SHOOTO NEWS

for All Shootors & Shooto Enthusiast

2011年06月

アマ修斗 7/3 関西選手権 試合順決定

第11回関西アマチュア修斗選手権
【主催】日本修斗協会関西事務局
【協力】日本修斗協会 
【開催日時】
2011年7月3日(日)

9:30 選手集合〜受付開始
10:30〜 ルール・ミーティング
10:45 試合開始予定

【開催場所】
大阪市中央体育館・柔道場
〒552-0005 大阪市港区田中3-1-40
※地下鉄中央線「朝潮橋」 2A出口すぐ

【追加募集】下記のカテゴリーは応募者が規定数に達しなかったため中止になりました
◆ライトヘビー級(申込数1名)
 




■フライ級(-52kg)8名参加


     ┌藤本 裕紀(徳島/TEAM BLAZE)
    ┌┤16
    │└鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   ┌┤32
   ││┌木村 拓茉(大阪/パラエストラ和泉)
   │└┤17
   │ └木戸 俊彦(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
優勝─┤42
   │ ┌矢野 大地(兵庫/トリニティーサンズ)
   │┌┤18
   ││└刀根 弘幸(兵庫/パラエストラ加古川)
   └┤33
    │┌吉村 友希(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    └┤19
     └武林 晃徳(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)






■バンタム級(-56kg)/5名参加



    ┌─竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ)
   ┌┤30
   ││┌木村 雅(和歌山/G-FREE)
   │└┤20
   │ └福田 龍彌(京都/PUREBRED京都)
優勝─┤41
   │┌─内山 良太(滋賀/NEW GROUND)
   └┤31
    └─谷口 友康(大阪/Team FreeStyle)





■フェザー級(-60kg)/10名参加


     ┌─岡田 忠士(兵庫/和術慧舟會兵庫支部)
    ┌┤21
    ││┌中西 昭登(和歌山/G-FREE)
    │└┤1
    │ └古川 哲也(奈良/総合格闘技道場コブラ会)
   ┌┤34
   ││┌─前川 大輔(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   │└┤2
   │ └─有本 侑紀(兵庫/KING GYM)
優勝─┤43
   │ ┌─竹中 大地(大阪/パラエストラ和泉)
   │┌┤3
   ││└─澤田 人輔(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   └┤35
    │ ┌石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ)
    │┌┤4
    ││└豊村 歩己(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    └┤22
     └─別所 竜弥(徳島/アンドレイオス)







■ライト級(-65kg)/15名参加

     ┌─都築 博之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ)
    ┌┤27
    ││┌伊東 誠(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    │└┤13
    │ └小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)
   ┌┤39
   ││ ┌欅田 力(兵庫/トリニティーサンズ)
   ││┌┤14
   │││└服部 堅太(兵庫/修斗GYM神戸)
   │└┤28
   │ │┌村本 真一(兵庫/総合格闘技道場コブラ会)
   │ └┤15
   │  └木村 俊介(大阪/シューティングジム大阪)
優勝─┤45
   │  ┌前田 貴史(大阪/シューティングジム大阪)
   │ ┌┤9
   │ │└平山 雄太(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   │┌┤25
   │││┌渡邊 正之(大阪/LIL STAR)
   ││└┤10
   ││ └岩田 浩明(兵庫/修斗GYM神戸)
   └┤38
    │ ┌金海 裕輝(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    │┌┤11
    ││└西田 綾(兵庫/パラエストラ加古川)
    └┤26
     │┌松森 拓哉(大阪/和術慧舟會兵庫支部)
     └┤12
      └田中 淳(兵庫/KING GYM)






■ウエルター級(-70kg)/10名参加


     ┌─田中 宏幸(兵庫/修斗ジム神戸)
    ┌┤23
    ││┌泉 彰浩(大阪/MMA/修斗ジム BLOWS)
    │└┤5
    │ └尾山 諒(大阪/和術慧舟會兵庫支部)
   ┌┤36
   ││┌─渚 茂雄(香川/TEAM BLAZE香川)
   │└┤6
   │ └─西山 恭央(岡山/セコンドアウト)
優勝─┤44
   │ ┌─榊 真嗣(東京/KRAZY BEE)
   │┌┤7
   ││└─濱田 晋也(和歌山/G-FREE)
   └┤37
    │ ┌宋 野(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    │┌┤8
    ││└田原 樹也(鳥取/PUREBRED鳥取)
    └┤24
     └─小西 謙太(兵庫/KING GYM)





■ミドル級(-76kg)/3名参加


   ┌─南 一成(京都/K-MASL)
優勝─┤40
   │┌村松 駿(兵庫/MMA/修斗ジム BLOWS)
   └┤29
    └齊藤 司(大阪/総合格闘技道場コブラ会)

アマ修斗 7/31 第10回関東アマチュア修斗選手権大会 募集開始

アマ修斗 7/31 第10回関東アマチュア修斗選手権大会 募集開始

【主催】日本修斗協会 関東事務局
【協力】日本修斗協会
【開催日時】2011年7月31日(日)

9:30 選手集合〜受付及び各種チェック開始
10:30〜 開会式 ルール・ミーティング
10:45 試合開始予定

【開催場所】
富士見市立市民総合体育館・柔道場
埼玉県富士見市大字鶴馬1887-1
http://www.city.fujimi.saitama.jp/30shisetsu/03sports/sports/2010-0524-1506-142.html
【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールの則った、男女別/階級別のトーナメント

※1.出場選手のダメージなどの健康面を考え各階級16名までの人数制限が設けられる。
応募枠16名の内半数に関しては開催地区(下記分類表参照)に居住の選手を優先とし、
公式戦績順に8名を選出。残りの8名に関しては居住地に関係なく全ての選手から公式戦績順に選出される。
※2.参加申し込み多数の場合は、アマチュア公式戦績を参考に選考を行う場合があります。
この際、記入漏れがある(フリガナを含む)、写真を貼っていない、
出場費を同封していないなど申込みに不備のある選手は、戦績が優れていても落選となる場合があります。

[地区ブロック]
北海道選手権=北海道
東北選手権=青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東選手権=茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県
東海選手権=愛知県、岐阜県、三重県
北信越選手権=福井県、石川県、富山県、長野県、新潟県
関西選手権=大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国選手権=鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国選手権=徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州選手権=福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県,沖縄県

【出場資格】18歳以上の感染症のない健康優良な男性および女性で、スポーツ保険に加入している選手。

※1.男女問わず。また20歳未満の方は保護者のサインが必要です。
※2.参加者にはスポーツ保険の加入を義務づけます。各個人の加入に関してはあくまでも参加者本人の責務とします。
大会中の負傷に対しては大会ドクターが応急処置を行いますが、その後の治療に関しては各個人のスポーツ保険にて対応いただくものとします。
※3.以下のような症状および経験がある方の試合出場は受け付けません。
また直前のドクター・チェックで異常が認められた方は、出場できません。
(参加費は返却されます。)予めご了承下さい。
1)過去3ヶ月以内に試合または練習でKOや強いダウンをしている方
2)脳出血
3)HIV、B型およびC型肝炎
4)網膜剥離
5)試合出場に充分な視力がない
6)医師に激しい運動を止められているような既往症がある
※4.女子選手に関しては過去3ヶ月以内に下記のような症状があった場合、出場は認められません。
7)妊娠
8)骨盤部の痛み不快感
9)子宮内膜症
10)異常膣出血
11)最近の無月経
12)最近の乳房出血および機能不全
※5.出場あたっては、協会へ選手登録を行う必要があります。(別項参照)

【参加費】
オフィシャルジム在籍選手 5,000円
オフィシャルチーム&サークル在籍選手 6,000円
日本修斗協会加盟クラブ以外に在籍する選手 7,000円
女子選手(一律) 3,000円

【募集階級/12階級】
ミニマム級(44kg以下)
ストロー級(48kg以下)
フライ級(52kg以下)
バンタム級(56kg以下)
フェザー級(60kg以下)
ライト級(65kg以下)
ウェルター級(70kg以下)
ミドル級(76kg以下)
ライトヘビー級(83kg以下)
クルーザー級(91kg以下)
ヘビー級(100kg以下)
スーパーヘビー級(100kg以上)

【締め切り】
2011年7月19日(火)必着

【応募方法】
参加申込書PDF版JPEG版医事チェック表PDF版JPEG版に必要事項(ふりがなを含む) すべて記入、押印、写真貼付し、参加費を同封の上、現金書留にてPURERBED大宮内日本修斗協会関東事務局までお申込み下さい。

【アマチュア選手登録について】
1)アマチュア選手登録制度は毎年9月31日までで満了となります。
以前登録手続きを行っていた方でも、2010年10月1日以降に更新手続きをする必要があります。
但し全日本大会後の公式大会で登録された方は今年度は登録となります
今回の出場と同時に選手登録手続きされる方は、当日会場にて受け付けます。
登録費(新 規3000円、更新2000円)と写真1枚をご持参下さい。郵送による事前の登録も可能です。
2)女子選手は、初期登録費1000円のみで選手登録可能です。更新の場合の年間登録料は必要ありません。
3)入れ墨を入れている選手は、HIV、B型およびC型肝炎の血液検査報告書提出を提出いただきます。
過去に血液検査を提出している方も、更新には再検査の必要があります。
いずれかに陽性反応があった場合、出場はご辞退いただきます。

【注意事項】
1)怪我などで欠場となる場合は、主催者まですみやかに連絡して下さい。
また試合前日までに医師の診断書を提出していただきます。診断書の未提出や連絡なしの欠場は、以後のアマおよびプロ修斗大会への出場が制限されます。
2)本大会に関するあらゆる著作権、肖像権、およびそれらに付帯する権利は、すべて主催者に帰属することになります。
3)いかなる理由があっても一度提出した書類、出場費は一切返却しません。

【特記事項】
出場選手は白色のビニールテープを持参してください。
今回からグローブのエッジ及びマジックテープ部分を止めるのに使用します。

【お問い合わせ&申込み先】

PURERBED大宮内日本修斗協会関東事務局
〒337-0001
埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎2919-1

TEL 048-686-3328

日本修斗協会人事 池田久雄、渡辺喜彦、中蔵隆志、上野九平が理事に就任

2011年6月30日付けで、以下の4名が日本修斗協会理事に就任した。

池田 久雄(PUREBRED大宮)
渡辺 喜彦(八景ジム)
中蔵 隆志(MMA/修斗ジムBLOWS)
上野 九平(9's MMA)

                                    以上

                                    日本修斗協会

日本修斗協会内に、調停制度の制定および調停窓口の創設

日本修斗協会内に、調停制度および調停窓口を創設いたしました。

選手、プロモーター等各関係者からの、修斗に関しての質問等は調停窓口で一括して受け付けます。

なお、当面の調停窓口は下記の通りといたします。

PUREBRED大宮 池田久雄
埼玉県さいたま市見沼区2919-1
TEL 048(686)3328
E-MAIL purebred@air.ocn.ne.jp

                                                          以上


                                                      日本修斗協会

修斗の名称の使用について

修斗の名称を使用して声明・リリースを発表したり、記者会見を開いたりするなど、修斗の名称を使用し公に発表する諸々の活動を行う際には、如何なる場合も必ず事前に日本修斗協会の承認を得なければならない。

日本修斗協会に無断で修斗の名称を使用する事は禁ずる。

                                                           以上

                                                      日本修斗協会

この度、大内敬(パラエストラ小岩代表)は、日本修斗協会会長桜田直樹及び日本修斗協会理事の承認を得ずに、当修斗ニュースにおいて、2011.06.21付けで「お詫びと訂正」なる事実と異なる一文を独断で発表し混乱を招いた。

当協会の名誉と信用を著しく毀損した大内敬を、日本修斗協会は本日付けで除名処分とする。

                                                             以上

日本修斗協会副会長 朝日 昇(東京イエローマンズ)
渡辺 喜彦(八景ジム)
池田 久雄(PUREBRED大宮)
野中 公人(PUREBRED大宮)
秋本 じん(秋本道場jungle junction)
梅村 寛(NEX)
坪井 淳浩(グラップリングシュートボクサーズ)
木部 亮(スプラッシュ)
佐川 宏海(新潟イエローマンズ)
三村 光輝(総斗會 三村道場)
中蔵 隆志(MMA/修斗ジムBLOWS)
外薗 晶敏(MMA/修斗ジムBLOWS)
岡嵜 康悦(中之島MMAアカデミー)
中尾 受太郎(フリー)
島川 伸之(PUREBRED京都)
上野 九平(9’s MMA)

