
×宮澤 隆昭(大分/チーム・レッグロック)
※[打]近田哲二 10-9 / 鈴木利治 10-9[組]13-0

【第6試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
×日高 祥嗣(宮崎/達磨塾)
S 2'07"
○北島 進(大分/チーム・レッグロック)
※腕ひしぎ十字固め

【第7試合】フライ級決勝戦 3分2ラウンド
○岩切 優太(宮崎/野中道場)
判定 49-43
×渡邊 康宏(宮崎/総合格闘技近田道場)
※[打]屋宮大亮 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
    若林太郎 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
 [組]11-3(1R 4-0/2R 7-3)

【第8試合】ミドル級決勝戦 3分2ラウンド
○鳥谷 彰(福岡/博多鉄拳兄弟)
S 1R 1'27"
×河野 公彦(宮崎/達磨塾)
※肩固め

【第9試合】ウェルター級決勝戦 3分2ラウンド
○松本 雄城(熊本/チーム・オルタナティブ)
TKO 1R 0'57"
×上野 雅之(福岡/チーム・オルタナティブ)
※3ノックダウン
※※上野選手に120日間の出場停止(8/20まで)

【第10試合】ライト級決勝戦 3分2ラウンド
×森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)
判定 44-48
○渡辺 紘司(福岡/緒方道場)
※[打]屋宮大亮 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
    若林太郎 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
 [組]5-9(1R 3-0/2R 2-9)

【第11試合】フェザー級決勝戦 3分2ラウンド
○堀川 裕太(福岡/パラエストラ博多)
判定 41-39
×北島 進(大分/チーム・レッグロック)
※[打]近田哲二 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
    若林太郎 20-19(1R 10-9/2R 10-10)
 [組]1-2(1R 1-2/2R 0-0)

協会加盟クラブ 登録状況

新たに下記の1団体が登録を完了。

【兵庫】
チームKGW(代表:波多野鉄兵)

プロ修斗 4/24 新宿大会 試合結果

[大会名]SHOOTO GIG TOKYO Vol.4

[開催日時]2010年4月24日(土)
[会場]東京/新宿FACE
[主催](株)サステイン + 修斗GYM東京

【第1試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
○アキラ(JPN/久我山ラスカルジム)69.3kg
判定 3-0
×近藤 秀人(JPN/マッハ道場)69.5kg
※[メイン]若林太郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
 [サブ]菅野浩之 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
     鈴木利治 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
※※アキラが2回戦進出。2回戦ではMIKE(BLUE-DOG GYM)との対戦が決定。

【第2試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
○望月 アツシ(JPN/パラエストラ札幌)51.6kg
KO 1R 0'38"
×志田 裕幸(JPN/和術慧舟會東京本部)51.8kg
※望月が2回戦進出。2回戦では佐藤“キューピー”友和(RJW G2)との対戦が決定。

【第3試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
×咲田 ケイジ(JPN/パラエストラ千葉)70.0kg
判定 0-2
○高橋 圭典(JPN/マッハ道場)69.9kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
     横山忠志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
※※高橋が準決勝進出。2回戦では下石原人(MMA/修斗ジムBLOWS)との対戦が決定。

【第4試合】バンタム級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
○安永 有希(JPN/東京イエローマンズ)55.7kg
TKO 2R 0'41"
×猿飛流(JPN/PUREBRED川口REDIPS)55.8kg
※セコンドのタオル投入
※※[メイン]若林太郎 1R 10-9
  [サブ]菅野浩之 1R 9-10
      鈴木利治 1R 10-9
※※※安永が2回戦進出。2回戦では西後祐樹(総合格闘技道場コブラ会)との対戦が決定。

【第5試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
○下石 原人(JPN/MMA/修斗ジムBLOWS)70.0kg
S 2R 3'02"
×星野 大介(JPN/総合格闘技津田沼道)70.0kg
※スリーパーホールド
※※[メイン]若林太郎 1R 9-10
  [サブ]横山忠志 1R 8-10
      鈴木利治 1R 8-10
※※※下石が2回戦進出。2回戦では高橋圭典(マッハ道場)との対戦が決定。

【第6試合】バンタム級 5分2R
○戸澤 真澄美(JPN/GRABAKA)56.0kg
判定 2-0
×本間 祐輔(JPN/パラエストラ札幌)55.7kg
※[メイン]鈴木利治 19-18(1R 10-8/2R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
     横山忠志 19-18(1R 10-8/2R 9-10)

【第7試合】バンタム級 5分2R
○秋本 じん(JPN/秋本道場Jungle Junction)56.0kg
S 1R 1'46"
×細谷 健二(JPN/和術慧舟會東京本部)55.9kg
※フロント・スリーパーホールド

【第8試合】バンタム級 5分2R
○赤木 敏倫(JPN/総合格闘技道場コブラ会)56.0kg
S 1R 1'45"
×大塚 のぞみ(JPN/TEAM LOCKS)56.0kg
※スリーパーホールド

セミ【第9試合】バンタム級 5分3R
○森 卓也(JPN/パラエストラ札幌)55.8kg
判定 3-0
×下川 雄生(JPN/SHOOTO GYM K'z FACTORY)55.9kg
※[メイン]鈴木利治 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 30-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-10)
     横山忠志 30-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-10)
※※1R、グラウンド状態にある相手の頭部への蹴り上げで下川に減点1

メイン【第10試合】バンタム級 5分3R
○北原 史寛(JPN/パラエストラ札幌)56.0kg
判定 2-0
×菅原 雅顕(JPN/和術慧舟會Duro)55.9kg
※[メイン]鈴木利治 29-29(1R 10-9/2R 10-10/3R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)
     横山忠志 30-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-10)

プロ修斗 5/30 JCBホール大会 対戦決定カード

[大会名]The Way of SHOOTO 03 〜 Like a Tiger, Like a Dragon 〜

[日時]2010年5月30日(日)
[開場/試合開始]14:00/16:00
[会場]東京/JCBホール
[主催](株)サステイン

[対戦決定カード]

◎62kg契約 5分3R
佐藤 ルミナ(JPN/roots)
versus
松根 良太(JPN/パラエストラ松戸)

◎フェザー級 5分3R
上田 将勝(JPN/パラエストラ東京)
versus
田村 彰敏(JPN/総合格闘技津田沼道場)

◎ウェルター級 5分3R
朴 光哲(JPN/KRAZY BEE)
versus
児山 佳宏(JPN/パラエストラ松戸)

[既に発表済みのカード]

◎世界ライト級チャンピオンシップ 5分3R
リオン武(王者/JPN/シューティングジム横浜)
versus
日沖 発(挑戦者/JPN/ALIVE)

◎世界バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
漆谷 康宏(JPN/和術慧舟會RJW)
versus
神酒 龍一(JPN/GUTSMAN・修斗道場)

◎世界ウェルター級チャンピオンシップ 5分3R
ヴィラミー・シケリム(王者/ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
versus
遠藤 雄介(挑戦者/JPN/GOKITA GYM)

◎フェザー級 5分3R
エドゥアウド・ダンタス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
versus
扇久保 博正(日本/パラエストラ松戸)

◎ライト級 5分2R
石渡 伸太郎(JPN/GUTSMAN・修斗道場)
versus
美木 航(JPN/和術慧舟會RJW)

[チケット]VIP席(アリーナ)20,000円/SRS席(アリーナ)15,000円/アリーナ席 10,000円
      パノラマ席(第1バルコニー)10,000円/S席(第2バルコニー)8,000円
      A席(第3バルコニー)6,000円/B席(第3バルコニー)5,000円
       ※全席指定・税込価格
       ※※3歳以上はチケットが必要
       ※※※大会当日は全席種500円増し
[チケット発売所]
  チケットぴあ 0570-02-9977
  ローソンチケット 0570-08-4003
  書泉ブックマート 03-3294-0011
  フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
  後楽園ホール 03-5800-9999
  東京イサミ 03-3352-4083
  チケット&トラベルT−1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  イープラス 03-5749-9911 http://eplus.jp/
  修斗GYM東京 03-3441-9424

[お問い合せ]03-5759-6863

アマ修斗 4/29 関東FM 全試合&試合順決定

[大会名]第9回関東アマチュア修斗フレッシュマントーナメント

[日時]2010年4月29日(木/祝)
     10:30 選手集合〜受付開始
         ※選手は会議室に集合し、そこで各種チェックのこと。
         ※※試合会場である柔道場には13時まで立ち入り禁止。
     12:15〜 会議室にてルール・ミーティング
     13:30 試合開始予定
[会場]神奈川県相模原市/相模原総合体育館 柔道場  
[主催]日本修斗協会
[イベント内容]CT
[備考]追加応募の無かったクルーザー級は実施せず。
[お問い合せ]03-5984-3209

■フライ級/3名応募

   ┌──宍野 弘明(東京/和術慧舟會トイカツ道場)
優勝─┤41
   │┌─原田 裕樹(埼玉/GUTSMAN・修斗道場)
   └┤30
    └─内藤 禎貴(千葉/パラエストラ松戸)


■バンタム級/10名応募

     ┌─土方 和樹(千葉/パラエストラ千葉)
    ┌┤18
    ││┌鮎田 直人(東京/リバーサル格闘技ジム)
    │└┤01
    │ └伊藤 竜臣(埼玉/和術慧舟會東京本部)
   ┌┤35
   ││┌─嶋本 貴路(神奈川/シューティングジム横浜)
   │└┤19
   │ └─前田 耕平(東京/GUTSMAN・修斗道場)
優勝─┤44
   │ ┌─本房 幸樹(東京/和術慧舟會トイカツ道場)
   │┌┤20 
   ││└─志賀 竜太郎(千葉/パラエストラ松戸)
   └┤36
    │ ┌露崎 一也(千葉/パラエストラ千葉)
    │┌┤02
    ││└武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)
    └┤21
     └─山本 祥平(神奈川/しんわトータルコンバット)


