[主催]日本プロシューティング
[開催日時]1994年7月29日(日)
[会場]千葉/東京ベイNKホール

優勝  ヒクソン・グレイシー(ブラジル/ヒクソン・グレイシー柔術アカデミー)
準優勝 バド・スミス(アメリカ/アポロ・ジム)
3位  ダビッド・レビキ(アメリカ)

     ┌クリス・バス(オランダ/ワールド大山空手)
    ┏┫1R 0'54" KO
    ┃┗バド・スミス(アメリカ/アポロ・ジム)
   ┏┫不戦(負傷棄権)
   ││┏ヤン・ロムルダー(オランダ)
   │┗┫1R 3'59" TKO
   │ └川口 健次(日本/スーパータイガージム横浜)
優勝━┫1R 0'39" TKO
   ┃ ┏ダビッド・レビキ(アメリカ)
   ┃┏┫1R 1'20" KO
   ┃│└草柳 和宏(日本/総合格闘技木口道場)
   ┗┫1R 2'40" KO
    ┃┏ヒクソン・グレイシー(ブラジル/ヒクソン・グレイシー柔術アカデミー)
    ┗┫1R 2'58" スリーパー
     └西 良典(日本/慧舟会)

【第1試合】トーナメント1回戦 8分2R
×クリス・バス(オランダ/ワールド大山空手)
KO 1R 0'54"
○バド・スミス(アメリカ/アポロ・ジム)
※右ストレート

【第2試合】トーナメント1回戦 8分2R
○ヤン・ロムルダー(オランダ)
TKO 1R 3'59"
×川口 健次(日本/スーパータイガージム横浜)
※レフェリーストップ

【第3試合】トーナメント1回戦 8分2R
○ダビッド・レビキ(アメリカ)
KO 1R 1'20"
×草柳 和宏(日本/総合格闘技木口道場)
※グラウンドパンチ

【第4試合】トーナメント1回戦 8分2R
○ヒクソン・グレイシー(ブラジル/ヒクソン・グレイシー柔術アカデミー)
S 1R 2'58"
×西 良典(日本/慧舟会)
※スリーパー・ホールド

【第5試合】トーナメント準決勝 8分2R
○バド・スミス(アメリカ/アポロ・ジム)
不戦
×ヤン・ロムルダー(オランダ)
※ロムルダーの負傷棄権(右手中止骨骨折)

【第6試合】トーナメント準決勝 8分2R
×ダビッド・レビキ(アメリカ)
KO 1R 2'40"
○ヒクソン・グレイシー(ブラジル/ヒクソン・グレイシー柔術アカデミー)
※マウントパンチ

【第7試合】プロ修斗公式戦/ミドル級 3分5R
△桜田 直樹(日本/総合格闘技木口道場)
ドロー 1-1
△割田 康士(日本/拳桜会)
※[メイン]渡部優一 49:48
 [サブ]小方康至 48:49
     石川義将 50:50

【第8試合】エキジビションマッチ 3分2R
佐山 聡(日本/修斗創始者)
EX
伊藤 裕二(日本/総合格闘技木口道場)

【第9試合】トーナメント3位決定戦 8分2R
○ダビッド・レビキ(アメリカ)
不戦
×ヤン・ロムルダー(オランダ)
※ロムルダーの負傷棄権(右手中止骨骨折)

【第10試合】トーナメント決勝戦 8分無制限R
×バド・スミス(アメリカ/アポロ・ジム)
TKO 1R 0'39"
○ヒクソン・グレイシー(ブラジル/ヒクソン・グレイシー柔術アカデミー)
※マウントパンチによるタップ