日本修斗協会人事 朝日昇が副会長に就任

平成23年6月17日付けで、朝日昇(東京イエローマンズ)が日本修斗協会副会長に就任した。

                                                       以上

                                                  日本修斗協会

アマ修斗 6/26 九州選手権 対戦カード&試合順決定

第5回九州アマチュア修斗選手権
【主催】日本修斗協会九州事務局(9's MMA内)
【協力】日本修斗協会 

【開催日時】2011年6月26日(日)
9:10〜 受付開始
10:30〜 ルール・ミーティング
10:45〜 試合開始予定

【会場】佐賀県鳥栖市/鳥栖市民体育館多目的ホール 柔道場

【備考】ミドル級は同じブロックに同門が2名入っていたので組合せ変更。
    ライトヘビー級は申込み1名のため試合不成立。


■フライ級/4名参加 

    ┌─ 藤井 信行(広島/総合格闘技道場BURST)
   ┌┤22
   │└─ 藤川 翼(福岡/PUREBRED福岡)
優勝─┤34
   │┌─ 赤松 大助(広島/総合格闘技道場BURST)
   └┤23
    └─ 吉竹 哲也(福岡/9's MMA)


■バンタム級/7名参加

    ┌─ 建部 誠二(福岡/PUREBRED福岡)
   ┌┤24
   ││┌ 金城 安勉(福岡/無所属)
   │└┤4
   │ └ 奥畑 圭一(福岡/TEAMバナナ)
優勝─┤35 
   │ ┌ 宮澤 隆昭(大分/チーム・レッグロック)
   │┌┤5
   ││└ 椙山 信平(福岡/総合格闘技道場STEAM)
   └┤25
    │┌ 宮之脇 由晃(福岡/Personal Styles)
    └┤6
     └ 家永 健佑(福岡/9's MMA)


■フェザー級/11名参加

     ┌─ 濱田 潤(愛媛/パラエストラ愛媛)
    ┌┤18
    ││┌ 松田 崇志(福岡/9's MMA)
    │└┤1
    │ └ 田中 太道(福岡/パラエストラ北九州)
   ┌┤32
   ││ ┌ 中島 友二(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)
   ││┌┤2
   │││└ 森田 太陽(大分/MMA IKUSU)
   │└┤19
   │ └─ 堀米 克弥(山口/毛利道場)  
優勝─┤39
   │ ┌─ 山口 翔(福岡/TEAMバナナ)
   │┌┤20
   ││└─ 原賀 剛(福岡/パラエストラ北九州)
   └┤33
    │ ┌ 木下 誉也(福岡/パラエストラ北九州)
    │┌┤3
    └┤└ 山田 雄也(福岡/若松SECURITY TEAM)
     │21
     └─ 秋山 翼(山口/毛利道場)


■ライト級/8名参加

     ┌ 渡辺 紘司(福岡/緒方道場)
    ┌┤7
    │└ 吉田 順一(宮崎/総合格闘技近田道場)
   ┌┤26
   ││┌ 上野 駿作(愛媛/パラエストラ愛媛)
   │└┤8
   │ └ 結城 圭太(福岡/9's MMA)
優勝─┤36
   │ ┌ 森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)
   │┌┤9
   ││└ 浦上 洋平(大分/チーム・レッグロック)
   └┤27
    │┌ 橋本 力翔(福岡/チーム オルタナティブ)
    └┤10
     └ 結城 大樹(福岡/9's MMA)


■ウェルター級/8名参加

     ┌ 鳥谷 彰(福岡/博多鉄拳兄弟)
    ┌┤11
    │└ 古賀 祐也(佐賀/9's MMA)
   ┌┤28
   ││┌ 占部 大河(福岡/Personal Styles)
   │└┤12
   │ └ 川口 雄太朗(広島/総合格闘技道場BURST)
優勝─┤37
   │ ┌ 宮崎 清孝(山口/有永道場)
   │┌┤13
   ││└ 久保 慶周(熊本/和術慧舟會セイゴ道場)
   └┤29
    │┌ 古別府 拓弥(福岡/総合格闘技道場STEAM)
    └┤14
     └ 石掛 友喜(福岡/博多鉄拳兄弟)



■ミドル級/7名参加

    ┌─ 松本 雄城(熊本/無所属)
   ┌┤30
   ││┌ 吉川 真治(福岡/TEAMバナナ)
   │└┤15
   │ └ 有川 大介(鹿児島/トラスト柔術アカデミー)
優勝─┤38   
   │ ┌ 阿部 藤太(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)
   │┌┤16
   ││└ 尾仲 恭実(福岡/無所属)
   └┤31
    │┌ 小林 巧(千葉/パラエストラ小岩)
    └┤17
     └ 田中 大作(福岡/TEAMバナナ)

アマ修斗 7/3 関西選手権 追加募集

第11回関西アマチュア修斗選手権大会 追加募集

【主催】日本修斗協会 関西事務局
【日時】2011年7月3日(日)
【会場】大阪市立体育館・柔道場
【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールに則った、男女別/階級別のトーナメント

【追加募集】下記のカテゴリーに関して追加募集を実施します。
出場希望者はまず電話にてご連絡下さい。その後、所定の用紙を使用し、
参加費と共に6月27日(月/必着)までに申し込んで下さい。


ライトヘビー級


[お問い合わせ]
MMA/修斗ジム BLOWS
大阪市中央区日本橋1-2-6
日本橋河辺ビル6階
06-6212-0900

アマ修斗 7/3 関西選手権 一部組み合わせ決定 (6/24更新)

第11回関西アマチュア修斗選手権
【主催】日本修斗協会関西事務局
【協力】日本修斗協会 
【開催日時】
2011年7月3日(日)

9:30 選手集合〜受付開始
10:30〜 ルール・ミーティング
10:45 試合開始予定

【開催場所】
大阪市中央体育館・柔道場
〒552-0005 大阪市港区田中3-1-40
※地下鉄中央線「朝潮橋」 2A出口すぐ

【追加募集】下記のカテゴリーに関して追加募集を実施します。
出場希望者はまず電話にてご連絡下さい。その後、所定の用紙を使用し、
参加費と共に6月27日(月/必着)までに申し込んで下さい。
◆ライトヘビー級(現在1名)
お問合わせ先:MMA/修斗ジム BLOWS 06-6212-0900


■フライ級(-52kg)8名参加

     ┌藤本 裕紀(徳島/TEAM BLAZE)
    ┌┤
    │└鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   ┌┤
   ││┌木村 拓茉(大阪/パラエストラ和泉)
   │└┤
   │ └木戸 俊彦(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
優勝─┤
   │ ┌矢野 大地(兵庫/トリニティーサンズ)
   │┌┤
   ││└刀根 弘幸(兵庫/パラエストラ加古川)
   └┤
    │┌吉村 友希(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    └┤
     └武林 晃徳(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)


■バンタム級(-56kg)/5名参加

    ┌─竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ)
   ┌┤
   ││┌木村 雅(和歌山/G-FREE)
   │└┤
   │ └福田 龍彌(京都/PUREBRED京都)
優勝─┤
   │┌─内山 良太(滋賀/NEW GROUND)
   └┤
    └─谷口 友康(大阪/Team FreeStyle)


■フェザー級(-60kg)/10名参加

     ┌─岡田 忠士(兵庫/和術慧舟會兵庫支部)
    ┌┤
    ││┌中西 昭登(和歌山/G-FREE)
    │└┤
    │ └古川 哲也(奈良/総合格闘技道場コブラ会)
   ┌┤
   ││┌─前川 大輔(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   │└┤
   │ └─有本 侑紀(兵庫/KING GYM)
優勝─┤
   │ ┌─竹中 大地(大阪/パラエストラ和泉)
   │┌┤
   ││└─澤田 人輔(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   └┤
    │ ┌石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ)
    │┌┤
    ││└豊村 歩己(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    └┤
     └─別所 竜弥(徳島/アンドレイオス)


■ライト級(-65kg)/15名参加

     ┌─都築 博之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ)
    ┌┤
    ││┌伊東 誠(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    │└┤
    │ └小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)
   ┌┤
   ││ ┌欅田 力(兵庫/トリニティーサンズ)
   ││┌┤
   │││└服部 堅太(兵庫/修斗GYM神戸)
   │└┤
   │ │┌村本 真一(兵庫/総合格闘技道場コブラ会)
   │ └┤
   │  └木村 俊介(大阪/シューティングジム大阪)
優勝─┤
   │  ┌前田 貴史(大阪/シューティングジム大阪)
   │ ┌┤
   │ │└平山 雄太(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   │┌┤
   │││┌渡邊 正之(大阪/LIL STAR)
   ││└┤
   ││ └岩田 浩明(兵庫/修斗GYM神戸)
   └┤
    │ ┌金海 裕輝(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    │┌┤
    ││└西田 綾(兵庫/パラエストラ加古川)
    └┤
     │┌松森 拓哉(大阪/和術慧舟會兵庫支部)
     └┤
      └田中 淳(兵庫/KING GYM)


■ウエルター級(-70kg)/10名参加

     ┌─田中 宏幸(兵庫/修斗ジム神戸)
    ┌┤
    ││┌泉 彰浩(大阪/MMA/修斗ジム BLOWS)
    │└┤
    │ └尾山 諒(大阪/和術慧舟會兵庫支部)
   ┌┤
   ││┌─渚 茂雄(香川/TEAM BLAZE香川)
   │└┤
   │ └─西山 恭央(岡山/セコンドアウト)
優勝─┤
   │ ┌─榊 真嗣(東京/KRAZY BEE)
   │┌┤
   ││└─濱田 晋也(和歌山/G-FREE)
   └┤
    │ ┌宋 野(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    │┌┤
    ││└田原 樹也(鳥取/PUREBRED鳥取)
    └┤
     └─小西 謙太(兵庫/KING GYM)


■ミドル級(-76kg)/3名参加

   ┌─南 一成(京都/K-MASL)
優勝─┤
   │┌村松 駿(兵庫/MMA/修斗ジム BLOWS)
   └┤
    └齊藤 司(大阪/総合格闘技道場コブラ会)

アマ修斗 7/24 中国選手権 募集中

第4回中国アマチュア修斗選手権大会
【主催】日本修斗協会 中四国事務局
【協力】日本修斗協会
【開催日時】2011年7月24日(日)
9:30 選手集合〜受付開始 10:15〜 ルール・ミーティング 10:30 試合開始予定
【開催場所】 広島県廿日市市/廿日市市スポーツセンター サンチェリー
所在地=広島県廿日市市串戸六丁目1番1号
交通アクセス=JR山陽本線「宮内串戸」下車徒歩約10分 山陽自動車道廿日市I.Cから約2分

【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールに則った、男女別/階級別のトーナメント
【参加費】オフィシャルジム在籍選手 5,000円
オフィシャルチーム&サークル在籍選手 6,000円
日本修斗協会加盟クラブ以外に在籍する選手 7,000円
女子選手(一律) 3,000円

【締め切り】2011年7月8日(金)必着

6/26 ジュニア修斗東日本選手権 対戦カード決定

[大会名]第1回ジュニア修斗東日本選手権
[開催日時]2011年6月26日(日)10:30 試合開始予定
[会場]埼玉県さいたま市/総合格闘技道場STF浦和
[主催]総合格闘技道場STF&日本修斗協会
[お問い合わせ]049-253-7358

■修斗/キッズ2/20.0kg以下級/5名
    ┌─渡辺 大虎(群馬/総合格闘技道場武門會)
   ┌┤
   ││┌千吉良 苺音(群馬/総合格闘技道場武門會)
   │└┤
優勝─┤ └池田 琴歌(群馬/総合格闘技道場武門會)
   │
   │┌─對比地 雄大(群馬/総合格闘技道場武門會)
   └┤
    └─井上 桃愛(群馬/総合格闘技道場武門會)

■修斗/キッズ2/24.0kg以下級/3名
   ┌──芝田 夏希(埼玉/総合格闘技道場STF)
優勝─┤
   │┌─富岡 楓佑凱(群馬/総合格闘技道場武門會)
   └┤
    └─五木田 琉(神奈川/GOKITA GYM)

■修斗グラップリング-ネイキッド/キッズ2/24.0kg以下級/2名
   ┌──後藤 迅秀(パラエストラ千葉)
優勝─┤
   └──坪井 玲(パラエストラ東京)

■修斗/キッズ3/28.0kg以下級/7名
    ┌─ 渡辺 龍大(群馬/総合格闘技道場武門會)
   ┌┤
   ││┌ 井上 優河(群馬/総合格闘技道場武門會)
   │└┤
   │ └ 鈴木 大和(栃木/総合格闘技道場武門會栃木)
優勝─┤ 
   │ ┌ 宇野 慶太朗(群馬/総合格闘技道場武門會)
   │┌┤
   ││└ 池田 昂明(群馬/総合格闘技道場武門會)
   └┤
    │┌ 清水 逸平(群馬/総合格闘技道場武門會)
    └┤
     └ 森田 魁人(埼玉/ポゴナ・クラブジム)

■修斗/キッズ4/28.0kg以下級/3名
   ┌──柿沼 璃音(群馬/総合格闘技道場武門會)
優勝─┤
   │┌─芝田 光希(埼玉/総合格闘技道場STF)
   └┤
    └─松本 隼(栃木/総合格闘技道場武門會栃木)