■フェザー級/16名応募

      ┌宮川 峻(東京/リバーサルジム)
     ┌┤05
     │└鈴木 真人(茨城/R-BLOOD)
    ┌┤26
    ││┌松下 祥一(東京/GUTSMAN・修斗道場)
    │└┤06
    │ └馬場 世架偉(東京/GRABAKA GYM)
   ┌┤39
   ││ ┌金井塚 信之(神奈川/roots)
   ││┌┤07
   │││└岡田 遼(千葉/パラエストラ千葉)
   │└┤27
   │ │┌藤井 明彦(東京/GUTSMAN・修斗道場)
   │ └┤08  
   │  └森 悠亮(千葉/和術慧舟會Duroジム)
優勝─┤46
   │  ┌安富祖 勉(千葉/パラエストラ松戸)
   │ ┌┤09
   │ │└平泉 清志(東京/GUTSMAN・修斗道場)
   │┌┤28
   │││┌小林 貴公(東京/GOKITA GYM)
   ││└┤10
   ││ └富沢 貴人(埼玉/PUREBRED大宮)
   └┤40
    │ ┌橋本 優大(神奈川/roots)
    │┌┤11
    ││└中山 春喜(千葉/GRABAKA GYM)
    └┤29
     │┌上田 貴央(千葉/パラエストラ葛西)
     └┤12
      └石橋 武衛(茨城/R-BLOOD)


■ライト級/10名応募

     ┌─柘植 大児(千葉/パラエストラ松戸)
    ┌┤22
    ││┌西宮 秀和(東京/和術慧舟會東京本部)
    │└┤03
    │ └宮本 誠一(東京/グレイシー・バッハ東京)
   ┌┤37
   ││┌─西尾 健(東京/パラエストラ東京)
   │└┤23
   │ └─秋山 宗太郎(東京/アカデミアAz)
優勝─┤45
   │ ┌─岩本 太郎(神奈川/シューティングジム横浜)
   │┌┤24
   ││└─山田 千尋(千葉/パラエストラ千葉)
   └┤38
    │ ┌高田 竜次(東京/和術慧舟會東京本部)
    │┌┤04
    ││└加藤 博大(神奈川/龍道場)
    └┤25
     └─竹内 稔(東京/パラエストラ東京)


■ウェルター級/7名応募

    ┌─阿部 右京(埼玉/総合格闘技道場STF)
   ┌┤33
   ││┌堺 仁志(東京/修斗GYM東京)
   │└┤15
   │ └大山 卓也(埼玉/PUREBRED大宮)
優勝─┤43
   │ ┌村津 孝徳(神奈川/シューティングジム横浜)
   │┌┤16
   ││└森嶋 貴志(山梨/和術慧舟會山梨甲府道場Four Rhambus)
   └┤34
    │┌加藤 忠治(神奈川/リバーサルジム)
    └┤17
     └清水 大樹(東京/アカデミアAz)


■ミドル級/6名応募

    ┌─森 修(東京/秋本道場Jungle Junction)
   ┌┤31
   ││┌畠山 潤栄(東京/パラエストラ小岩)
   │└┤13
   │ └橋本 佑二(静岡/和術慧舟會駿河道場)
優勝─┤42
   │ ┌鈴木 悠太(埼玉/総合格闘技道場STF)
   │┌┤14
   ││└山本 清久(東京/GUTSMAN・修斗道場)
   └┤32
    └─木村 孔明(東京/パラエストラ葛西)

プロ修斗 4/24 新宿大会 計量結果

[大会名]SHOOTO GIG TOKYO Vol.4

[開催日時]2010年4月24日(土)
[開場/試合開始]17:30/18:00
[会場]東京/新宿FACE
[主催](株)サステイン + 修斗GYM東京

【第1試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
近藤 秀人(JPN/マッハ道場)69.5kg
versus
アキラ(JPN/久我山ラスカルジム)69.3kg

【第2試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
望月 アツシ(JPN/パラエストラ札幌)51.6kg
versus
志田 裕幸(JPN/和術慧舟會東京本部)51.8kg

【第3試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
咲田 ケイジ(JPN/パラエストラ千葉)70.0kg
versus
高橋 圭典(JPN/マッハ道場)69.9kg

【第4試合】バンタム級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
安永 有希(JPN/東京イエローマンズ)55.7kg
versus
猿飛流(JPN/PUREBRED川口REDIPS)55.8kg

【第5試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
下石 原人(JPN/MMA/修斗ジムBLOWS)70.0kg
versus
星野 大介(JPN/総合格闘技津田沼道)70.0kg

【第6試合】バンタム級 5分2R
戸澤 真澄美(JPN/GRABAKA)56.0kg
versus
本間 祐輔(JPN/パラエストラ札幌)55.7kg

【第7試合】バンタム級 5分2R
秋本 じん(JPN/秋本道場Jungle Junction)56.0kg
versus
細谷 健二(JPN/和術慧舟會東京本部)55.9kg

【第8試合】バンタム級 5分2R
赤木 敏倫(JPN/総合格闘技道場コブラ会)56.0kg
versus
大塚 のぞみ(JPN/TEAM LOCKS)56.0kg

セミ【第9試合】バンタム級 5分3R
森 卓也(JPN/パラエストラ札幌)55.8kg
versus
下川 雄生(JPN/SHOOTO GYM K'z FACTORY)55.9kg

メイン【第10試合】バンタム級 5分3R
北原 史寛(JPN/パラエストラ札幌)56.0kg
versus
菅原 雅顕(JPN/和術慧舟會Duro)55.9kg

[当日券]16:30より新宿FACE会場入り口(ヒューマックスパビリオンビル7F)にて販売開始
[チケット]SS席(最前列・カウンター席)10,000円/SS席 7,000円/A席 6,000円/B席 5,000円
       ※大会当日は全席種500円増し。
       ※※入場時にドリンク代として別途500円が必要。

[お問い合わせ]03-5759-6863

キッズ修斗 5/4 浦和大会 申込締切延長

5月4日(火/祝)に埼玉県さいたま市で行われる「キッズ・フリーファイト@浦和」が、出場申込締切を4月27日まで延長。

[大会名]キッズ・フリーファイト@浦和

[日時]2010年5月4日(火/祝)
[会場]埼玉県さいたま市南区/総合格闘技道場STF浦和
     交通アクセス●JR埼京線&武蔵野線「武蔵浦和」駅西口より徒歩10分
[主催]総合格闘技道場STF
[イベント内容
  1)キッズ修斗ワンマッチ
  2)キッズ修斗グラップリング-ネイキッド・ワンマッチ
  3)キッズ修斗グラップリング-ジャケット・ワンマッチ
[出場費]1000円
[要項&申込書]http://www.stf.in/
[申込締切]2010年4月27日(火)必着
[お問い合わせ]049-253-7358

アマ修斗 第17回全日本選手権へ向けての地区予選大会について

 9月5日に開催が決定している「第17回全日本アマチュア修斗選手権大会」へ向け、協会アマチュア普及委員会では下記の日程で地区予選大会9大会を実施。現在、各大会への出場選手を募集している。
 すべての大会で各階級16名の人数制限あり、これを超える場合は各地区でのオープントーナメント、フレッシュマントーナメントの優勝者、および公式戦績上位者から16名を選出する。
 なお昨年、10番目の地区予選大会として実施された「南関東選手権」については本年も開催すべきかどうかを検討中。実施の有無ついては6月上旬までに決定の予定。

◆全大会共通事項
[主催]日本修斗協会
[イベント内容]CT
[要項&申込書]http://www.paraestra.com/
[備考]全日本出場者選抜大会。各階級16名の人数制限あり。
[お問い合せ]03-5984-3209

■四国予選大会
[大会名]第4回四国アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年5月23日(日)
[会場]香川県多度津町/多度津町総合スポーツセンター レスリング場
[応募締切]5月17日(月)必着

■北海道予選大会
[大会名]第4回北海道アマチュア修斗修斗選手権大会
[日時]2010年6月6日(日)
[会場]北海道札幌市/BEAUTY STAGE susukino
[応募締切]5月24日(月)必着

■中部予選大会
[大会名]第7回中部アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年6月12日(土)
[会場]岐阜県岐阜市/岐阜メモリアルセンター 武道館
[応募締切]6月1日(月)必着

■九州予選大会
[大会名]第4回九州アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年6月20日(日)
[会場]福岡県粕屋町/かすやドーム 武道場 
[応募締切]6月7日(月)必着

■東北予選大会
[大会名]第4回東北アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年6月26日(土)
[会場]宮城県仙台市/泉総合運動公園 柔道場
[応募締切]6月14日(月)必着

■北陸予選大会
[大会名]第4回北陸アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年7月11日(日)
[会場]富山県射水市/新湊総合体育館 武道館2F柔道場
[応募締切]6月28日(月)必着

■関東予選大会
[大会名]第9回関東アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年7月18日(日)
[会場]埼玉県富士見市/富士見市総合体育館 柔道場
[応募締切]7月5日(月)必着

■中国予選大会
[大会名]第3回中国アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年7月25日(日)
[会場]広島県呉市/呉市総合体育館・オークアリーナ 柔道場
[応募締切]7月12日(月)必着

■関西予選大会
[大会名]第10回関西アマチュア修斗選手権大会
[日時]2010年8月8日(日)
[会場]大阪府大阪市/大阪市中央体育館 柔道場
[応募締切]7月26日(月)必着

プロ修斗 4/24 新宿大会 計量通知

4月24日(土)東京都/新宿FACEで行われるプロフェッショナル公式戦に先立ち、出場選手の前日計量を以下の要領で行います。

※ライセンス申請を済ませていない選手は、試合当日までに完了してください。

【日時】
4月23日(金)
第1〜第3試合 18:00〜20:00
第4〜第7試合 18:15〜20:00
第8〜第10試合 18:30〜20:00

【試合順/契約体重】
第1試合 ウェルター級/-70.0kg
近藤秀人(マッハ道場)
アキラ(久我山ラスカルジム)

第2試合 フライ級/-52.0kg
望月アツシ(パラエストラ札幌)
志田裕幸(和術慧舟會東京本部)

第3試合 ウェルター級/-70.0kg
咲田ケイジ(パラエストラ千葉)
高橋圭典(マッハ道場)

第4試合 バンタム級/-56.0kg
安永有希(東京イエローマンズ)
猿飛流(PUREBRED川口REDIPS)

第5試合 ウェルター級/-70.0kg
下石原人(MMA/修斗ジムBLOWS)
星野大介(総合格闘技津田沼道)

第6試合 バンタム級/-56.0kg
戸澤真澄美(GRABAKA)
本間祐輔(パラエストラ札幌)

第7試合 バンタム級/-56.0kg
秋本じん(秋本道場Jungle Junction)
細谷健二(和術慧舟會東京本部)

第8試合 バンタム級/-56.0kg
赤木敏倫(総合格闘技道場コブラ会)
大塚のぞみ(TEAM LOCKS)

第9試合 バンタム級/-56.0kg
森 卓也(パラエストラ札幌)
下川雄生(SHOOTO GYM K'z FACTORY)

第10試合 バンタム級/-56.0kg
北原史寛(パラエストラ札幌)
菅原雅顕(和術慧舟會Duroジム)

【場所】
シューティングジム東京
03-0441-9424
東京都品川区東五反田5-28-12
ワタナベボクシングビル6階
JR山手線「五反田」駅より徒歩2分

【諸注意】
(1)計量に遅刻、或いは出頭しない場合は失格となります。
(2)計量の結果、規定のウェイトを維持していなかった場合、指定の時間の間は何度計ってもかまいません。但しISC指定の時間を過ぎた時点で規定ウェイトに達しない場合は原則として失格となります。
(3)計量時に併せて爪、頭髪等のチェックを行います。
(4)指定の日時に出頭できない場合は4月23日までに、ISC事務局または主催者までその旨連絡して下さい。試合当日16時00分〜16時30分、試合会場内ISC控え室にて当日計量を行います。

インターナショナル修斗コミッション【事務局】
〒114-0032 東京都北区中十条3-2-8-303
Tel . 03-5924-3884
Fax . 03-5924-3885
E-Mail:shooto@river.ocn.ne.jp

プロ修斗 2010年4月度世界ランキング

[選定]ISCランキング委員会
※4月4日付け(3月31日までの実績で選定)

▼フライ級[-52.0kg]
C(C)ランバー・ソムデートM16(タイ/M16ムエタイ・スタイル)
1(1)田原しんペー(日本/総合格闘技道場STF)
2(2)猿丸ジュンジ(日本/シューティングジム横浜)
3(3)阿部博之(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
4(4)ATCHアナーキー(日本/パラエストラ東京)
5(5)室伏カツヤ(日本/roots)
6(7)ヒートたけし(日本/和術慧舟會RJW)
7(6)生駒純司(日本/直心会格闘技道場)
8(8)室伏シンヤ(日本/SUBMIT静岡)
9(9)春崎武裕(日本/直心会修斗GYMS)
10(-)ジェシー・タイタノ(アメリカ/グランド・フー, スパイク22)
《解説》
田原に敗れた生駒を7位へダウン。
バンタム級から転向のタイタノを10位にランクイン。

▼バンタム級[-56.0kg]
C(-)空位
1(1)漆谷康宏(日本/和術慧舟會RJW)
2(2)神酒龍一(日本/GUTSMAN・修斗道場)
3(3)マモル(日本/シューティングジム横浜)
4(4)ジュシーエ・フォルミーガ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
5(6)正城ユウキ(日本/クロスワンジム湘南)
6(5)BJ(日本/リバーサルジム横浜GRUND SLAM)
7(7)北原史寛(日本/パラエストラ札幌)
8(8)GoZo(日本/パラエストラ八王子)
9(9)菅原雅顕(日本/和術慧舟會Duroジム)
10(10)森 卓也(日本/パラエストラ札幌)
《解説》
タイタノに勝利の正城を5位へアップ。

▼フェザー級[-60.0kg]
C(6)勝村周一朗(日本/リバーサルジム横浜GRUND SLAM)
1(2)岡嵜康悦(日本/無所属)
2(3)エドゥアウド・ダンタス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
3(C)上田将勝(日本/パラエストラ東京)
4(4)扇久保博正(日本/パラエストラ松戸)
5(5)徹 肌ィ朗(日本/和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
6(7)田澤 聡(日本/GUTSMAN・修斗道場)
7(8)カルロス・ホベルト・ベタオン(ブラジル/RFT)
8(9)松本輝之(日本/シューティングジム大阪)
9(-)田村彰敏(日本/総合格闘技津田沼道場)
10(1)マルコ・ロウロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
《解説》
勝村がタイトル獲得。敗れた上田は3位へ。
1年半を越えて出場の無いロウロを10位へダウン。
ライト級から転向の田村を9位にランクイン。

▼ライト級[-65.0kg]
C(C)リオン武(日本/シューティングジム横浜)
1(1)日沖 発(日本/ALIVE)
2(2)ヘナン・バラオン(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
3(3)土屋大喜(日本/roots)
4(4)門脇英基(日本/和術慧舟會東京本部)
5(5)田村一聖(日本/KRAZY BEE)
6(6)グスタヴォ・ファルシローリ(オーストラリア/マッハ1)
7(7)中村“アイアン”浩士(日本/東京イエローマンズ)
8(8)マテウス・ラーデスマキ(フィンランド/修斗ラハティ)
9(9)西浦“ウィッキー”聡生(日本/STGY)
10(-)パウロ・ダンタス(ブラジル/ファイト・スポルト)
《解説》
フェザー級へ転向の田村をランク外へ。
10位に南米トップのダンタスをランクイン。

▼ウェルター級[-70.0kg]
C(C)ヴィラミー・シケリム(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
1(1)遠藤雄介(日本/GOKITA GYM)
2(2)中蔵隆志(日本/シューティングジム大阪)
3(3)五味隆典(日本/久我山ラスカルジム)
4(4)ベンディ・カシミール(フランス/オウ・テンション)
5(-)パウロ・ゴンカウヴェス(ブラジル/TFT)
6(5)冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島)
7(6)廣田瑞人(日本/無所属)
8(7)朴 光哲(日本/KRAZY BEE)
9(8)天突頑丈(日本/PUREBRED大宮)
10(10)児山佳宏(日本/パラエストラ松戸)
《解説》
シケリム返上の南米タイトル獲得のゴンカウヴェスを5位にランクイン。

▼ミドル級[-76.0kg]
C(C)青木真也(日本/パラエストラ東京)
1(2)佐藤洋一郎(日本/グレイシー・バッハ東京)
2(1)ルイス・ラモス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
3(3)和田拓也(日本/SKアブソリュート)
4(4)イゴール・チャツビーニャ(ブラジル/ミノタウロ・チーム)
5(5)エルナニ・ペルペトゥオ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
6(6)ゼリム・フェリカン(ベルギー/ゴールデン・グラブス)
7(7)山下志功(日本/パラエストラ札幌)
8(8)村山暁洋(日本/GUTSMAN・修斗道場)
9(-)ミッコ・サヴァント(フィンランド/MMAイマトラ)
10(10)ディビッド・バロン(フランス/オウ・テンション)
《解説》
カンに勝利し、環太平洋タイトル獲得の佐藤を1位へアップ。
敗れたカンはランク外へ。
欧州上位のサヴァントを9位にランクイン。

▼ライトヘビー級[-83.0kg]
C(C)シアー・バハドゥルザダ(オランダ/ゴールデン・グローリー)
1(1)サウリ・ヘイリモ(フィンランド/チーム・スカンジナビア)
2(2)カルロス・アレッシャンドリ・ペレイラ(ブラジル/ドラゴン・ファイト・チーム)
3(3)アンドレ・チャツバ(ブラジル/ミノタウロ・チーム)
4(4)ペトラス・マルケヴィチウス(リトアニア/アウドラ・ジム)
5(5)レアンドロ・シウバ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
6(6)グラズヴィダス・スマイリス(リトアニア/ローニナス・リアトニア・ブシドー・チーム)
7(7)ナータン・スハウトラン(オランダ/VC・デ・フルート)
8(8)ローランダス・アグラバ(リトアニア)
9(9)ミッケル・グルドベーク(デンマーク/タラレック)
10(10)バスティアーン・レーヘン(オランダ/タツジン・ドージョー)
《解説》
変動無し

プロ修斗 2010年4月度環太平洋ランキング

[選定]PRSUランキング委員会
※4月4日付け(3月31日までの実績で選定)

▼フェザー級[-60.0kg]
C(C)岡嵜康悦(日本/総合格闘技道場コブラ会)
1(1)徹肌ィ朗(日本/和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
2(-)上田将勝(日本/パラエストラ東京)
3(3)田澤 聡(日本/GUTSMAN・修斗道場)
4(4)扇久保博正(日本/パラエストラ松戸)
5(5)松本輝之(日本/シューティングジム大阪)
6(-)田村彰敏(日本/総合格闘技津田沼道場)
《解説》
世界タイトル獲得の勝村をランク外へ。
世界王座から陥落の上田を2位にランクイン。
ライト級から転向の田村を6位にランクイン。

▼ライト級[-65.0kg]
C(C)土屋大喜(日本/roots)
1(1)日沖 発(日本/ALIVE)
2(2)門脇英基(日本/和術慧舟會東京本部)
3(3)田村一聖(日本/KRAZY BEE)
4(4)グスタヴォ・ファルシローリ(オーストラリア/マッハ1)
5(5)中村“アイアン”浩士(日本/東京イエローマンズ)
6(8)戸井田カツヤ(日本/和術慧舟會トイカツ道場)
7(6)西浦“ウィッキー”聡生(日本/STGY)
8(7)石渡伸太郎(日本/GUTSMAN・修斗道場)
9(-)碓氷早矢手(日本/和術慧舟會RJW)
10(9)サバント・ヤング(アメリカ/ボディショップ・フィットネス・チーム)
《解説》
矢地に勝利の戸井田を6位へアップ。
碓氷を9位に再ランクイン。

▼ ウェルター級[-70.0kg]
C(C)遠藤雄介(日本/GOKITA GYM)
1(1)廣田瑞人(日本/無所属)
2(2)朴 光哲(日本/KRAZY BEE)
3(3)児山佳宏(日本/パラエストラ松戸)
4(4)ウエタユウ(日本/PUREBRED京都)
5(5)天突頑丈(日本/PUREBRED大宮)
6(6)冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島)
7(10)杉江"アマゾン"大輔(日本/ALIVE)
8(7)ガイ・デルモ(アメリカ/TEAM BLAZE脇町)
9(8)佐々木信治(日本/総合格闘技道場BURST)
10(9)臼田育男(日本/総合格闘技木口道場)
《解説》
田村に勝利の杉江を7位へランクイン。