■修斗/キッズ4/32.0kg以下級/9名
     ┌─奥村 健太郎(埼玉/総合格闘技道場STF)
    ┌┤
    ││┌門脇 武蔵(埼玉/総合格闘技道場STF浦和)
    │└┤
    │ └栗原 大輔(群馬/総合格闘技道場武門會)
   ┌┤
   ││┌─新木 龍吾(群馬/総合格闘技道場武門會)
   │└┤
   │ └─山崎 彪晴(栃木/総合格闘技道場武門會栃木)
優勝─┤
   │ ┌─蘆名 篤(神奈川/roots)
   │┌┤ 
   ││└─土屋 百詩(栃木/総合格闘技道場武門會栃)
   └┤
    │┌─山田 楓雅(栃木/総合格闘技道場武門會栃木)
    └┤
     └─橋本 薫汰(埼玉/総合格闘技道場STF浦和)

■修斗/キッズ4/40.0kg以下級/6名
    ┌─石原 嵩斗(埼玉/総合格闘技道場STF)
   ┌┤
   ││┌大谷 翔也(群馬/総合格闘技道場武門會)
   │└┤
   │ └須長 駿太(栃木/総合格闘技道場武門會栃木)
優勝─┤
   │ ┌細田 流楓(埼玉/総合格闘技道場STF)
   │┌┤
   ││└吉田 黎斗(群馬/総合格闘技道場武門會)
   └┤
    └─土屋 惣詩(栃木/総合格闘技道場武門會栃木)

■修斗グラップリング-ネイキッド/キッズ4/48.0kg以下級/4名
    ┌─ 秋濱 陸斗(埼玉/総合格闘技道場STF)
   ┌┤
   │└─ 足立 健翔(神奈川/roots)
優勝─┤
   │┌─ 水野 怜(神奈川/roots)
   └┤
    └─ 貫井 彰人(群馬/総合格闘技道場武門會)

■修斗/カデット1/40.0kg以下級/2名
   ┌──原 虎徹(埼玉/ポゴナ・クラブジム)
優勝─┤
   └──東 怜児(東京/マッハ道場)

■修斗/カデット1/48.0kg以下級/3名
   ┌──上田 直毅(東京/パラエストラ東京)
優勝─┤
   │┌─室伏 泰我(神奈川/roots)
   └┤
    └─宇野 猛斗(群馬/総合格闘技道場武門會)

■修斗グラップリング-ネイキッド/カデット1/56.0kg以下級/2名
   ┌──狩野 優(埼玉/総合格闘技道場STF)
優勝─┤
   │┌─川崎 千尋(神奈川/roots)
   └┤
    └─堀内 佑馬(東京/TANG TANG FIGHTCLUB)

お詫びと訂正

 昨日、2011年6月12日に執り行われました日本修斗協会の会議での決定事項を
発表しましたが、以下の2つの事項について、そのような決議は行われており
ませんでした。この場をもって訂正いたします。

ー、日本修斗協会前理事の若林太郎氏を除名処分とする。

ー、日本修斗協会、各人事に関しては桜田直樹新会長主導の下、
近日中に決定し発表する。

事実と異なる発表をしてしまい、関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたこと
を、謹んでお詫び申し上げます。

                               日本修斗協会

アマ修斗 6/19 東海選手権 公式結果

■第1回東海アマチュア選手権大会
【主催】日本修斗協会 東海事務局
【協力】日本修斗協会
【日時】2011年6月19日(日)
【会場】愛知県武道館 柔道場


■フライ級/6名参加

優勝  多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
準優勝 小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)
3位  鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    脇山 直明(大阪/相補体術)


    ┌─脇山 直明(大阪/相補体術)
   ┏┓ 0'15" 2ノックダウン
   ┃┃┏多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
   ┃┗┛1'25" チョークスリーパー 
   ┃ └木戸 俊彦(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
優勝━┛ 1'48" 2ノックダウン
   │ ┌姫野 雅志(京都/PUREBRED京都)
   │ ┓3'45" 膝十字 
   ││┗鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   └┓ 20-23
    ┗━小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)

■バンタム級/6名参加

優勝  武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
3位  竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
    桐生 良昭(神奈川/roots)


    ┏━荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
   ┌┛ 20-13
   ││┌陌間 駿(神奈川/roots)
   │└┓3'18" 腕十字
   │ ┗竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
優勝━┓ 40-47
   ┃ ┏桐生 良昭(神奈川/roots)
   ┃┌┛20-19
   ┃│└林 智行(大阪/直心会格闘技道場TK68)
   ┗┓ 3'40" チョークスリーパー
    ┗━武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)

■フェザー級/13名参加

優勝  荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 橋本 優大(神奈川/roots)
3位  石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
    松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)


     ┌─鳥越 顕(東京/和術慧舟會A-3)
    ┌┓ 不戦
    │┃┏石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
    │┗┛20-20 旗2-1
    │ └寺嶋 孝祐(東京/和術慧舟會TLIVE)
   ┌┓ 20-21
   │┃ ┏橋本 優大(神奈川/roots)
   │┃┏┛23-21
   │┃┃└内山 良太(滋賀/NEW GROUND)
   │┗┛ 3'30" 腕十字
   │ │┌祖根 寿麻(愛知/志村道場)
   │ └┓3'30" 膝十字
   │  ┗上田 貴央(千葉/パラエストラ葛西)
優勝━┓ 1R 2'16" ネックロック
   ┃ ┏━荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
   ┃┏┛ 2'17" ネックロック
   ┃┃│┌小田切 勇(東京/和術慧舟會TLIVE)
   ┃┃└┓18-21
   ┃┃ ┗荒尾 友晴(愛知/ALIVE)
   ┗┛ 3'15" ネックロック
    │ ┏杉山 晋哉(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)
    │┌┛23-21
    ││└岩井 晃久(岐阜/チームバルボーザジャパン)
    └┓ 2'04" 腕十字
     ┗━松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)

■ライト級/16名参加

優勝  中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
準優勝 盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
3位  橋本 健司(愛知/ALIVE)
    眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)


      ┏和田 教良(京都/PUREBRED京都)
     ┌┛3'14" セコンドのタオル投入
     │└加藤 健二(静岡/K.O. SHOOTO GYM)
    ┌┓ 22-24
    │┃┌岩田 浩明(兵庫/修斗GYM神戸)
    │┗┓2'40" 三角絞め
    │ ┗橋本 健司(愛知/ALIVE)
   ┏┓ 18-20
   ┃┃ ┏林崎 俊介(北海道/ノースキングジム)
   ┃┃┌┛20-19
   ┃┃│└緒方 史朗(東京/パラエストラ松戸)
   ┃┗┓ 17-20
   ┃ ┃┌石田 勝也(岐阜/NEX-SPORTS)
   ┃ ┗┓17-20
   ┃  ┗中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
優勝━┛ 39-37
   │  ┏盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
   │ ┏┛3'50" チョークスリーパー
   │ ┃└西 勇樹(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
   │┏┛ 28-20
   │┃│┏小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)
   │┃└┛1'40" フロントチョークスリーパー
   │┃ └栗畑 勇佑(愛知/ナゴヤファイトクラブ)
   └┛ 22-20
    │ ┏三木 隆正(大阪/相補体術)
    │┌┛20-15
    ││└石原 義士(愛知/チームバルボーザジャパン)
    └┓ 20-22
     ┃┏眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)
     ┗┛20-18
      └小笠原 均(静岡/K.O. SHOOTO GYM)

■ウェルター級/9名参加

優勝  土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
準優勝 坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
3位  田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
    鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)


     ┏━田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
    ┌┛ 24-18
    ││┌久保村 嘉輝(長野/コンドル)
    │└┓19-30
    │ ┗須藤 大(神奈川/roots)
   ┏┓ 1'51" スリーパーホールド
   ┃┃┏━土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
   ┃┗┛ 3'40" 腕十字
   ┃ └─狩俣 元昭(東京/パラエストラ松戸)
優勝━┛ 2R 2'38" チョークスリーパー
   │ ┌─野田 明彦(岐阜/NEX-SPORTS)
   │┏┓ 18-20
   │┃┗━坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
   └┛ 2'16" KO
    │┏━鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)
    └┛ 0'46" バックチョーク
     └─橋本 祐介(静岡/SUBMIT御殿場)

■ミドル級/3名参加

優勝  山川 唯(滋賀/NEW GROUND)
準優勝 河村 嘉展(愛知/NEX-SPORTS)


   ┌─河村 嘉展(愛知/NEX-SPORTS)
優勝━┓ 1'56" 膝十字
   ┃┌浦山 英典(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
   ┗┓1'44" 三角絞め
    ┗山川 唯(滋賀/NEW GROUND)

【第1試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
○和田 教良(京都/PUREBRED京都)
TKO 1R 3'14"
×加藤 健二(静岡/K.O. SHOOTO GYM)
※セコンドのタオル投入

【第2試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
×岩田 浩明(兵庫/修斗GYM神戸)
S 2'40"
○橋本 健司(愛知/ALIVE)
※三角絞め

【第3試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
○林崎 俊介(北海道/ノースキングジム)
20-19
×緒方 史朗(東京/パラエストラ松戸)
※[打]加藤昌良9-10 / 北川純 10-9[組]1-0

【第4試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
×石田 勝也(岐阜/NEX-SPORTS)
17-20
○中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
※[打]加藤昌良9-10 / 北川純 8-10[組]0-0

【第5試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
○盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
S 3'50"
×西 勇樹(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
※チョークスリーパー

【第6試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
○小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)
S  1'40" 
×栗畑 勇佑(愛知/ナゴヤファイトクラブ)
※フロントチョークスリーパー

【第7試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
○三木 隆正(大阪/相補体術)
20-15
×石原 義士(愛知/チームバルボーザジャパン)
※[打]新美吉太郎10-8 / 北川純 10-7[組]0-0

【第8試合】ライト級 1回戦 4分1ラウンド
○眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)
20-18
×小笠原 均(静岡/K.O. SHOOTO GYM)
※[打]新美吉太郎10-9 / 北川純 10-9[組]0-0

【第9試合】フェザー級 1回戦 4分1ラウンド
○石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
旗判定 2-1(判定 20-20)
×寺嶋 孝祐(東京/和術慧舟會TLIVE)
※[旗判定]福岡諭:寺嶋 / 新美吉太郎:石田 / 北川純:石田
※※[打]新美吉太郎10-10 / 北川純 10-10[組]0-0

【第10試合】フェザー級 1回戦 4分1ラウンド
○橋本 優大(神奈川/roots)
23-21
×内山 良太(滋賀/NEW GROUND)
※[打]新美吉太郎10-9 / 北川純 10-9[組]3-3

【第11試合】フェザー級 1回戦 4分1ラウンド
×祖根 寿麻(愛知/志村道場)
S 3'30"
○上田 貴央(千葉/パラエストラ葛西)
※膝十字固め

【第12試合】フェザー級 1回戦 4分1ラウンド
×小田切 勇(東京/和術慧舟會TLIVE)
18-21
○荒尾 友晴(愛知/ALIVE)
※[打]加藤昌良9-10 / 梶田高裕 9-10[組]0-1

【第13試合】フェザー級 1回戦 4分1ラウンド
○杉山 晋哉(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)
23-21
×岩井 晃久(岐阜/チームバルボーザジャパン)
※[打]加藤昌良10-10 / 梶田高裕 10-10[組]3-1

【第14試合】ウェルター級 1回戦 4分1ラウンド
×久保村 嘉輝(長野/コンドル)
19-30
○須藤 大(神奈川/roots)
※[打]加藤昌良9-10 / 梶田高裕 10-10[組]1-10
※※グローブを掴む反則で久保村選手に減点1

【第15試合】フライ級 1回戦 4分1ラウンド
○多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
S 1'25" 
×木戸 俊彦(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
※チョークスリーパー

【第16試合】フライ級 1回戦 4分1ラウンド
×姫野 雅志(京都/PUREBRED京都)
S 3'45" 
○鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
※膝十字固め

【第17試合】バンタム級 1回戦 4分1ラウンド
×陌間 駿(神奈川/roots)
S 3'18"
○竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
※腕ひしぎ十字固め

【第18試合】バンタム級 1回戦 4分1ラウンド
○桐生 良昭(神奈川/roots)
20-19
×林 智行(大阪/直心会格闘技道場TK68)
※[打]新美吉太郎10-8 / 梶田高裕 10-8[組]0-3

【第19試合】ウェルター級 2回戦 4分1ラウンド
○田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
24-18
×須藤 大(神奈川/roots)
※[打]新美吉太郎10-9 / 梶田高裕 10-8[組]4-1

【第20試合】ウェルター級 2回戦 4分1ラウンド
○土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
S 3'40"
×狩俣 元昭(東京/パラエストラ松戸)
※腕ひしぎ十字固め

【第21試合】ウェルター級 2回戦 4分1ラウンド
×野田 明彦(岐阜/NEX-SPORTS)
18-20
○坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
※[打]新美吉太郎9-10 / 北川純 9-10[組]0-0

【第22試合】ウェルター級 2回戦 4分1ラウンド
○鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)
TS 0'46"
×橋本 祐介(静岡/SUBMIT御殿場)
※バックチョーク