▼ ミドル級[-76.0kg]
C(1)佐藤洋一郎(日本/グレイシー・バッハ東京)
1(2)和田拓也(日本/SKアブソリュート)
2(3)山下志功(日本/パラエストラ札幌)
3(4)村山暁洋(日本/GUTSMAN・修斗道場)
4(6)佐藤拓也(日本/PUREBRED京都)
5(7)奥野“轟天”泰舗(日本/無所属)
6(5)カン・ジョンミン(韓国/ジンビルMMA)
7(8)山崎昭博(日本/SUBMIT静岡)
8(9)新美吉太郎(日本/ALIVE)
9(10)久米鷹介(日本/ALIVE)
《解説》
佐藤がカンに勝利しタイトル獲得。
敗れたカンは6位へダウン。

プロ修斗 2010年4月度欧州ランキング

[選定]欧州修斗コミッション

▼ライト級 [-65.0kg]
C(C)マテウス・ラーデスマキ(フィンランド)
1(1)アレクサンドル・アビン(フランス)
2(2)ペル・エクルンド(スウェーデン)
3(3)アウグスト・フロタ(スイス)

▼ウェルター級 [-70.0kg]
C(-)空位
1(1)ダニー・ファン・ベルヘン(オランダ)
2(2)ハミッド・コラサニ(スウェーデン)
3(3)グジェゴシュ・トリダウスキー(ポーランド)
4(4)マルク・ドゥンカン(オランダ)
5(5)ヨハン・コニアン(フランス)
6(6)ダニエル・シャリフィ(オランダ)
7(8)フィンセント・ラトゥエル(オランダ)
8(7)ジェリー・クバンストローム(フィンランド)
9(9)クク・フィクトル(オランダ)
10(10)ユッカ・クイトネン(フィンランド)

▼ ミドル級 [-76.0kg]
C(-)空位
1(1)ゼリム・フェリカン(ベルギー)
2(-)ミッコ・サヴァント(フィンランド)
3(3)ルーマー・トロンペルト(オランダ)
4(2)ニーク・トロンプ(オランダ)
5(4)マリウス・リアウケヴィチウス(リトアニア)
6(8)トミー・デプレット(ベルギー)
7(5)ウィム・デ・プッテル(ベルギー)
8(6)ウィリー・ニ(オランダ)
9(9)オクタイ・カラタス(オランダ)
10(10)ダーヴィド・ビエルクヘイデン(スウェーデン)

▼ ライトヘビー級 [-83.0kg]
C(C)サウリ・ヘイリモ(フィンランド)
1(1)シアー・バハルドゥザダ(オランダ)
2(2)ミッケル・グルドベーク(デンマーク)
3(3)ナータン・スハウトラン(オランダ)
4(4)ペトラス・マルケヴィチウス(リトアニア)
5(5)アーメッド・バイラク(オランダ)
6(7)バスティアーン・レーヘン(オランダ)
7(6)ローランダス・アグラバ(リトアニア)
8(8)ニック・オセイ(デンマーク)
9(9)ジョン・フランソワ・レノグ(フランス)

▼ クルーザー級 [-91.0kg]
C(C)ケツティス・スミルノーヴァス(リトアニア)
1(1)ロベルト・ヨクス(ポーランド)
2(2)デイヴ・ダルグリッシュ(オランダ)
3(3)アントニー・リア(フランス)
4(4)ムラッド・チュンカイエフ(オランダ)

▼ ヘビー級 [-100.0kg]
C(C)ディオン・スターリング(オランダ)
1(1)マルクス・ハルコサーリ(フィンランド)
2(2)ハンス・ストリンガー(オランダ)
3(3)エギジウス・ヴァラヴィチウス(リトアニア)
4(4)マルチン・エルスネル(ポーランド)

▼ スーパーヘビー級 [+100.0kg]
C(-)空位
1(1)デニス・コムキン(ロシア)
2(2)タダス・リムケヴィチウス(リトアニア)
3(3)デニス・ストイニッチ(クロアチア)

プロ修斗 2010年4月度南米大陸ランキング

[選定]ブラジル修斗協会

▼バンタム級 [-56.0kg]
C(C)ジュシーエ・フォルミーガ(ブラジル)
1(1)アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
2(5)アキレス・デ・カンポス(ブラジル)
3(2)マイコン・ヴィリアン(ブラジル)
4(3)ダニエル・オテロ(ブラジル)
5(4)ハウフ・ローレン(ブラジル)
6(6)ジレノ・ロペス(ブラジル)
7(8)ハファエル・ソウダド(ブラジル)
8(9)ヴィウマル・アフォンソ(ブラジル)
9(10)ガブリエル・ヴォルフ(ブラジル)
10(7)ジオニシオ・ジジ(ブラジル)

▼フェザー級 [-60.0kg]
C(C)エドゥアウド・ダンタス(ブラジル)
1(1)カルロス・ホベルト・ベタオン(ブラジル)
2(2)ホドウフォ・ マルケス(ブラジル)
3(3)ゼイウトン・ホドリゲス(ブラジル)
4(4)ファビオ・オリベイラ(ブラジル)
5(5)ウドソン・ホシャ(ブラジル)
6(6)カルロス・ホベルト(ブラジル)
7(7)ハファエル・プリモ(ブラジル)
8(8)ヴィリアム・ パラヂーニョ(ブラジル)
9(9)ザノン・ピッチブル(ブラジル)
10(10)アウビノ・メンデス(ブラジル)

▼ライト級 [-65.0kg]
C(C)ヘナン・バラオン(ブラジル)
1(3)パウロ・ダンタス(ブラジル)
2(2)ジョニー・エドゥアウド(ブラジル)
3(7)マルロン・モラエス(ブラジル)
4(4)アレッシャンドリ・ピニェイロ(ブラジル)
5(5)ヴィル・ヒベイロ(ブラジル)
6(1)マルロン・サンドロ(ブラジル)
7(6)アンドレ・テレレ(ブラジル)
8(8)マルセリーノ・フレイタス(ブラジル)
9(-)オット・ホドリゲス(ブラジル)
10(9)ホドリゴ・サヴェドラ(ブラジル)

▼ウェルター級 [-70.0kg]
C(-)パウロ・ゴンカウヴェス(ブラジル)
1(2)フェリペ・オリヴェイラ(ブラジル)
2(3)レオナルド・サントス(ブラジル)
3(4)ハクハン・ジアス(ブラジル)
4(1)ジオヴァニ・ジニス(ブラジル)
5(5)ダニーロ・シェアマン(ブラジル)
6(7)エンヒケ・メーロ(ブラジル)
7(6)フェルナンド・ピンポーリョ(ブラジル)
8(8)エリーニ・ピッチ(ブラジル)
9(-)フェルナンド・ブルノ(ブラジル)
10(-)ファビアノ・シウバ(ブラジル)

▼ ミドル級 [-76.0kg]
C(C)ルイス・ラモス(ブラジル)
1(2)イゴール・チャツビーニャ(ブラジル)
2(1)エルナニ・ペルペトゥオ(ブラジル)
3(4)ジョルジ・ホドリゲス(ブラジル)
4(3)アミルカル・アウベス(ブラジル)
5(6)ヤン・カブラウ(ブラジル)
6(5)ヴェンデル・オリヴェイラ(ブラジル)
7(8)ヴァウベル・テテ(ブラジル)
8(-)ヘニー・フォルテ(ブラジル)
9(7)ハファエル・ドス・アンジョス(ブラジル)

▼ ライトヘビー級 [-83.0kg]
C(C)カルロス・アレッシャンドリ・ペレイラ(ブラジル)
1(1)レアンドロ・シウバ(ブラジル)
2(2)アンドレ・チャツバ(ブラジル)
3(3)ジナルチ・リマ(ブラジル)
4(4)グスタボ・シム(ブラジル)
5(5)カルロス・サントス(ブラジル)
6(6)エマヌエル・シウバ(ブラジル)
7(7)アレッシャンドリ・バロス(ブラジル)
8(8)ジオゴ・カストロ・ブルクツ(ブラジル)
9(-)ジュリオ・ベダ(ブラジル)
10(10)セルジオ・ジュニオール(ブラジル)

▼ クルーザー級 [-91.0kg]
C(-)空位
1(1)ギブソン・サ(ブラジル)
2(3)グスタヴォ・モイア(アルゼンチン)
3(4)ダニエル・ジャカレ(ブラジル)
4(5)アンドレ・マグイラ(ブラジル)
3(2)カイオ・マガリャエス(ブラジル)
6(6)アンドレ・トウロ(ブラジル)

▼ ヘビー級 [-100.0kg]
C(-)空位
1(1)ヴィトー・ミランダ(ブラジル)
2(2)フランシマー・ベタオン(ブラジル)
3(3)シドネイ・シウバ(ブラジル)
4(4)ホッキー・オリヴェル(ブラジル)
5(5)ヘナート・カチョーホ・ロウコ(ブラジル)
6(6)レヴィ・カウデイラ(ブラジル)

アマ修斗 4/18 青森OP 公式結果

[大会名]第3回青森アマ修斗オープントーナメント

[日時]2010年4月18日(日)
[会場]青森県八戸市/パラエストラ八戸
[主催]パラエストラ八戸

■バンタム級/2名参加
優勝  佐野 孝之(秋田/サイトー會館)

   ┏━━佐野 孝之(秋田/サイトー會館)
優勝━┫1R 1'51" ヒールホールド
   └──菅原 進也(青森/スカーフィスト)


■フェザー級/2名参加
優勝  梶川 卓(青森/スカーフィスト)

   ┏━━梶川 卓(青森/スカーフィスト)
優勝━┫50-38
   └──鈴木 弘之(宮城/パラエストラ仙台)


■ライト級/2名参加
優勝  山口 貴徳(宮城/パラエストラ仙台)

   ┌──泉谷 圭吾(青森/T-Pleasure)
優勝━┫1R 1'09" 腕十字
   ┗━━山口 貴徳(宮城/パラエストラ仙台)


■ウェルター級/3名参加(1名欠場)
優勝  佐々木 大輔(宮城/パラエストラ仙台)
準優勝 泉山 和久(青森/パラエストラ八戸)

   ┏━━佐々木 大輔(宮城/パラエストラ仙台)
優勝━┫43-40
   │┏━泉山 和久(青森/パラエストラ八戸)
   ┗┫不戦
    └─棟方 慎也(青森/T-Pleasure)


■ミドル級/2名参加
優勝  黒須 英之(青森/スカーフィスト)

   ┏━━黒須 英之(青森/スカーフィスト)
優勝━┫49-40
   └──小笠原 嘉紀(青森/パラエストラ八戸)


■ライトヘビー級/2名参加
優勝  木村 長平(青森/INSANITY)

   ┏━━木村 長平(青森/INSANITY)
優勝━┫41-39
   └──エドワード・アクー(青森/パラエストラ三沢)


【第1試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
○泉山 和久(青森/パラエストラ八戸)
不戦
×棟方 慎也(青森/T-Pleasure)
※棟方選手の負傷欠場

【第2試合】グラップリング-ネイキッド/ウェルター級 3分2R
○三上 敏也(宮城/パラエストラ仙台)
S 1R 1'50"
×東 一覚(青森/パラエストラ十和田)
※腕ひしぎ三角固め

【第3試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2R
×早坂 俊明(宮城/パラエストラ仙台)
ポイント 2-6
○大里 洋志(青森/スカーフィスト)
※[組]2-6(1R 2-3/2R 0-3)

【第4試合】グラップリング-ネイキッド/ウェルター級 3分2R
○齊藤 曜(宮城/パラエストラ仙台)
ポイント 9-0
×小蒼 卓也(青森/スカーフィスト)
※[組]9-0(1R 5-0/2R 4-0)

【第5試合】バンタム級決勝戦 3分2ラウンド
○佐野 孝之(秋田/サイトー會館)
S 1R 1'51"
×菅原 進也(青森/スカーフィスト)
※ヒールホールド

【第6試合】フェザー級決勝戦 3分2ラウンド
○梶川 卓(青森/スカーフィスト)
判定 50-38
×鈴木 弘之(宮城/パラエストラ仙台)
※[打]佐々木郁矢 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
    藤田成保 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
 [組]11-1(1R 0-1/2R 11-0)

【第7試合】ライト級決勝戦 3分2ラウンド
×泉谷 圭吾(青森/T-Pleasure)
TS 1R 1'09"
○山口 貴徳(宮城/パラエストラ仙台)
※腕ひしぎ十字固め

【第8試合】ライトヘビー級決勝戦 3分2ラウンド
○木村 長平(青森/INSANITY)
判定 41-39
×エドワード・アクー(青森/パラエストラ三沢)
※[打]早坂俊明 16-20(1R 8-10/2R 8-10)
    齊藤曜 15-20(1R 7-10/2R 8-10)
 [組]10-2(1R 7-0/2R 3-2)
※※2R、オープンブロウの反則でアクー選手に減点3

【第9試合】ミドル級決勝戦 3分2ラウンド
○黒須 英之(青森/スカーフィスト)
判定 49-40
×小笠原 嘉紀(青森/パラエストラ八戸)
※[打]早坂俊明 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
    齊藤曜 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
 [組]10-1(1R 9-0/2R 1-1)

【第10試合】ウェルター級決勝戦 3分2ラウンド
○佐々木 大輔(宮城/パラエストラ仙台)
判定 43-40
×泉山 和久(青森/パラエストラ八戸)
※[打]佐々木郁矢 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
    藤田成保 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
 [組]6-1(1R 5-0/2R 1-1)
※※1R、ロープを掴む反則で泉山選手に減点1

フライ級・虎徹、リングネーム変更

フライ級クラスBの虎徹が、本名の「小堀貴広」にリングネームを変更。

虎徹
[旧リングネーム]虎徹
[新リングネーム]小堀貴広(こほり・たかひろ)
[階級]フライ
[所属]総合格闘技ゴンズジム

プロフェッショナル修斗公式戦 開催スケジュール

以下の大会の開催が正式決定。

■龍争虎闘 Vol,4
[日時]2010年9月17日(金)
[会場]東京/北沢タウンホール
[主催]SHOOTO GYM K'z FACTORY
[お問い合せ]042-740-5710

アマ修斗 4/18 青森OP トーナメント組み合わせ

[大会名]第3回青森アマ修斗オープントーナメント

[日時]2010年4月18日(日)
[会場]青森県八戸市/パラエストラ八戸
[主催]パラエストラ八戸
[イベント内容]CT/GO
[お問い合せ]090-8928-1995

■バンタム級/2名参加

   ┌──佐野 孝之(秋田/サイトー會館)
優勝─┤05
   └──菅原 進也(青森/スカーフィスト)


■フェザー級/2名参加

   ┌──梶川 卓(青森/スカーフィスト)
優勝─┤06
   └──鈴木 弘之(宮城/パラエストラ仙台)


■ライト級/2名参加

   ┌──泉谷 圭吾(青森/T-Pleasure)
優勝─┤07
   └──山口 貴徳(宮城/パラエストラ仙台)


■ウェルター級/3名参加

   ┌──佐々木 大輔(宮城/パラエストラ仙台)
優勝─┤10
   │┌─泉山 和久(青森/パラエストラ八戸)
   └┤01
    └─棟方 慎也(青森/T-Pleasure)


■ミドル級/2名参加

   ┌──黒須 英之(青森/スカーフィスト)
優勝─┤09
   └──小笠原 嘉紀(青森/パラエストラ八戸)


■ライトヘビー級/2名参加

   ┌──木村 長平(青森/INSANITY)
優勝─┤08
   └──エドワード・アクー(青森/パラエストラ三沢)


【第2試合】グラップリング-ネイキッド/ウェルター級 3分2R
三上 敏也(宮城/パラエストラ仙台)
versus
東 一覚(青森/パラエストラ十和田)

【第3試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2R
早坂 俊明(宮城/パラエストラ仙台)
versus
大里 洋志(青森/スカーフィスト)

【第4試合】グラップリング-ネイキッド/ウェルター級 3分2R
齊藤 曜(宮城/パラエストラ仙台)
versus
小蒼 卓也(青森/スカーフィスト)

アマチュア修斗公式戦 開催スケジュール

当初、9月12日(日)に予定していた下記の大会の開催日を9月20日(月/祝)に変更。

■第2回山口アマチュア修斗オープントーナメント
[日時]2010年9月20日(月/祝)
[会場]山口県内を予定
[主催]毛利道場+日本修斗協会
[イベント内容]CT/GT(ネイキッド&ジャケット)
[お問い合わせ]03-5984-3209

アマ修斗 4/25 南九州OP トーナメント組み合わせ決定

[大会名]第3回南九州アマチュア修斗オープントーナメント

[日時]2010年4月25日(日)12:30 試合開始予定
[会場]宮崎県宮崎市/宮崎県体育館 別館2
[主催]日本修斗協会
[お問い合せ]03-5984-3209

■フライ級/2名参加

   ┌──岩切 優太(宮崎/野中道場)
優勝─┤08
   └──渡邊 康宏(宮崎/総合格闘技近田道場)


■フェザー級/5名参加

    ┌─堀川 裕太(福岡/パラエストラ博多)
   ┌┤07
   ││┌日高 祥嗣(宮崎/達磨塾)
   │└┤01
   │ └宮澤 隆昭(大分/チーム・レッグロック)
優勝─┤12
   │┌─椎葉 稔(宮崎/総合格闘技近田道場)
   └┤06
    └─北島 進(大分/チーム・レッグロック)


■ライト級/4名参加

    ┌─森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)
   ┌┤05
   │└─森田 太陽(大分/MMA IKUSU)
優勝─┤11
   │┌─原 建太朗(宮崎/宮崎ロッキージム)
   └┤04
    └─渡辺 紘司(福岡/緒方道場)


■ウェルター級/3名参加

   ┌──松本 雄城(熊本/チーム・オルタナティブ)
優勝─┤10
   │┌─上野 雅之(福岡/チーム・オルタナティブ)
   └┤03
    └─石掛 友喜(福岡/博多鉄拳兄弟)


■ミドル級/3名参加

   ┌──鳥谷 彰(福岡/博多鉄拳兄弟)
優勝─┤09
   │┌─三浦 隆俊(宮崎/総合格闘技近田道場)
   └┤02
    └─河野 公彦(宮崎/達磨塾)

アマ修斗 4/11 Duroオープン 公式結果

[大会名]第1回アマチュア修斗Duroオープントーナメント

[開催日時]2010年4月11日(日)
[場所]千葉市/和術慧舟会Duroファイティング&フィットネスジム
[主催]総合格闘技津田沼道場

■フェザー級/4名参加
優勝  六本木 洋(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 伊藤 貴昭(千葉/総合格闘技津田沼道場)

    ┌─荻窪 裕輔(総合格闘技道場STF)
   ┏┫21-22
   │┗━伊藤 貴昭(総合格闘技津田沼道場)
優勝━┫38-40
   ┃┌─森 悠亮(和術慧舟會Duroジム)
   ┗┫2'23" ストレート・アームバー
    ┗━六本木 洋(総合格闘技道場STF)


■ウェルター級/4名参加
優勝  久高 正仁(東京/和術慧舟會)
準優勝 仲山 貴志(千葉/総合格闘技津田沼道場)

    ┏━仲山 貴志(総合格闘技津田沼道場)
   ┏┫29-19
   │└─阿部 右京(総合格闘技道場STF)
優勝━┫34-46
   ┃┌─鈴木 祐太郎(総合格闘技津田沼道場)
   ┗┫20-28
    ┗━久高 正仁(和術慧舟會RJW)


■ミドル級/3名参加
優勝  根橋 創史(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 新村 康行(東京/和術慧舟會RJW)

   ┏━━根橋 創史(総合格闘技道場STF)
優勝━┫44-41
   │┏━新村 康行(和術慧舟會RJW)
   ┗┫20-16
    └─鈴木 悠太(総合格闘技道場STF)


【第1試合】ミドル級1回戦 4分1ラウンド
○新村 康行(和術慧舟會RJW)
判定 20-16
×鈴木 悠太(総合格闘技道場STF)
※[打]草柳和宏 10-8 / 田村彰敏 10-8[組]0-0

【第2試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
×荻窪 裕輔(総合格闘技道場STF)
判定 21-22
○伊藤 貴昭(総合格闘技津田沼道場)
※[打]草柳和宏 9-10 / 菅原雅顕 10-10[組]2-2

【第3試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
×森 悠亮(和術慧舟會Duroジム)
TS 2'23"
○六本木 洋(総合格闘技道場STF)
※ストレート・アームバー