【第23試合】フェザー級 2回戦 4分1ラウンド
×鳥越 顕(東京/和術慧舟會A-3)
不戦勝
○石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
※鳥越選手の欠場の為

【第24試合】フェザー級 2回戦 4分1ラウンド
○橋本 優大(神奈川/roots)
S 3'30" 
×上田 貴央(千葉/パラエストラ葛西)
※腕ひしぎ十字固め

【第25試合】フェザー級 2回戦 4分1ラウンド
○荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
S 2'17"
×荒尾 友晴(愛知/ALIVE)
※ネックロック

【第26試合】フェザー級 2回戦 4分1ラウンド
×杉山 晋哉(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)
S 2'04"
○松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)
※腕ひしぎ十字固め

【第27試合】ライト級 2回戦 4分1ラウンド
×和田 教良(京都/PUREBRED京都)
22-24
○橋本 健司(愛知/ALIVE)
※[打]加藤昌良10-9 / 北川純 10-9[組]2-6

【第28試合】ライト級 2回戦 4分1ラウンド
×林崎 俊介(北海道/ノースキングジム)
17-20
○中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
※[打]加藤昌良8-10 / 北川純 9-10[組]0-2
※※グラウンドでの膝蹴りで中澤選手に減点2

【第29試合】ライト級 2回戦 4分1ラウンド
○盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
28-20
×小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)
※[打]加藤昌良9-10 / 北川純 10-10[組]9-0

【第30試合】ライト級 2回戦 4分1ラウンド
×三木 隆正(大阪/相補体術)
20-22
○眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)
※[打]加藤昌良10-10 / 北川純 10-9[組]0-3

【第31試合】ミドル級 準決勝 4分1ラウンド
×浦山 英典(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
S 1'44"
○山川 唯(滋賀/NEW GROUND)
※三角絞め

【第32試合】フライ級 準決勝 4分1ラウンド
×脇山 直明(大阪/相補体術)
TKO
○多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
※2ノックダウンによるレフリーストップ
※※脇山選手に90日間の出場停止(9/17まで)

【第33試合】フライ級 準決勝 4分1ラウンド
×鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
20-23
○小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)
※[打]新美吉太郎10-10 / 梶田高裕 10-10[組]0-3

【第34試合】バンタム級 準決勝 4分1ラウンド
○荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
20-13
×竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
※[打]新美吉太郎10-6 / 北川純 10-7[組]0-0

【第35試合】バンタム級 準決勝 4分1ラウンド
×桐生 良昭(神奈川/roots)
S 3'40"
○武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)
※チョークスリーパーホールド

【第36試合】ウェルター級 準決勝 4分1ラウンド
×田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
S 1'51"
○土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
※スリーパーホールド

【第37試合】ウェルター級 準決勝 4分1ラウンド
○坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
KO 2'16"
×鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)
※膝蹴り
※※鍵山選手に120日間の出場停止(10/17まで)

【第38試合】フェザー級 準決勝 4分1ラウンド
×石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
20-21
○橋本 優大(神奈川/roots)
※[打]新美吉太郎10-10 / 北川純 9-10[組]1-1

【第39試合】フェザー級 準決勝 4分1ラウンド
○荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
S 3'15"
×松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)
※ネックロック

【第40試合】ライト級 準決勝 4分1ラウンド
×橋本 健司(愛知/ALIVE)
18-20
○中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
※[打]加藤昌良9-10 / 梶田高裕 9-10[組]0-0

【第41試合】ライト級 準決勝 4分1ラウンド
○盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
22-20
×眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)
※[打]加藤昌良9-10 / 梶田高裕 9-10[組]4-0

【第42試合】ミドル級 決勝戦 3分2ラウンド
×河村 嘉展(愛知/NEX-SPORTS)
S 1R 1'56"
○山川 唯(滋賀/NEW GROUND)
※膝十字固め

【第43試合】フライ級 決勝戦 3分2ラウンド
○多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
TKO 1R 1'48"
×小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)
※2ノックダウン
※※小林選手に60日間の出場停止(8/18まで)

【第44試合】バンタム級 決勝戦 3分2ラウンド
×荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
40-47
○武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)
※[打]新美吉太郎 20-19(1R 10-9/2R 10-10)
梶田高裕 20-20(1R 10-10/2R 10-10)
 [組]0-8(1R 0-2/2R 0-6)

【第45試合】ウェルター級 決勝戦 3分2ラウンド
○土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
S 2R 2'38"
×坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
※チョークスリーパー

【第46試合】フェザー級 決勝戦 3分2ラウンド
×橋本 優大(神奈川/roots)
S 1R 2'16"
○荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
※ネックロック

【第47試合】ライト級 決勝戦 3分2ラウンド
○中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
39-37
×盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
※[打]新美吉太郎 20-19(1R 10-9/2R 10-10)
梶田高裕 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
 [組]0-0(1R 0-0/2R 0-0)
※※場外逃避で盒響手に減点1

アマ修斗 6/26 九州選手権 一部組み合わせ決定

第5回九州アマチュア修斗選手権
【主催】日本修斗協会九州事務局(9's MMA内)
【協力】日本修斗協会 

【開催日時】2011年6月26日(日)
9:10〜 受付開始
10:30〜 ルール・ミーティング
10:45〜 試合開始予定

【会場】佐賀県鳥栖市/鳥栖市民体育館多目的ホール 柔道場

※ライトヘビー級追加募集
電話かEメールにてご連絡ください。
[TEL] 092-474-3558
[e-mail] info@9s-mma.com



■フライ級/4名参加 

    ┌─ 藤井 信行(広島/総合格闘技道場BURST)
   ┌┤
   │└─ 藤川 翼(福岡/PUREBRED福岡)
優勝─┤
   │┌─ 赤松 大助(広島/総合格闘技道場BURST)
   └┤
    └─ 吉竹 哲也(福岡/9's MMA)


■バンタム級/7名参加

    ┌─ 建部 誠二(福岡/PUREBRED福岡)
   ┌┤
   ││┌ 金城 安勉(福岡/無所属)
   │└┤
   │ └ 奥畑 圭一(福岡/TEAMバナナ)
優勝─┤ 
   │ ┌ 宮澤 隆昭(大分/チーム・レッグロック)
   │┌┤
   ││└ 椙山 信平(福岡/総合格闘技道場STEAM)
   └┤
    │┌ 宮之脇 由晃(福岡/Personal Styles)
    └┤
     └ 家永 健佑(福岡/9's MMA)


■フェザー級/11名参加

     ┌─ 濱田 潤(愛媛/パラエストラ愛媛)
    ┌┤
    ││┌ 松田 崇志(福岡/9'sMMA)
    │└┤
    │ └ 田中 太道(福岡/パラエストラ北九州)
   ┌┤
   ││ ┌ 中島 友二(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)
   ││┌┤
   │││└ 森田 太陽(大分/MMA IKUSU)
   │└┤
   │ └─ 堀米 克弥(山口/毛利道場)  
優勝─┤
   │ ┌─ 山口 翔(福岡/TEAMバナナ)
   │┌┤
   ││└─ 原賀 剛(福岡/パラエストラ北九州)
   └┤
    │ ┌ 木下 誉也(福岡/パラエストラ北九州)
    │┌┤
    └┤└ 山田 雄也(福岡/若松SECURITY TEAM)
     │
     └─ 秋山 翼(山口/毛利道場)


■ライト級/8名参加

     ┌ 渡辺 紘司(福岡/緒方道場)
    ┌┤
    │└ 吉田 順一(宮崎/総合格闘技近田道場)
   ┌┤
   ││┌ 上野 駿作(愛媛/パラエストラ愛媛)
   │└┤
   │ └ 結城 圭太(福岡/9's MMA)
優勝─┤
   │ ┌ 森田 匠(宮崎/総合格闘技近田道場)
   │┌┤
   ││└ 浦上 洋平(大分/チーム・レッグロック)
   └┤
    │┌ 橋本 力翔(福岡/チーム オルタナティブ)
    └┤
     └ 結城 大樹(福岡/9's MMA)


■ウェルター級/8名参加

     ┌ 鳥谷 彰(福岡/博多鉄拳兄弟)
    ┌┤
    │└ 古賀 祐也(佐賀/9's MMA)
   ┌┤
   ││┌ 占部 大河(福岡/Personal Styles)
   │└┤
   │ └ 川口 雄太朗(広島/総合格闘技道場BURST)
優勝─┤
   │ ┌ 宮崎 清孝(山口/有永道場)
   │┌┤
   ││└ 久保 慶周(熊本/和術慧舟會セイゴ道場)
   └┤
    │┌ 古別府 拓弥(福岡/総合格闘技道場STEAM)
    └┤
     └ 石掛 友喜(福岡/博多鉄拳兄弟)



■ミドル級/7名参加

    ┌─ 松本 雄城(熊本/無所属)
   ┌┤
   ││┌ 尾仲 恭実(福岡/無所属)
   │└┤
   │ └ 有川 大介(鹿児島/トラスト柔術アカデミー)
優勝─┤   
   │ ┌ 阿部 藤太(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)
   │┌┤
   ││└ 吉川 真治(福岡/TEAMバナナ)
   └┤
    │┌ 小林 巧(千葉/パラエストラ小岩)
    └┤
     └ 田中 大作(福岡/TEAMバナナ)

日本修斗協会人事 桜田直樹が新会長に就任

 2011年6月12日に日本修斗協会 会議が行われ、日本修斗協会暫定理事と旧理事、
浦田昇コミッショナー同席の元、以下の事が決定した。

ー、新会長に桜田直樹(GUTSMAN・修斗道場)が就任する。

ー、日本修斗協会、各人事に関しては桜田直樹新会長主導の元、近日中に決定し発表する。


                                    以上

                                    日本修斗協会

若林太郎前理事の処分

若林太郎前理事の処分

 2011年6月12日に日本修斗協会 会議が行われ、
日本修斗協会暫定理事と旧理事、浦田昇コミッショナー同席の元、
以下の事が決定した。


ー、日本修斗協会前理事の若林太郎氏を除名処分とする。

                                    以上

                                    日本修斗協会

6/19 アマ修斗 東海選手権 試合結果速報

■第1回東海アマチュア修斗選手権大会
【主催】日本修斗協会 東海事務局
【協力】日本修斗協会
【日時】2011年6月19日(日)

■フライ級/6名参加
優勝  多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
準優勝 小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)
3位  鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
    脇山 直明(大阪/相補体術)

■バンタム級/6名参加
優勝  武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
3位  竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
    桐生 良昭(神奈川/roots)

■フェザー級/13名参加(1名欠場)
優勝  荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
準優勝 橋本 優大(神奈川/roots)
3位  石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
    松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)

■ライト級/16名参加
優勝  中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
準優勝 盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
3位  橋本 健司(愛知/ALIVE)
    眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)

■ウエルター級/9名参加
優勝  土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
準優勝 坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
3位  田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
    鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)

■ミドル級/3名参加
優勝  山川 唯(滋賀/NEW GROUND)
準優勝 河村 嘉展(愛知/NEX-SPORTS)

[プロ] 9/4 大阪大会 一部対戦カード決定

[大会名]BORDER -season 3- 「轟雷」
[日時]2011年9月4日(日)
[会場]大阪府大阪市/平野区民センター
[主催]TKプロモーション
[お問い合わせ]06-7892-6868

◎フライ級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
竹尾理(日本/直心会TK68)
versus
昼間“ディオブランドー”樹(日本/PUREBRED大宮)

◎バンタム級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
北島 進(日本/チーム・レッグロック)
versus
柴田“MONKEY”有哉(日本/総合格闘技スタジオSTYLE)

◎フェザー級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント準決勝]
山本賢治(日本/修斗GYM東京)
versus
石原夜叉坊(日本/修斗GYMS直心会)

◎フェザー級 5分2ラウンド
福島秀和(日本/MMA修斗ジムBLOWS)
versus
角田成稔(日本/総合格闘技道場STYLE)

◎バンタム級 5分2ラウンド
渡辺健太郎(日本/直心会格闘技道場)
versus
ランボー宏輔(日本/パラエストラ千葉)

■発表済み対戦カード

◎フライ級 5分2ラウンド
小堀貴広(日本/総合格闘技道場ゴンズジム)
versus
三谷敏生(日本/総合格闘技道場コブラ会)

◎フライ級 5分2ラウンド
春崎武裕(日本/修斗GYMS直心会)
versus
マッチョ“ザ”バタフライ(日本/総合格闘技道場コブラ会)

[プロ] 6/11 ガッツマン主催興行 試合結果

[大会名]SHOOTING DISCO 15
     〜がんばろう!日本〜
[日時]2011年6月11日(土)
[会場]東京都新宿区/新宿FACE
[主催]ガッツマン・プロモーション

【第1試合】フェザー級 5分2ラウンド
○佐久間健太(日本/パラエストラ柏)60.0kg
KO 2R 2:42
●合島大樹(日本/GUTSMAN・修斗道場)60.0kg
※[メイン]鈴木利治 1R 10-9
 [サブ]菅野浩之 1R 10-9
     横山忠志 1R 9-10