【第4試合】ウルター級1回戦 4分1ラウンド
○仲山 貴志(総合格闘技津田沼道場)
判定 29-19
×阿部 右京(総合格闘技道場STF)
※[打]草柳和宏 10-9 / 菅原雅顕 10-9[組]9-1

【第5試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
×鈴木 祐太郎(総合格闘技津田沼道場)
判定 20-28
○久高 正仁(和術慧舟會RJW)
※[打]草柳和宏 10-10 / 豊島孝尚 10-9[組]0-9

【第6試合】ミドル級決勝戦 3分2ラウンド
○根橋 創史(総合格闘技道場STF)
判定 44-41
×新村 康行(和術慧舟會RJW)
※[打]草柳和宏 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
    田村彰敏 20-20(1R 10-10/2R 10-10)
 [組]5-1(1R 2-0/2R 3-1)

【第7試合】フェザー級決勝戦 3分2ラウンド
×伊藤 貴昭(総合格闘技津田沼道場)
判定 38-40
○六本木 洋(総合格闘技道場STF)
※[打]草柳和宏 19-20(1R 10-10/2R 9-10)
    菅原雅顕 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
 [組]0-1(1R 0-1/2R 0-0)

【第8試合】ウェルター級決勝戦 3分2ラウンド
×仲山 貴志(総合格闘技津田沼道場)
判定 34-46
○久高 正仁(和術慧舟會RJW)
※[打]草柳和宏 17-20(1R 8-10/2R 9-10)
    豊島孝尚 17-20(1R 8-10/2R 9-10)
 [組]0-6(1R 0-0/2R 0-6)

プロ修斗 4/24 新宿大会 試合順決定

[大会名]SHOOTO GIG TOKYO Vol.4

[開催日時]2010年4月24日(土)
[開場/試合開始]17:30/18:00
[会場]東京/新宿FACE
[主催](株)サステイン + 修斗GYM東京

【第1試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
近藤 秀人(JPN/マッハ道場)
versus
アキラ(JPN/久我山ラスカルジム)

【第2試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
望月 アツシ(JPN/パラエストラ札幌)
versus
志田 裕幸(JPN/和術慧舟會東京本部)

【第3試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
咲田 ケイジ(JPN/パラエストラ千葉)
versus
高橋 圭典(JPN/マッハ道場)

【第4試合】バンタム級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
安永 有希(JPN/東京イエローマンズ)
versus
猿飛流(JPN/PUREBRED川口REDIPS)

【第5試合】ウェルター級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
下石 原人(JPN/MMA/修斗ジムBLOWS)
versus
星野 大介(JPN/総合格闘技津田沼道

【第6試合】バンタム級 5分2R
戸澤 真澄美(JPN/GRABAKA)
versus
本間 祐輔(JPN/パラエストラ札幌)

【第7試合】バンタム級 5分2R
秋本 じん(JPN/秋本道場Jungle Junction)
versus
細谷 健二(JPN/和術慧舟會東京本部)

【第8試合】バンタム級 5分2R
赤木 敏倫(JPN/総合格闘技道場コブラ会)
versus
大塚 のぞみ(JPN/TEAM LOCKS)

セミ【第9試合】バンタム級 5分3R
森 卓也(JPN/パラエストラ札幌)
versus
下川 雄生(JPN/SHOOTO GYM K'z FACTORY)

メイン【第10試合】バンタム級 5分3R
北原 史寛(JPN/パラエストラ札幌)
versus
菅原 雅顕(JPN/和術慧舟會Duro)

[チケット]SS席(最前列・カウンター席)10,000円/SS席 7,000円/A席 6,000円/B席 5,000円
       ※大会当日は全席種500円増し。
       ※※入場時にドリンク代として別途500円が必要。
[チケット販売所]
  書泉ブックマート 03-3294-0011
  フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
  後楽園ホール 03-5800-9999
  東京イサミ 03-3352-4083
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3441-9424

[お問い合わせ]03-5759-6863

プロ修斗 5/9 北沢大会  全対戦カード&試合順決定

[大会名]龍争虎闘 Vol,3

[日時]2010年5月9日(日)
[開場/試合開始]17:30/18:00
[会場]東京/北沢タウンホール
[主催]SHOOTO GYM K'z FACTORY
[備考]試合前にアマチュア修斗公式戦を実施。
[お問い合せ]042-740-5710

[対戦カード/全8試合]

【第1試合】ライト級 5分2R
くわい“D”郁矢(JPN/T-Pleasure)
versus
ホワン・ヨン・ジン(韓国/シン・イル・ホMMA)09韓国アマ修斗選手権優勝

【第2試合】フェザー級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント2回戦]
川名 蘭輝(JPN/ロデオスタイル)  
versus
堀口 恭司(JPN/KRAZY BEE)

【第3試合】ウェルター級 5分2R
田口 公一(JPN/PUREBRED大宮)
versus
太田 洋平(JPN/和術慧舟會A-3)

【第4試合】バンタム級 5分2R
のぶ渡辺(JPN/roots)
versus
石神 保貴(JPN/和術慧舟會東京本部)

【第5試合】ライト級 5分2R
近野 淳平(JPN/ロデオスタイル)
versus
金田一 孝介(JPN/総合格闘技道場STF)

【第6試合】フェザー級 5分2R
直撃 我聞(JPN/PUREBRED大宮) 
versus
ズ・ギョン・ズン(韓国/コリアン・トップチーム)09韓国アマ修斗選手権優勝

セミ【第7試合】フェザー級 5分2R
細井 鷹飛呂(JPN/パラエストラ松戸) 
versus
山内 慎人(JPN/GUTSMAN・修斗道場)

メイン【第8試合】フライ級 5分3R
室伏 シンヤ(JPN/SUBMIT静岡)
versus
春崎 武裕(JPN/直心会修斗GYMS)

[チケット]RS席 7,000円/S席 5,500円/A席 4,500円
[チケット発売所]
  e-ticket www.e-ticket.ne.jp
  SHOOTO GYM K'z FACTORY 042-740-5710

[お問い合せ]042-740-5710

アマ修斗 4/11 北海道FM 公式結果

[大会名]第4回北海道アマチュア修斗フレッシュマントーナメント

[主催]日本修斗協会
[開催日時]2010年4月11日(日)
[会場]北海道札幌市/BEAUTY STAGE susukino

■フェザー級/6名参加
優勝  武差 州彦(北海道/パラエストラ札幌)
準優勝 小林 幸稔(北海道/パラエストラ札幌)
3位  冨田 正美(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
    宮北 知季(北海道/FNA工藤道場)

    ┏━小林 幸稔(北海道/パラエストラ札幌)
   ┏┫25-20
   ││┌孫崎 達也(北海道/パラエストラ札幌)
   │┗┫22-26
   │ ┗宮北 知季(北海道/FNA工藤道場)
優勝━┫1R 1'59" 腕十字
   ┃ ┌服部 真明(北海道/パラエストラ旭川)
   ┃┏┫1'43" KO
   ┃│┗冨田 正美(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
   ┗┫2'52" 腕十字
    ┗━武差 州彦(北海道/パラエストラ札幌)


■ライト級/5名参加
優勝  田口 伸人(北海道/パラエストラ札幌)
準優勝 千田 昇(青森/インサニティー)
3位  澤田 良(青森/WARP)
    蒔苗 辰紀(青森/T-Pleasure)

    ┏━千田 昇(青森/インサニティー)
   ┏┫3'27" 腕十字
   ││┏蒔苗 辰紀(青森/T-Pleasure)
   │┗┫22-21
   │ └久島 拓海(北海道/パラエストラ札幌)
優勝━┫40-47
   ┃┌─澤田 良(青森/WARP)
   ┗┫20-24
    ┗━田口 伸人(北海道/パラエストラ札幌)


■ウェルター級5名参加
優勝  岩田 誠一(北海道/パラエストラ札幌)
準優勝 村上 昌幸(北海道/パラエストラ函館)
3位  中村 文彦(北海道/ノースキングスジム)
    棟方 慎也(青森/T-Pleasure)

    ┏━岩田 誠一(北海道/パラエストラ札幌)
   ┏┫28-18
   ┃│┌野下 龍一(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
   ┃┗┫20-28
   ┃ ┗中村 文彦(北海道/ノースキングスジム)
優勝━┫2R 2'07" フロントスリーパー
   │┏━村上 昌幸(北海道/パラエストラ函館)
   ┗┫1'26" TKO
    └─棟方 慎也(青森/T-Pleasure)


【第1試合】グラップリング-ネイキッド/ライトヘビー級 3分2R
×原 知也(北海道/パラエストラ酪農大)
ポイント 6-10
○松田 雄大(北海道/パラエストラ札幌)
※[組]3-10(1R 1-7/2R 2-3)
※※2R、指を掴む反則で山田選手に減点3(=原選手に加点3)

【第2試合】ウェルター級1回戦 4分1ラウンド
×野下 龍一(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
判定 20-28
○中村 文彦(北海道/ノースキングスジム)
※[打]小林充 10-10 / 宇部幸治郎 10-10[組]0-8

【第3試合】ライト級1回戦 4分1ラウンド
○蒔苗 辰紀(青森/T-Pleasure)
判定 22-21
×久島 拓海(北海道/パラエストラ札幌)
※[打]小林充 10-8 / 宇部幸治郎 10-9[組]2-4

【第4試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
×孫崎 達也(北海道/パラエストラ札幌)
判定 22-26
○宮北 知季(北海道/FNA工藤道場)
※[打]小林充 8-10 / 宇部幸治郎 8-10[組]6-6

【第5試合】フェザー級1回戦 4分1ラウンド
×服部 真明(北海道/パラエストラ旭川)
KO 1'43"
○冨田 正美(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
※服部選手に120日間の出場停止(8/8まで)

【第6試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2R
×富山 友貴(北海道/パラエストラ酪農大)
ポイント 6-7
○牧野 哲也(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
※[組]6-7(1R 3-6/2R 3-1)

【第7試合】グラップリング-ネイキッド/ミドル級 3分2R
○金谷 貴弘(北海道/パラエストラ札幌)
S 2R 0'59"
×大山 聡(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
※アンクルホールド
※※1R、消極的な試合態度で両選手に減点1(=両選手に加点1)

【第8試合】ウェルター級準決勝 4分1ラウンド
○村上 昌幸(北海道/パラエストラ函館)
TKO 1'26"
×棟方 慎也(青森/T-Pleasure)
※出血によるレフェリーストップ