【第2試合】フライ級 5分2ラウンド
△奥村修一郎(日本/総合格闘技道場STF)52.0kg
ドロー 0-0
△友澤貴仁(日本/AACC)51.8kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
     横山忠志 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

【第3試合】バンタム級 5分2ラウンド
○井島裕彰(日本/GUTSMAN・修斗道場)56.0kg
判定 2-0
●桑原 悠(日本/PUREBRED大宮)56.0kg
※[メイン]鈴木利治 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
 [サブ]菅野浩之 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
     横山忠志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
 
【第4試合】フェザー級 5分2ラウンド
△岡田秀人(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)60.0kg
判定 1-1
△木暮 聡(日本/リバーサルジム東京スタンドアウト)60.0kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
 [サブ]菅野浩之 18-19(1R 8-10/2R 10-9)
     横山忠志 19-18(1R 9-10/2R 10-8)

【第5試合】ウェルター級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント1回戦]
△フォアマン(日本/和術慧舟會東京本部)70.0kg
ドロー 1-0
△近藤秀人(日本/マッハ道場)70.0kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
 [サブ]菅野浩之 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
     横山忠志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
※※[優勢点]鈴木:近藤 / 菅野:フォアマン / 横山:フォアマン
※※※優勢点2-1でフォアマンがトーナメント2回戦進出。準決勝では小野寺裕也(サイトー會舘)との対戦が決定。

【第6試合】フェザー級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
○小蒼卓也(日本/スカーフィスト)59.9kg
S 1R 3:28
●吉岡信一(日本/パラエストラ東京)59.8kg
※腕ひしぎ十字固め
※※小蒼がトーナメント準決勝進出。

【第7試合】バンタム級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
△大里洋志(日本/スカーフィスト)55.8kg
ドロー 1-0
△吉田イサヲ(日本/ノースキングスジム)55.0kg
※[メイン]鈴木利治 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
 [サブ]菅野浩之 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
     横山忠志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
※※[優勢点]鈴木:大里 / 菅野:大里 / 横山:大里
※※※優勢点3-0で大里がトーナメント準決勝進出。準決勝では西後“SILDAN”祐樹(総合格闘技道場コブラ会)との対戦が決定。

【第8試合】ライト級 5分2ラウンド
●岡田孔明(日本/PUREBRED大宮)65.0kg
判定 0-3
○稲葉 聡(日本/秋本道場JUNGLE JUNCTION)64.9kg
※[メイン]鈴木利治 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
     横山忠志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

【第9試合】バンタム級 5分2ラウンド
●ナカシ(日本/和術慧舟會トイカツ道場)55.9kg
S 1R 2:09
○のぶ渡辺(日本/roots)56.0kg
※スリーパーホールド

【第10試合】ウェルター級 5分2ラウンド
●井上雄史(日本/GUTSMAN・修斗道場)70.0kg
判定 0-3
○西岡攻児(日本/マスタージャパン)69.9kg
※[メイン]鈴木利治 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
     横山忠志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

【第11試合】バンタム級 5分3ラウンド
○菅原雅顕(日本/和術慧舟會Duroジム)56.0kg
S 3R 4:56
●塙 真一(日本/パラエストラ小岩)56.0kg
※[メイン]鈴木利治 1R 10-9/2R 10-9
 [サブ]菅野浩之 1R 10-9/2R 10-9
     横山忠志 1R 10-9/2R 10-10
※※スリーパーホールド

【第12試合】環太平洋ミドル級チャンピオンシップ 5分3ラウンド
●佐藤洋一郎(日本/グレイシー・バッハ東京/王者)75.8kg
判定 0-3
○村山暁洋(日本/GUTSMAN・修斗道場/挑戦者・同級1位)76.0kg
※[メイン]鈴木利治 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
 [サブ]菅野浩之 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
     横山忠志 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
※※村山がタイトル獲得。第4代王者に。

[プロ] 2011年6月度世界ランキング

[選定]ISCランキング委員会(6月5日付け/5月31日までの実績で選定)

▼フライ級[-52.0kg]
C(C)生駒純司(日本/直心会格闘技道場)
1(1)ランバー・ソムデートM16(タイ/M16ムエタイ・スタイル)
2(2)山上幹臣(日本/総合格闘技道場STF)
3(3)猿丸ジュンジ(日本/シューティングジム横浜)
4(4)阿部博之(日本/ドラゴンテイル)
5(5)ATCHアナーキー(日本/パラエストラ東京)
6(6)リンコウン・デ・サ(ブラジル/アルト・コンバッチ)
7(7)室伏シンヤ(日本/SUBMIT静岡)
8(8)マイコン・ヴィリアン(ブラジル/ノックアウチ・ファイト)
9(9)ヒートたけし(日本/和術慧舟會RJW)
10(10)室伏カツヤ(日本/roots)
《解説》
変動無し。

▼バンタム級[-56.0kg]
C(C)漆谷康宏(日本/和術慧舟會RJW)
1(1)マモル(日本/シューティングジム横浜)
2(2)ジュシーエ・フォルミーガ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
3(3)正城ユウキ(日本/クロスワンジム湘南)
4(4)北原史寛(日本/パラエストラ札幌)
5(5)神酒龍一(日本/無所属)
6(6)田原しんペー(日本/総合格闘技道場STF)
7(7)高橋大児(日本/無所属)
8(8)森 卓也(日本/パラエストラ札幌)
9(9)菅原雅顕(日本/和術慧舟會Duroジム)
10(10)清水清隆(日本/SKアブソリュート)
《解説》
変動無し。

▼フェザー級[-60.0kg]
C(C)岡嵜康悦(日本/中之島MMAアカデミー)
1(1)エドゥアウド・ダンタス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
2(2)扇久保博正(日本/パラエストラ松戸)
3(3)勝村周一朗(日本/リバーサルジム横浜GRUND SLAM)
4(4)徹 肌ィ朗(日本/和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
5(5)上田将勝(日本/パラエストラ東京)
6(6)ダレン・ウエノヤマ(アメリカ/FTCC)
7(7)松本輝之(日本/シューティングジム大阪)
8(8)カルロス・ホベルト・ベタオン(ブラジル/RFT)
9(9)田澤 聡(日本/GUTSMAN・修斗道場)
10(10)田村彰敏(日本/総合格闘技津田沼道場)
《解説》
変動無し。

▼ライト級[-65.0kg]
C(-)空位
1(1)ヘナン・バラオン(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
2(2)リオン武(日本/シューティングジム横浜)
3(C)日沖 発(日本/ALIVE)
4(3)土屋大喜(日本/roots)
5(4)田村一聖(日本/KRAZY BEE)
6(5)ジョニー・エドゥアウド(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
7(6)グスタヴォ・ファルシローリ(オーストラリア/マッハ1)
8(7)門脇英基(日本/和術慧舟會東京本部)
9(8)不死身夜天慶(日本/シューティングジム横浜)
10(9)マテウス・ラーデスマキ(フィンランド/修斗ラハティ)
《解説》
タイトル返上の日沖を3位へランクイン。

▼ウェルター級[-70.0kg]
C(-)空位
1(1)朴 光哲(日本/KRAZY BEE)
2(2)弘中邦佳(日本/マスタージャパン)
3(3)冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島)
4(4)パウロ・ゴンカウヴェス(ブラジル/TFT)
5(5)ジオヴァニ・ジニス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
6(6)ハクハン・ジアス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
7(7)児山佳宏(日本/パラエストラ松戸)
8(8)アダム・リン(アメリカ/ネクスト・ジェネレーション)
9(9)佐々木信治(日本/総合格闘技道場BURST)
10(10)中蔵隆志(日本/MMA修斗ジムBLOWS)
《解説》
変動無し。

▼ミドル級[-76.0kg]
C(C)ルイス・ハモス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
1(1)佐藤洋一郎(日本/グレイシー・バッハ東京)
2(2)エルナニ・ペルペトゥオ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
3(3)トミー・デプレット(ベルギー/ゴールデン・グローリー)
4(4)ホアン・カルネイロ(ブラジル/ATT)
5(5)村山暁洋(日本/GUTSMAN・修斗道場)
6(6)エマヌエル・シウバ(ブラジル/ファイト・スポルト)
7(8)イゴール・チャツビーニャ(ブラジル/ミノタウロ・チーム)
8(9)ゼリム・フェリカン(ベルギー/ゴールデン・グラブス)
9(7)和田拓也(日本/SKアブソリュート)
10(10)山下志功(日本/パラエストラ札幌)
《解説》
1年半を越えて出場の無い和田を9位へ。

▼ライトヘビー級[-83.0kg]
C(C)シアー・バハドゥルザダ(オランダ/ゴールデン・グローリー)
1(1)サウリ・ヘイリモ(フィンランド/チーム・スカンジナビア)
2(2)アンドレ・チャツバ(ブラジル/ミノタウロ・チーム)
3(3)カルロス・アレッシャンドリ・ペレイラ(ブラジル/ドラゴン・ファイト・チーム)
4(4)ペトラス・マルケヴィチウス(リトアニア/アウドラ・ジム)
5(5)レアンドロ・シウバ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
6(6)グラズヴィダス・スマイリス(リトアニア/ローニナス・リアトニア・ブシドー・チーム)
7(7)ナータン・スハウトラン(オランダ/VC・デ・フルート)
8(8)ローランダス・アグラバ(リトアニア)
9(9)ミッケル・グルドベーク(デンマーク/タラレック)
10(10)バスティアーン・レーヘン(オランダ/タツジン・ドージョー)
《解説》
変動無し。

[プロ] 2011年6月度環太平洋ランキング

[選定]PRSUランキング委員会(6月5日付け/5月31日までの実績で選定)

▼フェザー級[-60.0kg]
C(C)扇久保博正(日本/パラエストラ松戸)
1(1)上田将勝(日本/パラエストラ東京)
2(2)勝村周一朗(日本/リバーサルジム横浜GRUND SLAM)
3(3)徹肌ィ郎(日本/和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
4(4)松本輝之(日本/シューティングジム大阪)
5(5)ダレン・ウエノヤマ(アメリカ/FTCC)
6(6)田澤 聡(日本/GUTSMAN・修斗道場)
7(7)田村彰敏(日本/総合格闘技津田沼道場)
8(8)山内慎人(日本/GUTSMAN・修斗道場)
9(9)直撃我聞(日本/PUREBRED大宮)
《解説》
変動無し。

▼ライト級[-65.0kg]
C(-)空位
1(-)日沖 発(日本/シューティングジム横浜)
2(1)リオン武(日本/シューティングジム横浜)
3(2)門脇英基(日本/和術慧舟會東京本部)
4(C)土屋大喜(日本/roots)
5(3)石渡伸太郎(日本/無所属)
6(4)不死身夜天慶(日本/シューティングジム横浜)
7(5)田村一聖(日本/KRAZY BEE)
8(6)グスタヴォ・ファルシローリ(オーストラリア/マッハ1)
9(7)戸井田カツヤ(日本/和術慧舟會トイカツ道場)
10(8)クォン・ペヨン(韓国/チーム・パシ)
《解説》
タイトル返上の土屋を4位へ。
世界タイトル返上の日沖を1位へランクイン。

▼ ウェルター級[-70.0kg]
C(C)児山佳宏(日本/パラエストラ松戸)
1(1)朴 光哲(日本/KRAZY BEE)
2(4)冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島)
3(2)弘中邦佳(日本/マスタージャパン)
4(3)佐々木信治(日本/総合格闘技道場BURST)
5(5)ウエタユウ(日本/PUREBRED京都)
6(7)タクミ(日本/パラエストラ大阪)
7(9)中蔵隆志(日本/MMA修斗ジムBLOWS)
8(-)小知和 晋(日本/和術慧舟會東京本部)
《解説》
小知和に勝利の冨樫を2位へアップ。
2年を越えて出場の無い廣田、五味をランク外へ。
小知和を最下位へランクイン。

▼ ミドル級[-76.0kg]
C(C)佐藤洋一郎(日本/グレイシー・バッハ東京)
1(1)村山暁洋(日本/GUTSMAN・修斗道場)
2(2)久米鷹介(日本/ALIVE)
3(5)佐藤拓也(日本/PUREBRED京都)
4(6)奥野“轟天”泰舗(日本/CAVE)
5(7)カン・ジョンミン(韓国/ジンビルMMA)
6(8)山崎昭博(日本/SUBMIT静岡)
7(3)和田拓也(日本/SKアブソリュート)
8(4)山下志功(日本/パラエストラ札幌)
9(9)新美吉太郎(日本/ALIVE)
《解説》
1年半を越えて出場の無い和田、山下、新美を最下位へ。

アマ修斗 6/19 東海選手権トーナメント 全対戦カード&試合順決定

【主催】日本修斗協会 東海事務局
【協力】日本修斗協会
【日時】2011年6月19日(日)
【会場】愛知県武道館
【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールに則った、男女別/階級別のトーナメント
【お問い合わせ】 052-744-0802 ALIVE


※ライト級エントリーの土井 勝幹(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)が負傷欠場の為、補欠であった小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)が繰り上げ出場となりました。
※追加募集のライトヘビー級は募集がなかった為、試合不成立となりました。


■フライ級/6名参加

    ┌─脇山 直明(大阪/相補体術)
   ┌┤32
   ││┌多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
   │└┤15
   │ └木戸 俊彦(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
優勝─┤43
   │ ┌姫野 雅志(京都/PUREBRED京都)
   │┌┤16
   ││└鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   └┤33
    └─小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)


■バンタム級/6名参加

    ┌─荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
   ┌┤34
   ││┌陌間 駿(神奈川/roots)
   │└┤17
   │ └竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
優勝─┤44
   │ ┌桐生 良昭(神奈川/roots)
   │┌┤18
   ││└林 智行(大阪/直心会格闘技道場TK68)
   └┤35
    └─武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)

■フェザー級/13名参加

     ┌─鳥越 顕(東京/和術慧舟會A-3)
    ┌┤23
    ││┌石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
    │└┤9
    │ └寺嶋 孝祐(東京/和術慧舟會TLIVE)
   ┌┤38
   ││ ┌橋本 優大(神奈川/roots)
   ││┌┤10
   │││└内山 良太(滋賀/NEW GROUND)
   │└┤24
   │ │┌祖根 寿麻(愛知/志村道場)
   │ └┤11
   │  └上田 貴央(千葉/パラエストラ葛西)
優勝─┤46
   │ ┌─荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
   │┌┤25
   │││┌小田切 勇(東京/和術慧舟會TLIVE)
   ││└┤12
   ││ └荒尾 友晴(愛知/ALIVE)
   └┤39
    │ ┌杉山 晋哉(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)
    │┌┤13
    ││└岩井 晃久(岐阜/チームバルボーザジャパン)
    └┤26
     └─松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)

■ライト級/16名参加

      ┌和田 教良(京都/PUREBRED京都)
     ┌┤1
     │└加藤 健二(静岡/K.O. SHOOTO GYM)
    ┌┤27
    ││┌岩田 浩明(兵庫/修斗GYM神戸)
    │└┤2
    │ └橋本 健司(愛知/ALIVE)
   ┌┤40
   ││ ┌林崎 俊介(北海道/ノースキングジム)
   ││┌┤3
   │││└緒方 史朗(東京/パラエストラ松戸)
   │└┤28
   │ │┌石田 勝也(岐阜/NEX-SPORTS)
   │ └┤4
   │  └中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
優勝─┤47
   │  ┌盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
   │ ┌┤5
   │ │└西 勇樹(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
   │┌┤29
   │││┌小林 卓司(滋賀/NEW GROUND)
   ││└┤6
   ││ └栗畑 勇佑(愛知/ナゴヤファイトクラブ)
   └┤41
    │ ┌三木 隆正(大阪/相補体術)
    │┌┤7
    ││└石原 義士(愛知/チームバルボーザジャパン)
    └┤30
     │┌眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)
     └┤8
      └小笠原 均(静岡/K.O. SHOOTO GYM)

■ウェルター級/9名参加

     ┌─田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
    ┌┤19
    ││┌久保村 嘉輝(長野/コンドル)
    │└┤14
    │  └須藤 大(神奈川/roots)
   ┌┤36
   ││┌─土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
   │└┤20
   │ └─狩俣 元昭(東京/パラエストラ松戸)
優勝─┤45
   │ ┌─野田 明彦(岐阜/NEX-SPORTS)
   │┌┤21 
   ││└─坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
   └┤37
    │┌─鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)
    └┤22
     └─橋本 祐介(静岡/SUBMIT御殿場)


■ミドル級/3名参加

   ┌─河村 嘉展(愛知/NEX-SPORTS)
優勝─┤42
   │┌浦山 英典(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
   └┤31
    └山川 唯(滋賀/NEW GROUND)

[プロ修斗]8.6 SHOOTO GIG TOKYO Vol.7 新宿フェイス大会 大会概要&決定対戦カード発表

○8.6 SHOOTO GIG TOKYO Vol.7 新宿フェイス大会 大会概要&決定対戦カード発表
 
[大会名]インターナショナル修斗コミッション認定
     プロフェッショナル修斗公式戦
     SHOOTO GIG TOKYO Vol.7
    〜東日本大震災支援チャリティ〜

[日時]2011年8月6日(土)
[会場]新宿FACE
[開場]17:30
[開始]18:30  ※17:40よりオープニングファイトを予定
[協力]日本修斗協会  バックステージプロジェクト FIGHTING TV サムライ
[協賛]株式会社ドン・キホーテ
[主催]株式会社サステイン
[料金]
RS席      ¥8,000
SS席     ¥6,000
A席 ¥5,000
B席 ¥4,000
※全席指定 税込価格
※3歳以上はチケットが必要となります。
※大会当日は全席種¥500増し
※入場時にドリンク代として別途¥500が必要となります。
※B席は修斗ジム東京のみでのお取り扱いとなります。

[チケット発売日]未定

[チケット発売所]
  書泉ブックマート 03-3294-0011
  フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
  後楽園ホール 03-5800-9999
  東京イサミ 03-3352-4083
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  修斗GYM東京 03-3441-9424

[お問い合わせ]株式会社サステイン 03-5759-6863
        修斗GYM東京 03-3441-9424



■決定対戦カード 
◇メインイベント ライト級5分3R
田村 一聖(日本/同級世界4位/KRAZY BEE)
vs
戸井田 カツヤ(日本/同級環太平洋7位/和術慧舟會トイカツ道場)

◇セミファイナル バンタム級5分3R
菅原 雅顕(日本/同級世界9位/和術慧舟會Duroジム)
vs
BJ(日本/リバーサルジム横浜グラウンドスラム)前世界バンタム級王者

◇バンタム級5分2R
のぶ渡辺(日本/roots)
vs
飛猿☆No.2(日本/PUREBRED川口REDIPS)2009年バンタム級新人王

6/26 第1回ジュニア修斗 追加募集

第1回ジュニア修斗東日本選手権大会
[主催]総合格闘技道場STF
[開催日時]2011年6月26日(日)10:30試合開始予定
[会場]埼玉県さいたま市/総合格闘技道場STF浦和
[イベント内容]
1)キッズ&カデット・グラップリング・ネイキッドスタイル リーグ戦またはトーナメント
2)キッズ&カデット修斗 リーグ戦またはトーナメント
※複数エントリーは不可
[要項&申込書]要項

申込書

医事チェック表
[締め切り]2011年6月20日(月)必着
[出場費]2000円
[お問い合わせ]049-253-7358

※追加募集カテゴリー
修斗
・キッズ3 24キロ 
・キッズ4 56キロ  
・カデット1 56キロ 

修斗グラップリング ネイキッドスタイル
・キッズ4 44キロ   
・カデット1 56キロ  
・カデット2 52キロ  

アマ修斗 6/19 東海選手権トーナメント組み合わせ 一部決定

【主催】日本修斗協会 東海事務局
【協力】日本修斗協会
【日時】2011年6月19日(日)
【会場】愛知県武道館
【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールに則った、男女別/階級別のトーナメント

【追加募集】 ライトヘビー級
出場希望者はまず電話にてご連絡下さい。

【お問い合わせ】 052-744-0802 ALIVE


■フライ級/6名参加

    ┌─脇山 直明(大阪/相補体術)
   ┌┤
   ││┌多田 裕一(大阪/直心会格闘技道場TK68)
   │└┤
   │ └木戸 俊彦(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
優勝─┤
   │ ┌姫野 雅志(京都/PUREBRED京都)
   │┌┤
   ││└鴨脚 知永(大阪/総合格闘技道場コブラ会)
   └┤
    └─小林 竜(三重/ちゃんぷる〜)


■バンタム級/6名参加

    ┌─荻野 知弘(大阪/修斗GYMS直心会)
   ┌┤
   ││┌陌間 駿(神奈川/roots)
   │└┤
   │ └竹内 敬之(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
優勝─┤
   │ ┌桐生 良昭(神奈川/roots)
   │┌┤
   ││└林 智行(大阪/直心会格闘技道場TK68)
   └┤
    └─武蔵 幸孝(埼玉/総合格闘技道場STF)


■フェザー級/13名参加

     ┌─鳥越 顕(東京/和術慧舟會A-3)
    ┌┤
    ││┌石田 雄大(岐阜/グラップリングシュートボクサーズ多治見)
    │└┤
    │ └寺嶋 孝祐(東京/和術慧舟會TLIVE)
   ┌┤
   ││ ┌橋本 優大(神奈川/roots)
   ││┌┤
   │││└内山 良太(滋賀/NEW GROUND)
   │└┤
   │ │┌祖根 寿麻(愛知/志村道場)
   │ └┤
   │  └上田 貴央(千葉/パラエストラ葛西)
優勝─┤
   │ ┌─荻窪 祐輔(埼玉/総合格闘技道場STF)
   │┌┤
   │││┌小田切 勇(東京/和術慧舟會TLIVE)
   ││└┤
   ││ └荒尾 友晴(愛知/ALIVE)
   └┤
    │ ┌杉山 晋哉(埼玉/PUREBRED川口REDIPS)
    │┌┤
    ││└岩井 晃久(岐阜/チームバルボーザジャパン)
    └┤
     └─松原 裕樹(福井/総斗會三村道場)


■ライト級/16名参加

      ┌和田 教良(京都/PUREBRED京都)
     ┌┤
     │└加藤 健二(静岡/K.O. SHOOTO GYM)
    ┌┤
    ││┌岩田 浩明(兵庫/修斗GYM神戸)
    │└┤
    │ └橋本 健司(愛知/ALIVE)
   ┌┤
   ││ ┌林崎 俊介(北海道/ノースキングジム)
   ││┌┤
   │││└緒方 史朗(東京/パラエストラ松戸)
   │└┤
   │ │┌石田 勝也(岐阜/NEX-SPORTS)
   │ └┤
   │  └中澤 伸悟(和歌山/パラエストラ大阪)
優勝─┤
   │  ┌盒供々徳(埼玉/和術慧舟會A-3)
   │ ┌┤
   │ │└西 勇樹(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
   │┌┤
   │││┌土井 勝幹(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)
   ││└┤
   ││ └栗畑 勇佑(愛知/ナゴヤファイトクラブ)
   └┤
    │ ┌三木 隆正(大阪/相補体術)
    │┌┤
    ││└石原 義士(愛知/チームバルボーザジャパン)
    └┤
     │┌眦帖[擬 陛豕/和術慧舟會TLIVE)
     └┤
      └小笠原 均(静岡/K.O. SHOOTO GYM)


■ウェルター級/9名参加

     ┌─田中 宏幸(兵庫/修斗GYM神戸)
    ┌┤
    ││┌久保村 嘉輝(長野/コンドル)
    │└┤
    │  └須藤 大(神奈川/roots)
   ┌┤
   ││┌─土肥 潤(京都/PUREBRED京都)
   │└┤
   │ └─狩俣 元昭(東京/パラエストラ松戸)
優勝─┤
   │ ┌─野田 明彦(岐阜/NEX-SPORTS)
   │┌┤ 
   ││└─坪田 大樹(兵庫//修斗GYM神戸)
   └┤
    │┌─鍵山 士門(東京/デラヒーバJAPANコンバットチーム)
    └┤
     └─橋本 祐介(静岡/SUBMIT御殿場)


■ミドル級/3名参加

   ┌─河村 嘉展(愛知/NEX-SPORTS)
優勝─┤
   │┌浦山 英典(愛知/グラップリングシュートボクサーズ名古屋)
   └┤
    └山川 唯(滋賀/NEW GROUND)

アマ修斗 7/17 第1回 北信越アマチュア修斗選手権 募集開始

第1回 北信越アマチュア修斗選手権大会
【主催】日本修斗協会 北信越事務局
【開催日時】2011年7月17日(日)
 9:30 選手集合〜受付開始 10:30〜 ルール・ミーティング 10:45 試合開始予定
【開催場所】新潟県上越市/上越市高田スポーツセンター
 所在地=新潟県上越市本城町9−50
 【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールの則った、男女別/階級別のトーナメント
 ※1.出場選手のダメージなどの健康面を考え各階級16名までの人数制限が設けられる。
 応募枠16名の内半数に関しては開催地区(下記分類表参照)に居住の選手を優先とし、
 
公式戦績順に8名を選出。残りの8名に関しては居住地に関係なく全ての選手から公式戦績順に選出される。
 ※2.参加申し込み多数の場合は、アマチュア公式戦績を参考に選考を行う場合があります。
 この際、記入漏れがある(フリガナを含む)、写真を貼っていない、
出場費を同封していないなど
 申込みに不備のある選手は、戦績が優れていても落選となる場合があります。