【第9試合】ウェルター級準決勝 4分1ラウンド
○岩田 誠一(北海道/パラエストラ札幌)
判定 28-18
×中村 文彦(北海道/ノースキングスジム)
※[打]小林充 9-10 / 宇部幸治郎 10-10[組]9-1
※※ロープを掴む反則で中村選手に減点3

【第10試合】グラップリング-ネイキッド/ライトヘビー級 3分2R
○武田 光博(北海道/パラエストラ函館)
S 1R 0'15"
×松田 雄大(北海道/パラエストラ札幌)
※フロント・スリーパーホールド

【第11試合】ライト級準決勝 4分1ラウンド
×澤田 良(青森/WARP)
判定 20-24
○田口 伸人(北海道/パラエストラ札幌)
※[打]小林充 10-10 / 宇部幸治郎 10-9[組]0-5

【第12試合】ライト級準決勝 4分1ラウンド
○千田 昇(青森/インサニティー)
S 3'27"
×蒔苗 辰紀(青森/T-Pleasure)
※腕ひしぎ十字固め
※スラムの反則で蒔苗選手に減点3

【第13試合】フェザー級準決勝 4分1ラウンド
○小林 幸稔(北海道/パラエストラ札幌)
判定 25-20
×宮北 知季(北海道/FNA工藤道場)
※[打]小林充 10-9 / 宇部幸治郎 10-9[組]6-3
※※ロープを掴む反則で宮北選手に減点1
※※※掌で喉を絞める反則で小林選手に減点1

【第14試合】フェザー級準決勝 4分1ラウンド
×冨田 正美(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
S 2'52"
○武差 州彦(北海道/パラエストラ札幌)
※腕ひしぎ十字固め

【第15試合】アマ修斗/ライト級 3分2R
○澤藤 陽輔(北海道/パラエストラ札幌)
判定 40-39
×林崎 俊介(北海道/ノースキングスジム)
※[打]小林充 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
    宇部幸治郎 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
 [組]2-0(1R 0-0/2R 2-0)

【第16試合】ウェルター級決勝戦 3分2ラウンド
○岩田 誠一(北海道/パラエストラ札幌)
S 2R 2'07"
×村上 昌幸(北海道/パラエストラ函館)
※フロント・スリーパーホールド

【第17試合】フェザー級決勝戦 3分2ラウンド
×小林 幸稔(北海道/パラエストラ札幌)
S 1R 1'59"
○武差 州彦(北海道/パラエストラ札幌)
※腕ひしぎ十字固め

【第18試合】ライト級決勝戦 3分2ラウンド
×千田 昇(青森/インサニティー)
判定 40-47
○田口 伸人(北海道/パラエストラ札幌)
※[打]小林充 20-19(1R 10-9/2R 10-10)
    宇部幸治郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
 [組]0-10(1R 0-3/2R 0-7)

【第19試合】グラップリング-ネイキッド/ライトヘビー級 3分2R
○武田 光博(北海道/パラエストラ函館)
S 1R 0'54"
×原 知也(北海道/パラエストラ酪農大)
※ノースサウス・チョーク

アマ修斗 4/11 Duroオープン 結果速報

[大会名]第1回アマチュア修斗Duroオープントーナメント

[日時]2010年4月11日(日)
[場所]千葉市/和術慧舟会Duroファイティング&フィットネスジム
[主催]総合格闘技津田沼道場

■フェザー級/4名参加
優勝  六本木 洋(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 伊藤 貴昭(千葉/総合格闘技津田沼道場)

■ウェルター級/4名参加
優勝  久高 正仁(東京/和術慧舟會)
準優勝 仲山 貴志(千葉/総合格闘技津田沼道場)

■ミドル級/3名参加
優勝  根橋 創史(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 新村 康行(東京/和術慧舟會RJW)

アマ修斗 4/11 北海道FM トーナメント組み合わせ変更

フェザー級に出場予定だった宮腰省太(ノースキングスジム)選手が欠場となったため、同級の組み合わせを一部変更。これに伴い全体の試合順が変更となった。

[大会名]第4回北海道アマチュア修斗フレッシュマントーナメント

[主催]日本修斗協会
[開催日時]2010年4月11日(日)10:30 試合開始予定
[会場]北海道札幌市/BEAUTY STAGE susukino
[お問い合わせ]03-5984-3209

■フェザー級/6名参加

    ┌─小林 幸稔(北海道/パラエストラ札幌)
   ┌┤13
   ││┌孫崎 達也(北海道/パラエストラ札幌)
   │└┤04
   │ └宮北 知季(北海道/FNA工藤道場)
優勝─┤18
   │ ┌服部 真明(北海道/パラエストラ旭川)
   │┌┤05
   ││└冨田 正美(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
   └┤14
    └─武差 州彦(北海道/パラエストラ札幌)


■ライト級/5名参加

    ┌─千田 昇(青森/インサニティー)
   ┌┤12
   ││┌蒔苗 辰紀(青森/T-Pleasure)
   │└┤03
   │ └久島 拓海(北海道/パラエストラ札幌)
優勝─┤17
   │┌─澤田 良(青森/WARP)
   └┤11
    └─田口 伸人(北海道/パラエストラ札幌)


■ウェルター級5名参加

    ┌─岩田 誠一(北海道/パラエストラ札幌)
   ┌┤09
   ││┌野下 龍一(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)
   │└┤02
   │ └中村 文彦(北海道/ノースキングスジム)
優勝─┤16
   │┌─村上 昌幸(北海道/パラエストラ函館)
   └┤08
    └─棟方 慎也(青森/T-Pleasure)


【第1試合】グラップリング-ネイキッド/ライトヘビー級 3分2R
原 知也(北海道/パラエストラ酪農大)
versus
松田 雄大(北海道/パラエストラ札幌)

【第6試合】グラップリング-ネイキッド/ライト級 3分2R
富山 友貴(北海道/パラエストラ酪農大)
versus
牧野 哲也(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)

【第7試合】グラップリング-ネイキッド/ミドル級 3分2R
金谷 貴弘(北海道/パラエストラ札幌)
versus
大山 聡(北海道/和術慧舟會釧路支部忠和會)

【第10試合】グラップリング-ネイキッド/ライトヘビー級 3分2R
武田 光博(北海道/パラエストラ函館)
versus
松田 雄大(北海道/パラエストラ札幌)

【第15試合】アマ修斗/ライト級 3分2R
澤藤 陽輔(北海道/パラエストラ札幌)
versus
林崎 俊介(北海道/ノースキングスジム)

【第19試合】グラップリング-ネイキッド/ライトヘビー級 3分2R
武田 光博(北海道/パラエストラ函館)
versus
原 知也(北海道/パラエストラ酪農大)

アマ修斗 4/11 Duroオープン トーナメント組み合わせ

[大会名]第1回アマチュア修斗Duroオープントーナメント

[開催日時]2010年4月11日(日)11:00 試合開始予定
[場所]千葉市/和術慧舟会Duroファイティング&フィットネスジム
[主催]総合格闘技津田沼道場
[お問い合わせ]043-270-2497

■フェザー級/4名参加

    ┌─荻窪 裕輔(総合格闘技道場STF)
   ┌┤02
   │└─伊藤 貴昭(総合格闘技津田沼道場)
優勝─┤07
   │┌─森 悠亮(和術慧舟會Duroジム)
   └┤03
    └─六本木 洋(総合格闘技道場STF)


■ウェルター級/4名参加

    ┌─仲山 貴志(総合格闘技津田沼道場)
   ┌┤04
   │└─阿部 右京(総合格闘技道場STF)
優勝─┤08
   │┌─鈴木 祐太郎(総合格闘技津田沼道場)
   └┤05
    └─久高 正仁(和術慧舟會RJW)


■ミドル級/3名参加

   ┌──根橋 創史(総合格闘技道場STF)
優勝─┤06
   │┌─新村 康行(和術慧舟會RJW)
   └┤01
    └─鈴木 悠太(総合格闘技道場STF)

ライト級・前口真志、リングネーム変更

ライト級クラスBの前口真志が、リングネームを「前口 緑一色」に変更。

前口真志
[新リングネーム]前口 緑一色(まえぐち・りゅーいーそー)
[階級]ライト
[所属]NASCER DO SOL

プロ修斗 4/4 岡山大会 試合結果

[大会名]GRAPPLINGMAN 10 闘裸男

[日時]2010年4月4日(日)
[会場]岡山県岡山市/ママカリフォーラム コンベンションホール
[主催](株)サステイン + GRAPPLINGMAN実行委員会

【第1試合】アマ修斗公式戦/フライ級 3分2R
×州脇 誠一(岡山/ゼロ戦クラブ)
S 1R 2'32"
○近藤 翔太(福岡/空手道志徳会)
※ヒールホールド

【第2試合】アマ修斗公式戦/ウエルター級 3分2R
×嶋本 宗磨(岡山/ゼロ戦クラブ)70.0kg
判定 43-47
○西山 恭央(岡山/セコンドアウト)70.0kg
※[打]草柳和宏 20-20(1R 10-10/2R 10-10)
    浦僚克 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
 [組]3-8(1R 1-8/2R 2-0)

【第3試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
×村井“Q太郎”貴史(JPN/毛利道場)51.9kg
KO 1R 2'17"
○大和(JPN/総合格闘技道場BURST)51.9kg
※グラウンドパンチ
※※大和が2回戦進出。2回戦では岸本耕治(TKエスペランサ)との対戦が決定。

【第4試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
○岸本 耕治(JPN/TKエスペランサ)51.9kg
S 1R 3'33"
×武井BANCO徳之(JPN/讃州四心会)51.7kg
※腕ひしぎ十字固め
※※岸本が2回戦進出。2回戦では大和(総合格闘技道場BURST)との対戦が決定。

【第5試合】フライ級 5分2R
×安芸 佳孝Z(JPN/アンドレイオス)51.7kg
S 1R 3'42"
○吉田 朋彦(JPN/G-FREE)52.0kg
※チキンウイングアームロック

【第6試合】フェザー級 5分2R
×仁牙 ヤスオ(JPN/讃州四心会)60.0kg
判定 1-2
○赤尾 セイジ(JPN/NEX−SPORTS)59.8kg
※[メイン]鈴木利治 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
 [サブ]浦僚克 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
     谷村勲 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