[地区ブロック]
北海道選手権=北海道
東北選手権=青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東選手権=茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県
東海選手権=愛知県、岐阜県、三重県
北信越選手権=福井県、石川県、富山県、長野県、新潟県
関西選手権=大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国選手権=鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国選手権=徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州選手権=福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県,沖縄県

【出場資格】
 18歳以上の感染症のない健康優良な男性および女性で、スポーツ保険に加入している選手。
 ※1.男女問わず。また20歳未満の方は保護者のサインが必要です。
 ※2.参加者にはスポーツ保険の加入を義務づけます。各個人の加入に関してはあくまでも参加者本人の責務とします。
 大会中の負傷に対しては大会ドクターが応急処置を行いますが、その後の治療に関しては各個人のスポーツ保険にて対応い ただくものとします。
 ※3.以下のような症状および経験がある方の試合出場は受け付けません。また直前のドクター・チェックで異常が認められた方は、出場できません。(参加費は返却されます。)予めご了承下さい。
 1)過去3ヶ月以内に試合または練習でKOや強いダウンをしている方
 2)脳出血
 3)HIV、B型およびC型肝炎
 4)網膜剥離
 5)試合出場に充分な視力がない
 6)医師に激しい運動を止められているような既往症がある
 ※4.女子選手に関しては過去3ヶ月以内に下記のような症状があった場合、出場は認められません。
 7)妊娠
 8)骨盤部の痛み不快感
 9)子宮内膜症
 10)異常膣出血
 11)最近の無月経
 12)最近の乳房出血および機能不全
 ※5.出場にあたっては、協会へ選手登録を行う必要があります。(別項参照)

【参加費】
 オフィシャルジム在籍選手 5,000円
 オフィシャルチーム&サークル在籍選手 6,000円
 日本修斗協会加盟クラブ以外に在籍する選手 7,000円
 女子選手(一律) 3,000円

【募集階級/12階級】
ミニマム級(44kg以下)
ストロー級(48kg以下)
フライ級(52kg以下)
バンタム級(56kg以下)
フェザー級(60kg以下)
ライト級(65kg以下)
ウェルター級(70kg以下)
ミドル級(76kg以下)
ライトヘビー級(83kg以下)
クルーザー級(91kg以下)
ヘビー級(100kg以下)
スーパーヘビー級(100kg以上)

【締め切り】
2011年7月4日(月)必着※必ず、現金書留にて

【応募方法】
 参加申込書PDF医事チェック表PDFに必要事項(ふりがなを含む) すべて記入、押印、写真貼付し、参加費を同封の上、
現金書留にて日本修斗協会 北信越事務局(総斗會三村道場内)までお申込み下さい。

【アマチュア選手登録について】
 1)アマチュア選手登録制度は毎年9月31日までで満了となります。
 以前登録手続きを行っていた方でも、2010年10月1日以降に更新手続きをする必要があります。
 但し全日本大会後の公式大会で登録された方は今年度は登録となります。
 今回の出場と同時に選手登録手続きされる方は、当日会場にて受け付けます。
 登録費(新 規3000円、更新2000円)と写真1枚をご持参下さい。郵送による事前の登録も可能です。
 2)女子選手は、初期登録費1000円のみで選手登録可能です。更新の場合の年間登録料は必要ありません。
 3)入れ墨を入れている選手は、HIV、B型およびC型肝炎の血液検査報告書提出を提出いただきます。過去に血液検査を提出している方も、更新には再検査の必要があります。いずれかに陽性反応があった場合、出場はご辞退いただきます。
 ※初出場で入れ墨のある選手は、必ず血液検査報告書について事務局まで問い合わせをして下さい。

【用具・防具】
●主催者が用意する物:
1)試合用修斗グローブ
2)ヘッドガード
●選手が用意する物:
1)スパッツ
2)シンガード(レガース、すねあて)3)ニーパット
4)ファールカップ
5)マウスピース
6)うがい用の水
7)固定用の白いビニールテープなど

必ず、下記の注意事項をよく確認して用意してください。

※1.スパッツは、コーナー色のものを必ず使用してください。ない場合は装具不備で失格となります。

※2.シンガード、ニーパットは清潔な物を使用して下さい。不衛生な物や濡れている物、不快な匂いのする物は使用不可とします。また薄くなっているものや 割れているもの、ズレやすいものなども使用を認めません。
シンガードに関しては、踵の部分にパットがついているものも使用不可です。試合用具に不備がある 場合不戦敗となり90日間の出場停止処分となります。また試合会場では用具の販売は行いません。 用具のチェックの際には手足の爪もチェックします。あらかじめ短く切っておいて下さい。

【注意事項】
 1)怪我などで欠場となる場合は、主催者まですみやかに連絡して下さい。
また試合前日までに医師の診断書を提出していただきます。診断書の未提出や連絡なしの欠場は、以後のアマおよびプロ修斗大会への出場が制限されます。

 2)本大会に関するあらゆる著作権、肖像権、およびそれらに付帯する権利は、すべて主催者に帰属することになります。 3)いかなる理由があっても一度提出した書類、出場費は一切返却しません。

【お問い合わせ&申込み先】
日本修斗協会 北信越事務局 (総斗會三村道場内)
Tel 0778-24-5801
※確実に繋がる時間帯 (月〜日曜21:00〜24:00)
〒915-0802  福井県越前市北府3−7−27  総斗會三村道場内

[プロ修斗]7.18 SHOOTOR'S LEGACY 03 後楽園大会 2大世界戦決定

◇7.18 SHOOTOR'S LEGACY 03 東京・後楽園ホール大会
[大会名]インターナショナル修斗コミッション認定
     プロフェッショナル修斗公式戦
     SHOOTOR'S LEGACY 03
     〜東北地方太平洋沖地震支援チャリティ〜

[日時]2011年7月18日(月/祝)
[開場]17:30
[開始]18:30 ※17:40よりオープニングファイトを予定
[会場]東京/後楽園ホール
[認定]ISC
[協力]日本修斗協会 FIGHTING TV SAMURAI!
[協賛]株式会社ドン・キホーテ
[主催]株式会社サステイン
[チケット]RS席 10,000円/SS席 8,000円/S席 6,000円/A席 5,000円
      ※全席指定 税込価格
      ※3歳以上はチケットが必要となります。       
      ※大会当日は全席種500円増し

[チケット発売所]
  チケットぴあ 0570-02-9977
  ローソンチケット 0570-08-4003
  セブン-イレブン店頭販売
  CNプレイガイド 0570-08-9999
  書泉ブックマート 03-3294-0011
  フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
  後楽園ホール 03-5800-9999
  東京イサミ 03-3352-4083
  チケット&トラベル T-1 03-5275-2778 http://www.t-1.jp/tk/
  イープラス 03-5749-9911 http://eplus.jp/
  修斗GYM東京 03-3441-9424

[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-5759-6863



[決定対戦カード]

◎世界ウェルター級チャンピオン決定戦 5分3R
朴 光哲(JPN/同級1位/KRAZY BEE)
versus
弘中 邦佳(JPN/同級2位/MASTER JAPAN)

◎世界バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
漆谷 康宏(JPN/同級王者・初防衛戦/和術慧舟會RJW)
versus
正城 ユウキ(JPN/同級3位/クロスワンジム湘南)




[発表済みの対戦カード]
◎61kg契約 5分3R
上田将勝(世界フェザー級5位/日本/パラエストラ東京)
vs
佐藤ルミナ(日本/roots)

◎フェザー級 5分3R
徹肌ィ朗(JPN/和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
versus
田村彰敏(JPN/総合格闘技津田沼道場)

◎ライト級 5分3R
美木 航(JPN/NATURAL9)
versus
臼田 育男(JPN/総合格闘技木口道場)

◎フェザー級 5分3R
松本輝之(JPN/シューティングジム大阪)
versus
山内慎人(JPN/GUTSMAN・修斗道場)

◎ライト級 5分2R
金田一孝介(JPN/総合格闘技道場STF)
versus
佐々木 憂流迦(JPN/和術慧舟會駿河道場)2010年ライト級新人王&技能賞

◎フェザー級 5分2R
根津 優太(JPN/和術慧舟會東京本部)
versus
堀口 恭司(JPN/KRAZY BEE)2010年フェザー級新人王&MVP

◎フライ級 5分2R[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
鍋島 潤(JPN/和術慧舟會駿河道場RJW)
versus
潤 鎮魂歌(JPN/チーム武士)

※対戦カードは選手の負傷等により変更となる事があります。
 その他の対戦カード、試合順に関しましては、決定次第ご報告申し上げます。

アマ修斗 7/17 第5回 北海道アマチュア修斗選手権 募集開始

第5回 北海道アマチュア修斗選手権大会
【主催】日本修斗協会 北海道事務局
【協力】パラエストラ札幌・ノースキングスジム・ダブルティーエラ
【開催日時】2011年7月17日(日)
 9:30 選手集合〜受付開始 10:30〜 ルール・ミーティング 10:45 試合開始予定
【開催場所】北海道札幌市/BEAUTY STAGE susukino
 所在地=北海道札幌市中央区南6条西6丁目カマール6.6ビル(ローソン二階)
 交通アクセス=
 1)地下鉄南北線「すすきの」駅より徒歩8分
 2) 札幌市電「東本願寺前」より徒歩4分
 http://www.sapporo-gym.com/
【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールの則った、男女別/階級別のトーナメント
 ※1.出場選手のダメージなどの健康面を考え各階級16名までの人数制限が設けられる。
 応募枠16名の内半数に関しては開催地区(下記分類表参照)に居住の選手を優先とし、
 
公式戦績順に8名を選出。残りの8名に関しては居住地に関係なく全ての選手から公式戦績順に選出される。
 ※2.参加申し込み多数の場合は、アマチュア公式戦績を参考に選考を行う場合があります。
 この際、記入漏れがある(フリガナを含む)、写真を貼っていない、
出場費を同封していないなど
 申込みに不備のある選手は、戦績が優れていても落選となる場合があります。

[地区ブロック]
北海道選手権=北海道
東北選手権=青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東選手権=茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県
東海選手権=愛知県、岐阜県、三重県
北信越選手権=福井県、石川県、富山県、長野県、新潟県
関西選手権=大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国選手権=鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国選手権=徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州選手権=福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県,沖縄県

【出場資格】
 18歳以上の感染症のない健康優良な男性および女性で、スポーツ保険に加入している選手。
 ※1.男女問わず。また20歳未満の方は保護者のサインが必要です。
 ※2.参加者にはスポーツ保険の加入を義務づけます。各個人の加入に関してはあくまでも参加者本人の責務とします。
 大会中の負傷に対しては大会ドクターが応急処置を行いますが、その後の治療に関しては各個人のスポーツ保険にて対応い ただくものとします。
 ※3.以下のような症状および経験がある方の試合出場は受け付けません。また直前のドクター・チェックで異常が認められた方は、出場できません。(参加費は返却されます。)予めご了承下さい。
 1)過去3ヶ月以内に試合または練習でKOや強いダウンをしている方
 2)脳出血
 3)HIV、B型およびC型肝炎
 4)網膜剥離
 5)試合出場に充分な視力がない
 6)医師に激しい運動を止められているような既往症がある
 ※4.女子選手に関しては過去3ヶ月以内に下記のような症状があった場合、出場は認められません。
 7)妊娠
 8)骨盤部の痛み不快感
 9)子宮内膜症
 10)異常膣出血
 11)最近の無月経
 12)最近の乳房出血および機能不全
 ※5.出場にあたっては、協会へ選手登録を行う必要があります。(別項参照)

【参加費】
 オフィシャルジム在籍選手 5,000円
 オフィシャルチーム&サークル在籍選手 6,000円
 日本修斗協会加盟クラブ以外に在籍する選手 7,000円
 女子選手(一律) 3,000円

【募集階級/12階級】
ミニマム級(44kg以下)
ストロー級(48kg以下)
フライ級(52kg以下)
バンタム級(56kg以下)
フェザー級(60kg以下)
ライト級(65kg以下)
ウェルター級(70kg以下)
ミドル級(76kg以下)
ライトヘビー級(83kg以下)
クルーザー級(91kg以下)
ヘビー級(100kg以下)
スーパーヘビー級(100kg以上)

【締め切り】
2011年7月7日(木)必着

【応募方法】続きを読む

アマ修斗 6/19 東海選手権大会 追加募集

第1回東海アマチュア修斗選手権大会 追加募集

【主催】日本修斗協会 東海事務局
【協力】日本修斗協会
【日時】2011年6月19日(日)
【会場】愛知県武道館
【大会内容】日本修斗協会制定のアマチュア修斗公式ルールに則った、男女別/階級別のトーナメント

【追加募集】下記のカテゴリーに関して追加募集を実施します。
出場希望者はまず電話にてご連絡下さい。その後、所定の用紙を使用し、
参加費と共に6/15(水/必着)までに申し込んで下さい。


ライトヘビー級

[お問い合わせ]
日本修斗協会 東海事務局
〒466−0003 名古屋市昭和区曙町1-26-1 早崎ビル1F ALIVE 内
TEL 052−744−0802 まで
※原則的に電話受付けは月〜土のPM6:00から11:00にして下さい。


[プロ] 9/4 大阪大会 一部対戦カード決定

[大会名]BORDER -season 3- 「轟雷」
[日時]2011年9月4日(日)
[会場]大阪府大阪市/平野区民センター
[主催]TKプロモーション
[お問い合わせ]06-7892-6868

◎フライ級 5分2ラウンド
小堀貴広(日本/総合格闘技道場ゴンズジム)
versus
三谷敏生(日本/総合格闘技道場コブラ会)

◎フライ級 5分2ラウンド
春崎武裕(日本/修斗GYMS直心会)
versus
マッチョ“ザ”バタフライ(日本/総合格闘技道場コブラ会)

■出場予定選手
渡辺健太郎(日本/直心会格闘技道場)

[プロ] 加藤 靖が引退

ミドル級クラスBの加藤 靖が一身上の都合を理由に2011年6月6日付けで引退届けを提出した。
前日の大阪大会における新人王決定トーナメント2回戦が最後の試合となった。

加藤 靖
[階級]ミドル
[所属]総合格闘技ゴンズジム
[アマチュア戦績]2008年 関西選手権 ライトヘビー級 優勝
         2008年 全日本選手権 ライトヘビー級 3位
[プロデビュー]2009年8月16日
[プロ戦績]4戦1勝(1KO)2敗1分

[プロ] 馬場勇気、下石康太を出場停止処分(サスペンド)

以下の選手を出場停止処分(サスペンド)とする。

馬場勇気
[所属]ロデオスタイル
[階級]ライト級
[期日]2011年5月28日付け
[理由]2011年5月28日、新宿大会の計量に出頭せず失格。
[期間]90日間(2011年5月28日から2011年8月26日まで)

下石康太
[所属]MMA修斗ジムBLOWS
[階級]ウェルター級
[期日]2011年6月5日付け
[理由]2011年6月5日、大阪大会の計量に出頭せず失格。
[期間]90日間(2011年6月5日から2011年9月3日まで)

[プロ] 6/5 サステイン主催興行 試合結果

[大会名]SHOOTO GIG WEST 13
[日時]2011年6月5日(日)
[会場]大阪府大阪市/阿倍野区民センター 大ホール
[主催]株式会社サステイン

【第1試合】バンタム級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
○西後“SILDAN”祐樹(日本/総合格闘技道場コブラ会)55.6kg
S 1R 5:00
●三浦殺気(日本/パラエストラ松戸)55.6kg
※チキンウイング・アームロック
※※西後がトーナメント準決勝進出。

【第2試合】ウェルター級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
●ロシアン鈴木(日本/総合格闘技道場コブラ会)70.0kg
KO 2R 3:22
○CoBa(日本/SHOOTO JAM WARTER)69.4kg
※[メイン]鈴木利治 1R 10-10
 [サブ]浦僚克 1R 10-9
     山本諭志 1R 10-9
※※CoBaがトーナメント準決勝進出。準決勝では粕谷優介(秋本道場Jungle Junction)との対戦が決定。

【第3試合】ライト級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
●天草“ストロンガー”四郎(日本/総合格闘技チームソフトコンタクト)64.7kg
S 1R 4:54
○尾崎大海(日本/SHOOTO JAM WARTER)64.8kg
※肩固め
※※尾崎がトーナメント準決勝進出。

【第4試合】ミドル級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
○レッツ豪太(日本/総合格闘技道場コブラ会)75.8kg
S 1R 3:22
●加藤 靖(日本/総合格闘技道場ゴンズジム)75.1kg
※チキンウイング・アームロック
※※レッツがトーナメント準決勝進出。

【第5試合】フェザー級 5分2ラウンド[2011年度新人王決定トーナメント2回戦]
●角田成稔(日本/総合格闘技スタジオSTYLE)59.8kg
KO 1R 4:56
○石原夜叉坊(日本/修斗GYMS直心会)60.0kg
※石原がトーナメント準決勝進出。準決勝では山本賢治(修斗GYM東京)との対戦が決定。

【第6試合】フェザー級 5分2ラウンド
●マイク・ハヤカワ(日本/シューティングジム大阪)59.9kg
判定 0-3
○赤尾セイジ(日本/NEX-SPORTS)60.0kg
※[メイン]鈴木利治 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
 [サブ]浦僚克 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
     山本諭志 19-20(1R 9-10/2R 10-10)

【第7試合】ウェルター級 5分2ラウンド
○梶田高裕(日本/グラップリングシュートボクサーズ)69.8kg
判定 3-0
●柴 博(日本/PUREBRED京都)70.0kg
※[メイン]鈴木利治 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
 [サブ]浦僚克 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
     山本諭志 20-19(1R 10-10/2R 10-9)

アマ修斗 7/10 SAITAMA SHOOTO FESTIVAL 02 募集開始

■SAITAMA SHOOTO FESTIVAL 02
[主催]総合格闘技道場STF
[協力]日本修斗協会
[日時]2011年7月10日(日)
[会場]埼玉県川越市/川越運動公園 総合体育館 柔道場
[イベント内容]
  1)第8回全日本修斗グラップリング選手権大会
  2)第1回クラスDオープントーナメント
   ※アマ修斗公式戦(クラスC)2戦以下、1勝以下の選手
[要項・申込書]
全日本修斗グラップリング要項 申込書
クラスDトーナメント要項  申込書  医事チェック表
[締め切り]2011年6月28日(火)必着 ※現金書留にて
[お問い合せ]049−253−7358

[プロ] 6月11日ガッツマン主催興行 計量通知

出場選手ならびに関係各位

6月11日(土)東京/新宿FACEで行われるプロフェッショナル公式戦に先立ち、出場選手の前日計量を以下の要領で行います。

※今年度(2011年度)ライセンス申請を済ませてない選手は、必ず試合当日までに申請を完了させること。

【日時】
6月10日(金)
第1〜2試合 18:00〜19:30
第3〜4試合 18:10〜19:30
第5〜6試合 18:20〜19:30
第7〜8試合 18:30〜19:30
第9〜10試合 18:40〜19:30
第11〜12試合 18:50〜19:30

【試合順/契約体重】
第1試合 フェザー級/-60.0kg
佐久間健太(パラエストラ柏)
合島大樹(GUTSMAN・修斗道場)

第2試合 フライ級/-52.0kg
奥村修一郎(総合格闘技道場STF)
友澤貴仁(AACC)

第3試合 バンタム級/-56.0kg
井島裕彰(GUTSMAN・修斗道場)
桑原 悠(PUREBRED大宮)
 
第4試合 フェザー級/-60.0kg
岡田秀人(SHOOTO GYM K'z FACTORY)
木暮 聡(リバーサルジム東京スタンドアウト)

第5試合 ウェルター級/-70.0kg
フォアマン(和術慧舟會東京本部)
近藤秀人(マッハ道場)

第6試合 フェザー級/-60.0kg
小蒼卓也(スカーフィスト)
吉岡信一(パラエストラ東京)

第7試合 バンタム級/-56.0kg
大里洋志(スカーフィスト)
吉田イサヲ(ノースキングスジム)

第8試合 ライト級/-65.0kg
岡田孔明(PUREBRED大宮)
稲葉 聡(秋本道場JUNGLE JUNCTION)

第9試合 バンタム級/-56.0kg
ナカシ(和術慧舟會トイカツ道場)
のぶ渡辺(roots)

第10試合 ウェルター級/-70.0kg
井上雄史(GUTSMAN・修斗道場)
西岡攻児(マスタージャパン)

第11試合 バンタム級/-56.0kg
菅原雅顕(和術慧舟會Duroジム)
塙 真一(パラエストラ小岩)

第12試合 ミドル級/-76.0kg
佐藤洋一郎(グレイシー・バッハ東京)
村山暁洋(GUTSMAN・修斗道場)

【場所】
GUTSMAN・修斗道場
03-3325-1500
東京都世田谷区松原2-22-18 撫子ビル地階A号室
京王線・京王井の頭線「明大前」駅下車。 徒歩約30秒
※京王線のガード下を通り抜けて一軒目のビルの半地下

【諸注意】
(1)計量に遅刻、或いは出頭しない場合は失格となります。
(2)計量の結果、規定のウェイトを維持していなかった場合、指定の時間の間は何度計ってもかまいません。但しISC指定の時間を過ぎた時点で規定ウェイトに達しない場合は原則として失格となります。
(3)計量時に併せて爪、頭髪等のチェックを行います。
(4)指定の日時に出頭できない場合は6月10日までに、ISC事務局または主催者までその旨連絡して下さい。試合当日16時00分〜16時30分、試合会場内ISC控え室にて当日計量を行います。

----------------------------------------------------------------------
インターナショナル修斗コミッション【事務局】
〒111-0032 東京都台東区浅草2-30-13-201
Tel . 03-5830-3923
Fax . 03-5830-3924
E-Mail:shooto@river.ocn.ne.jp

アマチュア修斗・修斗グラップリング 開催スケジュール

■SAITAMA SHOOTO FESTIVAL 02
[主催]総合格闘技道場STF
[協力]日本修斗協会
[日時]2011年7月10日(日)
[会場]埼玉県川越市/川越運動公園 総合体育館 柔道場
[イベント内容]
  1)第8回全日本修斗グラップリング選手権大会
  2)第1回クラスDオープントーナメント
[お問い合せ]049−253−7358
What's Shooto?
「打て」という“打”ではなく、
「投げろ」という“投”ではなく、
「極めろ」という“極”ではない。
また単に打・投・極を総合的に
闘えばいいというものでもない。
自然の流れにのった技術がとぎれなく連係し、
なめらかに回転することが修斗の姿である。
そして闘いを修めていく修斗の思想が、
競技者を人格的に正しく導く。
それこそが修斗の理念である。
礼に始まり、礼に終わる。
礼の姿勢こそ修斗の基本姿勢であり、
自然に礼を発せられることが、
修斗体得への第一歩である。
訪問者数

新人王決定戦
Competition Schedule
2011年
10月
01(土) 東京/新宿FACE
02(日) 愛知/アスナルホール
02(日) 岡山/中四国FM
10(月/祝) 大阪/西日本OP
16(日) 北海道/ZEPP SAPPORO
30(日) 高知/高知FF
30(日) 埼玉/SAITAMA FESTIVAL

11月
05(土) 東京/TDCホール
27(日) 青森

12月
18(日) 東京/新宿FACE

赤字=アマチュア大会
青字=プロ大会

※英字略号の意味は以下の通り。
FF=フリーファイト
OP=オープントーナメント
FM=フレッシュマントーナメント
SG=修斗グラップリング
DT=クラスDトーナメント
Recent Entries
記事検索
第18回全日本アマチュア修斗選手権大会協賛一覧
【特別協賛・協力】
ISAMI
KENTAI
講談社イブニング

【協賛】
パラエストラ東京
    ◆
ALIVE
INSPIRIT
市原紙源
KO SHOOTO GYM
GRAPPLE
修斗GYM東京
和菓子 菜の花
サプリメントブランド FINE LAB
ギョサン取扱量日本一 マツシタ靴店
    ◆
アカデミア・アーザ水道橋
秋本道場JUNGLE JUNCTION
AACC
激旨焼肉 うしえ者
海鮮丼屋 小田原 海舟
シルバーアクセサリー GARNI
ゴールドジム御殿場静岡店
相模洋洗
SHOOTO GYM K'z FACTORY
修斗GYMS直心会
小田原駅前 じんりき厨房
小田原蒲鉾 杉兼
誠流会館
セコンドアウト
総合格闘技道場STF
総合格闘技道場BURST
大藤宅建
TT-era SHOOTO×G-SHOCK
TKエスペランサ
TKプロモーション
八景ジム
花を贈るなら ハナマサ
パラエストラ北九州
パラエストラ札幌
パラエストラ千葉ネットワーク
パラエストラ八王子
パラエストラ八戸
PUREBRED大宮
格闘技系ファッション FOKAI
フラワーショップ 古屋花店
フルフォース・プロダクション
リカバリーウェアのVENEX
ポゴナ・クラブジム
マツウラスポーツひもの屋半兵衛
マッハ道場
小田原かまぼこ 丸う田代
学生服 ユニフォーム企画 マルク
MOBSTYLES
luz hoir
roots
    ◆
赤崎道場A-SPIRIT
アンドレイオス
鍼灸、整骨、マッサージ けやき通り治療院
剣持塗料店
ジュエリー シセロシスコ
ゼロ戦クラブ
総合格闘技ゴンズジム
総斗會三村道場
9s MMA
NASCER DO SOL
美容室 BANANA
パラエストラ愛媛
パラエストラ葛西
パラエストラ小岩
パラエストラ岐阜
パラエストラ函館
ピロクテテス新潟
ベビーマッサージ mama's hug
毛利道場
天ぷら師 諸星久美子
そば師 諸星二朗
リバーサルジム
渡辺智史

(順不同/敬称略)
  • ライブドアブログ