【第7試合】バンタム級 5分2R
×エスパー※潤(JPN/ゼロ戦クラブ)55.9kg
S 1R 2'42"
○西後 祐樹(JPN/総合格闘技道場コブラ会)55.7kg
※スリーパーホールド

セミ【第8試合】ライト級 5分2R
○不死身夜 天慶(JPN/シューティングジム横浜)65.0kg
判定 2-0
×太田 拓巳(JPN/PUREBRED鳥取)64.6kg
※[メイン]鈴木利治 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
 [サブ]浦僚克 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
     谷村勲 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

メイン【第9試合】ウエルター級 5分3R
×ガイ・デルモ(USA/TEAM BLAZE脇町)70.0kg
TS 1R 2'54"
○佐々木 信治(JPN/総合格闘技道場BURST)69.9kg
※三角絞め

プロ修斗 4/4 岡山大会 計量結果

 当初、第5試合で大道翔貴(ゼロ戦クラブ)と対戦予定だった赤澤“裏通り”誠(総合格闘技道場BURST)が、右副鼻腔炎を再発。ドクターストップで欠場となったため、大道とのフェザー級2回戦は中止が決定した。新人王決定トーナメント1回戦は赤澤の不戦敗で、大道が2回戦進出。2回戦では木村裕(パラエストラ広島)の対戦が決定している。

[大会名]GRAPPLINGMAN 10 闘裸男

[日時]2010年4月4日(日)
[開場/試合開始]13:00/14:00
[会場]岡山県岡山市/ママカリフォーラム コンベンションホール
[主催]GRAPPLINGMAN実行委員会

[対戦カード/全9試合]

【第1試合】アマ修斗公式戦/フライ級 3分2R
州脇 誠一(岡山/ゼロ戦クラブ)当日計量
versus
近藤 翔太(福岡/空手道志徳会)当日計量

【第2試合】アマ修斗公式戦/ウエルター級 5分2R
嶋本 宗磨(岡山/ゼロ戦クラブ)当日計量
versus
西山 恭央(岡山/セコンドアウト)当日計量

【第3試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
村井“Q太郎”貴史(JPN/毛利道場)51.9kg
versus
大和(JPN/総合格闘技道場BURST)51.9kg

【第4試合】フライ級 5分2R[2010年度新人王決定トーナメント1回戦]
岸本 耕治(JPN/TKエスペランサ)51.9kg
versus
武井BANCO徳之(JPN/讃州四心会)51.7kg

【第5試合】フライ級 5分2R
安芸 佳孝Z(JPN/アンドレイオス)51.7kg
versus
吉田 朋彦(JPN/G-FREE)52.0kg

【第6試合】フェザー級 5分2R
仁牙 ヤスオ(JPN/讃州四心会)60.0kg
versus
赤尾 セイジ(JPN/NEX-SPORTS)59.8kg

【第7試合】バンダム級 5分2R
エスパー※潤(JPN/ゼロ戦クラブ)55.9kg
versus
西後 祐樹(JPN/総合格闘技道場コブラ会)55.7kg

セミ【第8試合】ライト級 5分2R
不死身夜 天慶(JPN/シューティングジム横浜)65.0kg
versus
太田 拓巳(JPN/PUREBRED鳥取)64.6kg

メイン【第9試合】ウエルター級 5分3R
ガイ・デルモ(USA/TEAM BLAZE脇町)70.0kg
versus
佐々木 信治(JPN/総合格闘技道場BURST)69.9kg

[当日券]12時より会場入口チケット売り場にて販売
[チケット]SRS席 10,000円/RS席 8,000円/SS席 6,000円/S席5,000円/A席 4,000円
       ※大会当日は全席種500円増し

[お問い合わせ]0868-24-8037

プロ修斗 4/4 岡山大会 計量通知

4月4日(日)岡山県岡山市/ママカリフォーラムで行われるプロフェッショナル公式戦に先立ち、出場選手の前日計量を以下の要領で行います。

※1月より新年度になっておいます。ライセンス申請をしていない選手は、必ず試合当日までに申請を済ませること。

【日時】
4月3日(土)
14:30〜15:30

【試合順/契約体重】
第3試合 フライ級/-52.0kg
村井“Q太郎”貴史(毛利道場)
大和(総合格闘技道場BURST)

第4試合 フライ級/-52.0kg
岸本耕治(TKエスペランサ)
武井BANCO徳之(讃州四心会)

第5試合 フェザー級/-60.0kg
赤澤“裏通り”誠(総合格闘技道場BURST)
大道翔貴(ゼロ戦クラブ)

第6試合 フライ級/-52.0kg
安芸佳孝Z(アンドレイオス)
吉田朋彦(G-FREE)

第7試合 フェザー級/-60.0kg
仁牙ヤスオ(讃州四心会)
赤尾セイジ(NEX−SPORTS)

第8試合 バンタム級/-56.0kg
エスパー※潤(ゼロ戦クラブ)
西後祐樹(総合格闘技道場コブラ会)

第9試合 ライト級/-65.0kg
不死身夜天慶(シューティングジム横浜)
太田拓巳(PUREBRED鳥取)

第10試合 ウエルター級/-70.0kg
ガイ・デルモ(TEAM BLAZE脇町)
佐々木信治(総合格闘技道場BURST)

【場所】
オルガビル 4階会議室「マウント」
http://www.okayama-coop.or.jp/ps/kaigishitu.htm
岡山市北区奉還町1-7-7
(岡山駅西口から北へ徒歩7分)

【諸注意】
(1)計量に遅刻、或いは出頭しない場合は失格となります。
(2)計量の結果、規定のウェイトを維持していなかった場合、指定の時間の間は何度計ってもかまいません。但しISC指定の時間を過ぎた時点で規定ウェイトに達しない場合は原則として失格となります。
(3)計量時に併せて爪、頭髪等のチェックを行います。
(4)指定の日時に出頭できない場合は3月27日までに、ISC事務局または主催者までその旨連絡して下さい。試合当日11時00分〜11時30分、試合会場内ISC控え室にて当日計量を行います。

インターナショナル修斗コミッション【事務局】
〒114-0032 東京都北区中十条3-2-8-303
Tel . 03-5924-3884
Fax . 03-5924-3885
E-Mail:shooto@river.ocn.ne.jp

ISCから矢地祐介に140日間の出場停止処分

2010年3月28日付けで以下の選手を出場停止処分(サスペンド)とします。

矢地祐介
[所属]KRAZY BEE
[階級]ライト
[理由]3月22日(月/祝)後楽園大会で、グランドにある対戦者の頭部への蹴りの反則で失格負け。
    並びに試合後の医事チェックの未受診。
[期間]140日間(2010年3月22日から2010年8月9日まで)

インターナショナル修斗コミッション
What's Shooto?
「打て」という“打”ではなく、
「投げろ」という“投”ではなく、
「極めろ」という“極”ではない。
また単に打・投・極を総合的に
闘えばいいというものでもない。
自然の流れにのった技術がとぎれなく連係し、
なめらかに回転することが修斗の姿である。
そして闘いを修めていく修斗の思想が、
競技者を人格的に正しく導く。
それこそが修斗の理念である。
礼に始まり、礼に終わる。
礼の姿勢こそ修斗の基本姿勢であり、
自然に礼を発せられることが、
修斗体得への第一歩である。
訪問者数

新人王決定戦
Competition Schedule
2011年
10月
01(土) 東京/新宿FACE
02(日) 愛知/アスナルホール
02(日) 岡山/中四国FM
10(月/祝) 大阪/西日本OP
16(日) 北海道/ZEPP SAPPORO
30(日) 高知/高知FF
30(日) 埼玉/SAITAMA FESTIVAL

11月
05(土) 東京/TDCホール
27(日) 青森

12月
18(日) 東京/新宿FACE

赤字=アマチュア大会
青字=プロ大会

※英字略号の意味は以下の通り。
FF=フリーファイト
OP=オープントーナメント
FM=フレッシュマントーナメント
SG=修斗グラップリング
DT=クラスDトーナメント
Recent Entries
記事検索
第18回全日本アマチュア修斗選手権大会協賛一覧
【特別協賛・協力】
ISAMI
KENTAI
講談社イブニング

【協賛】
パラエストラ東京
    ◆
ALIVE
INSPIRIT
市原紙源
KO SHOOTO GYM
GRAPPLE
修斗GYM東京
和菓子 菜の花
サプリメントブランド FINE LAB
ギョサン取扱量日本一 マツシタ靴店
    ◆
アカデミア・アーザ水道橋
秋本道場JUNGLE JUNCTION
AACC
激旨焼肉 うしえ者
海鮮丼屋 小田原 海舟
シルバーアクセサリー GARNI
ゴールドジム御殿場静岡店
相模洋洗
SHOOTO GYM K'z FACTORY
修斗GYMS直心会
小田原駅前 じんりき厨房
小田原蒲鉾 杉兼
誠流会館
セコンドアウト
総合格闘技道場STF
総合格闘技道場BURST
大藤宅建
TT-era SHOOTO×G-SHOCK
TKエスペランサ
TKプロモーション
八景ジム
花を贈るなら ハナマサ
パラエストラ北九州
パラエストラ札幌
パラエストラ千葉ネットワーク
パラエストラ八王子
パラエストラ八戸
PUREBRED大宮
格闘技系ファッション FOKAI
フラワーショップ 古屋花店
フルフォース・プロダクション
リカバリーウェアのVENEX
ポゴナ・クラブジム
マツウラスポーツひもの屋半兵衛
マッハ道場
小田原かまぼこ 丸う田代
学生服 ユニフォーム企画 マルク
MOBSTYLES
luz hoir
roots
    ◆
赤崎道場A-SPIRIT
アンドレイオス
鍼灸、整骨、マッサージ けやき通り治療院
剣持塗料店
ジュエリー シセロシスコ
ゼロ戦クラブ
総合格闘技ゴンズジム
総斗會三村道場
9s MMA
NASCER DO SOL
美容室 BANANA
パラエストラ愛媛
パラエストラ葛西
パラエストラ小岩
パラエストラ岐阜
パラエストラ函館
ピロクテテス新潟
ベビーマッサージ mama's hug
毛利道場
天ぷら師 諸星久美子
そば師 諸星二朗
リバーサルジム
渡辺智史

(順不同/敬称略)
  • ライブドアブログ